高圧電力で必要なキュービクル(高圧受電設備)とは?

高圧電力で必要なキュービクル(高圧受電設備)とは?
高圧電力で必要なキュービクル(高圧受電設備)とは?

オフィスビルや、商業施設や工場などの屋外で見かける四角い箱型の設備、キュービクル(高圧受電設備)。高圧電力を利用する場所で必ず利用されるキュービクルについて調べました。

img

電気の切り替えで経費削減ができます!

オフィス・工場・学校・病院など、法人向け高圧・特別高圧の電気の切り替えを検討されていますか?一括見積もりでよりお得な電気料金を見つけましょう。

電気の切り替えで経費削減ができます!

オフィス・工場・学校・病院など、法人向け高圧・特別高圧の電気の切り替えを検討されていますか?一括見積もりでよりお得な電気料金を見つけましょう。

キュービクル(高圧受電設備)とは?

キュービクル(高圧受電設備)は、正式にはキュービクル式受変電設備と言われる高圧受電設備です。この設備は受電容量が50kVA以上、4,000kVA以下の高圧電力を利用する施設等で、電線から引き込む際に電気を適切な使用電圧に変換するために使用されます。

高圧電力を利用する施設とは、デパートなどの大型商業施設、中規模の工場、病院など一度に大量の電力を使用する施設になります。このような施設では、屋外もしくは屋内に「変電設備」や「高圧危険」と書かれた箱形のキュービクル(高圧受電設備)が設置されており、よく見かける方もいるでしょう。

キュービクル(高圧受電設備)とは?
キュービクルは高圧電力を利用する施設向けの変圧設備です。

キュービクル(高圧受電設備)は何をしているの?

キュービクル(高圧受電設備)の役割は電圧を変えることにあります。ではどうして電圧を変える必要があるのでしょうか?実は街中で見かける電線を流れる電気は6600V(ボルト)という高い電圧で流れています。

一方、普段自宅で利用している電気機器は100Vもしくは200Vの電圧で利用することを想定しています。そのため、一般家庭や小規模の店舗や事業所など50kW以下の契約電力の場合は、低圧受電という方式を利用しています。実は電柱についている灰色のポリバケツのような物体これが小型の変圧器(柱上変圧器、トランスとも呼ばれる)となっているのです。この電線を流れる6600Vの電圧を家庭や店舗で利用するために100Vもしくは200Vの電圧へ変圧しているのです。

そして50kW以上の電気、つまり高圧電力を利用する施設では、電線の電気をそのままキュービクル(高圧受電設備)に引き込みます。そしてキュービクル(高圧受電設備)で一般家庭向けと同じように6,600Vを100Vか200Vに変圧しているのです。

高圧電力と低圧電力の違いとは? キュービクル(高圧受電設備)で変圧するのが高圧電力で、電柱の変圧器で変圧された電気を利用するのが低圧電力になります。「電気の切り替え案内」をテレビCMやネット広告でご覧になった方もいるでしょう。大手電力会社の規制料金よりも安くなる新電力の料金プランが話題となっていますが、その多くが一般家庭などの低圧電力向けになります。

実は高圧電力の電気料金は低圧電力よりも安く設定されています。一度に多くの電気を利用してくれる、キュービクル(高圧受電設備)で利用者が変圧するなどの理由から料金単価が安くなっているのです。

ただし、電気料金が安くなるというメリットだけではなく高圧電力にはデメリットもあります。キュービクル(高圧受電設備)を購入し設置する必要があります。またキュービクル(高圧受電設備)は高圧電力を扱うので、メンテナンや安全管理を行う必要があります。これから新しい施設を建てるのでキュービクル(高圧受電設備)が必要になる方、また建物の規模が大きくなったので低圧から高圧に切り替えたいという方は、キュービクル(高圧受電設備)の保守管理について確認しましょう。

img

電気の切り替えで経費削減ができます!

オフィス・工場・学校・病院など、法人向け高圧・特別高圧の電気の切り替えを検討されていますか?一括見積もりでよりお得な電気料金を見つけましょう。

電気の切り替えで経費削減ができます!

