プロパンガスの基本料金とは?:ガス料金のしくみを正しく理解し、節約するためのガイド

プロパンガスの料金のしくみ  - プロパンガス料金を正しく理解するためのガイド

プロパンガスの料金のしくみ - プロパンガス料金を正しく理解するためのガイド

LPガス料金がどのように計算されているか、しくみを詳しく解説します。お得な料金設定のLPガス販売店を選ぶためにも、正しくガス料金を理解しましょう。

  • プロパンガス(LPガス)の料金は販売店によって違う
  • 多くのLPガス販売店はLPガス料金の計算に「二部料金制」を採用
  • LPガス会社を選ぶ際は、必ず複数の販売店のガス料金を比較しよう

LPガスの簡単比較一括見積もりサービスなら、手軽に複数のLPガス販売店の見積もりを手に入れられます。持ち家戸建てにお住まいの方、賃貸住宅・店舗オーナーを対象とした無料サービス!ぜひご利用ください。
オンラインで無料見積もり 電話で無料見積もり
電話受付時間:年末年始を除く毎日10-21時 (注意事項

プロパンガス(LPガス)料金のしくみ:プロパンガスは自由料金制

プロパンガス(LPガス)の料金がどのように設定されているかご存知ですか?

実は、LPガスの料金の決定方法には、法律などによる規制がなく、統一されたルールがありません。「自由料金制」です。つまり、LPガスの各販売店がコストや利益を考慮したうえで、独自に料金を設定しているのです。これは、販売店によってプロパンガス料金が異なる、ということを意味します。

モノやサービスの料金が自由に設定されているのは、何もLPガスに限ったことではありません。同じ商品であっても、買うお店によって料金が違うのは皆さんもご存知のとおりです。

ここであえて、「LPガスの料金は自由料金制」と、料金のしくみについて説明をしている理由は、「LPガスの料金は規制料金、どこで申し込んでも同じ値段。」と思っている方がまだまだ多いためです。電気都市ガスなど、他の光熱費がつい最近まで規制料金だったことも影響しているかもしれませんね。

繰り返しますが、LPガス料金のしくみにおける重要ポイントは、「世の中の多くのモノ・サービスと同様に、LPガスの料金は販売店が自由に設定することのできる、自由料金制である。」です。

ですので、例えば日常生活において、ある食品を安く手に入れるために近所のスーパーを複数比較するのと同じように、LPガスも複数の販売店を比べることによって、今より安いLPガス料金を見つけることが可能なのです。

(ただし、アパートやマンションなどの集合住宅や賃貸物件にお住まいである場合、LPガス会社を変更する際には物件オーナーの許可が必要となります。)

LPガス料金はわかりづらい?高いと言われてしまうのはなぜ?

LPガス料金請求書
LPガス料金ってわかりづらい、と思う人が多いのはなぜなのでしょうか。

消費者の方の中には、「LPガス料金ってわかりにくい」と思っている方が多いようです。

その理由として、各販売店で料金が違うということに加えて、

  • 料金表を公開する義務がない
  • 請求書に計算根拠を示す義務がなかった(2017年、液石法の施行規則が一部改正されたことにより義務化)

ということが挙げられるのではないでしょうか。

携帯料金や電気料金等においては、請求書に明細が記載されていることも、料金表が公開されていることも当たり前なので、びっくりするかもしれません。しかしLPガス料金においては、つい最近まで請求金額だけを記載した内訳のない請求書でも問題ありませんでした。料金表の公開については、政府が強く推進してはいるものの、いまだに義務ではありません。

このように料金の情報提供が十分でない状態が長年続いてきた中においては、料金設定に関して消費者が疑問を持ちやすいのは当然ですよね。

また、このような料金に関する情報を公開する必要がない状況は、販売店同士の価格競争を起こりにくくしており、結果としてガス料金の高止まりを招きます。よく「LPガスは高い」と言われてしまう一因がここにあるといえます。

一方で、最近はこのような不透明な料金設定を問題視する声があがるようになり、2017年の液石法施行規則の一部改訂などによって、LPガス料金の透明化が進みつつあります。こうしてガス料金に関する情報公開が当たり前になれば、販売店が不当に高い料金を設定することは難しくなり、また、販売店同士が競争にさらされるので、料金が下がりやすくなるでしょう。これは我々消費者にとって良い流れであると言えます。

この流れをさらに強化するためには、やはり私たち消費者が「LPガスは自由に選べる」のを意識することが大切です。比較してから契約を行うことが当たり前になれば、消費者目線のサービス提供を行うガス会社が増えていくことでしょう。

