ご注意:燃料価格の高騰に伴う「燃料費調整額」の増額について 長期化する燃料価格の高騰によって、各電力会社の「燃料費調整額」も高くなっています。ご契約を検討する際には、電力会社の公式サイトにて「燃料費調整額」をご確認ください。また、都市ガスも同様に「原料費調整額」が上昇しています。
 燃料費調整額について詳しく見る

電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

0120-410-078 または


最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

0120-410-078 または


最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。


営業時間・ご利用方法についてはこちら

電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

【徹底比較】新電力のオール電化・電気料金プラン

東急でんきのオール電化プラン

【東急でんき】東京電力より基本料金・電力量料金が安い「オール電化プラン」

東急でんきのオール電化プラン「スマートナイトプラン」
  • 東京電力エリアで申し込み可能。
  • 東京電力「スマートライフS/L」より基本料金も電力量料金も安い!
  • 夜間の電気使用量が多い世帯に特におすすめ。
  • 解約手数料・解約違約金なしで安心。

【東急でんき】東京電力より基本料金・電力量料金が安い「オール電化プラン」

東急でんきのオール電化プラン「スマートナイトプラン」
  • 東京電力エリアで申し込み可能。
  • 東京電力「スマートライフS/L」より基本料金も電力量料金も安い!
  • 夜間の電気使用量が多い世帯に特におすすめ。
  • 解約手数料・解約違約金なしで安心。
【徹底比較】新電力のオール電化・電気料金プラン
【徹底比較】新電力のオール電化・電気料金プラン

オール電化住宅向けの料金プランは、夜間に電気で給湯や暖房を動かすため、夜間の電気料金が安い設定になっています。ここでは、大手電力会社以外に、お得なオール電化住宅向けの電気料金プランを提供している新電力をご紹介します。大手電力会社の既存メニューと比べて、どのくらい安くなるのかも検証します。

オール電化向け電気料金プランの特徴と計算方法

オール電化向けの料金プランは、もともと原子力発電による夜間の余剰電力を安価に利用するために設定されました。オール電化住宅では、ガス機器を使用しないので、暖房や給湯も全て電気でまかなう必要があります。それらの電気で動かす暖房や給湯機器を夜間の電気料金が安い時間に利用することで、電気料金を節約することができるのです。

そのため、オール電化プランでは時間帯によって1kWh(キロワットアワー)ごとの電気料金が異なります。一般的な電気料金プランは従量電灯プランですが、このプランの場合はどの時間帯に利用しても1kWhあたり電気料金は変わりません(ただし、1ヶ月あたりの消費量によって段階的に変化します。)

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

その従量電灯プランとオール電化向けのプランを比較すると、オール電化向けの電気料金プランは夜間は割安で、日中が割高に設定されています。またプランによっては、夏季とそれ以外の季節で料金が異なったり、土日祝日やそれ以外の曜日で料金が異なるといった具合に、ライフスタイルに合わせて様々なバリエーションが用意されています。

例えば東京電力で一般的な電気料金プラン:従量電灯Bと、オール電化向けのスマートライフSの料金表を比較してみましょう。

 
東京電力・従量電灯B・料金表
契約アンペア数 基本料金
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
消費量 電力量料金(1kWhあたりの料金)
120kWhまで 19.88円
120kWh超えて300kWhまで 26.48円
300kWh超える 30.57円
 
東京電力・スマートライフS・料金表
契約アンペア数 基本料金
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
時間帯 電力量料金(1kWhあたりの料金)
昼間時間
午前6時〜翌午前1時
25.80円
夜間時間
午前1時〜翌午前6時
17.78円

契約アンペア数に対して毎月固定の基本料金が設定されている点は、従量電灯BもスマートライフSも変わりません。一方電気を使った量に対して支払う従量料金(電力量料金)は、従量料金が3段回に変化しているのに対して、スマートライフSは時間帯ごとに設定されており異なります。

