You are here

プロパンガス - 平均使用量はどのくらい? 

一括見積り
お気軽にお電話ください
受付:月-日10:00-19:00 enepi(エネピ)につながります。

プロパンガス(LPガス)の毎月の平均使用量はどのくらいなのでしょうか?各ご家庭では毎月どのくらいLPガスを使用しているのでしょうか?プロパンガスの平均使用量から節約方法まで調べてみました。

  • プロパンガス(LPガス)の1か月の平均使用量は、4人家族の場合、11.3m3です。
  • 世帯人数別、地域別のプロパンガス(LPガス)の1か月の平均使用量もチェックします。
  • プロパンガス(LPガス)の料金が高いと思ったら、他のLPガス販売店から見積りをもらい、比べるのがLPガス代を安くするコツです。
プロパンガス(LPガス)平均使用量はどのくらい?

戸建てにお住まいの方やお店のお持ちの方プロパンガス料金払いすぎていませんか?フォームに記入すれば簡単にLPガス一括無料見積もり出来ます。電話でもOK:050-3196-9297(無料相談)までお気軽にお電話ください。(注意事項)

LPガスの使用量にはどんな単位が使われているの?

プロパンガス(LPガス)平均使用量はどのくらい?

プロパンガスの使用量に使用される単位はm3です。一ヵ月の使用量も○○m3でカウントされます。

プロパンガス(LPガス)の一か月の平均使用量を知るために、まずはプロパンガスの量とはどんな単位で表わされるのか確認してみましょう。

私達が普段使用している家庭向けのLPガスの場合は、その使用量を測るのにm3(立法メートル、もしくは、りゅうべい、と読みます。)という単位が使用されています。

m3は、体積を図る時に使われる単位で、都市ガスの使用量を表す時にも使用されています。私達が普段使うガス類は体積で測っているわけですね。

ちなみに、kg(液体)をm3(気体)に換算すると、液体LPガス1kgが気体LPガス0.5m3(およそ)に相当します。

LPガス(プロパンガス)の量を測るのに他にもkgや、kWhなどが使用される場合があります。イベント(お祭り・文化祭)の屋台などで使用する場合のLPガスはkgを単位として使用しています。また、外国では、ガスの使用量を測る時に、電気と同じくkWh:キロワットアワーが使用されている国もあります。

1か月あたりのLPガス平均使用量

LPガス(プロパンガス)の量を測るのに使用される単位についてご紹介しました。それでは、本題のLPガスの1か月の平均使用量をみてみましょう。

プロパンガスの1か月の平均使用量を調べるために、ここでは、一般財団法人日本エネルギー経済研究所の石油情報センターが調査・公開している「一般小売価格 LP(プロパン)ガス月別公式資料」を使います。

この資料では、世帯人数別や都道府県別にLPガスの1か月の平均使用量を調べる事が出来るようになっているので、それぞれ見ていきましょう。

世帯人数別LPガス平均使用量(月別)

世帯人数別LPガス平均使用量(月別)
世帯人数 プロパンガス使用量
2人以下 6.5m3
3人 8.9m3
4人 11.3m3
5人 11.7m3
6人 12.0m3
7人以上 11.8m3

この表からわかるように、1か月のLPガス使用量の平均は2人以下の世帯であれば、6.5m3、3人の場合は、8.9m3、4人の場合は、11.3m3になります。

世帯人数が4人以上の世帯を見ると11.3m3~12m3の間に収まっており、4人以上であれば世帯人数が増えてもLPガスの使用量にはあまり変化がないことが分かります。

ちなみに、世帯の人数関係なく1世帯あたりのLPガスの平均使用量をみた場合、月に約9m3が平均となっています。

地域別の平均LPガス使用量

次に、プロパンガスの1か月の平均使用量を地域別に見てみましょう。

「石油情報センター」では都道府県別の情報を公開しています。そのデータから、LPガス平均使用量が多い都市のトップ5を票にしました。

LPガスの使用量の多いトップ5
都道府県 LPガス平均使用量
埼玉 14.0m3
大阪 13.8m3
神奈川 13.8m3
千葉 12.6m3
奈良 12.2m3