オフィス・工場・学校・病院など、法人向け高圧・特別高圧の電気の切り替えを検討されていますか?一括見積もりでよりお得な電気料金を見つけましょう。

キュービクル(高圧受電設備)の保守管理

キュービクル(高圧受電設備)は「自家用電気工作物」の一つとされます。自家用電気工作物は電気事業法で定めれており、電力会社から600Vを超える電圧で受電した電気を使用する設備になります。まさしくキュービクル(高圧受電設備)は6,600Vの電圧を100Vもしくは200Vに変圧するので、自家用電気工作物に該当するのです。

この自家用電気工作物の工事、メンテナンス、運用には保安規定が必要になります。この保安規定は設置者が作成する必要があります。この設置者とは、キュービクル(高圧受電設備)が設置してある工場や商業施設、病院や学校などを所有する法人、団体もしくは個人となります。

保安監督するが電気主任技術者

保安規定を定めるだけではなく、その保安を監督する技術責任者が必要になります。それが電気主任技術者です。電気主任技術者は国家資格で、扱う受電設備の規模によって第一種、第二種、第三種に分かれます。キュービクル(高圧受電設備)の設置者は電気主任技術者を雇用して、国に届け出ることが義務付けられています。

ただし、雇用できない場合は外部委託承認制度を利用することができます。この場合、国が定める電気保安法人や協会に所属した個人に、電気の保安点検を外部委託することができます。

キュービクル(高圧受電設備)に必要な保安点検とは?

巡視や点検、検査などの保安管理業務を設置者が定めた保安規定に基づいて月次点検、年次点検します。

キュービクル(高圧受電設備)の交換時期(耐用年数)はどれくらい?

キュービクル(高圧受電設備)の耐用年数は法律によって定められています。キュービクル(高圧受電設備)の法定耐用年数は10年から15年とされています。キュービクル(高圧受電設備)の設置は償却資産として申告の対象となります。そのためこの法定耐用年数は、減価償却する上での参考数値となります。そのためキュービクル(高圧受電設備)を安全に運用するには、最長でも20年が限界とされています。

キュービクル(高圧受電設備)が古くなるとどんなデメリットがありますか?

キュービクル(高圧受電設備)は高圧電力を、一般的に利用できる電圧に変圧するための設備です。日々大量のエネルギー(電力)を変換しているわけですね。新しいキュービクル(高圧受電設備)はこの電力の変換効率がより高めれています。1999年の規格と2014年の規格のエネルギー効率を比較すると最大で40%も違うというデータもありました。変換効率を高めることができれば、より電気代を節約することができますね。

キュービクル(高圧受電設備)を交換する以外にも経費を削減する方法はないのか?

新しいキュービクル(高圧受電設備)に交換することは、効率よく電気を使うことができる反面、初期投資が高いというデメリットがあります。またキュービクル(高圧受電設備)を交換しても、保守管理にかかるランニングコストまで一気に減らすことはできません。

電気代を削減するには、やはり電力会社の見直しから始めるのが良いでしょう。家庭向けの低圧電力と違って、高圧電力を扱う電力会社や料金プランはあまり表立って宣伝されていません。しかしながら、日々電気を大量に使用する高圧電力の利用者は、電力会社にとっても魅力的な顧客なのです。低圧電力では難しい個別対応での値下げにも積極的に行っている電力会社が少なくありません。

 高圧電力の見積もり取得サービスはこちらから

まずは電力会社複数社から見積もり取得ができるサービスを利用してみましょう。そして今の電力会社よりもどれくらい安くなるか確認してみませんか?なお、見積もり取得から切り替えのお手伝いは全て無料で利用することができます。

img

電気の切り替えで経費削減ができます!

オフィス・工場・学校・病院など、法人向け高圧・特別高圧の電気の切り替えを検討されていますか?一括見積もりでよりお得な電気料金を見つけましょう。

電気の切り替えで経費削減ができます!

オフィス・工場・学校・病院など、法人向け高圧・特別高圧の電気の切り替えを検討されていますか?一括見積もりでよりお得な電気料金を見つけましょう。

更新日