ストリーミングで映画を観る場合のデータ量は?

ストリーミングで映画を観る場合のデータ量は?
ストリーミングで映画を観る場合のデータ量は?

映画をストリーミング再生すると、一体どれくらいデータ量を消費するのでしょうか?動画配信サービスごとの消費データ量を調査しました。さらに、データを節約する方法やおすすめのインターネット回線も紹介します。

ストリーミングで映画を観る際のデータ量

映画1本をストリーミング再生すると、おおよそ500MB~14GBのデータ量を消費します。なぜそんなに差があるのかというと、動画配信サービスや画質の良さによって消費データ量が大きく異なるからです。

光回線インターネットならデータ容量の上限も通信制限もないので、消費データ量を気にする必要はありません。ただし、スマホのモバイル回線やWiMAXを使ってストリーミングするとなると話は別です。

スマホのモバイル回線(LTEや4G)は、あらかじめ決められたデータ容量を超過すると通信制限(主に最大200kbps)の超低速になってしまいます。

WiMAXはネットし放題プランであっても、インターネット利用が3日間で10GBを超えると通信制限(最大1Mbps)がかかります。

そのため、ストリーミング再生でどれくらいデータ量を消費するのか具体的に知っておくのは役に立ちます。以下の動画配信サービスについて、具体的に消費データ量を見てみましょう。

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • Netflix(ネットフリックス)
  • Hulu(フールー)
  • Amazonプライムビデオ
  • GYAO!(ギャオ)

U-NEXT

U-NEXTは15万以上の動画コンテンツが揃った、国内最大級のストリーミング配信サービスです。

U-NEXTの月額料金は1,990円(税抜)と高く感じますが、新作映画を観るのに使えるポイントが毎月1,200円分もらえるほか、雑誌70誌の読み放題なども付いています。映画好きなら元手を十分に取れる充実の内容といえるでしょう。

U-NEXTは画質が3段階から選ぶことができ、画質に応じてスマホからパソコンまで好きな端末で視聴することができます。

映画1本(120分)ストリーミングの消費データ量 - U-NEXT
画質 データ量 ストリーミングに適した回線サービス
最低画質 170MB 光回線/WiMAX/LTE
低画質 450MB 光回線/WiMAX
高画質 4GB 光回線

Netflix

アメリカ発のNetflixは、ユーザー数が1億を超える世界最大の映画配信サービスです。特に海外映画や海外ドラマのラインナップが豊富なので、海外物が好きな人には魅力的な内容となっています。

Netflixは画質もかなり良く、パソコン画面で一番低い画質の映画を観てもそこまで違和感はありません。最大画質のウルトラハイビジョンは、4K対応の大画面テレビで観るのに適しています。

Netflixの料金プランは次の3つあります。
べーシック(800円/月)・・・低画質のみ対応、同時再生1人のみ
スタンダード(1,200円/月)・・・高画質(HD)まで対応、同時再生2人まで
プレミアム(1,800円/月)・・・全画質対応、同時再生4人まで

映画1本(120分)ストリーミングの消費データ量 - Netflix
画質 データ量 ストリーミングに適した回線サービス
低画質 600MB 光回線/WiMAX
中画質 1.4GB 光回線
高画質 HD:6GB
UHD(4K):14GB
光回線

Hulu

Hulu(フールー)は人気映画や国内ドラマを中心に、50,000本のコンテンツを月額933円で好きなだけ観られるストリーミング配信サービスです。

映画1本(120分)ストリーミングの消費データ量 - Hulu
画質 データ量 ストリーミングに適した回線サービス
低画質 500MB 光回線/WiMAX/ソフトバンク※
中画質 2GB 光回線
高画質 3GB 光回線
最高画質 3.6GB 光回線

※ソフトバンクのスマホプラン「ウルトラギガモンスター+」なら、Huluは通信量がカウントフリーとなります。

Amazonプライムビデオ

Amazonのプライム有料会員(500円/月または4,900円/年)になると、Amazonプライムビデオが見放題になります。

映画やドラマはもちろん、プライム会員特典として他にも音楽ストリーミングサービス「Prime Music」が聴き放題に。Amazonでショッピングした際の送料無料やお急ぎ便無料などの特典も付いてきます。手頃な月額でサービス内容はとてもお得なのでおすすめです。

映画1本(120分)ストリーミングの消費データ量 - Amazonプライムビデオ
画質 データ量 ストリーミングに適した回線サービス
標準画質 1.2GB 光回線
高画質 3.6GB 光回線
最高画質 12GB 光回線

GYAO!