ガスを今より安く

LPガスが高いかも?と思ったら

他の販売店と比べて、ガス料金の見直しをしてみませんか?
複数の販売店から無料で見積もりを集めてくれる、便利な一括見積もりサービスをご活用ください。持ち家戸建てにお住まいの方、賃貸物件や店舗のオーナーが対象です。
電話受付:年末年始除く毎日10-21時(注意事項

LPガスの料金プラン:種類と計算方法を知ろう

「LPガスの料金は販売店が好きなように決められる」といっても、もちろんでたらめに決定されているのではありません。料金の計算には根拠があります。そもそも、上の章で触れたとおり、2017年からガス会社は料金の計算根拠を示すことが義務付けられているので、どんぶり勘定で決めてしまおう、というわけにはいきません。

LPガスの販売店は、それぞれのコストや利益を考えたうえで、ガス料金の計算基準となる単価を決定し、料金プランをつくっています。この料金プランに基づいて、毎月私たちが支払っているガス料金が計算されています。

主なLPガス料金プラン

私たちが毎月支払っているLPガス料金の主な計算方法は、以下の3つです。

  • 二部料金制
  • 最低責任使用料金制
  • 三部料金制

ひとつずつ見ていきましょう。

二部料金制

最も普及している料金プランが二部料金制です。こちらは全国の95%以上のLPガス販売店に採用されています。「二部」の名の通り、「基本料金」と「従量料金」の二つの要素からガス料金を計算します。

二部料金制
基本料金
  1. ボンベやメーター等、LPガス供給に必要な設備にかかる費用
  2. 保安や検針にかかる費用
従量料金
  1. ガス使用量に応じてかかる費用。単価(従量単価)が1㎥あたり〇〇円という風に設定されている
計算方法 ガス料金=基本料金+ガスの使用量× 従量単価

上の表を見てわかるとおり、基本料金はガスを供給するために必要な設備の維持管理費で構成されています。ガスの使用量の多少にかかわらず、毎月固定で支払う金額です。

その一方で、従量料金はガスの使用量に応じてかかる料金で、金額も使用量に応じて上下します。1㎥あたり○○円という風に単価(従量単価)が決められていて、この単価に使用量をかけたものが従量料金になります。そのため、使用量が多ければ多いほど、比例して従量料金も高くなります。

最低責任使用料金制

最低責任使用料金制は、全国のおよそ2%のLPガス販売店に採用されている料金プランです。

このプランの特徴は、ある一定の使用量(最低使用量)までは「最低責任使用料金」という固定額の料金を設けていることです。そのため、この最低使用量を上回らない限りは、ガス使用の多い少ないに関わらず、同じガス料金を支払うことになっています。なお、一定を上回る分のガス使用量は従量料金となり、「○○円/㎥」の従量単価を使用量にかけて計算を行います。

実際に数字を当てはめて考えてみましょう。仮に最低使用量を5㎥とした場合、1㎥使おうが、5㎥使おうが、請求されるガス料金は同じで、最低責任使用料金のみです。しかし、使用量が5㎥を超えた場合には、6㎥以降の使用量に対して従量料金がかかります。例えば、12㎥使用したとすれば、超過分である7㎥に対し、従量料金の計算「使用量×○○円/㎥(従量単価)」が適用されることになります。

最低責任使用料金制
最低責任使用料金
  1. ボンベやメーター等、LPガス供給に必要な設備にかかる費用
  2. 保安や検針にかかる費用
  3. 一定量までのガス使用量
従量料金
  1. 一定量を超過した分のガス使用量に応じてかかる費用。単価(従量単価)が1㎥あたり〇〇円という風に設定されている
計算方法 ガス料金=最低使用料金+一定量を超過した分のガス使用量(㎥) × 従量単価

三部料金制

主な料金プランの最後にご紹介するのが、二部料金制の基本料金と従量料金に「設備使用料金」を加えてガス料金を算出する三部料金制です。先ほどご紹介した最低責任使用料金制と同様にこちらも少数派で、この料金プランを採用しているLPガス販売店は全国で1%程度です。

二部料金制よりも料金の項目がひとつ増えるわけですが、だからといって三部料金制のほうが二部料金制よりもガス料金が高い、というわけではありません。というのも、三部料金制における「設備使用料金」というのは、二部料金制で基本料金に含まれている設備使用料等を別の項目にして表しているものだからです。

三部料金制
基本料金
  1. ボンベやメーター等、LPガス供給に必要な設備にかかる費用
  2. 保安や検針にかかる費用
設備使用料金
  1. ガスの配管を販売店から借り受けている場合の利用料
  2. ガス漏れ警告器などの利用料
従量料金
  1. ガス使用量に応じてかかる費用。単価(従量単価)が1㎥あたり〇〇円という風に設定されている
計算方法 ガス料金=基本料金+設備使用料金 + ガスの使用量 × 従量単価

