プロパンガス料金が高いと思ったらどうすればいい?

プロパンガス料金を安くする方法をチェック
プロパンガス料金がなぜ高いのか、どうやって安くすればいいか、ご紹介します。

プロパンガス(LPガス)料金が高いとお悩みの方のために、ガス代を安くする方法をご紹介します。また、地域ごとのプロパンガスの平均料金を見て、自分のガス代がどの程度高いのかもチェックしてみましょう。

  • プロパンガスは販売店ごとに料金が異なる
  • 持ち家戸建てなら、プロパンガスを自由に選べる

なぜプロパンガスの料金は高いの?

プロパンガス(LPガス)料金が高いという声はよく聞かれます。プロパンガス代に悩んでいる人は決して少なくありません。

なぜプロパンガスの料金は高いことが多いのでしょうか?

販売店の間で十分な競争がされていない

実はプロパンガス(LPガス)において、料金の公開は義務付けられていません。ですので、販売店のサイトを見てもガス料金が載っていない、ということもしばしば起こります。つまり、消費者が気軽に他のお店のプロパンガス料金をチェックして比較するのが難しいため、ガス販売店は価格競争にさらされるリスクが少ないのです。

(ただし、プロパンガス料金がまったくの秘密にされているわけではないので、問い合わせれば料金はもちろん教えてもらえます。また、液石法省令などの一部改正に伴い、料金をサイトで公開する販売店は徐々に増えています。)

また、場合によっては、プロパンガス販売店同士で「お互いの顧客を奪わない」という暗黙のルールがあって、あえて他店との競争を避け、談合に近いような料金設定をしていることもあるようです。

プロパンガス料金が高い? ご相談くださいプロパンガス料金にお悩みの方はぜひ無料相談サービスをご利用ください。
プロパンガスのエキスパートがガス代を安くするための解決策をご提案します。
まずは現在のガス料金をこちらで診断の上、ご相談ください。
 無料相談フォーム  0120-978-890
・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方 ・注意事項
・電話受付: 月-金 午前9時-午後7時, 土日祝 午前10時-午後5時 (年末年始を除く)

消費者のLPガスに関する知識が不足している

LPガスの知識
我々のLPガスに対する知識不足もLPガス料金を高くしている原因のひとつです。

プロパンガス(LPガス)の料金を高くしている理由のひとつには、プロパンガスを使用している側の知識・理解不足もあります。

例えば、「プロパンガス屋さんが選べる」または「プロパンガスの料金はガス屋さんによって異なり、高いとこもあれば安いところもある。」ということを知らなかったり、「ガスは公共料金。だからどこと契約しても料金は同じ。」といったプロパンガスに関する誤解を持っている人もまだまだいるのです。

そのため、複数のガス販売店を比較したりせずに、知り合いやハウスメーカーなどから紹介された販売店となんとなく契約をしてしまっている人も多くいます。特に、今まで都市ガスを使用しており、初めてプロパンガスの契約をする人などは勝手が分からず、一社の話だけ聞いてプロパンガス契約を決めてしまうことがあるようです。

このような状況では、プロパンガス販売店同士の価格競争は活発になりません。つまり、我々の知識不足は、売り手側が有利に料金を設定できるという状況に知らずに知らずに貢献してしまっていると言えます。

供給コストがかかる

「プロパンガスは高い」という声の中には、「都市ガスより高い」という不満もよく含まれていますね。

プロパンガス(LPガス)が都市ガスよりも高い主な理由に、供給にかかるコストが大きいことが挙げられます。両者とも、料理や給湯で使用されるという点ではまった同じですが、プロパンガスと都市ガスの大きな違いとして、その供給方法があり、この点が大きく料金差に影響しています。

都市ガスにおいては、ガスは人の手を介さず、地下に張り巡らされた導管を通ってガスが各契約者の家に直接配られます。一方でプロパンガスは、ガス屋さんが各契約者の家を訪問し、ガスボンベを届けるかたちで供給されます。つまり、プロパンガスの場合、ガスの供給のためには配送費、人件費などの経費がかかります

こういった毎回のコストがプロパンガスの小売価格には反映されているため、都市ガスよりも料金が高くなってしまうのです。

家のプロパンガス料金はどのくらい高い?チェックしてみよう

それでは実際に、ご自宅のプロパンガス(LPガス)料金は一般的に見てどのくらい高いのか、地域の平均と比べてチェックしてみましょう。

正しく比較をするために、まずはプロパンガス料金の内訳を確認します。

家のプロパンガス料金って高い?

