インターネット申し込み無料相談

インターネットプラン選びならご相談ください。

電話で簡単お申し込み。あなたにぴったりプランをエキスパートがお探しします。(セレクトラ・ジャパンコールセンター)

インターネットプラン選びならご相談ください。

電話で簡単お申し込み。あなたにぴったりプランをエキスパートがお探しします。(セレクトラ・ジャパンコールセンター)

店舗向けのインターネットプラン選び ガイド- 飲食店・カフェ・美容院など

店舗(飲食店・カフェ・美容院)でインターネット契約するにあたって、どんなプランを選べばいいのでしょうか?これを押さえておけば間違いないというポイントを解説します。上位3つのおすすめ光回線サービスも紹介しています。


店舗向けインターネットに求められる条件とは

飲食店やカフェ、美容院などの店舗で高速インターネットを導入するのは非常に重要です。「フリー Wi-Fiあります」の表示だけで集客効果を望め、お客さまの満足度も高まります。

もちろん店側もインターネット導入により、POSレジやタブレットによる注文管理など、業務効率を向上させることができます。店内でかける音楽ストリーミングもインターネットが必要です。

このように店舗導入必須といえるインターネットですが、プラン選びのポイントは次の3つ。これらの条件をすべて満たす光回線が、店舗に一番向いているプランとなります。

  1. 安定した高速通信が可能
  2. 通信制限がない
  3. 固定電話が使える

それぞれの条件を具体的に考えてみましょう。

①安定した高速通信が可能

店舗で顧客向けWiFiを提供するなら、安定して高速通信ができるのは大前提になります。

特に飲食業など、お客さんが無料かつ快適にネット接続できるかどうかは大事な集客ポイント。店舗滞在時間が平均30分~2時間とすると、その間できるだけ快適性を高めたいものですよね。

また、一般家庭でインターネットするのとは違い、店舗内の複数のお客さんが一斉にネット接続しても支障が出ないほど、ネットの通信速度が速くないといけません。

店舗向けインターネットに求められる通信速度とは?

お客さん1人あたり、最低5Mbps(メガビーピーエス)を確保するのが望ましいといえます。5Mbpsあれば、YouTube動画の1080p画質が問題なく再生できるほか、スマホのオンラインゲームなども快適に動作します。

あくまで目安ですが、たとえば同時に10人のお客さんがWiFi接続する場合、5(Mbps)✕10=50Mbpsは確保したいところです。

下記は、店舗別に推奨される下り速度の目安です。満席率70%として、1人あたり5Mbpsを確保できる速度として計算しています。

店舗規模別 - 最低限必要なインターネット速度の目安
店舗の種類 最低限必要な回線速度(下り)※
小規模飲食店・カフェ(席数15以下) 50Mbps
中規模飲食店・カフェ(席数15~30) 100Mbps
美容院 50Mbps

※回線速度とは実測値の平均のことで、理論上の最大値とは異なります。

インターネット回線ごとの平均速度

インターネット回線別に、通信速度の実測値から平均速度を割り出してみました。下記を見ると、光回線が圧倒的にスピードが速く、店舗に向いていることが分かります。

インターネット回線別 - 平均速度
回線種類 平均速度(下り)
固定回線 ADSL およそ10Mbps
光回線(フレッツ光ネクスト) 200Mbps
光回線(NURO光) 400Mbps
光回線(auひかり) 320Mbps
無線回線 WiMAX(Broad WiMAX×ルーターL02) 45Mbps
ソフトバンクエアー 27Mbps

参照:みんなのネット回線速度

②容量上限・通信制限がない

店舗でお客さんのためにインターネットを提供するつもりなら、容量上限および通信制限がないプランに申し込みましょう。

容量上限とは、1ヵ月あたり使えるデータ量の上限のことです。スマホプランが1ヵ月〇ギガ迄と決まっているように、店舗で契約するインターネットプランに上限があると、月末までにデータが足りなくなる可能性があります。

