ファミリー世帯の電気代 - 一か月の平均はどのくらい?

ファミリー世帯の電気代 - 一か月の平均はどのくらい?

ファミリー世帯の電気代 - 一か月の平均はどのくらい?

ファミリー世帯の一か月の電気代の平均はどれくらいなのでしょうか?我が家の電気代は高いのでしょうか?安いのでしょうか?ファミリー世帯の電気代の平均を見ながら、毎月の電気代を安くするコツについて考えます。

  • ファミリー世帯の全国の平均の電気代は1万円強です。
  • ファミリー世帯が電気代を下げたい場合、電力会社を変えるのも有益な方法の一つです。

ファミリー世帯 - 1か月の電気代の平均はどれくらい?

ファミリー世帯の1か月の電気料金の全国平均はいくらくらいなのでしょうか?他のファミリー世帯はどのくらい毎月電気代を払っているのか、我が家の電気代は高くないのか、気になる事はありますよね。

総務省では、家計調査としての世帯人数や地方別に家庭の支出に関するデータを公開しています。ここでは、総務省のデータを見ながら、世帯人数別に一世帯あたりの1か月の電気代がいくらぐらいか見ていきましょう。

ここでは、ファミリー世帯という事でを中心に「3人以上の世帯」の場合のデータをピックアップしました。

世帯人数別にみる1か月の電気料金の平均

それでは、ファミリー世帯はは1か月にどれくらい電気代を払っているかを「3人以上の世帯」をとりあげ、世帯人数別に見ます。

世帯人数別の一カ月の電気料金
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
三人世帯 10,210円 10,849円 11,406円 11,296円 10,321円 10,485円
四人世帯 11,130円 11,819円 12,152円 11,843円 10,867円 11,239円
世帯平均 10,198円 10,674円 11,203円 11,060円 10,100円 10,312円

出典:総務省統計局(2017年のデータ)

アンペア容量の選び方

共有している電化製品が多ければ、常に人数に呼応して電気料金が増えるわけではない。ファミリー世帯の電気料金のからくり。

上記の表を見ると、3人世帯でも4人世帯でも、ファミリー世帯の1か月の電気代の平均はだいたい1万円ちょっとである事がわかります。

加えて、良く表を見てみると、ある特徴にも気づくはずです。3人世帯と4人世帯とでは電気料金がそれほど変わりません。なぜでしょう?

これは、世帯人数が多くても、共有している電化製品や場所(照明)も多いため、必ずしも世帯人数の数に応じて電気料金も同じように増えるわけではないためです。世帯人数が増えても、冷蔵庫の数が増えたり、洗濯機も同じように増えるわけではないことをご想像していただくと分かりやすいと思います。

ファミリー世帯の電気料金は高い?安い?

上記までで、ファミリー世帯の1か月の電気代の平均はだいたい1万円ちょっとである事がわかりました。今月我が家が払った電気代は平均よりは安かった、うちは平均より高かった、という感想があるかと思います。さらに、うちは平均よりも高かったけれどどうすればいいの?そんな疑問が新たに出てくるかもしれません。

上記の「世帯人数別の一カ月の電気料金」の表は、ファミリー世帯の1か月の電気代の平均を地域や季節に関係なく全国すべての季節の平均として計算しています。

実は、電気料金の平均額というのは、地方や季節によっても変わります。そのため、上の表の平均よりも電気料金が高かったからといっても、電気料金を払いすぎているという事にはすぐにはなりません。電気料金は「住んでいる地方」や「季節」そして契約している「電力会社」によっても変わります。

そこで、「季節」や「住んでいる地方」、契約している「電力会社」によって電気料金がどのように異なるのかを、もう少し詳しくみてみましょう。

電気料金は季節によって異なる

電気料金は季節によって異なります。論より証拠で、まずは総務省統計局のデータを使い、具体的な数値を見ていきましょう。

赤字の部分が冬の電気料金の平均と消費電力量、緑の部分が夏の電気料金と消費電力量になります。その間が、春と秋ですね。

このように表にすると、冬の電気代の平均が14,094円が飛びぬけて高いことがわかります。他の季節は月の平均電気料金が1万円前後ほぼ似たような金額ですね。

1世帯(2人以上)あたりの電気料金と消費電力量
電気料金(円) 消費電力量(kWh)
1月 13,857 561.2
2月 14,375 575.9
3月 14,051 560.6
4月 11,901 475.1
5月 10,364 396.6
6月 9,148 342.8
7月 9,056 332.3
8月 10,957 392.0
9月 10,891 391.8
10月 9,633 352.3
11月 9,312 349.1
12月 10,895 408.1
平均 11,203 428.2

出典:総務省統計局(2014年)

冬の電気代が高い理由としては、やはり暖房費がかかる事が大きいといえます。その他にも、冬は日照時間が少なくなるので、照明を使用する時間が増えるため電気料金も高くなります。

節電といえば夏のイメージがありますが、夏は暑さがピークになる午後の時間帯に電気の使用もピークになるだけで、1日の電力消費量は冬ほどではありません。

電気料金は住んでいる地方によって異なる

また、電気料金は、皆さんの住んでいる地域によっても異なります。こちらも、まずはデータを見てみましょう。こちらは、総務省の「地方別の一か月の電気料金の平均」のデータを元に、表にしています。

表をみると、地方によって1か月の平均電気料金に差があることがわかります。関東や沖縄、九州は安く、東北や四国は高くなっています。全国平均をみると、先ほどの世帯別の平均と同じく10,312円となっていますね。ちなみにこのデータでは、世帯人数や季節は関係なく、あくまで地方別の1年の平均となります。

