アパートやマンションでプロパンガスの契約変更はできるの?

アパートやマンションでのLPガス契約
アパートやマンションにおいて、LPガスを選ぶことはできるのでしょうか?

アパート・マンションや、戸建ての借家に住んでいて、プロパンガス(LPガス)の契約を変更したいと思ったらどうすればよいのでしょうか?集合住宅・賃貸住宅におけるプロパンガス料金の切り替え方法について調べてみました。

  • 契約変更は不可能ではないが、オーナーの了解を得る必要あり
  • アパートやマンションにおいては、入居者単位でプロパンガス(LPガス)の契約を変えることができない
  • 契約に関するオーナーの負担を減らせると、契約変更への同意を得やすい
  • 複数のプロパンガス販売店を比較して、お得なガス料金を見つけよう
お得なプロパンガス販売店を見つけたい?

お得なプロパンガス販売店を見つけたい?

一括見積もりサービスなら、販売店同士の比較が簡単にできます。オンラインでも電話でも、お住まいの地域にあるプロパンガス販売店の見積もりが簡単に入手可能!見積もり提供は完全無料、契約義務もありません。ぜひご活用ください。

・対象: 戸建て持ち家の方、賃貸物件や店舗のオーナー ・ご利用ガイド
・電話受付: 毎日 10時~21時 (年末年始を除く)

プロパンガスの簡単比較

お得なプロパンガス販売店を見つけたい?

一括見積もりサービスなら、販売店同士の比較が簡単にできます。オンラインでも電話でも、お住まいの地域にあるプロパンガス販売店の見積もりが簡単に入手可能!見積もり提供は完全無料、契約義務もありません。ぜひご活用ください。

・対象: 戸建て持ち家の方、賃貸物件や店舗のオーナー ・ご利用ガイド
・電話受付: 毎日 10時~21時 (年末年始を除く)

集合住宅・賃貸住宅でプロパンガスの契約を行うのはオーナー

プロパンガス(LPガス)の料金が販売店によって違うこと、そして消費者が販売店を選べることをご存知の方は多いと思います。しかしながら、すべてのプロパンガス利用者が販売店を選択できるわけではありません。アパートやマンションにお住まいの場合、または、戸建てでも賃貸物件にお住まいの場合、入居者が自分の好きなLPガス会社を選ぶことは、残念ながらできません。契約を決定するのは建物の所有者(オーナー)です。

プロパンガスを選べるのは誰? 基本的に、「自分で物件を所有していること」がプロパンガスを選ぶための条件です。以下のようなケースがあてはまります。

▶ 戸建ての持ち家にお住まいの方
▶ 店舗をお持ちの方
▶ マンション・アパートの所有者、賃貸物件の貸主

なぜ集合住宅の入居者は個人でプロパンガス会社を選べないのか?

集合住宅
原則として、集合住宅一棟につき、ひとつのLPガス会社が供給を行っています。

アパートやマンションで入居者ごとにプロパンガス(LPガス)会社を選べないのは、「契約は建物のオーナーが決める」という原則の他にも、建物の構造が関係しています。

一棟の建物内で複数の会社がガス供給を行おうとする場合、設備の設置や管理、それにかかる費用を各々の会社へ振り分けるのが難しいということが理由です。(ただし、メゾネットタイプの住宅などで、プロパンガスを個別に供給する前提があればガス会社を個別に選ぶこともできます)

例えば、プロパンガス供給に必要な設備であるガス管ですが、同じ建物内であれば、たとえ複数の世帯が住んでいたとしても、世帯ごとに違うガス管があるわけではなく、建物に住んでいるすべての人が同じガス管を共有することになります。同じものををみんなで使っているので、「この家のガス管は○○社、その隣の家のガス管は△△社」という風に、複数の会社で管理をするのが物理的に困難なのです。

このような理由から、アパートやマンションなどの集合住宅において、プロパンガスの契約は建物一棟に対して一つの販売店が行うのが原則となっています。

賃貸であれば大家さんや不動産管理会社、分譲マンションのように、入居者が複数で建物を所有している場合は管理組合が契約者となるでしょう。建物全体を所有していない個々の入居者には、建物全体に供給されるプロパンガスに対する決定権がありません。

集合住宅・賃貸住宅のプロパンガス料金は高くなりがち

LPガス料金が高い
入居者が直接LPガス会社と契約していないので、ガス料金が高くなってしまいがちです。

集合住宅・賃貸住宅において、毎月プロパンガス(LPガス)料金を支払っているのはもちろん入居者の皆さんです。しかしその一方で、入居者にはプロパンガス会社との契約を行う権利がありません。そのため、入居者の利益は後回しにされてしまうことが多く、高いガス料金を払わされるケースも残念ながら発生しやすいと言えます。

