電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

 

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

 


営業時間・ご利用方法についてはこちら

【中部エリアの都市ガス比較】東京電力と東邦ガス、どっちが安い?

Looopでんきの申し込み

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[Looopでんき]

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得

2020年11月より東京電力が中部エリアでも都市ガスの販売を始めました。東京電力の電気とセットで利用できる都市ガスプランについて、詳しく説明します。

  • 東京電力の都市ガスは電気料金プランとのセット利用が必要
  • 都市ガス料金が東邦ガスの一般料金より3%安くなる
  • 電気とガスのセットなら「よかエネ」と「中部電力ミライズ」がおすすめ

中部エリアの都市ガス:東京電力のとくとくガスプランとは?

関東エリアの大手電力会社・東京電力は、関東以外のエリアでも新電力として電気を販売しています。また、東京ガスエリア大阪ガスエリア東邦ガスエリアでは都市ガスを販売しています。

東京電力の都市ガスプラン「とくとくガスプラン」は、東京電力の電気料金プランとセットで利用する必要があります。東邦ガスエリアで東京電力の都市ガスを利用する場合は、電気料金プランを東京電力の電気料金プラン「プレミアムプラン」もしくは「スタンダードプラン」に切り替える必要があります。

中部エリアの大手都市ガス会社、東邦ガスも中部電力ミライズよりお得な電気料金プランを販売しています。大手電力会社の中部電力ミライズも、電気とセット利用すると東邦ガスよりお得なガス料金プランを販売しています

このページでは、東京電力の中部エリアにおける都市ガス料金表・電気料金表が確認できます。また中部電力ミライズ・東邦ガスの電気とガスのセットプランと料金比較を行います。

東京電力・中部エリアの都市ガス料金表

東京電力の都市ガスプラン「とくとくガスプラン」は東邦ガスの一般料金プランより、3%安くなります。

都市ガス料金は、使用する量に応じて、基本料金および従量料金が適用されます。ガス料金=基本料金+従量料金となります。例えばある月のガスの消費量が25㎥だった場合は、基本料金は20㎥を超え50㎥までの料金がかかります。そして従量料金は25㎥に1㎥あたりの料金単価をかけたものが適用されます。

例えば東邦ガスの一般料金で1ヶ月に25㎥利用した場合、基本料金が1588.88円、従量料金が25㎥ x 1,541.21円かかります。

東京電力:とくとくガスプラン(中部エリア):基本料金
1ヶ月の使用量(㎥) 東邦ガス
一般料金
東京電力
とくとくガスプラン
20まで 759.00円 736.23円
20を超え50まで 1588.88円 1,541.21円
50を超え100まで 1833.33円 1,778.33円
100を超え250まで 2077.77円 2,015.44円
200を超え500まで 2648.14円 2,568.70円
500を超える場合 7109.25円 6,895.97円
東京電力:とくとくガスプラン(中部エリア):従量料金
1ヶ月の使用量(㎥) 東邦ガス
一般料金
東京電力
とくとくガスプラン
20まで 210.52円 204.20円
20を超え50まで 169.03円 163.96円
50を超え100まで 164.14円 159.22円
100を超え250まで 161.70円 156.85円
200を超え500まで 159.41円 154.63円
500を超える場合 150.49円 145.98円

東邦ガスの一般料金と東京電力のとくとくガスプランを比較すると、基本料金と従量料金どちらも東京電力の方が安くなっていることがわかりますね。

都市ガスだけ東邦ガスよりも安くするなら「よかエネ」

たしかに、とくとくガスプランに切り替えると東邦ガスよりも都市ガスが安くなることがわかりました。ただ、電気と都市ガス一緒に切り替えるのではなく、とにかくガス料金だけ東邦ガスより安くしたいという方もいるでしょう。

東邦ガスエリアでは東京電力以外にも都市ガスを販売している会社があります。よかエネ」の都市ガスなら、東邦ガスの一般料金プランを利用している場合、東京ガスと同じように東邦ガスより3%安くなります。また、それ以外の特殊なガス料金プラン、例えば床暖房やエコジョーズなどのプランを利用している場合は東邦ガスから切り替えると最大9%安くなります。

よかエネは中部エリアで電気も販売していますが、都市ガスを利用したい場合は単体で切り替えることができます。セットでなくても良いので、都市ガスだけ東邦ガスより安くすることができます。