こういった料金体系の違いから、一般的な電気料金プランとオール電化向けの電気料金プランでは計算方法が異なります。

仮に、契約アンペア数が40A(4kVA)で、昼間に100kWh、夜間に300kWh利用した場合、一般的な従量電灯プランとオール電化向けのプランでは料金にどんな違いがあるか実際に計算してみましょう。

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

東京電力・従量電灯BとスマートライフS・料金比較
  従量電灯B スマートライフS
基本料金 4kVA x 286円 = 1,144円 4kVA x 286円 = 1,144円
電力量料金
(従量料金)
120kWh x 19.88円 +
(300-120kWh)x 26.48円 +
(400-300kWh)x 30.57円 = 11,353円
100kWh x 25.80円 +
300kWh x 17.78円 = 9,058円

このように夜間に多く利用した場合は、オール電化向けのプランの方が安くなる(※)ことがわかりました。では、全国にはどのようなオール電化向けの電気料金プランがあるのでしょうか?

(※)ただし、実際の電気料金には、上記の基本料金と電力量料金の他に燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます。東京電力・スマートライフSの燃料費調整額には上限がないため、燃料価格が高騰した場合、東京電力・従量電灯B(上限あり)と比較したときのお得額が少なくなったり、お得にならない可能性があります。東京電力・スマートライフSのご契約をご検討の際は、公式サイトにて「燃料費調整単価」を確認されることをおすすめします。

選べるオール電化プラン

2016年の電力自由化以降、これまでの各電力エリアの大手電力会社に独占されていた電力の小売市場が開放され、自分で電力会社を選べる時代になりました。新電力と呼ばれる新たに電気の販売を行う会社では、オール電化に対応した電気料金プランも利用できます。

「オール電化」向けの電気料金プラン、もっとお安くしませんか?らくらく窓口なら、電気代平均6%削減最短5分!で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら 

一般的に大手電力会社が従来から展開している従量電灯プランに比べて、新電力の電気料金プランは安価に設定されていることが多いです。

それでは、オール電化向けの電気料金プランも、新電力の方がお得なのでしょうか?東京電力エリアのオール電化プランを比較してみましょう。

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

東京電力「スマートライフプラン」と新電力のオール電化プラン比較

東京電力で現在新規で契約できる、夜間の電気料金がお得な料金プランは「スマートライフS/L」です。

このページでは、オール電化住宅向けの「スマートライフS/L」と、新電力のオール電化プランを比較します。

比較するのは東急でんき&ガス(東急パワーサプライ)の「スマートナイトプラン」CDエナジーダイレクトの「スマートでんきB/C」HTBエナジーの「ぜんぶでんき」です。

上記の【東急でんき&ガス(東急パワーサプライ)】、【CDエナジーダイレクト】、【HTBエナジー】のオール電化向け料金プランは、東京電力の「スマートライフS/L」と同じ昼間時間・夜間時間を採用しています。

では、6kVA(60A)で、①昼間に100kWh、夜間に300kWh利用した場合、②昼間に200kWh、夜間に200kWh利用した場合、③昼間に300kWh、夜間に100kWh利用した場合の基本料金と電力量料金(従量料金)をそれぞれ比較してみましょう。(※2022年9月22日時点の料金表より計算)

①昼間に100kWh・夜間に300kWh使用
(クリックして表示)
電力会社 合計 基本料金 昼間料金 夜間料金
東京電力
スマートライフS/L
9,630円 1,716円 2,580円 5,334円
CDエナジーダイレクト
スマートでんきB/C
▷公式サイト
9,630円 1,716円 2,580円 5,334円
東急でんき&ガス
スマートナイトプラン
▷公式サイト
9,414.40円
最安!
1,544.40円
最安!
2,569円 5,301円
最安!
HTBエナジー
ぜんぶでんき
▷公式サイト
9,578円 1,716円 2,528円
最安!
5,334円

 