集合住宅・賃貸住宅のオーナーは、物件を貸したり売ったりするためにプロパンガス供給の設備を整える必要があります。その際に、地域に複数あるガス会社の中から一つを選んで契約を結ぶわけですが、オーナー自身が実際にガス料金の支払いを行うわけではありません。支払いを行うのは建物に住む入居者たちです。すると、「料金が安いかどうか」という基準は選択の上での重要項目から外れてしまいがちです。それどころか、「知り合いがやっているから」などと、入居者の損得に全く関係ない基準で選ぶこともあるので、結果として入居者が高いガス料金を払うことになってしまうのです。

また、戸建ての持ち家であれば、プロパンガス販売店と契約を行っているのは、実際にガス料金を支払っている人です。そのため、仮に地域の平均よりも高い金額のガス料金を請求したり、正当な理由なしに値上げを続けたりすれば、解約されてしまうリスクがあるのは当然です。しかし、アパートやマンションにおいて、契約者はガス料金を支払っていない建物のオーナーです。そのため、たとえプロパンガス会社が高い料金を請求して入居者から悪い印象を持たれたとしても、契約者に実害が及ばないため、解約されてしまう危険性は低いのです。このような理由から、プロパンガス会社は集合住宅でのガス供給において、強気な値段設定を行いやすいのです。

プロパンガスの簡単比較新規契約でも販売店の変更でも、プロパンガス料金の比較なら一括見積もりサービスがおすすめ!オンライン/電話で、複数の販売店の見積もりを簡単に入手できます。サービスは無料、契約義務もありません。お気軽にご利用ください。
 オンラインで無料見積もり  0120 559 763
・対象:戸建て持ち家の方、賃貸物件や店舗のオーナー ・ご利用ガイド
・電話受付:毎日 10時~21時 (年末年始を除く)
 

賃貸入居者に対するガス料金の明示強化へ

入居者が高額なガス料金の支払いを強いられやすい現状を受けて、2021年6月、経済産業省資源エネルギー庁および国土交通省は、プロパンガス業界・不動産業界の団体に対して、プロパンガス物件を入居者に紹介する際に、ガス料金を明示するよう要請しました。

依頼の内容
プロパンガス業界に向けた依頼
プロパンガスを供給している賃貸物件のガス料金について、物件の所有者や不動産管理会社にあらかじめ提供する。入居希望者や物件所有者、不動産管理会社から問い合わせがあった場合は迅速に対応する
不動産業界に向けた依頼
プロパンガス会社から提供のあったガス料金などの情報を、適切に入居希望者に提供する

上記はあくまでも「お願い」なので、強制力はありません。しかし、このような方針が国から出されることは、プロパンガス会社がアパートやマンションのガス料金を意識して見直すきっかけになると言えます。また、消費者がガス料金を考慮に入れたうえで物件を比べて選ぶことも可能になりますから、賃貸物件のプロパンガス料金が少しずつ下がっていくことも期待できます。

アパート・マンションでプロパンガスの契約変更をするには?

上にご説明したとおり、集合住宅・賃貸住宅では入居者の意思だけでプロパンガス(LPガス)会社を変えることはできません。しかし、だからと言って、「アパートやマンションに住んでいる人はガス料金が高くても我慢するしか方法がない」というわけではありません。ガス販売店と契約を結んでいる人、つまりオーナーに了解をもらえれば、集合住宅・賃貸住宅においてもガス会社を変更することが可能です。

建物のオーナーに了解してもらうために

というわけで、集合住宅・賃貸住宅でプロパンガス(LPガス)の販売店を変えたい、と思ったら、契約者であるオーナーの同意をもらいましょう。

しかし、ガス料金を自分で支払う必要のないオーナーにとって、ガス会社の契約変更はメリットを見出しづらいので、ぜひやりたい、という人は多くないでしょう。そのため、単純に「ガス料金が高いからもっと良い会社に変えてくれ」というだけではOKしてもらえる可能性は低いと言えます。入居者自らが契約変更のイニシアティブをとり、積極的に行動していくことが重要です。

オーナーの負担を最小限に抑える工夫をしよう

さて、オーナーがプロパンガス(LPガス)会社の契約変更に及び腰な理由として、変更の際にかかる手間と費用に対する不安があります。一方で、世の中のガス会社の中には、顧客が自分のガス会社に乗り換えやすいように、手続きの代行や費用の肩代わりを行ってくれる販売店も存在します。このような販売店を選べばオーナーの負担を少なくすることができるので、契約変更に同意してもらえる可能性を高めることができます。

