電話で電気・ガス切替相談

新居で電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

新居で電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

関電ガス:ガス解約の手続・連絡先・注意点

なっトクパックへのお申し込み

関西エリア人気No.1の電気・ガスセットプラン[関電ガス]

  • 関西電力の従量電灯A・大阪ガスの一般ガス料金より安い
  • 電気とガスをセットにすると年間約10,600円お得*
  • 今なら新規申込で2,000円分QUOカードプレゼント

*電気1ヶ月あたり260kWh、ガス1ヶ月あたり31m3使用した場合。

関西エリア人気No.1の電気・ガスセットプラン

  • 関西電力の従量電灯A・大阪ガスの一般ガス料金より安い
  • 電気とガスをセットにすると年間約10,600円お得*
  • 今なら新規申込で2,000円分QUOカードプレゼント

*電気1ヶ月あたり260kWh、ガス1ヶ月あたり31m3使用した場合。

関電ガス:ガス解約の手続・連絡先・注意点
関電ガス:ガス解約の手続・連絡先・注意点

同じ解約手続きでも引っ越しとガス会社の切り替えの手続きは異なります。それぞれの手続き方法を確認しましょう。解約の際の立ち会いの有無や解約金、最後の支払い方法など気になる点もまとめてチェックしましょう。

関電ガスの解約手続き

関電ガスの解約手続きが必要となるのは、引っ越しを伴う場合と関電ガスから別の都市ガス会社へ切り替える場合の大きく2つに分けられます。同じ解約でも、引っ越しを伴う場合と都市ガス会社切り替えの場合の連絡先や必要な手続きは異なります。関電ガスを解約するための手続き方法と注意点をご紹介します。

建物の解体や一時的なガスの利用停止を申し込む場合には、個別の案件毎に必要な手続きが異なります。関電ガスの契約者向けコールセンターに電話して詳細を確認してください。

引っ越しのために関電ガスを解約するための手続き

関電ガスを利用しているなら、引っ越しをするときには必ず関電ガスへの解約の手続きを行わなければなりません。引っ越し先で関電ガスを利用しない場合、または関電ガスを継続利用するどちらの場合もご自身での解約の手続きが必要です。

引っ越し先で関電ガス以外を利用する場合

引っ越し前に関電ガスへ電話またはWEBで解約の手続きを行います。WEB申し込みはガス利用停止希望日の30日前~2日前まで(土日祝日を含み、1/1~1/3を除く)申し込みが可能です。引っ越し当日の解約申し込みなど緊急の場合には電話で連絡しましょう。

関電ガスの引っ越しを伴う解約手続きでは、「お客さま番号」または会員専用WEBページ「はぴeみる電のID・パスワード」が必要になります。関電ガスのお客さま番号は毎月のガス「ご使用量のお知らせ」で確認できます。

  • 引っ越しを伴う解約に必要な情報
  • 「お客さま番号」または「はぴeみる電のID・パスワード」
  • 閉栓作業の希望日・時間帯
  • 日中連絡が取りやすい電話番号

引っ越しを伴うガスの解約では、閉栓作業を行います。オートロックマンションやガスメーターが屋内にあり外部から作業できない場合を除き、閉栓作業に立ち会う必要はありません。閉栓作業が完了するとガスは使えなくなります。関電ガスでは作業時間を以下の時間帯から選択できます。

  • 9:00~12:00
  • 13:00~15:00
  • 15:00~17:00
  • 17:00~19:00(日祝除く)

※関電ガスのお客さま番号が分からない場合はどうしたらよい? 関電ガスの「ご使用量のお知らせ」や会員専用WEBページの「はぴeみる電」のID・パスワードを忘れてしまった場合は、支払い情報から解約手続きを行うこともできます。毎月のガス代を口座振替またはクレジットカード支払いしている方は、以下の情報が分かれば手続きができます。
・契約名義
・電話番号
・郵便番号
・口座番号またはクレジットカード番号の下4桁

引っ越し先で関電ガス以外を利用する場合は、新居で契約するガス会社への新規申し込みを忘れずに行いましょう。ガスの利用開始には開栓作業が伴いますので、申し込みをしてすぐに使えるようになるわけではありません。引っ越し前に新規申し込み手続きを必ず済ませておきましょう。

引っ越し先でも関電ガスを利用したい場合

引っ越し先でも関電ガスを継続して利用する場合でも解約手続きが必要です。関電ガスでは電話またはWEBでの手続きで、解約と引っ越し先での新規申し込みを同時に行うことができます。WEB申し込みはガス利用停止・利用開始希望日の30日前~2日前まで(土日祝日を含み、1/1~1/3を除く)申し込みが可能です。引っ越し当日の解約・新規申し込みなど緊急の場合には電話で連絡しましょう。当日申し込みの場合には、希望した日時にガスを止める・使い始めることができない場合もありますので、十分に前もって手続きを行いましょう

関電ガスを継続して利用する場合には、解約に必要な情報に加えて新規申し込みのための情報も必要です。新居でガスを使うためには開栓作業が伴い、立ち会いが必須となります。作業はガス開栓と新居で使うガス機器の点検などを行い、20分前後で終了します。関電ガスでは開栓作業は以下の時間帯から選択することができます。選択できる時間帯は閉栓作業の場合と同じです。