もしよかエネの電気とガスをセットで利用すると、都市ガス料金がさらに2%安くなり、合計で5%も東邦ガスより安くなります。(なお、ガス特殊契約の場合は最大9%割引です。)また電気料金は中部電力ミライズより12%も安くなります。

東京電力・中部エリアの電気料金表

東京電力の都市ガスプラン「とくとくガスプラン」とセットで利用できる電気料金プランは「プレミアムプラン」と「スタンダードプラン」です。

東京電力:スタンダードプラン(中部エリア):料金表

東京電力の「スタンダードプラン」は、中部電力ミライズの従量電灯B・Cに相当する電気料金プランです。中部電力ミライズと同じように契約アンペ数に応じた毎月固定の基本料金がかかります。電気を使用した場合の料金単価(電力量料金)も、中部電力ミライズと同様に3段階に分かれています。

スタンダードSプランは主に家庭向けの電気料金プランです。中部電力ミライズの従量電灯Bに相当します。契約アンペア数は10Aから60Aまでの7段階になります。

スタンダードLプランは、店舗や事業所などより多くの電気を一度に利用する方向けのプランです。中部電力ミライズの従量電灯Cプランに相当します。

 
東京電力:スタンダードS(中部エリア)料金表
基本料金
契約アンペア数 中部電力ミライズ
従量電灯B
中部電力ミライズ
東京電力
スタンダードS
東京電力
10A 286.00円 286.00円
15A 429.00円 429.00円
20A 572.00円 572.00円
30A 858.00円 858.00円
40A 1144.00円 1144.00円
50A 1430.00円 1430.00円
60A 1716.00円 1716.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  中部電力ミライズ
従量電灯B
東京電力
スタンダードS
120kWhまで 21.04円 21.06円
120kWh超えて300kWhまで 25.51円 24.21円
300kWh超える 28.46円 27.55円
 
東京電力:スタンダードL(中部エリア)料金表
基本料金
契約アンペア数 中部電力ミライズ
従量電灯C
中部電力ミライズ
東京電力
スタンダードL
東京電力
1kVAあたり 286.00円 286.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  中部電力ミライズ
従量電灯C
東京電力
スタンダードL
120kWhまで 21.04円 21.57円
120kWh超えて300kWhまで 25.51円 24.88円
300kWh超える 28.46円 26.91円

中部電力ミライズの従量電灯プランと東京電力のスタンダードプランを比較すると、基本料金は同額です。また120kWh以下の電力量料金は東京電力のスタンダードプランの方が高くなります。つまり電気をあまり使わない家庭だと、東京電力の方が高くなります。逆に120kWh以上の電力量料金は東京電力の方が安いので、電気をよく使う家庭なら中部電力ミライズよりも安くなる可能性があります。

東京電力:プレミアムプラン(中部エリア):料金表

プレミアムプランは毎月400kWhまでの電気料金が定額になるプランです。毎月400kWh以上利用する場合は、中部電力ミライズの従量電灯プランに比べて割安になりますが、400kWhを下回ると逆に割高になってしまいます。東京電力では世帯人数が5人以上の場合にプレミアムプランの利用を推奨しています。

 
東京電力:プレミアムS(中部エリア)料金表
基本料金
契約アンペア数 中部電力ミライズ
従量電灯B
中部電力ミライズ
東京電力
スタンダードS
東京電力
10A 286.00円 286.00円
15A 429.00円 429.00円
20A 572.00円 572.00円
30A 858.00円 858.00円
40A 1144.00円 1144.00円
50A 1430.00円 1430.00円
60A 1716.00円 1716.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  中部電力ミライズ
従量電灯B
東京電力
プレミアムS
400kWhまで(定額料金) 9962.6円
(定額とした場合)
9421.30円
(定額料金)
400kWh超える 28.46円 26.92円

東京電力のガスセット割について

中部エリアで東京電力の電気とガスをセットで利用すると、ガスセット割が適用されます。ガスセット割が適用されると電気代が毎月100円、年間で1200円割引になります。

東京電力・中部電力ミライズ・東邦ガスの電気・ガスセットプラン、どれが安い?

中部エリアの東京電力の都市ガス料金(とくとくガスプラン)が東邦ガスの一般料金よりも安くなることがわかりました。また、中部エリアの東京電力の電気料金(スタンダードプラン)が、毎月電気をよく使う家庭なら中部電力ミライズの従量電灯プランよりも安くなることもわかりました。では、中部エリアで東京電力・東邦ガス中部電力ミライズの電気・ガスセットプランを利用した場合、どの料金が安くなるのでしょうか?

