プロパンガス料金の比較:プロパンガスはどうやって比べる?なぜ比較が重要?

プロパンガス料金の比較:比較で重要なポイントを確認
プロパンガス(LPガス)料金は契約前にきちんと比較をしておかないと、あとで後悔することにもなりかねません。

プロパンガス(LPガス)の契約で失敗しないためには、プロパンガス料金・販売店の比較が重要です。なぜプロパンガスを比べる必要があるのか、比べる時に気を付けることは何かについてまとめました。オンラインで手軽にできるプロパンガスの比較方法についてもご紹介します。

  • プロパンガスは価格の幅が広い商品。比較してお得な料金で契約しよう
  • 優良な販売店と契約するため、プロパンガスの比較で気を付けるポイントを確認

なぜプロパンガス料金の比較が大事なのか?

プロパンガス(LPガス)販売店は全国に約18,000件あります。それぞれの地域で複数の販売店が展開しているケースがほとんどですから、プロパンガスを契約する際、私たちはその中からひとつを選んで契約する必要があります。

このとき、引っ越しなどで忙しいと、「工務店から紹介されたプロパンガス販売店でいいや」「ちょうどよく訪問販売が来たからそこと契約しよう」などと思ってしまうかもしれません。しかし、やみくもに販売店を選ぶと後悔する可能性があります。長く付き合うプロパンガスの契約は、販売店を十分に比較したうえで行うべきです。その理由を以下で見ていきましょう。

また、忙しい方でも便利な、プロパンガス販売店を効率よく比較する方法もご紹介します。引っ越しやマイホームの新築で新規契約が必要な方も、プロパンガスをすでにご利用中で「他にもっと良い販売店がないかな」と考えている方も、ぜひご覧ください。

アパート・マンションや借家にお住まいの場合 アパート・マンションなどの集合住宅や、借家にお住まいの場合、プロパンガスの契約を決めるのは大家さんや管理会社の、建物のオーナーです。プロパンガス契約の変更などを行いたい場合、まずは大家さん・管理会社に相談する必要があります。

プロパンガスは価格帯が広いため

プロパンガスの比較が必須である1番の理由は、「プロパンガス料金は店ごとにばらばらである」ということです。

数年前まで規制料金だった電気や都市ガスとは違い、プロパンガスは一般家庭での普及が始まった1960年代からずっと、規制のない「自由料金制」でした。つまり、プロパンガスはそれぞれの販売店が自由に価格を設定してきました。

料金規制のない中、「なるべく安価で提供しよう」と企業努力を行うプロパンガス販売店がある一方で、必要以上に高い価格設定をしている販売店があるのも事実です。実際に、同じ地域でもA店とB店で価格が2倍以上違う、というようなケースもしばしば起こっています。

電気や都市ガスでは、数年前まで存在した規制料金よりも大幅に高い/安い価格設定のプランは今のところありません。そのため、なんとなく契約した電力会社・都市ガス会社が実はものすごく高かった、というような悲劇が起こる可能性は高くありません。しかし、プロパンガスでは店ごとの価格がばらばらで価格帯が広いため、きちんと料金を比べて選ばないと、年間で数万円も損してしまう事態になりかねないのです。

お得なプロパンガス販売店を見つけたい?

お得なプロパンガス販売店を見つけたい?

一括見積もりサービスなら、販売店同士の比較が簡単にできます。オンラインでも電話でも、お住まいの地域にあるプロパンガス販売店の見積もりが簡単に入手可能!見積もり提供は完全無料、契約義務もありません。ぜひご活用ください。

・対象: 戸建て持ち家の方、賃貸物件や店舗のオーナー ・ご利用ガイド
・電話受付: 毎日 10時~21時 (年末年始を除く)

プロパンガスの簡単比較

お得なプロパンガス販売店を見つけたい?

一括見積もりサービスなら、販売店同士の比較が簡単にできます。オンラインでも電話でも、お住まいの地域にあるプロパンガス販売店の見積もりが簡単に入手可能!見積もり提供は完全無料、契約義務もありません。ぜひご活用ください。

・対象: 戸建て持ち家の方、賃貸物件や店舗のオーナー ・ご利用ガイド
・電話受付: 毎日 10時~21時 (年末年始を除く)

訪問販売のトラブルを防ぐため

自分でプロパンガスの比較を行うことは、訪問販売によるプロパンガス契約のトラブルを防ぐことにも役に立ちます。

実は、プロパンガスの契約にはトラブルが少なくありません。よく聞かれるうちのひとつが、「訪問販売の巧みなセールストークで契約をしてしまったが、実際は料金が安くなかった」というパターンです。そのため、プロパンガスの訪問勧誘があった場合、とにかくその場で契約をしてしまわないことが肝心です。

「今の販売店の検針票を見せてください。これはかなり高いですね。」「うちのガスは地域の最安値です。」など、思わずその場で契約したくなるような話の内容だとしても、常にそれが本当だとは限りません。実際に、訪問販売のトラブルでは、訪問時に言っていたことと実際の契約内容が違った、というようなケースも報告されています。

したがって、仮にプロパンガスの訪問販売で魅力的な料金プランを提示された場合でも、すべてを鵜呑みにせず、まずは自分で他のプロパンガス販売店と比べてみることがおすすめです。一呼吸おいて、他店の料金・条件と比べたうえで決めることで、契約トラブルのリスクを回避することができるでしょう。

プロパンガス料金の比較ポイント

続いて、プロパンガス(LPガス)料金の比較をするうえでどのようなポイントに注目するべきかを見ていきます。しっかり比較して、お得で優良なプロパンガス販売店を見つけましょう。