通信制限とは、一定期間中にある程度のデータ通信量を超えると速度が制限されることです。通信制限がかかると動画の再生が途切れ途切れになったり、データ送受信に時間がかかってしまいます。

お客さんが店舗でネットを使っていて急にスピードが遅くなると不便に感じ、店舗への満足度も下がってしまうもの。このような事態を避けるためにも、インターネットプランは容量上限と通信制限がない光回線にするのがおすすめです。

ネット回線種類別 - 通信制限の有無
回線の種類 容量上限 通信制限
光回線 なし なし
WiMAX なし 直近3日合計10GB超過で翌日18時~26時まで最大1Mbps制限
ソフトバンクエアー なし 利用が集中する時間帯に速度制限あり
LTE あり(プランによって5~100ギガ) 容量上限を超えると月末まで最大128kbps制限

③固定電話が使える

サービス業の店舗で必須といえるのが固定電話ではないでしょうか。飲食サービス店ならデリバリーの注文や予約の受付、美容院でも予約のために電話番号を用意しておくのは大前提です。

その点、光回線なら安価で固定電話(光電話)を導入できて便利です。NTT加入電話と比べて、光電話がどれくらいお得なのか下記をご覧ください。

料金比較 - 光電話とNTT加入電話
  光電話 NTT加入電話
初期費用 設置負担金(電話加入権に相当) 0円 36,000円
工事費 3,000円前後(光回線と同時申込み) 0円
月額基本料 500円 1,700円前後
通話料 固定電話へ 8円/3分(全国一律) 8.5円/3分(市内)
20円/1.5分(市外~20km)
携帯電話へ 16円/分 16~17.5円/分

※加入電話の通話料は昼間(午前8時~午後7時)の料金を記載しています。

店舗向け光回線の比較

光回線インターネットが店舗に向いていることは分かりました。次に、光回線プランの中でどれが店舗に一番向いているのか考えましょう。

おすすめの順は次のようになります。項目別に比較した下記の表も参考にしてください。

  1. NURO光
  2. auひかり
  3. フレッツ光
店舗向けインターネット比較
  NURO光 auひかり フレッツ光ネクスト
回線事業者 ソニーネットワークコミュニケーションズ KDDI NTT東日本/NTT西日本
最大速度 下り2Gbps/上り1Gbps 下り上り1Gbps 下り上り1Gbps
平均速度(下り) 400Mbps 320Mbps 200Mbps
工事費 40,000円(分割払いで実質無料) 37,500円(分割払いで実質無料) 19,800円(プロバイダーによっては実質無料)
月額基本料(戸建て向け) 4,743円 5,100円 5,500円
サービスの特長
  • 無線LAN無料レンタル
  • セキュリティー無料
  • 訪問サポート初回無料
  • NURO光でんわがお得
  • 料金割引
  • 光電話がお得
  • 無線LAN永年無料
  • エリアカバー率90%以上
  • スムーズ&スピーディーに導入できる
  • 安心のNTTサポート品質
  • クレジットカード決済端末をお得に導入可

店舗向け光インターネットは独自回線がおすすめ

店舗に来店した顧客の満足度を高めるには、安定して高速なインターネット回線が求められます。その点、独自回線を利用するNURO光やauひかりが特におすすめです。

NTTフレッツ光が一番安定しているのでは?」と思われるかもしれませんね。たしかに、フレッツ光は国内最大規模の光回線です。ただ、莫大なユーザー数を抱えることが速度の低下につながり得ることをご存知でしょうか?

フレッツ光回線を利用するのはフレッツ光ネクストだけではありません。ドコモ光Softbank光、その他数多くの光コラボは、全てフレッツ光回線を借用しています。

いくらNTTの通信設備が整っていても、時間帯によってはネット利用者で通信設備が混雑するため、通信速度が落ちることは避けられません。

それに対して、独自の光回線を使用するNURO光やauひかりはユーザーが比較的少ないため、回線混雑が生じる可能性も低くなります。上記の平均速度で比較しても、明らかに速いことが分かりますね。

