プロパンガスの料金が高すぎる?確認してみよう

LPガスの料金が高すぎる?

自分の家のLPガス料金が高すぎないかどうか、調べてみましょう。

「なんだかプロパンガス(LPガス)の料金が高い気がする」と悩んでいる方のために、自分が支払っている金額が高いかどうかを知る方法をご紹介します。プロパンガスの料金設定の仕組みや、全国・地域別のガス料金の平均について、そして他社のガス料金との比較の仕方を調べてみましょう。

  • プロパンガスは販売店ごとに料金が異なる
  • ガスの使用が増えれば請求される値段も上がる。使用量を確認しよう
  • 地域の平均と自分のガス料金を比較しよう
  • 複数の販売店の料金を比較しよう

戸建てにお住まいの方LPガス料金払いすぎていませんか?簡単フォーム記入でLPガス一括無料見積り!電話でもOK:050-3196-9297(無料相談)までお気軽にお電話ください!

プロパンガス(LPガス)の料金設定はどうなっているの?

プロパンガスは契約している販売店によって値段が違う

ガス料金の計算
LPガスの料金は会社によって違います。

自分の家で支払っているプロパンガス(LPガス)の料金が高いかどうかを確認するためには、まずプロパンガスの料金がどのように設定されているかを知る必要があるでしょう。

プロパンガスは、灯油やガソリンと同じように自由料金制で、水道料金のような、規定された料金設定は存在しません。原料の仕入値や輸送費など、ガス供給にかかるコストと会社の利益を考慮した上で、それぞれのプロパンガス販売店が値段を決定しています。

つまり、水道料金であれば、自治体ごとに一律料金が決められているため、同じ量の水を消費していれば、同じ地域に住んでいる誰かより、自分の水道料金が高くなるということはあり得ません。しかし、自由料金制であるプロパンガス料金の場合、同じ量のガスを消費していたとしても、契約している会社が異なれば、自分の方が料金が高い、という状況が起こり得るのです。

プロパンガス料金は「二部料金制」で計算されている

毎月のガス料金を算出する基準として、95%以上のプロパンガス販売店が「基本料金」と「従量料金」からなる「二部料金制」を採用しています。

二部料金制
基本料金 ガス供給に必要な設備(ガス容器・ガスメーター等)の維持管理費
従量料金 ガス使用量に応じてかかる費用。単価が1㎥あたり〇〇円という風に設定されている

ガス料金=基本料金+ガスの使用量(㎥)× 従量単価

基本料金は主に、ガス容器ガスメーターなど、ガスを供給するために必要な設備の維持管理費から構成されており、ガスの使用量とは関係なく毎月支払う料金です。一方で、従量料金はご家庭で使用したガスの量に応じてかかる金額です。1㎥あたりの金額が〇〇円、という風に単価が決まっているので、ガスの使用量が増えた分だけ、従量料金も高くなります。

そのため、「今月のガス料金が高い」と感じた方は、まず検針票を見て、他の月より使用量が増えていないか確かめてみましょう。ガス料金そのものが高くなったのではなく、ガスの使用量が増えたことによりその月の請求金額があがっているだけかもしれません。特に冬場は給湯器やガスストーブの使用頻度が上がるので、その分ガス使用量も増える傾向にあります。

他の家庭のプロパンガス(LPガス)料金はいくらぐらい?

プロパンガス料金の地域別平均

使用量が増加したことによって一時的にガス料金が値上がりしているのではなく、継続してガス料金が高いと感じている方は、もしかしたら同じ地域に住んでいる他のご家庭よりも高い料金設定のLPガス販売店と契約しているのかもしれません。地域の平均と比較することによって確かめてみましょう。

以下の地方・県ごとのプロパンガス(LPガス)の平均料金の表では、「基本料金」と「基本料金+従量料金」に項目が分かれています。自身の毎月のプロパンガス(LPガス)の支払い額と比較する場合はこの点に注意してください。従量料金から基本料金分をマイナスし、それぞれ5、10、20で割り算することで1m3あたりの料金を知ることができます。

