【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
電話で電気・ガス切替相談

電気・ガス代を安くしたいなら


セレクトラのらくらく窓口にお電話ください!エネルギーのエキスパートがお得な料金プラン探しをお手伝いします。契約サポートもお任せください。

セレクトラのらくらく窓口: 4.7/ 5 ご利用者様の声はこちら

電気・ガス代を安くしたいなら

電気・ガス代を安くしたいなら


セレクトラのらくらく窓口にお電話ください!エネルギーのエキスパートがお得な料金プラン探しをお手伝いします。契約サポートもお任せください。


セレクトラのらくらく窓口 9h-19h
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

東京ガスの電気

関東エリアで人気の新電力:東京ガスの電気

東京ガスの電気

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで基本料金1か月無料!

  • 東京電力の従量電灯よりも電力量料金が安い
  • 都市ガスとセットにすると電気料金がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は347.5万件を突破!*みんなから選ばれている安心感
    *2023年3月末時点

関東エリアで人気の新電力
【東京ガスの電気】

東京ガスの電気

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで基本料金1か月無料!

  • 東京電力の従量電灯よりも電力量料金が安い
  • 都市ガスとセットにすると電気料金がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は347.5万件を突破!*みんなから選ばれている安心感
    *2023年3月末時点

液化天然ガス(LNG)とは?どれくらい輸入されて、何に使われているの?

液化天然ガス(LNG)とは?どれくらい輸入されて、何に使われているの?
液化天然ガス(LNG)とは?どれくらい輸入されて、何に使われているの?

火力発電の燃料や都市ガスの原料などとして欠かせない液化天然ガスの安定確保は、近年、重要視されています。液化天然ガスがどのようなもので、日本にとってどのような重要性を持っているのか、調べてみました。

  • 液化天然ガスLNG)とは、気体である天然ガスを冷却することで液体化したものです。
  • 液化天然ガスの用途としては、輸入量の7割近くが火力発電所の燃料、残り3割強が都市ガス用として使われています。

液化天然ガス(LNG)の特徴

液化天然ガス(Liquified Natural Gas=LNG)とは、気体である天然ガスを冷却することで液体化したものです。

天然ガスは、動物や植物の死骸が非常に長い年月をかけて分解されることで生成されたものと考えられています。世界中に豊富に存在するため、安定供給可能なエネルギー源として注目されています。

天然ガスはマイナス162℃程度にまで冷却すると液体になり、気体の状態に比べて体積が600分の1にまで減るという特徴があります。このため、LNG天然ガスの大量輸送・貯蔵に大変適していると言えます。

今より安い電力プラン・ガスプランをお探しなら「セレクトラのらくらく窓口」へ!電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。

セレクトラのらくらく窓口までご相談ください。お客様に最適な新電力探しを無料でサポートします。


セレクトラのらくらく窓口
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

電気の切り替えで電気代節約

今より安い電力プラン・ガスプランをお探しなら「セレクトラのらくらく窓口」へ!電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。

セレクトラのらくらく窓口までご相談ください。お客様に最適な新電力探しを無料でサポートします。

セレクトラのらくらく窓口
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

今より安い電力プラン・ガスプランをお探しなら「セレクトラのらくらく窓口」へ!電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。

セレクトラのらくらく窓口が、お客様に最適な新電力探しを無料でサポートします。申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。


セレクトラのらくらく窓口
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

電気の切り替えで電気代節約

今より安い電力プラン・ガスプランをお探しなら「セレクトラのらくらく窓口」へ!電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。

セレクトラのらくらく窓口が、お客様に最適な新電力探しを無料でサポートします。申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。

セレクトラのらくらく窓口
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

日本における需要と供給

液化天然ガス(lng)とは?

輸入されたNLGの68%は火力発電所の燃料に

日本におけるLNGの輸入は1969年から開始されましたが、当初の国内エネルギー供給に占める割合は1%に過ぎませんでした。しかし以後は急激に増え続け、今では石油(42.9%)に次ぐ石炭(25.0%)に匹敵する24.2%を占めるまでになりました。2012年のLPGの輸入全量は8,687万トン。全供給量の97.2%に当たります(国産天然ガスは253万トン、2.8%)。

とりわけ、東日本大震災で原子力発電によるエネルギー供給の割合が11.3%(2010年)から0.4%(2013年)にまで縮小されたことから、LNGの重要性はさらに高まっていると言えます。

日本に輸入されているLNGは、オーストラリアやマレーシア、ロシア、ブルネイ、インドネシアといったアジア大洋州その他の地域からの輸入が約7割(71.4%)を占め、カタールやオマーン、イエメンといった中東からの輸入が残る3割弱(28.6)%と、石油に比べて中東への依存度が低いことも特徴です。

液化天然ガスの用途としては、輸入量の7割近く(68.2%)が火力発電所の燃料として電力用に使用されており、のこる3割強(31.8%)が都市ガス用として使われています。

日本向けのLNG輸入価格は、原油価格に連動していますが、原油価格変動の影響を緩和するための調整システムを織り込んだ価格フォーミュラを導入しているため、原油に比べるとその変動が緩やかなものになっています。とはいえ、常に原油価格に左右されていることには違いありません。

※数値は資源エネルギー庁「平成25年度(2013年度)エネルギー供給実績」を参照したものです。

最適な電気料金プランを探す

自分にぴったりな電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。


 エリア別・おすすめ電力会社を見る

最適な電気料金プランを探す

自分にぴったりな電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

クリーンなエネルギー源

東日本大震災後の原発停止によって需要が急増した液化天然ガスですが、その重要性の高まりの背景には、LNGクリーンで環境に優しいエネルギーであることが挙げられます。

天然ガスは石油や石炭といった化石燃料とくらべて燃焼時の二酸化炭素(CO2)排出量が少なく、液化プロセス中に不純物が除去されるため硫黄酸化物やばい煙も発生しません。

また、LNGを気体の天然ガスに戻すには気化器外部に海水をかけるだけなので、水質汚染の心配もありません。さらに気化時に生じる冷熱を回収して冷熱発電などに有効利用することも出来るといったメリットもあります。

化石燃料の使用削減が求められ、再生可能エネルギーがまだ十分に発達していない現在、液化天然ガスは現在のエネルギー事情にかなったエネルギー源として重要性を増しつつあります。LNGの安定供給に力が注がれる所以といえるでしょう。

更新日