光回線とポケット型WiFiを比較 - どっちがおすすめ?ライフスタイルに合った選び方を解説

本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
光回線とポケット型WiFiを比較 - どっちがおすすめ?ライフスタイルに合った選び方を解説

「光回線とポケット型WiFiどちらが自分に合っているの?」
「光回線とポケット型WiFiの違いって何?」
「光回線とポケット型WiFi、どっちがおすすめなの?」
「光回線とポケット型WiFi、月額料金は同じくらい?!」

このような疑問を抱えている方、必見。光回線とポケット型WiFiにどのような違いがあるのかデメリット・メリットを確認しながら徹底比較しました。

どちらがおすすめ?に関して、結論からいうと使う用途によっておすすめが変わります。安定した速い通信速度を求める人は光回線。外出先でも使いたい方はポケット型WiFiがおすすめです。早読みしたい場合は、「まとめ - 自分のライフスタイルによって変わる」を先に読んでくださいね。

光回線とポケット型WiFiの特徴・違いとは?

まず、光回線とポケット型WiFiそれぞれの特徴を確認してみましょう。

光回線の特徴 ポケット型WiFiの特徴
  • 光ファイバーを使用しているので通信速度が速い
  • 使えるデータに制限がなく、使い放題
  • 高額キャッシュバックや特典を用意しているプロバイダーが多数
  • 携帯電話と同じ、電波を利用しているので速度は場所によって変わる
  • 使えるデータに制限がある、超えて使うと速度低下する
  • 持ち運び可能なので外出先でも使用できる

光回線 vs ポケット型WiFi - 月額料金・初期費用

光回線ポケット型WiFiを比較した場合、どちらの方が安いのでしょうか?月額料金でみるとポケット型WiFiの方が安い傾向にあります。その一方で、光回線の場合は高額キャッシュバックやスマホとのセット割があるので、実質月額でみると光回線の方が安くなります

光回線とポケット型WiFiの比較
  光回線 ポケット型WiFi
初期費用 3,000円ほど
月額料金 一戸建て:5,000円ほど
マンション:4,000円ほど
100GBで3,000円台
端末代 無料レンタルが多い 無料レンタルがほとんど
スマホとのセット割 あり ほとんどなし
特典 高額キャッシュバック 少ない

また、ポケット型WiFiの場合、1ヶ月で使えるデータ量が決まっているところがほとんどです。光回線の場合は、高速インターネットが使い放題なので、お得です。

光回線 vs ポケット型WiFi - 通信速度

通信速度に関しては光回線の方が断然速く安定しています。ポケット型WiFiはダウンロード速度とアップロード速度でかなりの差があるのが分かります。また低い数値の方が、良いとされているping値も高く、レスポンスが遅い状態なのが分かります。

光回線とポケット型WiFiの速度比較
  光回線 ポケット型WiFi
平均ダウンロード速度 349.97Mbps 36.26Mbps
平均アップロード速度 268.45Mbps 9.91Mbps
平均Ping値 20.19ms 49.66ms

※みんなのネット回線速度(2023年5月時点)

オンラインゲームをストレスなく楽しみたい、高画質で動画を楽しみたいという方にはポケット型WiFiは物足りないでしょう。通信速度にこだわる方は光回線。速度はそこまでこだわらない、ただWiFiが使えればよいという方にはポケット型WiFiで十分です。

光回線 vs ポケット型WiFi - 使える場所

光回線は屋内での利用のみ。ポケット型WiFiの場合、屋内でも外出先の屋外でも利用できます。出張先、外出先でもWiFiを使いたいという方にはポケット型WiFiがおすすめです。スマホの電波が入るところであれば、基本的には問題なく利用できます。屋内のみでWiFiを使う予定の方は通信速度が安定している光回線がおすすめです。

光回線 vs ポケット型WiFi - 開通方法・開通までの時間

光回線の場合、開通工事が必要となるため利用開始までに3週間前後かかります。引っ越しシーズンなどで混雑している場合は、3〜4ヶ月かかることも。

それに比べてポケット型WiFiの場合、契約して最短で翌日から利用開始が出来ますよ。すぐにでもWiFiを使いたい場合、ポケット型WiFiを選ぶと良いでしょう。

光回線のメリット・デメリット

天秤のイラスト

光回線にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

光回線のメリット

①通信速度が速く安定している

光回線の一番のメリットはやはり通信速度が速く、安定しているというところではないでしょうか。

自宅に光ファイバーを引き込んでいるので、ポケット型WiFiと違って障害物の干渉を受けづらくスピードが出るだけでなく安定しています。速度重視の方は光回線がおすすめです。