GYAO!(ギャオ)は、無料で利用できる動画配信サービスです。新作映画は多くはありませんが、名作映画やドラマ・アニメなど結構充実しており、無料なのに驚くほどです。

映画1本(120分)ストリーミングの消費データ量 - GYAO!
画質 データ量 ストリーミングに適した回線サービス
最低画質 200MB 光回線/WiMAX/モバイル回線
低画質 400MB 光回線/WiMAX/ソフトバンク※
中画質 1GB 光回線/WiMAX
高画質 2GB 光回線

※ソフトバンクのスマホプラン「ウルトラギガモンスター+」なら、GYAO!は通信量がカウントフリーとなります。

ストリーミングにおすすめのインターネット回線

映画をストリーミング再生するのにおすすめのインターネット回線を案内します。
おすすめNo.1・・・光回線
おすすめNo.2・・・WiMAX
おすすめNo.3・・・モバイル回線

光回線

光回線インターネットは、大量のデータ通信が発生するストリーミングに一番適しています。ただし、光回線であっても様々な要因により速度が極端に落ちることがあります。

画質がHDや4Kのような高精細の映画をストリーミング鑑賞するには、通信速度が超高速で安定している以下のような光回線を選ぶといいでしょう。

ストリーミングに適した光回線
インターネットサービス名 使用回線 概要
NURO光 独自の回線「ダークファイバー」
  • 独自の光回線を使用、最大2Gbpsの通信速度を誇る
  • 時間帯に関わりなく安定した超高速通信が可能
auひかり 自社所有回線
  • 自社所有の光回線を使用、最大1Gbpsながら実効速度はフレッツ光よりも安定して速い
  • 地域限定で最大5Gbps、10Gbpsプランもある
GMOとくとくBBドコモ光 フレッツ光
  • IPv6(IPoE)接続対応ルーターのレンタル永年無料
  • IPv4 over IPv6対応で安定した高速通信を実現

WiMAX

WiMAXは最新の無線通信規格で、ルーターからWi-Fiを飛ばしてインターネット接続するサービスです。

WiMAXの通信速度は光回線より劣るものの、工事不要で手軽に始められます。データ量に上限がない使い放題プランを選ぶと、定額で好きなだけ映画観賞を楽しむことができます。

ただし、WiMAXには「直近3日間で10GB」という決まり事があり、それを超過して通信すると翌日は最大1Mbpsに通信制限されてしまいます。低画質や標準画質の映画なら、通信制限を受けることなく快適にストリーミングすることができるでしょう。

快適なストリーミングには、UQ WiMAXをおすすめします。UQ WiMAXはWiMAX回線を所有しているUQコミュニケーションズが提供するWiMAXサービスです。

借り物の回線でサービスを提供するプロバイダーとは違い、UQ WiMAXは回線も接続サービスも本家大元が提供しているため、より安定した高速通信が可能なわけです。

モバイル回線

スマホのモバイル回線(LTE、4Gなど)は、ほとんどのプランでデータ容量が決まっており、3日間で6GBなどの通信制限の決まり事があります。そのため本来は、データサイズが大きいストリーミングには向いていません。

ただしモバイル回線の中でもスマホキャリアのソフトバンクと格安SIMのBIGLOBEモバイルは、カウントフリー※を利用することで映画ストリーミング再生でもこなせる特性を持っています。

モバイル回線 – カウントフリーサービス
モバイル回線 サービス名 カウントフリー対象サービス
ソフトバンク 動画SNS放題 YouTube/AbemaTV/TVer/GYAO!/Hulu
BIGLOBEモバイル エンタメフリー・オプション YouTube/AbemaTV/U-NEXT/YouTube Kids

※カウントフリーとは?対象サービスを利用する際のデータ通信量がノーカウント、つまりどれだけ利用しても通信量0になるサービスです。動画配信サービスがカウントフリー対象であれば、データ消費量や通信制限を気にせず好きなだけストリーミングすることができます。

更新日