電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、無料の電気ガス料金比較ツールをご利用ください。

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、無料の電気ガス料金比較ツールをご利用ください。

【徹底比較】新電力のオール電化・電気料金プラン

【徹底比較】新電力のオール電化・電気料金プラン
【徹底比較】新電力のオール電化・電気料金プラン

オール電化住宅向けの料金プランは、夜間に電気で給湯や暖房を動かすため、夜間の電気料金が安いプランになっています。新電力にもオール電化住宅向けの電気料金プランがあります。大手電力会社の既存メニューと比べてどれくらい安くなるのか検証します。

オール電化向け電気料金プランの特徴と計算方法

オール電化向けの料金プランは、もともと原子力発電による夜間の余剰電力を安価に利用するために設定されました。オール電化住宅では、ガス機器を使用しないので、暖房や給湯も全て電気でまかなう必要があります。それらの電気で動かす暖房や給湯機器を夜間の電気料金が安い時間に利用することで、電気料金を節約することができるのです。

そのため、オール電化プランでは時間帯によって1kWh(キロワットアワー)ごとの電気料金が異なります。一般的な電気料金プランは従量電灯プランですが、このプランの場合はどの時間帯に利用しても1kWhあたり電気料金は変わりません(ただし、1ヶ月あたりの消費量によって段階的に変化します。)

その従量電灯プランとオール電化向けのプランを比較すると、オール電化向けの電気料金プランは夜間は割安で、日中が割高に設定されています。またプランによっては、夏季とそれ以外の季節で料金が異なったり、土日祝日やそれ以外の曜日で料金が異なるといった具合に、ライフスタイルに合わせて様々なバリエーションが用意されています。

例えば東京電力で一般的な電気料金プラン:従量電灯Bと、オール電化向けのスマートライフSの料金表を比較してみましょう。

 
東京電力・従量電灯B・料金表
契約アンペア数 基本料金
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
消費量 電力量料金(1kWhあたりの料金)
120kWhまで 19.88円
120kWh超えて300kWhまで 26.48円
300kWh超える 30.57円
 
東京電力・スマートライフS・料金表
契約アンペア数 基本料金
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
時間帯 電力量料金(1kWhあたりの料金)
昼間時間
午前6時〜翌午前1時
25.80円
夜間時間
午前1時〜翌午前6時
17.78円

契約アンペア数に対して毎月固定の基本料金が設定されている点は、従量電灯BもスマートライフSも変わりません。一方電気を使った量に対して支払う従量料金(電力量料金)は、従量料金が3段回に変化しているのに対して、スマートライフSは時間帯ごとに設定されており異なります。

こういった料金体系の違いから、一般的な電気料金プランとオール電化向けの電気料金プランでは計算方法が異なります。

仮に、契約アンペア数が40A(4kVA)で、昼間に100kWh、夜間に300kWh利用した場合、一般的な従量電灯プランとオール電化向けのプランでは料金にどんな違いがあるか実際に計算してみましょう。

東京電力・従量電灯BとスマートライフS・料金比較
  従量電灯B スマートライフS
基本料金 4kVA x 286円
= 1,144円
4kVA x 286円
= 1,144円
電力量料金
(従量料金)
120kWh x 19.88円
+
(300-120kWh)x 26.48円
+
(400-300kWh)x 30.57円
= 11,353円
100kWh x 25.80円
+
300kWh x 17.78円
= 9,058円

このように夜間に多く利用した場合は、オール電化向けのプランの方が安くなることがわかりました。では、全国にはどのようなオール電化向けの電気料金プランがあるのでしょうか?

選べるオール電化プラン

2016年の電力自由化以降、これまでの各電力エリアの大手電力会社に独占されていた電力の小売市場が開放され、自分で電力会社を選べる時代になりました。新電力と呼ばれる新たに電気の販売を行う会社では、オール電化に対応した電気料金プランも利用できます。

新電力 電気料金プラン
J:COM電力
公式サイト

J:COM電力のオール電化プラン

  1. 対象地域のあらゆるオール電化プランに対応している
  2. 電力量料金が大手電力会社に比べて安くなる
  3. ケーブルテレビ・インターネット・モバイルとのセットプランがある

     

 
出光昭和シェル
公式サイト

出光昭和シェルのオール電化プラン

  1. 沖縄以外の各電力エリアに対応している
  2. 大手電力会社に比べて基本料金が安くなる
  3. 出光昭和シェルで給油するとガソリンがリッターあたり2円お得
  4. 電気自動車ユーザーにも毎月割引特典がある

        

