You are here

インターネット・プロバイダー 、 どんな会社があるの?

どんなインターネットプロバイダーが世の中にはあるのでしょうか?日本のプロバイダー企業にはどんなところがあるのか調べました。っていうかプロバイダーってなんだっけ?そんな疑問にもお答えします。

インターネットの解約には、違約金・解約金

日本のインターネットプロバイダーはたくさん。どんな会社があるのか調べてみました。

今より安いインターネットは?お引越しで新しいインターネット契約が必要?
ご相談フォームに必要事項を記入していただければ、ベストなインターネットプランをご提案!
電話でも受け付けています!:050-3196-9639(相談無料)までお気軽にお電話ください。

こんなインターネットプロバイダー会社があります。

日本にはたくさんのプロバイダー会社があります。日本全国広くサービスを展開しているところや、かなり地域限定でサービスを行っているところまで様々です。

ここでは、超有名・大手プロバイダーから、地域限定の中でもある程度規模のあるプロバイダーまで一覧にしてみました。さらに小規模な事業者を加えるとこの欄以外にもまだプロバイダー会社は存在します。

種類別に分けると、NTTの子会社、ケーブルテレビ、家電量販店など様々な異なる事業背景をもつ企業がプロバイダー事業を行っていることが分かります。プロバイダー事業を専門に行っている企業もあります。

                             
色々ある。プロバイダー会社。
インターネット・プロバイダー会社 概要 インターネット・プロバイダー会社 概要
ドコモ光 インターネット(光回線)料金とプロバイダ料金が一体になっています。 Yahoo!BB ソフトバンクのプロバイダー
OCN 日本最大規模のプロバイダー。NTTコミュニケーションズが運営。 au one net KDDI運営。会員数が多い。
InfoSphere 回線はフレッツ光(NTT東日本NTT西日本に対応) BIGLOBE 老舗の大手プロバイダー。
NTTぷらら 回線はフレッツ光 DTI ドリーム・トレイン・インターネットの略。
WAKWAK 回線はフレッツ光 So-net 会員数3番目を誇る。”So”はソニーのSoから。
@nifty 家電量販店ノジマの子会社。 エディオンネット 家電量販店。
@TCOM アットティーコムと読みます。 GMO 回線はフレッツ光(NTT東日本・NTT西日本)
eo光 イオと読みます。電気販売も行う。 hi-ho 回線はフレッツ光(NTT東日本・NTT西日本)
トーカイ LPガス会社によるサービス。 イッツコム 東急沿線向けサービス。ケーブルTVなども。

プロバイダーってなんですか?

プロバイダーの意味

プロバイダーは英語の 「provide(プロバイド):提供する」という動詞から来ています。これが、provider(プロバイダー)とは提供する人・提供する会社という意味になります。

つまり、「インターネット・プロバイダー」は「インターネット・サービスを提供する事業者」ということになります。インターネットプロバイダーというと長いので、通常プロバイダーと呼んでいるわけです。英語の勉強はここでおしまいです。ところでインターネットサービスを提供するとはどいうことでしょうか?

回線業者とプロバイダー

インターネット・プロバイダー会社

回線事業者とプロバイダーの2社の作業によりインターネットは初めて使用できるように。どちらかひとつでも欠けてはダメ。

インターネットを使用する場合、電気なら電線を自宅に引くのと同様に、インターネット用の線を家に引っ張ってこなくてはいけません。この作業をしてくれるのは、回線業者です。

そして、インターネットといういわば目に見えないインターネット信号を提供しているのがインターネット・プロバイダーです。

インターネットを使う場合は、回線業者に線を引いてもらうだけでも、プロバイダーと契約をするだけでも足りません。2社のコラボーレーションが必要というわけです。

プロバイダーは選ぶことができる!

プロバイダーをたくさんあるのは冒頭の一覧で見ていただいた通りです。そして自由に選ぶことができます。それぞれプロバイダーの大きな違いは、その料金です。インターネットの速さなどのクオリティーは回線によります。ちなみに、回線事業者も、プロバイダーほ数はありませんが、複数存在しますので選ぶことができます。

光コラボレーションって知ってますか?- 光コラボレーション事業者

インターネットプロバイダーとインターネット回線業者は別業者で、2社と契約をしなければならないことを説明しました。

しかし、最近は1つの会社がその両方を行ってくれるようになりました。これが光コラボレーションと呼ばれるものです。

プロバイダー自体が回線事業を始めたわけではなく、回線事業者がプロバイダーに回線を卸売りし、プロバイダーがインターネットサービスとともに販売するという形です。契約者の窓口が1つになるのが楽ですね。

光コラボレーション事業者には以下のような会社があります。現在は、インターネット回線事業者、プロバイダー、そして光コラボ事業者の3つが存在しています。

  • SoftBank 光
  • OCN 光
  • U-NEXT光
  • So-net 光
  • ビッグローブ光