従量料金に関するしくみ

ここまでで見てきた料金プランのすべてに含まれている従量料金ですが、従量料金の計算根拠である従量単価(○○円/㎥)の設定についてもいくつか種類があります。

一番シンプルなのは、ガス使用量の多い少ないに関わらず、従量単価が固定されている場合です。一方で、「スライド制」もしくは「原料費調整制度」のしくみに従って、複数の単価を設けたり、単価を定期的に見直して変更したりしているガス販売店もあります。

この二つのしくみについてご紹介します。

スライド制

従量単価がガスの使用量に応じて変化するのがスライド制です。

例えば、「0~5㎥は575円/㎥、6~10㎥は550円/㎥、11~15㎥は525円/㎥...」という風に、ガスの使用量が増えていくにつれて、1㎥あたりの従量単価が段階的に安くなるしくみです。

使用量が多くなるほど従量単価が安くなるので、ガスの使用が多い世帯や店舗(飲食店、美容室など)に適しているといえます。

後ほどスライド制を使ってガス料金の計算を行います。

原料費調整制度

原料費調整制度とは、プロパンガスの仕入れ価格の変動を毎月の従量単価に反映させるしくみのことです。つまり、原料費調整制度においては従量料金の計算のもととなる従量単価(○○円/㎥)が毎月異なります。

というのも、日本はプロパンガスの原料確保について、ほぼ中東諸国やアメリカからの輸入に頼っているのです。そのため、プロパンガス料金は原料価格や為替の変動の影響を受けやすく、値段をずっと一定に保つことは容易ではありません

原料費調整制度においては、従量単価が原料価格の変動に応じて毎月変化します。仮に、原料価格が高くなれば従量単価も値上げされ、反対に原料価格が低くなれば従量単価も値下げされます。

なお、この制度においては3か月間の原料価格の平均に基づいて、その2か月後の従量単価を決定しています。例えば、「1~3月の原料価格の平均→5月の従量単価、2~4月の原料価格の平均→6月の従量単価」といった具合です。

原料価格の変動が常に従量単価に反映されているため、原料費調整制度は消費者にとって透明度の高い料金設定であるといえますね。

一人暮らしや二人暮らしなど、世帯人数別の消費量平均に基づくガス料金の計算例

料金プランと計算方法について知ったところで、一番ポピュラーな二部料金制を使って実際にガス料金の計算をしてみましょう。

計算には、石油情報センターの統計に基づいた世帯人数別のLPガス消費量平均および小売価格の平均を使用します。なお、従量単価にはスライド制を適用します。

基本料金 従量単価
0~5㎥ 6~10㎥ 11~20㎥
1,827円 609円 598.4円 576.25円

基本料金は石油情報センター、液化石油ガス価格分布状況(2018年12月末)より出典。従量単価も同データに基づき算出しています。

一人暮らし・二人暮らし世帯の場合

  • 月平均使用量:6.5㎥

基本料金:1,827円

従量料金:609×5+598.4×1.5=3,942.6円

合計:5,769.6円

三人世帯の場合

  • 月平均使用量:8.9㎥

基本料金:1,827円

従量料金:609×5+598.4×3.9=5,378.76円

合計:7,205.76円

四人世帯の場合

  • 月平均使用量:11.3㎥

基本料金:1,827円

従量料金:609×5+598.4×5+576.25×1.3=6,786.125円

合計:8,613.125円

このように、料金表と月毎の使用量がわかれば、ガス料金は簡単に計算することができます。なお、ここで求められたガス料金は、使用量平均と小売価格平均に基づいて算出したので、世帯人数別のLPガス料金の平均ととらえることができます。

どうやってプロパンガス(LPガス)販売店を比較したらいい?お得なLPガス料金を選ぶには?

LPガス料金のしくみについて理解したところで、次は、どのようにLPガス販売店を比較すればいいのか、どうすればLPガス料金をお得にできるのかを見ていきましょう。

まずは、比較の方法についてです。

LPガス比較
LPガス販売店を選ぶには比較が鉄則です。

現在LPガス販売店と契約している、という方は、契約中のLPガスの料金設定を確認するところからはじめます。料金プランの内容は、請求書を見ることで確認ができます(もしわからなければ、販売店に問い合わせてみましょう)。

ここまで見てきたとおり、料金プランは固定額(基本料金、最低責任使用料金、基本料金+設備使用料金)と、従量料金で構成されています。ですので、固定額がいくらか、従量単価がいくらかをチェックして、他の会社のそれと比較することによって、契約中のLPガスの料金プランがお得かどうかを判断することができます。