 
九州のオール電化ならイデックスでんき
公式サイト

イデックスでんきのオール電化プラン

  1. 九州電力のオール電化プラン(電化でナイト・セレクト22)に相当
  2. 基本料金・電力量料金がそれぞれ安くなる
  3. ドコモのdポイントが貯まる

 
CDエナジーダイレクト
公式サイト

CDエナジーダイレクトのオール電化プラン

  1. 東京電力のスマートライフS/Lに相当し、金額は同じ
  2. カテエネポイントが貯まる

 
親指でんき
公式サイト

親指でんきのオール電化プラン

  1. 深夜料金が安くなる「日曜から夜更かしプラン」
  2. 大手電力会社の従量電灯プランに比べて基本料金が半額
  3. 22時から翌朝8時までの電力量料金が12%〜20%割安

       

 
エルピオでんき
公式サイト

エルピオでんきのオール電化プラン

  1. 東京電力エリアで深夜料金が安くなる「深夜お得プラン」
  2. 東京電力会社の従量電灯プランに比べて基本料金が安くなります
  3. 23時から翌朝6時までの電力量料金がお得

 
HTBエナジー
公式サイト

HTBエナジーのオール電化プラン

  1. 東京電力のスマートライフS/Lに対応
  2. 東京電力より夜間の料金が5%安くなります。

一般的に大手電力会社が従来から展開している従量電灯プランに比べて、新電力の電気料金プランは安価に設定されていることが多いです。オール電化向けの電気料金プランも、新電力の方がお得になるのでしょうか?電力エリアごとに比較してみましょう。

東京電力のスマートライフプランと比較する

東京電力で現在新規に契約できる、夜間がお得な電気料金プランは2種類あります。スマートライフS/Lもしくは夜トクプランです。このページではより、オール電化住宅向けのスマートライフS/Lと、新電力のプランを比較してみます。比較するのはCDエナジーダイレクトの「スマートでんきB/C」、J:COM電力の「家庭用お得タイムS/L」、HTBエナジーの「ぜんぶでんき」、出光昭和シェルの「オール電化プラン」、それからエルピオでんきの「深夜お得プラン」と親指でんきの「日曜から夜更かしプラン」です。

このうちCDエナジーダイレクト、ジェイコム電力、HTBエナジー、出光昭和シェルのオール電化料金プランは、東京電力のスマートライフS/Lと同じ昼間時間・夜間時間を採用しています。一方、エルピオでんきと親指でんきはそれぞれ異なる昼間時間・夜間時間が設定されている点に注意が必要です。

では、6kVA(60A)で、①昼間に100kWh、夜間に300kWh利用した場合、②昼間に200kWh、夜間に200kWh利用した場合、③昼間に300kWh、夜間に100kWh利用した場合の基本料金と電力量料金(従量料金)をそれぞれ比較してみましょう。(2020年4月1日時点の料金表より計算)

①昼間に100kWh・夜間に300kWh使用
電力会社 合計 内訳
基本料金 昼間料金 夜間料金
東京電力
スマートライフS/L
9,630円 1,716円 2,580円 5,334円
CDエナジーダイレクト
スマートでんきB/C
▷公式サイト
9,630円 1,716円 2,580円 5,334円
J:COM電力
お得タイムS/L
▷公式サイト
9,578円 1,716円 2,528円
最安!
5,334円
HTBエナジー
ぜんぶでんき
▷公式サイト
9,363円
最安!
1,716円 2,580円 5,067円
最安!
出光昭和シェル
オール電化プラン
▷公式サイト
9,564円 1,650円 2,580円 5,334円
エルピオでんき
深夜お得プラン
夜間時間:午後11時〜翌朝午前6時

▷公式サイト
10,674円 1,613円 2,800円 6,261円
親指でんき
日曜から夜更かし
夜間時間:午後10時〜午前8時

▷公式サイト
11,228円 858円
最安!
3,050円 7,320円
②昼間に200kWh・夜間に200kWh使用
電力会社 合計 内訳
基本料金 昼間料金 夜間料金
東京電力
スマートライフS/L
10,432円 1,716円 5,160円 3,556円
CDエナジーダイレクト
スマートでんきB/C
▷公式サイト
10,432円 1,716円 5,160円 3,556円
J:COM電力
お得タイムS/L
▷公式サイト
10,329円 1,716円
最安!
5,057円 3,556円
HTBエナジー
ぜんぶでんき
▷公式サイト
10,254円
最安!
1,716円 5,160円 3,378円
最安!
出光昭和シェル
オール電化プラン
▷公式サイト
10,366円 1,650円 5,160円 3,556円
エルピオでんき
深夜お得プラン
夜間時間:午後11時〜翌朝午前6時