この表からは、都市部のLPガス平均使用量が多い事が読み取れます。次に、LPガス平均使用量が少ない都市のトップ5を見てみましょう。

LPガスの使用量の少ないトップ5
都道府県 LPガス平均使用量
北海道 4.0m3
沖縄 4.7m3
青森 5.3m3
秋田 12.6m3
宮崎 12.2m3

この表からは、北海道や東北、そして九州地方のLPガス平均使用量が少ない事がわかります。九州地方のLPガス平均使用量が少ない理由は、気候が温暖だという事があげられます。北海道や青森県のLPガス平均使用量が少ない理由は、暖房に主に灯油を使用している事があげられるでしょう。

全国の、都道府県別一世帯当たりのLPガス平均使用量のグラフは以下のようになります。

プロパンガス(LPガス)平均使用量はどのくらい?

出典:(財)日本エネルギー経済研究所 石油情報センターによる「平成18年度プロパンガス消費実態調査」より。

LPガスの使用量が多いと思ったら - LPガスの節約方法

プロパンガス(LPガス)平均使用量はどのくらい?

冬にいかに節約するかが、LPガス使用量のダウンのカギです。

さて、全国のLPガスの平均使用量を見てきましたが、いかがだったでしょうか?ご自分の明細の使用量と比べて多かったでしょうか、少なかったでしょうか。

もちろん、LPガスの平均使用量は月によっても変わります。電気と同じく、給湯や暖房がより多くな寒い冬の時期、プロパンガスの使用量も増えます。

我が家のLPガスの使用量は平均よりも多かったから節約したいという方や、少なかったけれどもっと減らせないの?という方のために、省エネ庁のガイドを参考に、ガスの節約ポイントをご紹介します。この機会にLPガスの節約のポイントを確認してみましょう。

あまり意識していなかったLPガスの節約ポイントがあればぜひ実行してみてください。

ガスファンヒーター

プロパンガス(LPガス)平均使用量はどのくらい?

寒いと思ったら、温度を上げる前にもう一枚着てみるのもひとつの方法です。

これはあまり気づかない裏技かもしれませんが、ガスファンヒーターを消しても、部屋の温度がすぐに下がることはありません、出かける時に忘れずにスイッチを切るのは当たり前ですが、出かける前に早め(15分くらい前)にスイッチを切ると、LPガスの使用量節約の効果大です。

また、室温温度を20℃程度に抑えるもポイントです。20℃でも寒い場合は、「着るもの・履くもの」で調整しましょう。

室温20℃の設定で、年間約8m3のガスの節約になります。

  • 室温20℃の設定で、年間約8m3のLPガスの節約になります。

ガス給湯器

これはご想像の通り、設定温度をなるべく低温で、またお湯の流しっぱなしを避けるためにも、食器などは洗う前に水につけておくのも効果的です。

また熱湯が必要な場合、給湯器のお湯から沸かした方が、真水から沸かすよりLPガスの使用量の節約になります。

  • 水温20℃の設定で、年間約8m3のLPガスの節約になります。

お風呂

一度沸かしたお湯を冷ましてしまい、また再び沸かす。これが追い炊きです。もうおわかりでしょう、追い炊きの回数を減らすだけでLPガスの使用量の節約になります。

追い炊きを減らすにはどうすればいいのでしょうか?そうです、冷める前になるべくたて続けてお風呂に入ることが有効です。

  • 1日1回行っていた追い炊きをやめた場合年間約38m3のLPガスの節約ができます。

このように見てみると、お風呂でLPガスの使用量の節約を実行すると一番効果が高いということが分かります。

お風呂が沸いたら、どんどん、順番に入りましょう。夜も朝もお風呂を沸かしていた場合は、どちらかにするだけでガスの使用量が大幅に減るでしょう。

LPガスの料金がが高いと思ったら?-LPガス料金を安くする方法

LPガス(プロパンガス)の使用量の平均は?