  • 9:00~12:00
  • 13:00~15:00
  • 15:00~17:00
  • 17:00~19:00(日祝除く)
  • 引っ越し先でも関電ガスを利用する場合に必要な情報
  • 「お客さま番号」または「はぴeみる電のID・パスワード」
  • 閉栓作業の希望日・時間帯
  • 日中連絡が取りやすい電話番号
  • 新居の建物の種類(一戸建て・集合住宅)
  • 申し込み希望の料金メニュー
  • 新居の供給地点特定番号(分かる場合)

同じ住所で関電ガス以外に切り替えるための手続き

都市ガス自由化によって、現在では自由に契約する都市ガス会社を選択することができます。関電ガスからの別のガス会社への切り替えの場合には、関電ガスへの連絡や解約手続きは必要ありません。切り替え先への申し込みの際に関電ガスの「お客さま番号」や「供給地点特定番号」などが必要になります。毎月のご使用量のお知らせやWEB会員専用ページ「はぴeみる電」であらかじめ確認しておくと良いでしょう。

切り替え先のガス会社へ新規申し込みを行うと、その会社が関電ガスへの解約手続きを代わりに行ってくれます。都市ガス会社の切り替えには面倒な解約手続きが必要なく、意外と簡単に切り替えが可能なのです。

関電ガスを解約するときの解約金は?

関電ガスの都市ガス契約を解約するときには解約金や違約金は発生しません。関電ガスの都市ガスと関西電力の電気料金メニューをセットで契約する「なっトクプラン」を利用している場合でも同様に解約金や違約金は発生しません。

解約したら、最後の支払いはどうすればよい?

関電ガスでは原則的にガス料金の支払い方法はクレジットカード支払いまたは口座振替の2通りです。解約後の最後の支払いについても、これまで選択していた支払い方法が継続されます。毎月振り込み用紙による支払いを行っていた方は、最後の支払いについても振り込み用紙で行うことができます。引っ越しが伴う場合には、引っ越し先に振り込み用紙が届くようにあらかじめ手続きを行っておきましょう。尚、関電ガスでは振り込み用紙の発行に毎月220円(税込)が手数料としてかかります。

解約後の最後のガス料金については、前回の検針日から最終使用日までのガス代が日割で計算されます。解約後に最後のガス料金の精算手続きが完了するまでは1~2か月の時間がかかりますので、クレジットカードや口座は解約しないように注意してください。

関電ガス解約の際の連絡先一覧

関電ガスでは、契約者向けと新規申し込み者向けに2つの電話番号が設けられています。電話での手続きの場合、関電ガスの解約については契約者向けのコールセンターに電話しましょう。電話を掛けると音声ガイダンスによって手続きごとにボタンが案内されます。引っ越しに伴う解約の場合には、4→1を押して手続きを進めましょう。

関電ガス契約者向けコールセンター:電話番号・受付時間
電話番号 0800-777-7109
受付時間 9:00~18:00(土日祝日・年末年始除く)
受付内容/音声ガイダンス番号 引っ越しに伴うガスの利用停止(解約)、開始の手続き (4→1)
  • 関電ガス契約者向けコールセンターで受け付けているその他の手続き
  • ガスくさいガスが使えないなどの緊急連絡 (1)
  • ガス機器の交換や購入に関する相談 (2)
  • ガス機器の故障に伴う緊急連絡 (3→1→0)
  • ガス料金や契約に関するお問い合わせ (3→1→1)

関電ガスを解約するときの注意点まとめ

関電ガスを解約する際の必要な手続きや連絡先、注意点をQ&A形式でリストにまとめました。気になる点はこちらでまとめてチェックしましょう。

関電ガス:解約に関する注意点とよくある質問一覧
質問1:関電ガスの解約手続きが必要なのはどのような場合ですか?
回答1

引っ越しするとき、または同じ住所で他の都市ガス会社へ契約を切り替える場合です。引っ越しの場合には、必ずご自身で手続きを行わなければなりません。都市ガス会社切り替えの場合には、解約手続きは新しく契約するガス会社が代行してくれます。その他、建物の解体や一時的なガス停止によって解約が必要になる場合もあります。

質問2:関電ガスの引っ越しを伴う解約手続きに必要な情報は?
回答2

解約手続きには関電ガスの「お客さま番号」または「はぴeみる電のID・パスワード」が必要です。これらを忘れてしまった場合で毎月のガス代を口座振替またはクレジットカード支払いしている方は、以下の情報が分かれば手続きができます。
・契約名義
・電話番号
・郵便番号
・口座番号またはクレジットカード番号の下4桁

▷ 引っ越しを伴う解約手続きについて詳細を確認する

質問3:関電ガスの解約には立ち会いが必要?
回答3

解約に伴う閉栓作業には原則立ち会いは必要ありません。例外的にガスメーターが屋内に設置されていて外から作業ができない場合やオートロックマンションの場合には、立ち会いが必要となることもあります。なお、新居でのガスの開栓作業には必ず立ち会わなければなりません。

▷ 閉栓作業の選択できる時間帯を確認する

質問4:関電ガスを解約すると解約金が発生する?
回答4

関電ガスでは解約金や違約金の設定はありません。関西電力の電気と関電ガスの都市ガスのセット契約である「なっトクプラン」を利用している場合でも同様に解約金や違約金は発生しません。

質問5:解約後の最後の支払い方法は?
回答5

原則的にこれまでのガス料金支払い方法が継続されます。関電ガスのガス料金支払い方法はクレジットカード支払い、または口座振替です。振り込み用紙でも支払いができますが、振り込み用紙の発行には手数料(税込220円)がかかります。

▷ 解約後の支払いについてもっと詳しく調べる

更新日