まずは料金設定を確認

プロパンガス販売店同士の料金を正しく比べるためには、プロパンガス料金の構成を正しく理解している必要があります。確認しましょう。

プロパンガス料金は、一般的に「基本料金」と「従量料金」の2つの要素で成り立っています。

 基本料金:ガス使用の有無にかかわらず、毎月固定でかかる料金

 従量料金:ガスの使用量に応じてかかる料金。従量単価1㎥あたりの金額)が設定されていて、従量単価にひと月のガス使用量を掛けて総額を計算する

 ひと月のプロパンガス料金=基本料金+従量単価 × ガス使用量

そのため、プロパンガス販売店同士の料金を比べる際、具体的には基本料金と従量単価がそれぞれいくらかを比べる、ということになります。

なお、従量単価は、以下の例のように使用量が多くなるほど段階的に安くなるように設定されている場合が大半です。この従量単価の料金設定は「スライド制」とよばれます。

スライド制従量単価の例
使用量 従量単価(1㎥あたりの従量料金)
0~5㎥ 550円
6~10㎥ 520円
11~15㎥ 500円
16㎥~ 480円

「安すぎる」料金設定は注意! 「プロパンガス契約の勧誘があった。料金表をもらったら、かなり安くて感激。」そうなるとすぐにでも申し込みをしてしまいたくなりますね。ただし、他店と比べてあまりに料金が安い場合、一度立ち止まって内容を確認してみることがおすすめです。
「安いプロパンガス販売店とは契約するべきではない。」ということではありません。上で見た通り、企業努力によって低価格でのプロパンガス提供を実現している優良な販売店ももちろんあります。ただし、中には最初だけ顧客獲得のために安い料金を設定し、契約後に徐々に値上げをしていくという販売店も存在します。
そのため、他社と比べてプロパンガス料金がかなり安いという場合、契約条件、特に値上げの条件についてよく質問・確認する作業を行うようにしましょう。

プロパンガスが高いかも?と思ったら

プロパンガスが高いかも?と思ったら

他の販売店と比べて、ガス料金の見直しをしてみませんか?便利な一括見積もりサービスをご活用ください。オンライン/電話で、複数の販売店の見積もりを簡単に入手できます。(無料サービス、契約義務なし)

・対象: 戸建て持ち家の方、賃貸物件や店舗のオーナー ・ご利用ガイド
・電話受付: 毎日 10時~21時 (年末年始を除く)

プロパンガスが高いかも?と思ったら

プロパンガスが高いかも?と思ったら

他の販売店と比べて、ガス料金の見直しをしてみませんか?便利な一括見積もりサービスをご活用ください。オンライン/電話で、複数の販売店の見積もりを簡単に入手できます。(無料サービス、契約義務なし)

・対象: 戸建て持ち家の方、賃貸物件や店舗のオーナー ・ご利用ガイド
・電話受付: 毎日 10時~21時 (年末年始を除く)

他の契約の条件は?

プロパンガス料金を比べるにあたり、基本料金・従量単価の価格設定はもちろんですが、金額に影響を与えうる契約条件についても確認しておくと良いでしょう。

無償貸与契約はする?

無償貸与契約は例えば、家を新築してガスの配管工事が必要となる場合や、またはガス機器を購入する場合などに関係があります。

ガスの配管工事やガス機器の設置には当然お金がかかりますね。この費用をいったんガス会社に負担してもらい、毎月のガス代に少しずつ上乗せして支払っていく、というのが無償貸与契約です。もちろん、最初からこの費用を自分ですべて支払うのであれば必要ありません。ただし、工事費などは高額になることも多いため、無償貸与契約を結んで少しずつ支払う方が都合が良いこともあるでしょう。

もし、ガスの配管やガス機器の購入に伴って無償貸与契約の必要がある場合、ガス料金に加えてこれらの費用が毎月かかることになります。比較の際にはこの金額がいくらになるのか、いつまで支払いが続くのかも確認するようにしましょう。

契約期間と解約金は?

プロパンガスの販売店によっては、最低契約期間を設けているところもあります。この場合、契約期間満了前に解約すると、解約金が発生します。解約金は販売店によってまちまちですが、高額なところでは3万円程度かかることもあるようです。

もちろん、同じプロパンガス販売店と長く付き合えるのが一番ですが、万が一解約が必要になった時、余計な出費は少なく済む方が良いですね。プロパンガス販売店を比較するときは、契約期間と解約金の有無についてもチェックしておきましょう。

オンラインですぐできる、プロパンガスの料金比較

ここまででプロパンガスの料金比較の方法と、注意するポイントを確認してきました。実際にお住まいの地域にある販売店の比較をしてみましょう。

ただし、プロパンガスでは料金表がホームページで確認できないこともしばしばあるため、その場合は販売店に問い合わせる必要があります。ちょっと億劫だな・・と感じる方も多いでしょう。

手間をかけずに料金比較をしたいと思ったら、プロパンガスの一括見積もりサービスの活用がおすすめです。簡単なフォームへの記入で、複数の販売店の料金をオンラインで速やかに確認することができます。また、電話での問い合わせも可能で、その場合はオペレーターが比較内容をその場で説明してくれます。そこで興味のある販売店を見つけたら、販売店にさらなる情報提供をお願いすることができます。

サービスは完全無料で、契約義務もありません。ぜひご活用くださいね。

プロパンガスの簡単比較新規契約でも販売店の変更でも、プロパンガス料金の比較なら一括見積もりサービスがおすすめ!オンライン/電話で、複数の販売店の見積もりを簡単に入手できます。サービスは無料、契約義務もありません。お気軽にご利用ください。
 オンラインで無料見積もり  0120 559 763
・対象:戸建て持ち家の方、賃貸物件や店舗のオーナー ・ご利用ガイド
・電話受付:毎日 10時~21時 (年末年始を除く)
 

更新日