②昼間に200kWh・夜間に200kWh使用
(クリックして表示)
電力会社 合計 基本料金 昼間料金 夜間料金
東京電力
スマートライフS/L
10,432円 1,716円 5,160円 3,556円
CDエナジーダイレクト
スマートでんきB/C
▷公式サイト
10,432円 1,716円 5,160円 3,556円
東急でんき&ガス
スマートナイトプラン
▷公式サイト
10,216.40円
最安!
1,544.40円
最安!
5,138円 3,534円
最安!
HTBエナジー
ぜんぶでんき
▷公式サイト
10,328円 1,716円 5,056円
最安!
3,556円

 

③昼間に300kWh・夜間に100kWh使用
(クリックして表示)
電力会社 合計 基本料金 昼間料金 夜間料金
東京電力
スマートライフS/L
11,234円 1,716円 7,740円 1,778円
CDエナジーダイレクト
スマートでんきB/C
▷公式サイト
11,234円 1,716円 7,740円 1,778円
東急でんき&ガス
スマートナイトプラン
▷公式サイト
11,018.40円
最安!
1,544.40円
最安!
7,707円 1,767円
最安!
HTBエナジー
ぜんぶでんき
▷公式サイト
11,078円 1,716円 7,584円
最安!
1,778円

上記の料金比較の結果、電気の使用量にかかわらず、基本料金と電力量料金の合計が最も安くなるのは【東急でんき&ガスでした。

東急でんき&ガスの「スマートナイト」プランは、基本料金・電力量料金ともに、料金単価が東京電力よりも割安の設定のため、東京電力の「スマートライフS・L」よりも安くなる料金体系になっています。

なお、昼間(午前6~翌午前1時)の電気料金が最も安いのは「HTBエナジーでした。HTBエナジーのオール電化プランは、昼間の料金が東京電力より2%安くなるように設定されています。

なお、CDエナジーダイレクトの「スマートでんきB/C」は、東京電力の「スマートライフS/L」と全く同じ料金設定ですが、電気代の支払いに使える1%ポイント還元サービスがあるため、東京電力よりも実質的に安くなります。

(※)ただし、実際の電気料金には、上記の基本料金と電力量料金の他に燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます。東京電力・スマートライフSの燃料費調整額には上限がないため、燃料価格が高騰した場合、東京電力・従量電灯B(上限あり)と比較したときのお得額が少なくなったり、お得にならない可能性があります。東京電力・スマートライフSのご契約をご検討の際は、公式サイトにて「燃料費調整単価」を確認されることをおすすめします。

このように、同じオール電化料金プランでも、契約アンペア数や利用する時間帯によって最終的な料金は異なるため、ライフスタイルに合わせて検討されることをおすすめします。

また、東京電力エリア以外のエリアのオール電化向けプランをお探しの方は、以下のリンク先から各地域でおすすめのお得なオール電化プランをご確認いただけます。

お得なおすすめ【オール電化プラン】【オール電化におすすめのお得な電力会社・電気料金プラン】を確認する

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

-->

オール電化以外でおすすめの電気料金プラン

一般的に、夜間の消費量が多いとお得になるのがオール電化住宅向け電気料金プランの特徴です。しかし、オール電化住宅に住んでいるけれど昼間の方が消費量が多いという場合は、オール電化プランを利用するとかえって割高になるという可能性もあります。

電力自由化以降、お得になりやすい電気料金プランを提供する新電力が全国に登場しています。以下からご覧ください。

電力エリア別のオススメ電気料金プランを探す
電力エリア オススメ
北海道電力 オススメの電力会社
東北電力 オススメの電力会社
東京電力 オススメの電力会社
中部電力 オススメの電力会社
北陸電力 オススメの電力会社
関西電力 オススメの電力会社
中国電力 オススメの電力会社
四国電力 オススメの電力会社
九州電力 オススメの電力会社
沖縄電力 オススメの電力会社

またセレクトラのらくらく窓口では、電話で簡単に電気・都市ガスの切り替えの申し込みをすることができます。ご自身のライフスタイルに合ったプランを選びたい、お得になる料金プランを知りたい、という方は一度お電話で(0120-410-078)までご相談ください。

「オール電化」向けの電気料金プラン、もっとお安くしませんか?らくらく窓口なら、電気代平均6%削減最短5分!で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら 

更新日