例えば、北海道でLPガスの使用量が毎月5㎥前後の場合、下記の計算に従って、1㎥あたりの従量単価は、786.6円ということになります。

(6,028円-2,095円)÷5㎥=786.6円

           
LPガス(プロパンガス)の平均料金(円 - 消費税込)
地域 基本料金 基本料金 + 従量料金
5m3 10m3 20m3
北海道のLPガス
平均料金
2,095 6,028 9,745 16,685
東北地方の
LPガス
平均料金
青森県 1,868 5,430 9,012 15,936
岩手県 1,950 5,409 8,789 15,154
宮城県 1,741 4,766 7,738 13,267
秋田県 1,855 5,217 8,519 14,635
山形県 1,891 5,353 8,792 15,329
福島県 1,818 4,967 7,033 13,855
関東地方の
LPガス
平均料金
茨城県 1,706 4,449 7,144 12,207
栃木県 1,678 4,393 7,051 12,079
群馬県 1,751 4,465 7,113 12,159
埼玉県 1,712 4,317 6,881 11,883
千葉県 1,732 4,361 6,949 11,881
東京都 1,692 4,261 6,814 11,830
東京都
(除伊豆諸島)
1,684 4,218 6,741 11,698
神奈川県 1,719 4,297 6,854 11,859
甲信越地方の
LPガス
平均料金
山梨県 1,751 4,520 7,265 12,549
長野県 1,848 4,805 7,682 13,088
新潟県 1,911 5,075 8,112 14,010
東海地方の
LPガス
平均料金
愛知県 1,777 4,509 7,0578 11,898
岐阜県 1,812 4,612 7,226 12,261
三重県 1,813 4,592 7,160 12,010
静岡県 1,827 4,658 7,362 12,585
北陸地方の
LPガス
平均料金
富山県 2,023 5,225 8,284 13,965
石川県 1,868 5,092 8,192 14,032
福井県 1,803 5,024 8,071 13,759
関西地方の
LPガス
平均料金
滋賀県 1,833 4,706 7,469 12,658
京都府 1,844 4,791 7,651 13,085
奈良県 1,830 4,519 7,170 12,306
大阪府 1,754 4,397 7,090 12,276
兵庫県 1,958 4,954 7,842 13,166
和歌山県 1,877 4,686 7,305 12,166
中国地方の
LPガス
平均料金
鳥取県 1,882 5,130 8,270 14,210
島根県 2,049 5,204 8,236 13,939
岡山県 1,945 5,125 8,084 13,588
広島県 1,867 4,951 7,560 12,503
山口県 2,016 5,198 8,276 14,019
四国地方の
LPガス
平均料金
徳島県 1,811 4,663 7,448 12,710
香川県 1,837 4,843 7,783 13,297
愛媛県 1,892 4,844 7,757 13,246
高知県 1,794 4,661 7,413 12,521
九州地方の
LPガス
平均料金
福岡県 1,950 4,925 7,742 12,738
佐賀県 1,866 4,932 7,721 12,708
長崎県 1,775 4,929 7,920 13,359
除対馬五島 1,759 4,886 7,845 13,134
熊本県 1,739 4,800 7,685 12,826
大分県 1,783 4,711 7,571 12,665
宮崎県 1,684 4,870 8,006 13,758
鹿児島県 1,636 4,784 7,664 12,921
除奄美熊毛 1,609 4,733 7,549 12,616
沖縄県のLPガス
平均料金
1,711 7,907 9,745 13,682
全国平均 1,928 4,807 7,686 13,105

(出典:一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター 2018年4月)

やっぱりプロパンガス(LPガス)料金が高い。どうすればいい?

ガス料金が高い
LPガスの料金が高いと感じたら、どうしたらいいのでしょうか。

一時的な使用量の増加によって値段が上がったのではなく、継続的にプロパンガス料金が高いと感じている場合、そして地域の平均やご近所の方のプロパンガス料金と比べてみてもご家庭のプロパンガス料金が高い場合、以下の対策をとることができます。

他のプロパンガス販売店の料金と比較して、切り替えを行う

お住まいの地域には、今契約しているところ以外にも複数のプロパンガス(LPガス)販売店が存在すると思います。このようなプロパンガス販売店を探して、料金を調べてみましょう。ホームページで料金表を公開しているガス会社もありますし、そうでない場合、それぞれのガス会社に連絡すれば見積りをもらうことができます。

他社と値段を比較して、もっと安くプロパンガスを提供している販売店があるならば、そこに契約を切り替えることもひとつの方法です。また、他社の見積りを武器にして、現在契約中のプロパンガス会社と交渉することもできるでしょう。どちらにしても、地域にある他の販売店の料金を知ることが大切です。

「自分でひとつひとつの会社を調べるのはちょっと面倒だな・・」という方は、無料の一括見積りサービスを利用するのもおすすめ。お住まいの地域の複数の販売店の見積りを無料で手軽に手に入れることができます。また、見積りをとったからといってどこかの会社と契約をしなければならない義務も一切ありません。ご自身が納得できる販売店を見つけた時にだけ、契約に踏み出すことができます。

都市ガスやオール電化を検討してみる

お住まいの地域で都市ガスの供給がされているのであれば「都市ガス」にすることができます。また、「オール電化にする」という方法もあります。しかし、どちらの方法も大きな導入工事が必要であり、初期費用がかさみやすいため、変更にかかる費用をよく検討してから判断するようにしましょう。

戸建てにお住まいで「LPガス料金を安くしたい」と思ったら、一括見積りが便利です。

簡単フォーム記入で無料でLPガスの一括見積り。電話受付:050-3196-9297(無料相談)までお気軽にお電話ください。

LPガスの一括見積り
更新日