▷公式サイト
11,387円 1,613円 5,600円 4,174円
親指でんき
日曜から夜更かし
夜間時間:午後10時〜午前8時

▷公式サイト
11,838円 858円
最安!
6,100円 4,880円
③昼間に300kWh・夜間に100kWh使用
電力会社 合計 内訳
基本料金 昼間料金 夜間料金
東京電力
スマートライフS/L
11,234円 1,716円 7,740円 1,778円
CDエナジーダイレクト
スマートでんきB/C
▷公式サイト
11,234円 1,716円 7,740円 1,778円
J:COM電力
お得タイムS/L
▷公式サイト
11,079円
最安!
1,716円 7,585円
最安!
1,778円
HTBエナジー
ぜんぶでんき
▷公式サイト
11,145円 1,716円 7,740円 1,689円
最安!
出光昭和シェル
オール電化プラン
▷公式サイト
11,168円 1,650円 7,740円 1,778円
エルピオでんき
深夜お得プラン
夜間時間:午後11時〜翌朝午前6時

▷公式サイト
12,100円 1,613円 8,400円 2,087円
親指でんき
日曜から夜更かし
夜間時間:午後10時〜午前8時

▷公式サイト
12,448円 858円
最安!
9,150円 2,440円

東京電力エリアで選べるオール電化プランで、基本料金が最も安かったのは「親指でんき」でした。親指でんきのオール電化プランは東京電力に比べると、基本料金が半額に設定されているため、他よりもダントツで安くなっています。

次に昼間の料金が最も安いのは「J:COM電力」でした。ジェイコム電力のオール電化プランは昼間の料金が東京電力より2%安くなるように設定されています。

そして夜間の料金が最も安いのは「HTBエナジー」でした。HTBエナジーのオール電化プランは、夜間の料金が東京電力より5%安くなるように設定されています。

そして、総合では①と②の場合で「HTBエナジー」が最も安くなりました。③の昼間の使用量が夜間よりも多い場合は、「J:COM電力」が総合で最も安くなりました。

このように、同じオール電化料金プランでも、契約アンペア数や利用する時間帯によって、最終的な料金は異なるので、ライフスタイルに合わせて検討する必要がありますね。

HTBエナジー

東京電力の他のオール電化プランと比較する

東京電力ではすでに新規受付を停止していますが、以前契約した人はそのまま利用できるオール電化向けのプランがあります。

東京電力のオール電化向けプラン 電化上手、ナイト8、ナイト10、朝得プラン、夜得プラン、半日お得プラン、土日お得プラン(1型)、土日お得プラン(2型)、ピークシフトプラン、スマートライフプラン

これらのオール電化プランに対応する新電力は多くありません。でもJ:COM電力なら、これらのプランに対応しており、またそれぞれ昼間料金が0.5%から3%程度安くなります。お得になる夜間時間帯や曜日・季節などの条件は変更したくないけど、料金だけ少しでも節約したいという方は、ジェイコム電力のオール電化プランを検討してみましょう。

その他の電力エリアで比較する

東京電力エリアでは、選べるオール電化向けの電気料金プランが多くあり、東京電力のオール電化プランよりも安くなることがわかりました。東京電力エリア以外でも、選択肢は少なくなりますが、安くなる新電力のオール電化向け電気料金プランがあります。

関西電力エリアのオール電化プランを比較する

関西電力エリアで現在新規に利用できるオール電化向けプランは「はぴeタイムR」です。「はぴeタイムR」は時間帯が3つに分かれており、それぞれの時間帯で1kWhあたりの料金が異なります。また休日は時間帯が2つに分かれます。いずれも夜11時から翌朝7時までの夜間時間帯が割安なのが特徴です。

このプランと全く同じ条件で基本料金が安くなるのが、出光昭和シェルのオール電化プランです。料金表を比較してみましょう。

出光昭和シェルオール電化プラン:関西電力はぴeタイムRとの比較
基本料金
契約アンペア数 関西電力
はぴeタイムR
関西電力
出光昭和シェル
オール電化プラン
出光昭和シェル
10kVAまで(1契約あたり) 2090.00円 1980.00円
11kVA以上(1kVAあたり) 376.20円 365.20円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
時間帯 関西電力
はぴeタイムR
出光昭和シェル
オール電化プラン
夏季・平日デイタイム
午前10時から午後5時まで
27.51円 27.51円
その他季・平日デイタイム
平日午前10時から午後5時まで
25.01円 25.01円
平日ホームタイム
休日午前7時から午後10時まで・午後5時から午後11時まで
21.74円 21.74円
休日ホームタイム
休日午前7時から午後11時まで
21.74円 21.74円
ナイトタイム
午後11時から翌朝7時まで
14.44円 14.44円