都市ガス料金を比較する

比較するのは東京電力のとくとくガスプラン、東邦ガスの一般料金、中部電力ミライズのカテエネガスプラン1です。毎月10㎥から50㎥利用した場合の料金を比較してみました。なお、2020年11月時点の料金単価を元に計算、小数点以下は切り捨てで表示します。また中部電力ミライズのカテエネガスプラン1は、電気セット割引2%を適用しています。

ガス料金を比較する(東京電力・中部電力ミライズ・東邦ガス)
1ヶ月の使用量 東京電力
とくとくガスプラン
中部電力ミライズ
カテエネガスプラン1
東邦ガス
一般料金
10㎥ 2,778円 2,748円 2,864円
20㎥ 4,820円 4,753円 4,969円
30㎥ 6,460円 6,179円 6,660円
40㎥ 8,100円 7,711円 8,350円
50㎥ 9,739円 9,242円 10,040円

3社で比較すると中部電力ミライズのカテエネガスプラン1の都市ガス料金が最も安くなることがわかりました。使用量が大きくなればなるほど、安くなる額が大きくなっているのがわかります。

電気料金を比較する

比較するのは東京電力のスタンダードS、東邦ガスのファミリープラン、中部電力のおとくプランです。契約アンペア数は40Aで、毎月200kWh、300kWh、400kWh、500kWh利用した場合を比較してみました。なお、2020年11月時点の料金単価を元に計算、小数点以下は切り捨てで表示します。また東京電力のスタンダードプランには、セットによる割引を適用しています。

電気料金を比較する(東京電力・中部電力ミライズ・東邦ガス)
1ヶ月の使用量 東京電力
スタンダードプラン
中部電力ミライズ
おとくプラン
東邦ガス
ファミリープラン
200kWh 5,608円 5,710円 5,501円
300kWh 8,029円 8,261円 8,053円
400kWh 10,784円 11,107円 10,726円
500kWh 13,539円 13,953円 13,486円

3社を比較した場合、一番安いのは東邦ガスのファミリープランになりました。続いて東京電力のとくとくガスプランがわずかに東邦ガスよりも高くなります。

電気とガスのセットではどれが一番安い?

確かに中部電力ミライズのガス料金が東京電力よりやすいものの、価格差は100円以下となりほぼ差がありません。一方、電気料金では東邦ガスとほぼ同じくらい数百円単位で東京電力の電気料金が安くなります。ですので電気とガスのセットプランなら東京電力・東邦ガス・中部電力ミライズの中で、東京電力が最も安くなると言えるでしょう。

たしかに東京電力・東邦ガス・中部電力ミライズでは東京電力が最も安くなります。ですが中部エリアで他にもっと安くなる、電気とガスとセットプランはないのでしょうか?

中部エリアで都市ガスを安くするなら「よかエネ」がオススメ

よかエネ」なら電気とガスをセットで利用すると、ガス料金が東邦ガスの5%割引、電気料金が中部電力ミライズの12%割引になります。

では、の電気・ガスセットプランとよかエネのどちらが安いか比較してみましょう。

ガス料金を比較する(東京電力・よかエネ)
1ヶ月の使用量 東京電力
とくとくガスプラン
よかエネ
一般料金
10㎥ 2,778円 2,721円
20㎥ 4,820円 4,721円
30㎥ 6,460円 6,327円
40㎥ 8,100円 7,933円
50㎥ 9,739円 9,538円
電気料金を比較する(東京電力・よかエネ)
1ヶ月の使用量 東京電力
スタンダードS
よかエネ
従量電灯B
200kWh 5,608円 5,025円
300kWh 8,029円 7,270円
400kWh 10,784円 9,774円
500kWh 13,539円 12,279円

東京電力とよかエネを比べると、よかエネの方が電気もガスも安くなることがわかりました。特に電気代は使用量が少なくても毎月600円程度の差がついています。電気とガスをセットにすいれば、今よりもコンスタントに毎月1000円以上光熱費を削減することも可能ですね。(ただし、現在お使いの電気料金プラン・ガス料金プラン、また毎月の使用量によって異なります。)

まずはよかエネの公式サイトで確認してみましょう。

更新日