ご注意:燃料価格の高騰に伴う「燃料費調整額」の増額について 長期化する燃料価格の高騰によって、各電力会社の「燃料費調整額」も高くなっています。ご契約を検討する際には、電力会社の公式サイトにて「燃料費調整額」をご確認ください。また、都市ガスも同様に「原料費調整額」が上昇しています。
 燃料費調整額について詳しく見る

電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

0120-410-078 または


最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

0120-410-078 または


最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。


営業時間・ご利用方法についてはこちら

電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

床暖房どれを選べばいい?種類とコストを比較

床暖房どれを選べばいい?種類とコストを比較
床暖房どれを選べばいい?種類とコストを比較

部屋全体がぽかぽかと暖まる床暖房にはどのような種類があり、それぞれいくらくらいのコストがかかるのでしょうか。調べてみました。

  • 床暖房には、電気ヒーター式温水循環式の2種類が大まかにあります。
  • 床暖房のコストは、設置する際の初期費用、そしてランニングコストがあります。
  • この初期費用とランニングコストのベストマッチを選ぶのがコツです。

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

床暖房の種類

暖房機具というと、室内の空気を暖めるエアコンやヒーター、ストーブなどが一般的ですが、熱は天井に上昇する傾向があるため、室温が上がっても足元は冷えがちということはよくあります。
その点、床材の室内側を暖める床暖房は、室内温度をそれほど高くしなくても体感温度を暖かく保つのに適した暖房法と言えます。
そこで床暖房にはどのような種類があり、どれくらいコストがかかるのか、ご紹介します。


床暖房には、大まかに分けて、電気ヒーター式温水循環式の2種類があります。それぞれの特徴は以下の様にまとめることができます。

床暖房の種類と分類
分類 電気ヒーター式 温水循環式
熱源 電気 ガス、灯油(重油)、電気(ヒートポンプ)
方式
  1. 床材直下に組み込だ発熱体あるいは蓄熱体に通電して加温。
  1. 外部で作られた温水を配管によって床材直下に導き、床材を加温。
留意点
  1. 暖房効果の立ち上がりが早く、施工が容易だが、 高温になりやすく安全面での対策が必要。
  1. 概して温度分布が均一だが、熱源機によってコストや特徴が異なる。
  2. 排ガスを出さないヒートポンプ式やガスエンジンで発電するものまで選択可能。

床暖房のメリットとデメリット

電気ヒーター式の床暖房は大別して、発熱体の熱線部分に電気を通して発熱する電熱線式、夜間電力を利用して蓄熱体を温めておき、昼間に自然放熱させる蓄熱式、自己過熱抑制機能により無駄な発熱を抑えるPTC発熱ヒーター式の3種類に分類されます。それぞれ以下のようなメリットとデメリットがあります。

電気ヒーター式床暖房のメリットとデメリット
種類 電熱線式 蓄熱式 PTCヒーター式
長所
  1. 設置費用が安い。
  2. 定期的メンテナンスが不要。
  3. 省スペースの床暖房も容易に出来る。
  1. 夜間電力を使用するのでランニングコストを抑えられる。
  2. 放熱時間が長いため、朝から夜まで快適な温度を 一定に保つことができる。
  1. 小さい面積なら設置費用が安い。
  2. メンテナンスがほとんど不要。
  3. ヒーターが省電力設計になっている。
  4. 立ち上がりが早い。
  5. 低温やけどの心配が殆ど無い。
短所
  1. ランニングコストが高い。
  2. 線状のコードが断線すると、修理に費用がかかる。
  3. 立ち上がりにやや時間がかかる。
  4. 低温やけどの可能性がある。
  5. 温度ムラがある。
  1. 蓄熱材分、初期設置費用が高い。
  2. 放熱時間帯は温度コントロールができない。
  3. 低温やけどの可能性がある。
  1. 温度ムラがある。
  2. 部分暖房に限られる。

温水循環式の床暖房には熱源が電気のもの、ガスのもの、電気とガスを併用したハイブリッド型、灯油のものがあります。それぞれの長所と短所をまとめると以下の表のようになります。

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

温水循環式床暖房のメリットとデメリット
燃料 電気
(エコキュート式、ヒートポンプ式など)
ガス(温水暖房付き給油機、
エコウイルなど)
電気・ガス
(エコジョーズ+
ヒートポンプなど)
灯油
(床暖房専用熱源機)
長所
  1. 広い範囲や複数の部屋に設置可能。
  2. オール電化で昼間に長く使うと割安。
  3. メンテナンスが不要。
  4. 温度ムラが無い。
  1. 広い範囲や複数の部屋に設置可能。
  2. 立ち上がりが早いく(約1時間)。
  3. 1日に何度でもON/OFF可能。
  4. メンテナンスが不要。
  5. 温度ムラが無い。
  1. 広い範囲や複数の部屋に設置可能。
  2. 立ち上がりがとても早い(約30分)。
  3. 1日に何度でもON/OFF可能。
  4. メンテナンスが不要。
  5. 温度ムラが無い。
  6. ハイブリットで省エネランニングコストが節約できる。
  1. 床暖房専用の灯油ボイラーで大規模な 面積でも対応できる。
  2. 比較的ランニングコストが安い。
短所
  1. 立ち上がりが遅い(約2時間30分)。
  2. ヒートポンプ熱源が別途必要。
  1. ガス熱源が別途必要。
  2. ガス代が割高になる。
  3. 立ち上がりにやや時間がかかる。
  1. ハイブリッド給湯暖房器が別途必要。
  1. 定期的な給油が必要。

床暖房のコスト比較

床暖房には上記のように様々な種類がありますが、どれを選ぶか決める時には、設置する際の費用、そしてなによりもランニングコストを知っておくことが大切です。これらの費用を比較してみると、おおよそ以下のような数値が得られます。実際に設置する機種タイプや使用状況によってもちろん最終コストは変わってきますが、おおよその見当をつける参考になります。

床暖房にかかるコスト比較
熱源方式 設備費(10帖) 設備費(30帖) 燃料費(10帖) 燃料費(30帖)
電気ヒーター 100※ 285 100※ 300
プロパンガス熱源機 70 150 55 165
都市ガス熱源機 70 150 50 150
灯油熱源機 80 160 35 105
ヒートポンプ電源機 135 210 28 64
エコキュート電源機 170 18帖まで対応 25 18帖まで対応

※ 電気ヒーター方式の10帖間を100とした場合。

床暖房の選び方

床暖房の種類とコスト

床暖房は一度施工するとそう簡単に入替えのできない設備なので、選ぶときは床暖房の種類とコストをよく比較して、長い目でみた選択をすることが大切です。とくに以下の点は重要なポイントになります。

  • 安全で耐久性のすぐれた製品を選ぶこと → 床暖房の保証は一般的に2~10年です。保証期間は製品の目安となります。
  • 床暖房の規模に合わせて設置費用とランニングコストのベストマッチを選ぶこと → 床暖房は規模が大きくなるほどランニングコストが重要になります。
更新日