おすすめNo.1光回線:NURO光

NURO光を提供するのは、プロバイダーSo-netとして知られるソニーネットワークコミュニケーションズです。あのSONYの子会社なので、ブランドとしても申し分ありません。

おすすめポイント

  1. 通信規格G-PON採用により国内最速
  2. 無線LANやセキュリティが永年無料
  3. 訪問設定サポートが初回無料
  4. NURO光でんわがお得
  • NURO光の提供エリア
  • 北海道
  • 関東エリア(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県)
  • 東海エリア(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県)
  • 関西エリア(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県)
  • 九州エリア(福岡県、佐賀県)

①通信規格G-PON採用により国内最速

NURO光は一般向け光回線の中で国内最速なので、小・中規模の店舗には最適なインターネットプランといえます。

国内で唯一NURO光が採用する通信規格G-PON(ジーポン)は、他の光回線の通信規格GE-PONに対して2倍の最大伝送速度を持ちます。そのため、NURO光は他の光回線の2倍となる下り最大速度2Gbpsを実現しているんです。

下記の表からも、時間帯にかかわらず安定した速さを見て取ることができます。つまり、ランチやディナーを提供する飲食店をはじめ、顧客滞在時間が長くなるカフェや深夜営業の居酒屋など、あらゆる業態の店舗に向いています。

NURO光 - 時間帯別の平均速度
時間帯 平均速度(下り) 平均速度(上り)
朝(5:00-8:59) 374Mbps 358Mbps
昼(12:00-12:59) 413Mbps 408Mbps
夕方(16:00-18:59) 417Mbps 412Mbps
夜(20:00-22:59) 388Mbps 388Mbps
深夜(0:00-4:59) 422Mbps 407Mbps

参照:みんなのネット回線速度(2020年10月時点)

②無線LANやセキュリティが永年無料

NURO光の月額基本料には、無線LANレンタル料とセキュリティーサービス「カスペルスキー」が含まれています。

一般的な光回線だと無線LANやセキュリティーは有料オプションで、それらを入れると月額6,000円近くになることも。それに対してNURO光は全て込みで4,743円(税抜)なので、コストパフォーマンスも良いといえるでしょう。

③訪問設定サポートが初回無料

So-net設定サポートといって、インターネット接続設定を代行してくれるサービスがあります。NURO光に申し込むとこのサービスが初回無料なので「インターネットの設定とか難しくて分からない」という人でも安心ですよ。

So-net設定サポートの内容

  • 光ファイバーの接続設定
  • Webブラウザとメールソフトの設定
  • IP電話の設定
  • セキュリティーサービスの設定
  • 無線LANの設定

④NURO光でんわがお得

NURO光の光電話サービス「NURO光でんわ」は、ソフトバンクの光通信網を利用したIP電話です。そのため、ソフトバンクスマホやBBフォン間との通話は24時間無料。

またソフトバンクの「おうち割 光セット」にも対応しているので、ソフトバンクスマホ料金が1台あたり月々500~1,000円割引されます。

下記の通り月額料金や通話料も安いため、コスト節約にも一役買ってくれますよ。

NURO光でんわ - 料金(税抜)
項目 料金
初期費用(工事費) 3,000円
月額基本料 300円(東海・関西・九州)
500円(北海道・関東)
通話料 固定電話へ 7.99円/3分(全国一律)
携帯電話へ ドコモ/au:25円/分(8-23時)20円/分(23-8時)
ソフトバンク:無料

おすすめNo.2光回線:auひかり

KDDIが提供するauひかりは、回線としてNTTフレッツ光に次ぐ2番目のシェア率を誇っています。通信速度もNURO光に次いで速く、店舗の無料WiFiとして十分なパフォーマンスを発揮します。

注目ポイント

  1. 最初の2~3年は大幅割引(So-net)
  2. 光電話の月額料金が5年間無料(戸建て)
  3. auスマートバリュー加入で無線LAN永年無料
  • auひかりの提供エリア
  • 全国(eo光/コミュファ光の提供エリアを除く※)
    ※auひかりはeo光・コミュファ光と提携しています。eo光の提供エリア(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、和歌県、福井県)と、コミュファ光の提供エリア(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、長野県)では該当光回線がおすすめです。