次は、LPガス販売店と契約中の方も、そうでない方も、お住まいの地域にある複数のLPガス販売店から見積もりを集めましょう。ホームページで見積もり(料金表)を公開している会社もありますが、そうでない場合には、各販売店に連絡をして、見積もりをもらいます。

ここで「各店舗に連絡して見積もりをもらうのは面倒だな・・」と思った方もいるのではないでしょうか?そんな方におすすめしたいのが、お住まいの地域にある複数のLPガス販売店の見積もりを無料で行ってくれる一括見積りサービスです。無料で複数社の見積もりが簡単に手に入るうえに、見積もりを取った会社と契約をしたりする義務もないので、お気軽にご利用くださいね。こちらの簡単フォームに記入、もしくは電話「050-3196-9297(毎日10:00‐21:00、年末年始を除く)」から見積もり依頼が可能です。

こうして、複数の販売店の料金表が手に入ったら、それぞれのプランと金額を比較しましょう。比較の際には「値段が安い」というのがやはり重要だとは思いますが、値段が安すぎる場合、「新規顧客を引き付けるために最初の価格設定を安くして、後に値上げをすることで利益を得る」というLPガス会社も残念ながらあるため、極端に安い値段設定には注意が必要です。なお、値段の他にもチェックしたいポイントを「プロパンガス会社のおすすめは?選択のコツを知ろう」にてご紹介していますので、どうぞご覧ください。

LPガス料金の相場は?地域別平均をチェック

LPガス販売店の比較の方法についてお話しましたが、そもそも見積もりを依頼する前に、今契約しているLPガス料金が高いのかどうか、相場がいくらぐらいなのか、簡単に判断する方法はないのでしょうか。「適正料金」のようなものがあると便利ですよね。

そんな時に参考にしていただきたいのが、全国各都道府県のLPガスの平均小売価格です。石油情報センターが、LPガス販売店に調査を行った結果を毎月公表しているものです。このLPガスの販売平均価格に基づいて、契約中、もしくは契約候補であるLPガス販売店の料金がどの位置にあるのかをチェックしてみると良いでしょう。

こちらは地域ごとの平均小売価格です。以下のリンクからさらに都道府県ごとの平均をご覧いただけます。

現在契約中のLPガス料金を見直したいなら

地域の平均や他店の見積もりを調べた結果、「契約中のLPガス料金が明らかに高い」という場合、LPガス料金をお得にするために、二つの対策が考えられます。

一つ目は、現在契約しているLPガス会社に値下げを交渉する、という方法です。地域の平均や他店の見積もりがあれば、「他と比べてこれだけ値段が高い」と具体的に提示することで、LPガス販売店が交渉に応じてくれる可能性も高くなると考えられます。

二つ目は、お得な値段を提示しているLPガス販売店に契約を変更するという方法です。他店から見積もりを取る中で、今よりも安い料金プランのLPガス販売店を見つけたら、そちらに乗り換えて、現在の会社は解約することもできます。ただし、LPガス会社を変更する際には違約金が発生する場合などもありますので、事前によく解約条件を調べてから判断するようにしましょう。LPガス会社の乗り換えについては「プロパンガス会社の切り替え方法と手順を知ろう」の記事をご覧ください。

これからLPガスの契約をするなら

引っ越しなどで「これから新規でLPガス販売店と契約する」という場合は、必ず複数の会社を比較したうえで、自分が納得できる会社と契約するようにしましょう。(ただし、アパートやマンションなどの集合住宅や賃貸物件で契約開始する場合には、LPガス販売店を選ぶのは物件のオーナーとなります。)

なお、新築や中古のリフォーム物件などに引っ越す場合に、建築会社が提携先のLPガス会社を推薦してくることがありますが、「楽だからこれでいいや」と安易に選ばずに、料金プランをしっかりチェックしてから決めるようにしましょう。詳しくは、「引っ越し先でプロパンガスを契約するにはどうしたらいい?」をご覧ください。

引っ越しの際には、他にもたくさんやることがあるので、LPガスの比較ばかりに時間を使うのは難しいかもしれませんが、そんな時には先ほどご紹介した一括見積りサービスを利用して、効率よくお得な料金のLPガス会社を見つけてみてください。

LPガスを安くするにはLPガスの見積もりをとって、ガス料金がお得な販売店を見つけましょう。無料一括見積りサービスをぜひご活用ください!持ち家戸建てにお住まいの方、賃貸物件や店舗のオーナーが対象です。
オンラインで無料見積もり 電話で無料見積もり
電話受付時間:年末年始を除く毎日10-21時 (注意事項

更新日