料金自動診断で、ご自宅のプロパンガス料金が高いかどうか、どのくらい安くなるのか、確かめてみましょう。診断は無料です。

・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方 ・注意事項

LPガス料金の内訳

プロパンガス(LPガス)料金は、基本料金と従量料金で構成されていることが一般的です(二部料金制)。

基本料金は、ガスを使う・使わないに関わらず、毎月支払う固定料金です。一方で、従量料金はガスの使用量に応じて支払う料金です。1㎥あたりいくら、というふうに従量単価が決められていて、この単価にひと月あたりのガス使用量をかけることによって、従量料金の金額が決まります。(ガス料金=基本料金+従量単価×使用量)

したがって、LPガスの使用が増えれば、従量料金が高くなりますので、当然ガス料金も高くなります。「急にガス料金が高くなった」という方は、まずは前の月と比べて使用量が増えていないかどうかを確認してみましょう。

プロパンガス料金の体系や計算方法についてもっと詳しく→「プロパンガスの基本料金とは?:ガス料金のしくみを正しく理解し、節約するためのガイド

地域のLPガス平均料金

以下は、石油情報センターが全国のプロパンガス(LPガス)販売店に調査して公開しているプロパンガスの小売価格の平均です。こちらを確認すれば、お家のガス代は相場と比べてどの程度なのかを知ることができます。

なお、地域の平均より料金が低い場合でも、プロパンガスは探せば安い料金の販売店が見つかる可能性が常にありますので、次に紹介する方法を試してみてくださいね。

プロパンガス料金を安くする方法

プロパンガス(LPガス)代を安くする具体的で有効な方法を住居タイプ別に見てみましょう。

戸建て持ち家の場合

LPガス販売店の切り替え

戸建ての持ち家にお住まいの方は、ご自身でガス屋さんを選ぶ、変える、ということが可能です。ですから、今より安いプロパンガス料金を提供しているところに切り替えるという手段が効果的です。

切り替えに関する詳しいプロセスは「プロパンガス会社の切り替え方法と手順を知ろう」でご説明しています。

  • 以下に該当する方は、安いプロパンガス屋さんを探し、切り替えるのが効果的。
  • 持ち家・一戸建てに住んでいる方
  • 店舗(飲食店、美容院など)を所有している方
  • アパート・マンションのオーナー

無料切替相談サービスを活用

プロパンガス(LPガス)会社の切り替えは、「無料切替相談サービス」を使うと自分で販売店を探したりする手間が省けて簡単です。完全無料で、今より安く優良なプロパンガス販売店を見つけて紹介してくれます。

また、「ガス料金見守り保証」といって、万が一不当と思われる値上げがあった場合に、値下げ交渉を行ってくれるサービスも付いていて安心です。

まずは現在のガス料金が地域の販売店と比べて実際どのくらい高いかを診断のうえ、以下の無料相談フォーム・フリーダイヤルからご相談ください。

プロパンガスの簡単切り替え

プロパンガスの切り替えをご希望ですか?
無料切替相談サービスで、今より安く優良なプロパンガス販売店をご紹介します。契約後の不当な値上げを防ぐ「ガス料金見守り保証」もついて安心。
まずは現在のガス料金をこちらで診断の上、ご相談ください。

・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方 ・注意事項
・電話受付: 月-金 午前9時-午後7時, 土日祝 午前10時-午後5時 (年末年始を除く)

オール電化、都市ガスへの切り替え

プロパンガス(LPガス)販売店の切り替えの他、お住まいの地域で都市ガスの供給がされているのであれば「都市ガスへ切り替え」をすることも可能です。また、「オール電化に切り替え」という方法もありますね。

しかし、どちらの方法も大きな導入工事が必要であり、初期費用がかさみやすいため、変更にかかる費用をよく検討してから判断するようにしましょう。

災害に強いのはプロパンガス料金が高い、というネガティブなイメージの強いプロパンガス(LPガス)ですが、電気や都市ガスと比べて災害に強い、という大きな利点があります。都市ガスやオール電化への切り替えを考える前に、より安いプロパンガス販売店への切り替えを考えてみてはいかがでしょうか?

アパート・マンションなどの賃貸・集合住宅の場合

アパートやマンションなど賃貸・集合住宅にお住まいの方は、プロパンガス(LPガス)の契約者は大家さんもしくは管理会社になります。そのため、残念ながらご自身の意思でガス屋さんを変えることができません。ですから、持ち家に住んでいる人に比べると、賃貸住宅に住んでいる人の方がプロパンガス代を安くするためのハードルが高いことは事実です。

プロパンガス販売店を変えたい、料金を下げたい、と思ったら、まずは大家さん・管理会社に相談する必要があります

ただし、直接プロパンガス料金を払っているわけではない管理会社・大家さんにとっては、プロパンガス屋さんを変えることは余計な仕事となるわけですから、それをやってもらいやすくするための努力をする必要があります。

交渉の材料として、自分の地域のプロパンガス(LPガス)の平均小売価格を準備しておく他、可能であれば地域の販売店の集合住宅向けの料金設定を調査しておきましょう。また、あなた一人だけでなく、他の入居者と協力して依頼をすることも有効だと言えます。

更新日