②データ容量に制限がないため使い放題

ポケット型WiFiの場合、月に100GBなどというデータ容量に制限があり、データ容量によって月額が決まります。光回線の場合はデータ容量に制限がなく、ギガ使い放題となるので速度制限を気にせずインターネットを楽しむことができます。

大容量データを使う予定の方は光回線にするとストレスなく利用できるでしょう。

③高額キャッシュバックがある

光回線のプロバイダ各社は高額キャッシュバックの特典を用意しています。ドコモ光で人気のプロバイダ、GMOとくとくBBの場合キャッシュバックとして45,000円もらえます。

ドコモユーザーなら
ドコモ光
GMOはドコモ光シェアNo.1
1. 工事費0円(無料)2. 高品質ルーターのレンタル無料 3. 初回訪問サポート無料 4.
このページ限定!オプション加入不要で10ギガなら51,000円・1ギガなら38,000円キャッシュバック 5. 顧客満足度も高い
公式サイトを見る
ドコモユーザーなら
ドコモ光
プロバイダシェアNo.1のGMO
1.工事費0円(無料)2.選べる無料高品質ルーター 3.初回訪問サポート無料
4.このページ限定!オプション加入不要で10ギガなら51,000円・1ギガなら38,000円キャッシュバック
公式サイトを見る

月額料金は光回線の方がポケット型WiFiより高くなりますが、キャッシュバックを考えると実質月額料金は光回線の方がはるかに安くなります。

④スマホとのセット割がある

光回線ではスマホとのセット割が適用できます。ドコモユーザーやauユーザーの場合、1回線あたり月額最大1,100円安くなるので、お得です。スマホの月額利用料から割引されます。

1回線あたり月額最大1,100円なので4人家族の場合は最大4,400円となり、光回線の月額料金分をカバーできる金額になります。

⑤何台繋げても遅くなりにくい

ポケット型WiFiの場合、何台も繋げると速度が遅くなってしまいます。光回線の場合は、何台繋げても速度に影響は受けず快適にインターネットを楽しめます。

オンラインゲームが好きな方、動画を楽しみたい方も光回線ならストレスなく家族で楽しめるでしょう。

光回線のデメリット

①申込してから利用開始まで日数がかかる

カレンダーのイラスト

ポケット型WiFiの場合、最短で翌日からWiFiが使えるようになります。光回線の場合、申込から利用開始まで3週間前後かかります。

光回線は、開通工事が必要となります。開通工事の予約のタイミングによっても日数が変わりますが早くても3週間前後かかります。引っ越しシーズンの場合、混雑するので4ヶ月ほどかかることも。すぐに利用したくてもすぐに利用できないのは大きなデメリットと言えるのではないでしょうか。

②工事が必要になる

光回線を初めて使う場合、開通工事が必要です。新築の戸建ての場合、必ず工事が必要です。賃貸一戸建てやマンションの場合、既に光コンセントが設置されている可能性もあります。光コンセントがないか、確認してみましょう。

光コンセントの画像

③外出先では利用できない

ポケット型WiFiの場合、ポータブル式なので屋外でも問題なく使えます。光回線は屋内だけでインターネットを楽しむには向いていますが、屋外では利用できません。出張が多い方、外出先でも使いたい方にはポケット型WiFiがおすすめです。

④引っ越す場合、また工事が必要になる

光回線の場合、契約住居のみで利用が可能です。引っ越す場合、引っ越し先でも開通工事が必要となります。

そのため、引っ越しを控えている方にはおすすめできません。引っ越す予定がある方は、工事無し・短期利用が可能なポケット型WiFiを契約し、引っ越し後に光回線に乗り換えることをおすすめします。

おすすめの光回線 3選

おすすめの光回線を用途別にセレクトしました。

 安さ重視なら→ GMOとくとくBB光

 

GMOとくとくBB光は速さとコスパに特化した光回線といえ、ユーザーからも人気の光回線です。セレクトラ経由で契約すると、他で契約するより12%ほど安い月額料金で利用できます

GMOとくとくBB光の月額料金(税込)
  ファミリー(戸建て) マンション
セレクトラ経由の料金 4,818円 3,773円
通常料金* 5,390円 4,290円

