東京電力:法人向け電気料金・法人専用コールセンター(電話番号)

東京電力:法人向け電気料金・法人専用コールセンター(電話番号)
東京電力:法人向け電気料金・法人専用コールセンター(電話番号)

東京電力の法人向けプランに関して、こちらの電話番号に連絡することができます。電気、料金プラン、契約内容、変更、その他緊急時など地域と要件によって電話番号は異なります。

  • 東京電力には法人用の低圧・高圧・特別高圧電力プランがあります。
  • 法人向けで一番安い電力プランを探すなら、一括見積もりサービスがおすすめです。

東京電力の法人向けお客様サポートセンターの電話番号

東京電力の電気に関する各種お問い合わせは、東京電力のカスタマーセンターに連絡することができます。東京電力のカスタマーセンターで受け付けている内容は以下の通りです。

  1. 電気料金全般にに関する問い合わせ
  2. 契約内容の変更(アンペア変更・名義変更)
  3. 供給地点特定番号を調べたい場合(東京電力から他の電力会社に切り替える場合)
  4. 引っ越しの手続き(電気の使用開始・停止)
  5. 電力需給の見通し・節電
  6. その他の電気に関わる用件

また停電・電柱・電線など設備に関するお問い合わせは、東京電力パワーグリッドが担当しています。

東京電力:停電・電柱・電線など設備に関する問い合わせ先 フリーダイヤル:0120-995-007
0120を利用できない場合(有料):03-6375-9803
受付時間:午前9時~午後5時(日・祝日、年末年始を除く)
※停電など緊急時は24時間対応

東京電力の地域・要件別の電話番号一覧

東京電力のカスタマーサービスの電話番号は地域・要件別に異なります。それぞの下記のリンク先から確認することができます。

img

電気の切り替えで経費削減ができます!

オフィス・工場・学校・病院など、法人向け高圧・特別高圧の電気の切り替えを検討されていますか?一括見積もりでよりお得な電気料金を見つけましょう。

電気の切り替えで経費削減ができます!

オフィス・工場・学校・病院など、法人向け高圧・特別高圧の電気の切り替えを検討されていますか?一括見積もりでよりお得な電気料金を見つけましょう。

東京電力の法人向けサービスとは?

東京電力の法人向けのサービスは電線で送られる電気の電圧によって、大きく3種類にわかれます。

低圧・高圧・特別高圧:供給電圧の違い
区分 電圧 利用者
低圧 交流:600V以下
直流:750V以下
一般家庭・小規模の店舗・事業所等
高圧 交流:600V超えて7000V以下
直流:750V超えて7000V以下
小中規模の商業施設・工場施設等
特別高圧 交流:7000V以上
直流:7000V以上
大規模な商業施設・工場施設等

それぞれの法人向けプランの特徴について見ていきましょう。

東京電力の法人向けサービス:低圧分野

多くの飲食店など小規模店舗や事業所などは低圧に該当するので、一度に使う電気の量が少なければ一般家庭と同じ電気料金プランを利用することもあります。また、エレベーターや業務用空調機など、動力を利用するものは動力プランを利用します。この動力プランも低圧になります。

低圧区分の電気料金プランを関東エリアで提供している会社は、東京電力以外にも多数あります。多くの場合、東京電力の従量電灯プランよりも電気料金が安くなります。

東京電力の法人向けサービス:高圧・特別分野

高圧・特別高圧は、ビル・商店・百官店・スーパー・工場など一度に大量の電力を利用する施設で利用されます。高圧は送電電圧が直流で750ボルト以上7000ボルト以下、交流で600ボルト以上7000ボルト以下になり、街中で見かける一般的な電柱を通じて供給されます。なぜなら、一般的な電柱には低圧と高圧が並走しているからです。

一方、特別高圧は送電電圧が7000ボルト以上になります。郊外で見かける大きな送電鉄塔から、利用する施設の変電所へ運ばれます。

高圧は使う最大電力量がおよそ2000kW程度までになります。それ以上利用する場合は特別高圧にする必要が出てきます。

東京電力の主な高圧・特別高圧の電気料金メニュー

東京電力の高圧・特別高圧は、工場向け(工業用)とその他で異なります。その他とは、ビル・商店・百貨店・スーパーなど工場以外の業務用になります。

また季節や曜日・時間帯によって、1kWhあたりの電力量料金が異なります。詳しくは下記の表を参考にしてください。

夏季 毎年7月1日から9月30日まで
その他季 毎年10月1日から翌年6月30日まで
ピーク時間 夏季の平日13時から16時まで。
昼間時間 午前8時から午後10時まで
※ただしピーク時間を除きます
夜間時間 午後10時から午前8時まで