休日:土日祝日、1月2日〜3日、4月30日、5月1日〜2日、12月30日〜31日
夏季:7月〜9月 その他季:10月〜6月

このように毎月固定の基本料金が安くなることがわかります。一方、1kWhあたりの電力量料金は変わりません。

また、現在関西電力で既に新規受付を停止した「はぴeタイム」を利用している方や、「時間帯別電灯」「季時別電灯PS」「eスマート10」を利用している場合は、J:COM電力のオール電化プランに切り替えることができます。

J:COM電力に切り替えると、昼間時間の電力量料金が0.5%から3%程度、関西電力のプランより安くなります。

また、関西電力には無いオリジナルの深夜時間帯の電気代が安くなるプランとしては、親指でんきの「日曜から夜更かしプラン」があります。

九州電力エリアのオール電化プランを比較する

九州電力エリアで現在新規に利用できるオール電化向けプランは「電化でナイト・セレクト」です。

「電化でナイトセレクト」は昼間時間と夜間時間の2つに分かれており、他のオール電化プランと同様夜間が割安になります。特徴としては、時間帯は3パターンから選ぶことができ、休日よりも平日の昼間時間の料金が、春秋期よりもh夏冬期の昼間時間の料金が割高になるのが特徴です。夜間料金は曜日季節にかかわらず一定です。

この「電化でナイトセレクト」と同じ条件で、九州電力よりも安くなるのがイデックスでんきの「夜トクプラン」です。「夜トクプラン」は毎月固定の基本料金、1kWhあたりの電力量料金が九州電力よりそれぞれ約3%安くなります。料金表を比較してみましょう。

イデックスでんき夜トクプラン:九州電力電化でナイト・セレクト22との比較
基本料金
契約容量 九州電力
電化でナイト・セレクト22
九州電力
イデックスでんき
夜トクプラン
イデックスでんき
10kW以下 1650.00円
(1契約あたり)
(1契約あたり)
10kWを超える場合 15kWまで 4400.00円
(1契約あたり)
4268.00円
(1契約あたり)
15kW超過分 550.00円
(1kWあたり)
533.50円
(1kWあたり)
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  九州電力
電化でナイト・セレクト22
イデックスでんき
夜トクプラン
平日昼間
(午前8時から午後10時まで)
夏季・冬季 26.84円 26.03円
春季・秋季 23.95円 23.22円
休日昼間
(午前8時から午後10時まで)
夏季・冬季 21.22円 20.57円
春季・秋季 17.82円 17.28円
夜間
(午後10時から午前8時まで)
13.21円 12.80円

ただし、九州電力の「電化でナイトセレクト」は時間帯が3つのパターンから選べたのに対して、「夜トクプラン」は一つの時間帯しか選べません。この点は注意が必要です。

電化でナイトセレクトで選べる時間帯 セレクト21:午後9時〜翌朝7時
セレクト22:午後10時〜翌朝8時
セレクト23:午後11時〜翌朝9時
イデックスでんきの「夜トクプラン」はセレクト22に対応する。

イデックスデンキ

九州電力で既に下記のオール電化向けプランを利用中の場合は、J:COM電力のオール電化プランがオススメです。

九州電力のオール電化向けプラン 季節時別電灯、電化でナイトセレクト21・23、時間帯別電灯、ピークシフト電灯

J:COM電力なら、昼間時間の電力量料金が0.5%から3%程度、九州電力より安くなります。ただし、ジェイコム電力が利用できるエリアは、福岡・熊本・大分に限られる点に注意が必要です。

オール電化以外でおすすめの電気料金プラン

料金を比較してわかるように、夜間の消費量が多いとお得になるのがオール電化住宅向け電気料金プランの特徴です。でも、オール電化だけど昼間の方が消費量が多いという場合は、オール電化プランを利用するとかえって割高になる可能性があります。また、セカンドハウスなどのように、電気を全く利用しない月もある場合でも、基本料金がかかってしまいますよね。

沖縄を除く全国で利用できる基本料金ゼロ円のLooopでんきの電気料金プランなら、時間を問わず1kWhあたりの料金は常に一定です。全国のオール電化プランの昼間料金より、1kWhあたりの料金が安くなります。

Looopでんき
更新日