ストリーミングとは?:ダウンロードとの違いからメリット・デメリットまで解説

ストリーミングとは?:ダウンロードとの違いからメリット・デメリットまで解説
ストリーミングとは?:ダウンロードとの違いからメリット・デメリットまで解説

「ストリーミング」というワードをよく見かけますが、これは一体何のことでしょうか?ダウンロードとストリーミングの違いや、ストリーミングのメリット・デメリットを具体的に説明します。ストリーミングが使い放題になるモバイル回線も紹介しますよ。

ストリーミングって何?

ストリーミングを一言でいうと、インターネット上のメディア(映像や音楽など)をすぐに再生する技術のことです。ストリーミングは観たい・聴きたいものを待たずに再生できて便利なので、広く利用されています。

YouTubeなどの動画配信サービスや、LINE MUSICなどの音楽配信アプリなどを利用している人も多いことでしょう。これらは全てストリーミング技術を利用しています。

ストリーミングとダウンロードの違い

ストリーミングと対になっているのがダウンロードです。インターネット上のメディアをダウンロードする場合、まず手元のパソコンやスマホに保存してそれから再生となります。ダウンロードが完了するまでは再生できず、しばらく待たないといけません。

でも、ストリーミングはダウンロードしながら再生するので待たなくていいのです。ダウンロードとはいっても手元の機器には保存されないので、インターネット接続なしでもう一度再生することはできません。

保存されないのはデメリットのように思えるかもしれませんが、じつはそのおかげで著作権のある最新映画なども視聴できるというメリットもあります。

また近年は、光回線WiMAXといった高速通信サービスが主流になっているので、ストリーミングサービスもさらに活用されるようになっています。

ストリーミングとダウンロードの違い
ストリーミング 比較ポイント ダウンロード
できる リアルタイム再生 できない
できない オフライン再生 できる
できない メディアの保存 できる
不要 ストレージ空き容量 必要

ストリーミング - 動画配信サービス

ストリーミング技術を使った動画配信サービスは沢山あります。ほとんどの人が、すでに何らかのストリーミング配信サービスを利用していることでしょう。

上でも触れたように、ストリーミングでは通常はダウンロード保存されません。しかし、配信サービスによってはダウンロードして後でオフライン再生できることもあります。たとえば、スマホにドラマを保存して外出先で観るといったことも可能なわけです。

主な動画配信サービス一覧
サービス名 料金(税抜) 概要
YouTube 無料
  • 無料の動画共有サービスで誰でも配信することができる
  • 著作権ありのコンテンツは配信できない
GYAO! 無料
  • 映画やドラマ、アニメなど全て無料
  • GYAO!オリジナル作品も観られる
U-NEXT 1,990円/月
  • 毎月1,200円分のポイントが付与される
  • 動画見放題・雑誌読み放題
  • 最新映画も視聴できる
  • 動画のダウンロードも可能
Hulu 933円/月
  • 海外・国内ドラマ・アニメの作品充実
  • 動画のダウンロードは不可
Netflix 800~1,800円/月
  • 海外映画やオリジナル作品が多数
  • 動画のダウンロードも可能
Amazonプライムビデオ 500円/月または4,900円/年
  • 500円/月または4,900円/年
  • Amazonプライムは他にも特典あり

Amazonプライムがついてくる電気料金プラン 大阪ガスの電気料金プラン「スタイルプランP」や、中部電力の「for AP」オプションを利用するとお得な電気料金プランに加えてAmazonプライムの年会費が無料になったり、割引になる特典があります。

ストリーミング – 音楽配信サービス

動画だけでなく、音楽をストリーミングで配信するサービスも充実しています。スマホで音楽配信サービスを使えば、いつでもどこでも好きなジャンルの音楽を楽しむことができます。

一昔前までは、iPodやメディアプレーヤーに音楽を保存して持ち歩くのが一般的でした。でも今では音楽配信アプリ等を利用することで、何百万曲という膨大な音楽をいつでもストリーミングで再生できます。

