東急パワーサプライ(東急でんき) vs 東京電力 - 電気料金を比較

東急パワーサプライ(東急でんき) vs 東京電力 - 電気料金を比較

東急パワーサプライ(東急でんき) vs 東京電力 - 電気料金を比較

東急グループの電力会社である東急パワーサプライ(東急でんき) と、東京電力の電気料金を比較してみました。電気料金だけでなく、ポイントサービスや電気料金がわかるアプリなど、気になるサービスについても調べました。

  • 東急でんきと東京電力の電気料金を、実際の料金を元に表を作って比較しました。
  • 東急でんきと東京電力が利用者に提供している様々なサービスについても比較し、どちらがおすすめか考察しました。

東急でんきのお申込みはコチラをクリック
東京電力のお申込みはコチラをクリック

東急パワーサプライ(東急でんき)と東京電力
- どちらが安い?

東急でんきと東京電力の料金比較表

東急パワーサプライが発売している東急でんきと関東地方の大手電力会社である東京電力の電気料金は、どちらが安いのでしょうか?

それぞれの電気料金を実際に調べ、両社の電気料金を比較して表にしました。ここでは東京電力の最も一般的な東京電力の「従量電灯B」プランと東急パワーサプライの主なプランである「東急でんき」とで比較をしています。

東急でんき vs 東京電力 電気料金の比較
基本料金 電気料金の特徴
アンペア 東京電力
従量電灯B
東急でんき
  • 東急でんきは、30A以上から契約出来ます。
  • 東急でんきの基本料金は東京電力より全て安い設定になっています。
10A   ×
15A   ×
20A   ×
30A    
40A    
50A    
60A    
電力量料金 (1kWhあたりの料金) 電気料金の特徴
電力消費量(kWh) 東京電力
従量電灯B
東急でんき
  • 東急でんきは、1kWhあたりの料金が全て東京電力より全て安い設定になっています。
  -  kWh    
  -  kWh    
 kWh以上    
29.03円
(30Aの場合)

東急でんきの電気料金の特徴

東急でんきと東京電力の電気料金を比較した結果、以下の3つが東急でんきの電気料金の特徴といえるでしょう。

 特徴1:基本料金が安い

電気の「基本料金」とは、電気を使わなくても毎月払う固定の料金の事です。東急でんきの基本料金はどの契約アンペアであっても東京電力よりも安く設定されていました。つまり、ご契約のアンペアに関わらず電気の固定費が東急でんきの方が安くなるという事です。

 特徴2:電力量料金も安い

電気の「電力量料金」とは、電気の使用した分の料金、1kWhあたりの料金の事です。使用量に応じて3段階に分かれています。東急でんきの電力量料金料金はすべての段階で東京電力よりも安く設定されていました。電気の使用量が多くても少なくても、東急でんきの方が必ず東京電力よりも電気料金が安くなる事がわかります。

 特徴3:契約アンペアは30Aから

東急パワーサプライ(東急でんき) の電気料金は安い事がわかりました。ただし、契約アンペアが20A以下の方はそもそも料金設定がありませんので、東急でんきへの申込みが出来ません。

東急パワーサプライ(東急でんき)と東京電力
- 料金以外の違いも比較

ポイントサービスの違い

東急でんき vs 東京電力、電気料金以外ではどのような違いがあるのかを検証していきます。

ポイントサービスについて調べてみました。東急でんきと東京電力ともにポイントサービスがあります。比較してみると、東急でんきのポイントサービスは東京電力のものよりもポイント還元率が高いことが分かります。

東急沿線にお住まいだったり東急のスーパーである東急ストアをご利用の方であれば、東急カードを既に持っている方も多いでしょう。東急でんきの支払いを東急カードに変えるだけで1%の還元率のポイントが貯まるのは、かなりお得なサービスであるといえそうです。

東急でんき vs 東京電力 ポイントサービスの比較
東京電力 東急でんき
  • 特定の電気料金プランを申し込み「くらしTEPCO会員」になると、電気料金1000円につき5ポインのPontaポイント・Tポイントが貯まります。
  • ポイント還元率は0.5%弱です。
  • 電力自由化以降新しく発売された、スタンダードプランやプレミアムプランでしかポイントを貯める事が出来ません。最も一般的な電気料金プランである従量電灯プランの契約ではポイントを貯める事が出来ません。
  • 東急カードで電気料金の支払いをすると、支払額の1%のTOKYU POINTが貯まります。
  • ポイント還元率は1%です。

都市ガスとのセット割の違い

東急でんきと東京電力は、それぞれ都市ガス料金プランの販売もしています。それぞれの都市ガスとのセット割の内容や特徴を一覧表にまとめました。

どちらの都市ガスプランも、東京ガスよりは安くなりますが、東京電力の都市ガスとのセット割は、一般的な電気料金プランだと申し込めないという点で使い勝手に問題がありそうですね。その点、東急でんきの都市ガスはメインのプランと一緒に申し込みができます。