なお、料金表の金額以外に「燃料費調整額」、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」が使用量に応じてかかります。

東京電力の業務用向け高圧・特別高圧の電気料金メニュー

東京電力:高圧電力:業務用電力:料金表
基本料金(1kWあたり)
1716.00円
電力量料金(1kWhあたり)
夏季 17.54円
その他季 16.38円
東京電力:高圧電力:業務用季節別時間帯別電力:料金表
基本料金(1kWあたり)
1716.00円
電力量料金(1kWhあたり)
ピーク時間 20.52円
昼間時間 夏季 19.81円
その他季 18.38円
夜間時間 12.77円
東京電力:特別高圧電力A:業務用:料金表
基本料金(1kWあたり)
20kV供給 1661.00円
60kV供給 1606.00円
電力量料金(1kWhあたり)
20kV供給 夏季 15.91円
その他季 14.90円
60kV供給 夏季 15.65円
その他季 14.69円
東京電力:特別高圧季節別時間帯別電力A:業務用:料金表
基本料金(1kWあたり)
20kV供給 1661.00円
60kV供給 1606.00円
電力量料金(1kWhあたり)
20kV供給 ピーク時間 17.71円
昼間時間 夏季 17.10円
その他季 15.95円
夜間時間 12.54円
60kV供給 ピーク時間 17.49円
昼間時間 夏季 16.89円
その他季 15.74円
夜間時間 12.31円

東京電力の工業用向け高圧・特別高圧の電気料金メニュー

東京電力:高圧電力A(契約電力500kW未満):工業用:料金表
基本料金(1kWあたり)
1292.50円
電力量料金(1kWhあたり)
夏季 17.37円
その他季 16.24円
東京電力:高圧季節別時間帯別電力A(契約電力500kW未満):工業用:料金表
基本料金(1kWあたり)
1292.50円
電力量料金(1kWhあたり)
ピーク時間 21.19円
昼間時間 夏季 20.47円
その他季 19.05円
夜間時間 12.77円
東京電力:高圧電力(契約電力500kW以上):工業用:料金表
基本料金(1kWあたり)
1815.00円
電力量料金(1kWhあたり)
夏季 16.16円
その他季 15.15円
東京電力:高圧季節別時間帯別電力(契約電力500kW以上):工業用:料金表
基本料金(1kWあたり)
1815.00円
電力量料金(1kWhあたり)
ピーク時間 19.20円
昼間時間 夏季 18.54円
その他季 17.06円
夜間時間 12.77円
東京電力:特別高圧電力B:工業用:料金表
基本料金(1kWあたり)
20kV供給 1661.00円
60kV供給 1606.00円
140kV供給 1551.00円
電力量料金(1kWhあたり)
20kV供給 夏季 15.35円
その他季 14.40円
60kV供給 夏季 15.10円
その他季 14.18円
140kV供給 夏季 14.86円
その他季 13.96円
東京電力:特別高圧季節別時間帯別電力B:工業用:料金表
基本料金(1kWあたり)
20kV供給 1661.00円
60kV供給 1606.00円
140kV供給 1551.00円
電力量料金(1kWhあたり)
20kV供給 ピーク時間 17.71円
昼間時間 夏季 17.71円
その他季 17.10円
夜間時間 12.54円
60kV供給 ピーク時間 17.49円
昼間時間 夏季 16.89円
その他季 15.74円
夜間時間 12.31円
140kV供給 ピーク時間 17.27円
昼間時間 夏季 16.66円
その他季 15.46円
夜間時間 12.16円

東京電力の高圧・特別高圧:インターネットでできる手続き

東京電力エナジーパートナーの法人向けサイトでは以下の手続きがインターネットから申請できます。

  • 新設・契約変更・メニュー変更・設備変更(インターネット申し込みのみ)
  • 他社から東京電力の切り替え(書面申し込み可)

また以下の内容については、インターネットではなく書面申し込みのみとなります。

  • 名義変更・撤去

東京電力の高圧・特別高圧:開閉器操作の申し込み

設備の点検に伴う開閉器操作および高圧引込線の切断接続作業は東京電力パワーグリッドが行います。東京電力パワーグリッドのウェブサイトから、作業希望日の1ヶ月以上前に申し込必要があります。

高圧・特別高圧プランの比較サービス

高圧・特別高圧は毎月の使用量が多いので、1kWhあたりの料金が1円でも多く下がるだけで、大きく電気代を節約できます。高圧・特別高圧で電気代の一括見積もりができる下記のサービスを利用すれば、一番安い電力会社が見つかります。

更新日