①最初の2~3年は大幅割引(So-net)

auひかりをプロバイダーSo-netで申し込むと、最初の2~3年は割引が適用されて非常にお得になります。なるべく初期投資を抑えたいなら、auひかりは魅力的といえるでしょう。

auひかりSo-netの月額料金(税抜)
  戸建て マンション
割引適用の月額料金 3,480円(3年間) 2,080円(2年間)
割引終了後の月額料金 5,525円(37-60ヵ月目)
4,900円(61ヵ月目以降)
3,800円

※戸建ては「ずっとギガ得プラン」、マンションは「マンションV16プラン」とします。
※上記の月額料金には工事費も含まれています。

②光電話の月額料金が5年間無料(戸建て)

auひかりの戸建て(ホーム)向けプラン限定ですが、光電話サービスの月額料金500円が60ヵ月無料になります。店舗に欠かせない固定電話を月額無料で導入できるのはうれしいですね。

なお、auスマートバリュー適用でauスマホ料金が毎月500~2,000円割引されるのも見逃せません。50歳以上の家族なら、離れて暮らしていても割引対象になります。

③auスマートバリュー加入で無線LAN永年無料

auスマートバリューに加入すると、無線LAN内蔵のホームゲートウェイが永年無料に。ルーターを自分で購入する必要はありません。

無線LANがあれば、来店したお客さんが簡単にWiFi接続できるので便利ですよ。

おすすめNo.3光回線:フレッツ光

いわずと知れたフレッツ光は、日本全国で申し込むことができる最大規模の光回線です。通信速度では上記の2光回線に敵いませんが、サービス内容が魅力となっています。

店舗・オフィス向けのプランも用意されており、キャンペーンなどと併用すると非常にお得です。

注目ポイント

  • 全国エリアカバー率90%以上
  • スムーズ&スピーディーな導入が可能
  • NTTのサポートだから安心
  • クレジットカード決済端末もお得に導入できる(代理店特典)

①全国エリアカバー率90%以上

フレッツ光は、NTT東日本・NTT西日本合わせて全国の人口カバー率90%以上。ほとんどの場合、申し込むことができる光回線といえるでしょう。

上記のNURO光、auひかりが対応していない地域で店舗を開くなら、フレッツ光ネクストまたはフレッツ光系の光コラボが主な選択肢になります。

②スムーズ&スピーディーな導入が可能

通常、光回線に申し込むと回線工事の日程調整や工事実施までに時間がかかり、開通まで2~3ヵ月待たされることも。しかしフレッツ光なら、平均3週間~1ヵ月程度で開通します。

店舗の開店まで時間がない、なるべく早くインターネットが必要という場合、NTTのフレッツ光は頼りになります。電話の問い合わせ窓口も、分からないことなど気軽に相談できるのが助かりますね。

③NTTのサポートだから安心

店舗に導入するだけに、インターネットのトラブル時には迅速に対応してもらいたいもの。フレッツ光のサポート体制は規模・品質ともに優れており、NTTという看板は伊達ではないことが分かります。

④クレジットカード決済端末もお得に導入できる(代理店特典)

NTT東日本NTT西日本の正規代理店でフレッツ光に申し込むと、クレジットカード決済端末を同時手配できます。しかも、初期費用・月額使用料ともに0円で導入可能です。

「お店でクレジットカード決済を取り入れたいけど、どうしたらいいのか分からない」という方は、NTT代理店ベストリンクに問い合わせてみることをおすすめします。

まとめ:店舗別おすすめ光回線はこれ

店舗の種類別おすすめの光回線は以下のようになります。

日中営業のレストラン ⇒ NURO光/auひかり/フレッツ光
カフェ・ファストフード店 ⇒ NURO光/auひかり/フレッツ光
居酒屋 ⇒ NURO光/auひかり
マンション入居の飲食店 ⇒ auひかり/フレッツ光
田舎で営業する店舗 ⇒ フレッツ光

更新日