例えば、プロパンガスを乗り換える場合、現在のガス会社との解約手続きを代理で行ってくれるガス会社があります。このサービスを利用すれば、オーナーが現在のガス会社と連絡を取る手間を省くことができます。仮にオーナーが「今のガス会社とは付き合いが長いから解約のお願いがしにくい」と悩んでいる場合などでも、オーナーから直接そのガス会社へ連絡する必要がなくなるので、心理的な負担を軽くすることができるでしょう。

他にも、無償貸与契約で発生する違約金を肩代わりしてくれるプロパンガス会社があります。例えば、オーナーと現在のガス会社との間で無償貸与契約が締結されている場合、契約期間の満了前にガス会社を変更すると、違約金が発生してしまいます。プロパンガスを使用している集合住宅・賃貸住宅の多くでこの無償貸与契約が結ばれているため、違約金を支払うのが嫌でガス会社の変更を渋るオーナーも少なからずいることが予想されます。その場合でも、違約金を肩代わりしてくれるガス会社を選んでオーナーの費用負担をなくすことを条件にすれば、契約の変更に同意してもらえるかもしれません。

他の入居者と協力しよう

入居者みんなで協力
他の入居者と力を合わせたら、LPガス契約の変更もしやすくなります。

アパート・マンションなどの集合住宅でプロパンガス(LPガス)販売店を変更したいと思ったら、オーナーに話を持ちかける前に、他の入居者に相談してみることをおすすめします。

仮に一人でオーナーのところへ行ったとしても、「他の人はそんなことを言っていない。」とあしらわれてしまえばそれまでです。大勢いる入居者の中の少数派の望みを聞いてくれる可能性は低いと言えます。一方で、複数の入居者からの要望があれば、オーナーとしても目をつぶっておくことは難しくなるので、ガスの変更を検討してもらえる可能性も高まります。そのため、ガス会社を変えたいと思ったら、一緒にオーナーと交渉してもらえるように、まずは建物内のご近所さんに相談してみましょう。

複数を比較して、条件の良いプロパンガス会社を見つけよう

最後になってしまいましたが、プロパンガス(LPガス)会社を変更したいと思ったら、他にどのようなガス会社があるか、今と比べてどれだけ安くなるかを調べることが必要不可欠です。これが具体的にわかっていれば、他の入居者に賛同してもらいやすくなるので、複数人でオーナーと交渉することもできるでしょうし、オーナーと交渉する際にも説得力が高くなります。

現在お住まいの集合住宅・賃貸住宅のガス料金が高いとお悩みの方は、地域にあるプロパンガス会社を探して、それぞれのガス料金を調べてみましょう。ホームページで料金表を公開しているガス会社もありますし、そうでない場合、それぞれのガス会社に連絡すれば見積もりをもらうことができます。

また、手軽に複数の会社を比べることができるのが、お住まいの地域で契約可能なプロパンガス販売店の見積もりを取ってくれる無料サービスです(※ただし、見積もり依頼はオーナー様に行っていただく必要があります)。
以下のオンライン見積もりフォームへの入力で、複数の販売店の見積もりがオンラインで簡単に入手できます。電話(0120-559-763)の場合はオペレーターが現状のヒアリングをした後、その場で見積もり結果を説明してくれます。見積もりをとったからといって、必ず契約をしなければならないという義務もないので、気軽に利用することができます。

プロパンガスが高いかも?と思ったら

プロパンガスが高いかも?と思ったら

他の販売店と比べて、ガス料金の見直しをしてみませんか?便利な一括見積もりサービスをご活用ください。オンライン/電話で、複数の販売店の見積もりを簡単に入手できます。(無料サービス、契約義務なし)

・対象: 戸建て持ち家の方、賃貸物件や店舗のオーナー ・ご利用ガイド
・電話受付: 毎日 10時~21時 (年末年始を除く)

プロパンガスが高いかも?と思ったら

プロパンガスが高いかも?と思ったら

他の販売店と比べて、ガス料金の見直しをしてみませんか?便利な一括見積もりサービスをご活用ください。オンライン/電話で、複数の販売店の見積もりを簡単に入手できます。(無料サービス、契約義務なし)

・対象: 戸建て持ち家の方、賃貸物件や店舗のオーナー ・ご利用ガイド
・電話受付: 毎日 10時~21時 (年末年始を除く)

アパート・マンションや借家などの集合住宅・賃貸住宅におけるプロパンガス会社の変更は、戸建てで行うよりもずっと大変ですが、不可能ではありません。お住まいの集合住宅のガス料金に不満を持っている方、あきらめずに行動してみてはいかがでしょうか。

更新日