東急でんき vs 東京電力 都市ガスとのセット割の比較
東京電力 東急でんき
  • 特定の電気料金プランと都市ガスをセットで申し込むと、毎月100円のセット割りが適用されます。
  • 電力自由化以降新しく発売された、スタンダードプランやプレミアムプランのみセット割に申し込めます。最も一般的な電気料金プランである従量電灯プランの契約ではこのセット割りを申し込む事が出来ません。
  • 東急でんきの都市ガスは、東急でんきを契約していれば申し込む事が出来ます。
  • ガスの使用量が多くても少なくても、東京ガスよりも必ず安くなるような料金設定になっています。
  • だいたい2%程度東京ガスより安くなります。

webやアプリのサービスの違い

東急パワーサプライ:評判・口コミ

東急パワーサプライは無料のアプリも充実しています。(出典:Google Play)

東急でんきも東京電力も、ホームページやアプリで、電気料金や電気の使用量をチェックできるWebサービスを提供しています。それぞれのWebサービスやアプリの特徴をまとめて一覧表にしました。

両社のサービスを比べてみると、東京電力はホームページ上だけでWebサービスを展開しているのに対して、東急でんきはスマホで簡単に料金などが確認できるアプリがダウンロードできます。

インターネットに加え、毎月の電気料金や電気の使用量をアプリで手軽に確認出来るのは、東急でんきの大きな魅力といえそうです。

東急でんき vs 東京電力 webサービスやアプリの比較
東京電力 東急でんき
  • 東京電力の電気を使用していると、「くらしTEPCO」というWebサービスを利用する事が出来ます。
  • 「くらしTEPCO」では、ホームページ上で今月の電気料金や電気の使用量を見る事ができます。
  • 無料のアプリはありません。
  • 東急でんきを使用していると「東急でんき&ガス アプリ」というアプリを無料でダウンロード出来ます。
  • 「東急でんき&ガス アプリ」は、今月の電気料金や30分ごとの電気の使用量などが簡単に見れるアプリケーションです。
  • 東急でんきでは、ホームページ上からも電気料金や契約内容を見る事が出来ます。

東急でんきを発売している東急パワーサプライとは?

東急でんきの発売元である株式会社東急パワーサプライとは、東京の南西部から神奈川東武に鉄道網を展開している東京急行電鉄の子会社です。東京都世田谷区に本社があります。

2016年の電力小売りの自由化の際に、東急グループの中で、電力の供給を行う「新電力」として誕生しました。現在は、電気料金プランだけでなく、都市ガスの販売も行っており、エネルギー会社としての地位を確立しています。

東急パワーサプライは、家庭向け電気の販売量としては全国で10位(2018年3月時点。経産省の資料より)東京、神奈川の東急沿線での契約数シェアは1割(東急パワーサプライの資料より)と、新電力の中でも多くの人に支持されています。

東急でんきと東京電力、どちらを申し込むべき?

東急でんき(東急パワーサプライ)と東京電力について、電気料金プランの比較から料金以外の各種サービスまで、様々な角度から比較してきました。ここでは、その比較結果をまとめます。

東急パワーサプライ(東急でんき) vs 東京電力 - 電気料金を比較

東急でんきVS東京電力、料金もサービスも比較。

東急でんきと東京電力の電気料金比較結果

東急でんきと東京電力の電気料金を比較した結果、電気料金を構成する「基本料金(ご契約のアンペアに応じて毎月必ず払う料金)」も「電力量料金(電気の使用量に応じて払う料金)」も東急でんきの方が安く設定されていました。

つまり契約のアンペア数が大きくても、また電気の使用量が多くても少なくても、東急でんきの電気を契約すれば必ず東京電力よりも電気料金が安くなるという事です。

東急でんきと東京電力の電気料金以外のサービス比較結果

  • 東急でんきが1%に対して東京電力は0.5%弱、という結果でした。
  • 都市ガスとのセット割を比較したところ、東京電力の場合は割引になる電気料金プランに制限がある事がわかりました。
  • 電気料金や電気の使用量がわかるサービスは、東急でんきはスマホのアプリでも確認できるのに対して、東京電力はWebサービスのみとなっています。

東急でんきと東京電力どちらを申し込むべき?

つまり、電気の使用量が多い人でも少ない人でも、東京電力から東急でんきにするとお得になります。なぜなら、料金面においては必ず東京電力より安い料金になるからという事がまずあげられます。また、料金面以外のサービスも、ポイント還元率が高かったりwebサービスだけでなくアプリが利用できたりと、東急でんきの方に軍配が上がる事が多いからです。

ひとつだけ注意しなければならないのは、契約アンペア数が20A以下の人はそもそも東急でんきとは契約が出来ません。1人暮らしの場合でも30Aの契約にしているケースほとんどですのであまり当てはまる方はいないと思いますが、この点だけご注意ください。なお、アンペアを30A以上に変更すれば東急でんき申込みをする事ができます。

東急でんきの公式サイトはこちらからご覧いただけます。 

更新日
このブロックは壊れているか見つかりません。コンテンツが存在しないまたはオリジナルのモジュールを有効化する必要があります。