下記に主な音楽配信サービスを紹介します。Spotifyなら無料でもフルで音楽が聴けるので、まずは音楽ストリーミングを気軽に試してみるといいでしょう。

主な音楽配信サービス一覧
サービス名 料金(税抜) 概要
Spotify 有料プラン
(一般)980円/月
(学生)480円/月
  • 無料プランでもフルで聴ける
LINE MUSIC 一般:
500円/月(月に20時間まで)
960円/月(無制限)
学生:
300円/月(月に20時間まで)
480円/月(無制限)
  • 学生割引がある
  • 最初の3ヵ月は無料
  • オフライン再生ができる
  • 格安SIM「LINEモバイル」と併用でお得
Apple Music 個人向けプラン:
(一般)980円/月
(学生)480円/月
ファミリープラン(最大6人):
1,480円
  • 学生割引がある
  • 最初の3ヵ月は無料
  • オフライン再生ができる
  • 楽曲ラインナップが豊富
Google Play Music 一般:980円/月
ファミリープラン(最大6人):
1,480円
  • 音楽をクラウド上にアップロードして再生できる
Amazon Music Prime Music:
(一般)500円/月または4,900円/年
(学生)250円/月または2,450円/年
  • 最初の1ヵ月無料
  • Amazonプライムの他の特典も付いてくる
  • さらに上位のMusic Unlimitedは6500万曲が聴き放題
AWA Standardプラン:
960円/月
ARTISTプラン:
270円/月
  • 無料でも広告は表示されない
  • 音楽の歌詞が表示される

ストリーミング - メリット

ストリーミングのメリットには次の3つがあります。

  1. 待ち時間なしでメディアを再生できる
  2. 最新の映画やドラマを視聴できる
  3. 空き容量がなくてもOK

 

メリット①待ち時間なしでメディアを再生できる

ストリーミングであれば、データ量が大きいメディアでもすぐに再生して楽しむことが出来ます。これが、もしダウンロードしてから再生するとなると、しばらく待たないといけません。

たとえば、120分の映画を高画質(約1.8GB)で視聴するとしましょう。ストリーミングならインターネット接続してすぐに再生できます。でもダウンロードするとなると、13分程度待つ必要があります。(一定速度20Mbpsの場合)

まったく待つ必要がないストリーミングは、多忙な毎日を送っている人が快適に動画や音楽を楽しむのに役立っているわけです。

メリット②最新の映画やドラマを視聴できる

ストリーミングサービスならではのメリットとして、新作映画やドラマを視聴できることが挙げられます。レンタルショップに行ってレンタルする手間もなく、パソコンやスマホですぐに最新コンテンツを観られるのは本当に便利です。

著作権のある映画やドラマ、アニメなどを勝手にダウンロードするのは違法です。しかし、ストリーミングはダウンロード保存せずに再生する技術なので、何の問題もなく最新コンテンツを視聴できるわけです。

ちなみに動画配信サービスによっては、ダウンロードしても良いコンテンツを保存して後から再生できる機能もあります。この機能を利用して、前もって保存しておいた動画を帰宅してゆっくりと視聴するということも可能です。

メリット③空き容量がなくてもOK

ストリーミング再生をする際には、端末のストレージ容量に十分な空きがなくても問題ありません。バッファサイズ※さえ確保していれば、何時間でも再生し続けられます。

※バッファサイズとは?ストリーミングはメディアをダウンロードしながら再生しますが、ダウンロード速度と再生速度にはギャップがあります。そのギャップのことをバッファといい、それを保存するストレージ容量のことをバッファサイズといいます。バッファサイズは200~300MBもあれば特に問題ないでしょう。

バッファを視覚的に分かりやすく考えてみましょう。動画再生時には、再生時間を示すバーが表示されますよね。そのバー上で再生位置を示すポインターから右に、グレーのゾーンが伸びていくことに気づくでしょう。このグレーゾーンがバッファを表しています。

通信速度が落ちて再生が停止してしまうのを防ぐために、前もって動画の先のデータを一時的に保存しておくのです。このようにして、ストリーミング時に途中で停まることなく快適に再生できるわけです。

ストリーミング - デメリット

 

  1. 通信速度が遅いと途中で止まることがある
  2. メディアの保存はできない
  3. モバイル回線だとデータ通信を大量に使ってしまう

 

デメリット①通信速度が遅いと途中で停止することがある

ストリーミングをする際に通信速度が不足すると、再生が途中で停止してイライラすることに。ストリーミングするには、ある程度の通信スピードを確保しないといけません。

ADSL回線※は、高画質動画をストリーミング再生するのに十分なスピードがありません。現在ADSLを利用しているのであれば、光回線か高速モバイル回線(WiMAXやソフトバンクエアーなど)に乗り換えを検討するといいでしょう。