*ブラウザ検索でGMOとくとくBB光公式サイトにアクセスした場合の料金です。

\過去最高額!最大126,000円キャッシュバック/
とくとくBB光公式サイトへ

 速さ重視なら→ NURO光

下り最大2Gbpsの安定した高速通信で人気のNURO光。ゲームをよくする方、Netflixなどのストリーミングを高画質で楽しみたい方にはおすすめです。

ただし、NURO光は全国展開をしていないので、利用できないエリアもあります。住んでいるエリアがサービス提供されているか申し込み前に必ず確認しましょう。

下り最大2Gbpsの高速インターネット回線。速度にこだわる方におすすめ。他社違約金を最大60,000円まで負担。45,000円の現金キャッシュバックもあり!公式サイトから対応エリアをチェック

 スマホのセット割重視なら→ ドコモ光auひかりソフトバンク光

ドコモユーザーの場合、「ドコモ光セット割」、auユーザーの場合、「auスマートバリュー」、ソフトバンクユーザーの場合、「おうち割」が適用になります。

料金プランにもよりますが、最大1,100円がスマホ代より割引されます

10ギガプラン申し込みで最大51,000円キャッシュバック!他社から乗り換えなら15,000円上乗せ!工事費無料・Wi-Fiルーター無料レンタル・訪問サポート初回無料・開通工事までの期間Wi-Fiルーターを無料レンタルできる

10ギガプラン+電話の申込で最大94,000円キャッシュバック!高性能Wi-Fiルーターも無料でレンタル(本ページ限定)。工事費も実質無料。

新規申し込みで25,000円キャッシュバック。開通前Wi-Fiレンタルが無料。他社からの乗り換えでかかる違約金も還元。SoftBank・Y!mobileのスマホ代が割引に!

ポケット型WiFiのメリット・デメリット

ポケット型WiFiのメリット

メリットのイラスト

①外出先でもWiFiを使うことができる

ポケット型WiFiはその名のとおりポケット型で、持ち運びが可能です。そのため、どこでも好きな場所でWiFiを使うことが出来ます

②自分が使いたいデータ容量を選べる

月100GBを提供している通信会社多いですが、20GB、50GBなど自分のライフスタイルに合わせて選択できるプランも多くなってきました。光回線のようなデータ容量使い放題は必要なく、スマホのギガの足しにしたい、少しでも出費を抑えたいという方にはおすすめです。

③使いたい時にすぐに始められる

ポケット型WiFiは最短で申し込んだ翌日に端末が届き利用可能となるので、WiFiを今すぐ始めたいとい方にはとっておきのサービスなのではないでしょうか。

光回線の場合、開通工事が必要となるため、使いたいと思ってから1ヶ月ほど待つことになります。すぐにWiFiを使いたい方にはポケット型WiFiをおすすめします。

④短期間利用がしやすい

光回線では契約期間2年という縛りがあるプロバイダが多いです。その一方で、ポケット型WiFiは契約期間の縛り自体がなかったり、違約金が安い設定になっているので、短期間利用がしやすいのがポイントです。

もうすぐ引っ越す予定の方やポケット型WiFiが気になっているけど不安な方は短期間利用が可能なポケット型WiFiはおすすめです。

ポケット型WiFiのデメリット

デメリットのイラスト

①光回線に比べると速度が遅い

光回線は安定した通信速度がメリットですが、ポケット型WiFiは光回線ほど速度はでません。光回線を使っていてポケット型WiFiに変える方は不満に感じるポイントかもしれません。光回線ではサクサク出来たことも、ポケット型WiFiに変えてみたらページを開くのも時間がかかり、イライラするという体験をする可能性もあります。

通信速度重視の方にはポケット型WiFiはおすすめできません。光回線を選びましょう。

②通信制限がある

ポケット型WiFiは自分で契約しているプランの容量を超えて使用すると通信制限がかかる仕組みになっています。月100GBのプランを契約していて、100GBを超えて利用した場合、その月の月末まで通信制限がかかります。

通信制限がかかると128Kbpsまで低速になる場合がほとんど。128Kbpsだとウェブサイトページを開くのもやっとというスピードになってしまいます。

③障害物の影響を受けやすく不安定になる場合もある

ポケット型WiFiは障害物の影響を受けやすいので、壁を挟んで使用する場合、電波が弱くなる傾向にあります。

ポケット型WiFiはなるべく近くにおいて利用するとよいでしょう。また、窓側だと電波が入りやすなどもあるので、遅いと感じたらポケット型WiFiを置く場所を変えてみましょう。

④エリアによっては圏外になる

ルーターが使えないイラスト

ポケット型WiFiはスマホと同じ回線を使用しているので、スマホの電波が圏外のエリアはポケット型WiFiも圏外になります。ポケット型WiFiは基地局から出る電波を拾って、スマホやタブレットなどに転送する仕組みになっています。ですので、スマホの電波が悪いエリアでは通信速度が落ち快適にインターネットを楽しむことが出来ないということもあります。