1世帯(2人以上)あたりの一カ月の電気料金 - 地方別
  電気料金
北海道 10,843円
東北 11,143円
関東 9,629円
北陸 12,627円
東海 10,258円
近畿 10,729円
中国 10,290円
四国 11,582円
九州 10,148円
沖縄 10,024円
全国平均 10,312円

どうして、地方によって電気料金に差があるのでしょうか?その理由は、上の「電気料金は季節によって異なる」にも関連します。一年で最も電気を使用するのは、一般的に、冬だという事がこの項目でわかりました。このため、冬の寒さが厳しい北の地方ほど電気の消費電力量(kWh)が大きく、電気代も高くなるのです。

また、もう一つ理由があり、全国に各地域ごとにある大手電力会社10社はそれぞれが別の会社ですので別々の電気料金、料金単価を設定しているのです。電気料金の単価というのは、実は全国で同じではないのです。

電気料金は電力会社によって異なる - 電気料金を比較

電気料金は季節や地方によって異なる事がわかりました。地方によって差があるだけでなく、上の項目でも少し触れましたが電気料金は電力会社によって異なります。

電力自由化の前から、全国にある大手電力会社10社はそれぞれが別々の電気料金単価を設定していました。そして、2016年の電力自由化によりたくさんの新電力が登場したわけですが、これら新電力もそれぞれ自由に電気料金を設定しています。そのこめ、電気料金は電力会社によって様々に異なるようになりました。

それでは、具体的に電気料金は電力会社によってどのくらい異なるのでしょうか?電力会社別の電気料金が比較出来るように、各電力会社の料金表を比較して表にしました。

電気料金は地方(大手電力会社エリア)によって異なるため、ここでは関東(東京電力エリア)の電気料金を取り上げることにします。ファミリー世帯の電気料金で重要な部分は、表の背景を薄いオレンジ色にしてあります。

                             
電力会社別の電気料金比較(東京電力エリア)
契約アンペア数 基本料金
東京電力
従量電灯B

東京電力ホールディングス
HISのでんき
東京大江戸プラン

HTBエナジー
ENEOSでんき
Looopでんき
おうちプラン

10A   ×   0 円
15A   ×  
20A   ×  
30A      
40A      
50A    
60A      
電気の使用量 電力量料金(1kWhあたりの料金)
東京電力
従量電灯B

東京電力ホールディングス
HISのでんき
東京大江戸プラン

HTBエナジー
ENEOSでんき
Looopでんき
おうちプラン

最初の120kWhまで        
120-300kWh以上      
300kWh以上      

太字は最も安い料金。

どこの新電力も東京電力(地域の大手電力会社)より安い料金設定をしていることが分かりますね。

特に、アンペア容量が大きく基本料金が高いケースの多いファミリー世帯には、Looopでんきが、基本料金が0円になりますのでかなりの節約が期待できるでしょう。

電力会社別のファミリー世帯の一カ月の電気料金

電力会社によって電気料金が異なることがわかりましたが、ファミリー世帯の一か月の平均電気料金がどれくらい変わるのかはわかりにくかったかもしれません。そこで、ファミリー世帯の一カ月の電気料金を、電力会社別に調べて計算し、表にしました。

電気料金は地域(大手電力会社エリア)によっても料金単価が異なるため、ここでは、日本で一番人口の多い関東(東京電力エリア)の電気料金を取り上げることにします。電力会社によってかなりばらつきがある事がわかります。

電力会社別のファミリー世帯の一カ月の電気料金(関東)
電力会社名 一か月の電気料金
東京電力
東京電力ホールディングス
18,523円
Looopでんき
16,900円
ENEOSでんき
17,102円
H.I.S.でんき
HISでんき・HTBエナジー
17,597円

ファミリー世帯の電気料金は、契約アンペアが40A、電力消費量は650kWhで計算をしています。それぞれの電力会社の電気料金は、以下の料金に基づいて計算をしています。東京電力・従量電灯BLooop(るーぷ)でんきENEOSでんきH.I.S.のでんき

ファミリー世帯が電気料金を安くする方法

ファミリー世帯の電気料金の平均について、様々なデータや表を用いて説明してきました。

それでは、皆さんの一番の関心ごとである、ファミリー世帯が電気料金を安くするには、どのようにしたら良いのでしょうか。今まで述べてきた項目で、電気料金は「季節」や住んでいる「地方」、契約している「電力会社」によって違う事がわかりました。また、新電力はどこも地域の大手電力会社より安い料金設定をしていることも分かりました。

一か月電気料金平均

Looopでんきのアプリは30分毎の電気の使用量がわかるので節電にも有効

季節は自分ではコントロール出来ませんし、住んでいるところを変えるのも現実的ではありません。つまり、ファミリー世帯がご自分の電気料金を安くするには、料金設定の安い電力会社に申し込むのが一番有力です。

もちろん、電気料金を下げる方法として「節電」という方法もあります。電気の使用量が減れば電気料金は安くなります。しかしながら、電気の使用量を減らすには、こまめに電気を消す、家電をより省エネタイプのものに買い替える、電気の使用量の多い冬や夏のピーク時間になるべく使わない工夫が必要、など、努力が必要になります。

それに対して、電力会社を変える、安い電気料金プランにするのはとても簡単です。毎月の電気の使用量(kWh)が分かっていれば、電気料金比較のシュミレーションはすぐに出来ますし、各電力会社のホームページでも簡単にシュミレートできます。申し込みも難しくはありません。

電力会社を変える方法

電力会社を変える方法は、カンタンです。以下の3ステップ、約5分ほどで完了します。

  1. 自分にあった電力会社・電気料金プランを探す。(⇒地域ごとの電力会社一覧
  2. 電力会社のホームページで必要事項を記入する。(供給地点特定番号が必要になります。検針票をお手元に。)
  3. 送信ボタンを押せば完了。今の電力会社に解約の連絡をする必要はありません。
更新日