戸建てにお住まいであればLPガスの平均消費量を把握したら、次はLPガス販売店から見積りをもらって、比べて、選ぼう。

LPガス(プロパンガス)の使用量の節約の仕方をご説明しました。そして皆さんは、LPガス(プロパンガス)の使用量の節約だけでなく、プロパンガスの料金を出来るだけ安くしたい、と思っているのではないでしょうか。

もし今支払っているLPガス料金が高いと思っていたり、もっとプロパンガスの料金を安くしたいと思っているのであれば、どのような事をすれば良いのでしょうか?まとめてみました。

 LPガス料金表を確認しよう

以下のグラフでも分かるように石油情報センターの調査によれば、ガスの料金表を受け取っていない、もしくは覚えていないという人がとても多いことがわかります。

またLPガス(プロパンガス)の料金は都市ガスや電気のようにホームページに載せていないケースがほとんどです。料金を公開しているLPガス販売店も存在しますが非常に少数です。

仮にいまご使用のLPガス(プロパンガス)の料金表をもらっていない、という方はまずは料金表をもらうことからまずは始めましょう。

 

 プロパンガス料金の全国平均をチェックしよう。

石油情報センターの調査により、毎月プロパンガスの地域別の平均料金を確認することが出来ます。このLPガス平均「料金」と月々お支払いの金額を比べてみるものも有効な手段です。

平均販売価格比べてだいぶ現在のLPガス料金が高いようであれば、契約をしているLPガス販売店に料金の交渉をしてみる事も方法のひとつです。交渉の際には、LPガスの料金の仕組みをよく理解しておくことで交渉力がUPしますよ。

 LPガス・プロパンガス販売店から見積りをもらって料金を比較しよう

プロパンガス・LPガス会社は選べることができることはご存知でしょうか?

LPガス(プロパンガス)の使用量の平均は?

戸建てにお住まいであればLPガスの平均消費量を把握したら、次はLPガスの一括見積りをもらいましょう

もし今支払っているガス料金が高いかも?と思ったら、他のプロパンガス・LPガス販売会社から料金表をもらって比較してみることをおすすめします。

LPガスは元々自由料金制で、販売者は自由に料金を設定する事ができ、私達も自由に販売会社を選べるようになっています。もし他にもっと安いプロパンガス料金を提供している会社があれば、自由に切り替えをすることが可能です。

とはいっても、プロパンガスの販売店は莫大な数があります。なかなか、ご自分でひとつひとつ探したり、交渉したりするのは難しい場合も多いでしょう。

そんな時には、LPガスの一括見積もりサービスを利用してみましょう。一戸建ての方や店舗をお持ちの方向けになりますが、フォームにいくつかの項目を記入すれば簡単にLPガスの一括無料見積もりが出来ます。(マンション・アパートなど集合住宅にお住まいの場合、LPガスの料金は大家さんや管理会社に確認をする必要があります。)

LPガスの解約の際には解約金や違約金がかかる場合があります。解約をする前に、まずは今契約しているLPガス販売店からもらっている契約書の中身をチェックしましょう。もし、契約書がみつからない場合は、再発行を依頼しましょう。

LPガスのお見積もりをご希望のお客様

お引越しでLP(プロパン)ガスの契約が必要、我が家のLPガス料金もしかして高い?と思ったら

LPガス料金の一括見積りサービス(無料)を利用して料金を比較してみませんか?(持ち家・戸建ての方のみ)

信頼できる販売店から簡単に見積もりをとることができます。今より安いLPガス料金がみつかるかもしれません。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

「enepi(エネピ)」のページへ移動します。電話はenepi(エネピ)につながります。「プロパンガス料金見積もりサービスについての注意点」を確認の上、ご利用ください。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。