おすすめのポケット型WiFi 3選

 安さ重視なら→ モンスターモバイル

モンスターモバイル公式サイト

100GBを2,948円で利用できるモンスターモバイル。14日間お試し期間が設けられているので、電波が入るか心配、通信速度がどれくらい出るか確認したい、という方にはピッタリです。

 海外での利用も希望なら→ クラウドWiFi東京

クラウドWiFi公式トップページ

クラウドWiFi東京の特徴は契約期間の縛りなし・違約金ゼロです。ポケット型WiFiが気になる方、今のポケット型WiFiと比較してみたいという方にはいつでも違約金なしで解約できるのは嬉しいポイントですね。端末を持っていけば、面倒な手続きなしでそのまま海外135ヵ国でWiFiが使えます。海外での利用時も低価格設定なのはクラウドWiFi東京だけ。

 大容量のデータを希望なら→ 大容量WiFi

大容量WiFi公式ページ

大容量WiFiはその名の通り、600GBの大容量プランを提供しています。600GBで月額6,900円と嬉しい料金設定。使わない時は0GBプランに変更することも出来る面白いシステムも。

 【番外編】家でも外でもWi-Fiをたっぷり使いたいなら→ WiFi革命セット

WiFi革命セットはホームルーターとポケット型WiFiがセットになった商品。1つずつ契約する必要がないだけでなく、1契約分の月額料金で2台持ちが叶います。1ヶ月目は880円、2~36ヶ月目は3,630円と料金が安いのも魅力。家ではポケット型WiFiより速度が速いもの、無制限のWiFiが使いたいという方におすすめ。

端末をレンタルする場合、ポケット型Wi-Fiの利用期間は2年で終了しますが、端末を分割購入する場合は、2年目以降も引き続き利用できます。2年以上の長期利用を予定している方は分割購入がおすすめです。

【初月880円!】ホームルーターとモバイルWiFiの2台がWiFi1契約分の料金で使える!家でも外でもギガを気にせずネットをしたい方におすすめ。

まとめ - 自分のライフスタイルによって変わる

おすすめしているイラスト

光回線かポケット型WiFiどちらがおすすめ?ですが、おすすめは求めるもの、用途といったライフスタイルによって変わります

通信速度を重視する方は光回線。外出先でもインターネットを利用したい方はポケット型WiFiが合っています。以下の表で自分に合っているのはどちらか確認してみましょう。

セレクトラでは光回線、ポケット型WiFi、どちらもおすすめしています。自分のライフスタイルにあったインターネット回線を選ぶことで後悔をせずインターネット生活を楽しめるはずですよ。

光回線 ポケット型WiFi
  • 速度は速い方がいい
  • スマホとのセット割を適用したい
  • 高画質で動画を楽しみたい
  • ゲームをよくする
  • データ容量を気にせず大容量を使いたい
  • 複数人でインターネットを楽しみたい
  • 開通工事が可能な住宅に住んでいる
  • 速度にこだわりはない
  • 外出時にも使いたい
  • すぐに使いたい
  • データ容量はそこまで使う予定はない
  • 開通工事をしたくない
  • 短期利用を考えている
おすすめ光回線を見る おすすめポケット型WiFiを見る
更新日

- 記事の内容・情報に関しては、最善の注意を払っておりますが、正確性や確実性を保証するものではございません。
- 記事に関してお気づきの点があれば、コンテンツポリシーにあるお問合せフォームよりお知らせください。内容を精査し、必要と判断した場合は迅速に訂正・更新を行います。
- 客観的事実に基づかない数値は表示しません。通信速度に関しては、第三者の速度測定サイトで集められた情報を引用するか、自社で測定したものを掲載しています。
- ランキング・おすすめ記事に関しては、その基準を記事内で記載・説明しています。
おすすめの光回線(ネット回線)を紹介する際は、長所のみではなく短所や注意点についても必ず表示します。
- 全体的な比較方法に関しては、消費者庁の定める「比較広告に関する景品表示法上の考え方」(比較広告ガイドライン)を参考にし、順守できるように最善の注意を払っています。
- 本ページは一部アフィリエイトによる収益を得ています。(消費者庁ガイドライン
- コンテンツポリシーに関しては、社内で徹底されるよう定期的に勉強会を開いています。
- インターネット回線のご契約は、ユーザー自身の責任において行ってください。