※ADSL回線は2023年1月にサービス終了する現在ADSL回線は新規申込できないだけでなく、ADSL回線サービスそのものが2023年1月末で完全終了する予定となっています。(フレッツ光未対応エリアを除く)その日付までにADSL回線サービスは徐々に無くなっていくので、現在ADSLを利用しているユーザーは他の回線に切り替える必要があります。

デメリット②メディアの保存はできない

ストリーミングはメディアの再生のみで、通常はストレージに保存することはできません。パソコンやスマホに保存しておいて、オフライン時に再生するのは不可ということです。

ただし、有料の動画配信サービスによっては保存機能が付いている場合もあります。上記で紹介している動画配信サービス一覧を参考にしてください。

デメリット③モバイル回線だとデータ通信を大量に使ってしまう

ストリーミングはやり取りするデータサイズが大きく、特に動画は大量のデータ通信をすることになります。そのためモバイル回線(スマホ)でストリーミングすると、すぐにプランのデータ容量を使い果たしてしまうことも。

動画に限らず音楽ストリーミングでも、標準音質で1時間聴いた場合は約100MBを消費します。毎日1時間聴くと、それだけで月に3GBも使うことになってしまいます。

スマホのデータ容量を使い切ると、月末まで通信制限がかかり低速通信(一般的に最大200kbps)になってしまいます。これは、普通のブラウジングですら読み込みが遅くなるほどのスピードです。

このような事態になるのを防ぐためにも、スマホのLTE(4G)通信で長時間ストリーミングするのはおすすめしません。スマホで映画などを観たいのなら、Wi-Fi接続してからストリーミングするといいでしょう。

スマホをWi-Fi接続するには、無料のWi-Fiスポットを利用するか、WiMAXモバイルWi-Fiを契約する手段があります。

または、次に取り上げるストリーミング使い放題オプションを検討するのもおすすめです。

ストリーミングが使い放題のモバイル回線とは

スマホで特定のストリーミング配信が使い放題になるサービスを提供しているモバイル通信事業者もあります。このサービスはカウントフリーといって、対象サービスならどれだけ利用しても通信量がカウントされません。

ちなみにこれは、インターネット使い放題とは異なります。格安SIMの中にはデータ通信無制限プランも存在しますが、実際には3日間で〇GBなどの一定基準を超過してデータ通信すると、通信制限がかかってしまいます。

カウントフリーはどれだけ使っても通信量0のため、通信制限がかかることはありません。

ストリーミング使い放題サービス

以下では、対象サービスなら通信制限がかからず使い放題になるカウントフリーサービスを紹介します。なお分かりやすくするため、動画・音楽配信サービス以外の対象サービスは除外しています。

ストリーミング使い放題サービス一覧
モバイル通信事業者 サービス名 使い放題対象サービス オプション料金(税抜)
動画 音楽
ソフトバンク 動画SNS放題※ YouTube/AbemaTV/
TVer/GYAO!/Hulu
- なし(プラン料金に含まれる)
BIGLOBEモバイル エンタメフリー・オプション YouTube/AbemaTV/U-NEXT/YouTube Kids Google Play Music/You Tube Music/Apple Music/Spotify/AWA/Amazon Music/LINE MUSIC/radiko/jp/らじる★らじる/dヒッツ/RecMusic 480円/月(音声通話SIM)
980円/月(データSIM)
OCNモバイルONE MUSICカウントフリー - Amazon music/ANIUTA/AWA/ dヒッツ/Google Play Music/LINE MUSIC/Rec Music/Spotify/ひかりTVミュージック なし
U-mobile USEN MUSIC SIM - SMART USEN(音楽聴き放題アプリ) なし(プラン料金に含まれる)
LINEモバイル MUSIC+プラン - LINE MUSIC なし(プラン料金に含まれる)

※ソフトバンクの動画SNS放題は、プラン「ウルトラギガモンスター+」に含まれるサービスです。

ソフトバンクスマホのプラン「ウルトラギガモンスター+」は動画SNS放題が含まれます。HuluやGYAO!といった動画配信サービスが通信量0で好きなだけ楽しめるという、うれしいサービスです。

BIGLOBEモバイルの「エンタメフリー・オプション」も、動画や音楽ストリーミングがカウントフリーで楽しみ放題です。ストリーミングに強い格安SIMは、間違いなくBIGLOBEモバイルといえるでしょう。

更新日