You are here

プロパンガスの料金が高いと思ったらどうすればいい?

一括見積り
お気軽にお電話ください
受付:月-日10:00-19:00 enepi(エネピ)につながります。

ずっと使用しているプロパンガス(LPガス)、なんだか高いような気がする、引越しで初めてプロパンガスを使用し始めたけれど、以前よりも請求額があがった。プロパンガス代が高いと思ったら実践したい有効な方法をご紹介します。

  • 確かに都市ガスよりも高い、プロパンガス(LPガス)の料金。
  • ガス代が高いと思ったら、まずはプロパンガス事業者を比較・検討してみましょう。
プロパンガスの料金が高い?節約方法を紹介。

戸建てにお住まいの方、LPガス料金払いすぎていませんか? - 簡単フォーム記入でLPガスの一括無料見積もり。料金の比較が簡単にできます。お電話:050-3196-9297でも受け付けています。(注意事項)

プロパンガス料金が高い理由

プロパンガス(LPガス)料金が高いという声はよく聞かれます。プロパンガス代に悩んでいる人は決して少なくありません。それでは、なぜプロパンガスの料金は高いことが多いのか、その理由をまず考えてみましょう。

プロパンガスの料金は自由料金

プロパンガス(LPガス)料金が高い場合

生活に欠かせないガスですが、プロパンガスは高い・・・というお悩みも聞かれます。なぜプロパンガスは高いのでしょうか。

プロパンガスの料金は自由料金制です。つまり、各プロパンガス(LPガス)販売店が自由に料金を設定しています。「ガス」と聞くと、つい規制料金では?と考えがちですが、プロパンガスは昔から自由料金制です。

世の中のあらゆるモノやサービスと同様に、基本的にはプロパンガスも「コスト」と「利益」を考えて料金を設定されるわけですが、最終的な価格を自由に設定できることは確かです。ですから、やたらに高いプロパンガス代を設定しているとガス販売店も存在しうるというわけです。

儲けをなるべく多くと、プロパンガス代を故意に高く設定しているところもあれば、特に何も考えずに高いガス代にしているガス屋さんなど様々な販売店が存在していると考えられますが、運悪くそのような販売店と契約してしまった方は高いプロパンガス(LPガス)代を払わされていることになります。

ガス事業者間で十分な競争がされていない

他にもプロパンガス(LPガス)代が高くなっている理由として、ガス屋さん同士の競争があまりないという点が指摘できます。プロパンガス(LPガス)販売店は、古い体質がまだ残っている部分もあり、他の顧客を取らないといった暗黙のルールから、談合に近いような料金の設定の仕方をしている場合もありえます。

またプロパンガス料金の公表は、義務ではありませんので、ホームページなどで公開をしている人もガス屋さんも少数派です。(小規模のLPガス屋さんですと、そもそもホームページを持っていないことも良くあります。)消費者が気軽に他のお店のプロパンガス(LPガス)代をチェックするといことが難しい状況にあります。

もちろん、LPガス料金は見積もり依頼をすれば教えてもらえます。また見積もりサービスに登録をしており、なるべく料金を透明化していこうというガス屋さんも増えています。今のガス屋さんのプロパンガス料金が高いと思ったら、まずは他のガス屋さんを探して見積もりをもらってみる、そういった行動により外部からの刺激でガス屋さん同士の競争が促されることでしょう。

プロパンガス利用者・消費者側の知識不足

プロパンガスの料金がなかなか下がりにくい理由として、プロパンガス(LPガス)を使用している側の知識・理解不足もあります。例えば、「プロパンガス屋さんが選べる」または「プロパンガスの料金はガス屋さんによって異なり、高いとこもあれば安いところもある。」ということを知らなかったり、「ガスは公共料金。だからどこと契約しても料金は同じ。」といったプロパンガス(LPガス)に関する誤解を持っている人もまだまだいるのです。

このため、「プロパンガス料金がなんだか高い気がすると思っても、他のガス屋さんと比べない。」または「新規でプロパンガスを契約する場合も、一社しか見ずに決めてしまう。」といった消費者も多く、売り手(プロパンガス屋)側が有利に料金の設定ができるという状況に知らずに知らずに貢献してしまっているとも言えます。

戸建てにお住まいの方、LPガス料金払いすぎていませんか? - 簡単フォーム記入でLPガスの一括無料見積もり。料金の比較が簡単にできます。お電話:050-3196-9297でも受け付けています。(注意事項)

プロパンガスは都市ガスよりも料金が高いのか

実際にプロパンガス代と都市ガス代を比べてみます。

プロパンガスは都市ガスよりも高いと良く言われますが、本当なのか調べてみましょう。プロパンガス(LPガス)屋さんは全国にあり、また各お店によって料金は異なりますね。また都市ガスも地方ごとにいくつか分かれており、料金が異なります。このため、数字がバラバラになってしまうので、ここでは関東地方のデータ(プロパンガスは埼玉県、都市ガスは東京ガス)を参考にみることにしましょう。またガスの使用量は20m3と仮定します。

埼玉県のプロパンガス(LPガス)の平均小売価格は、20m3の場合、11,883円(基本料金が含まれています。)であることが分かります。(日本エネルギー経済研究所 石油情報センターより)一方、東京ガス(一般料金)は、20m3の場合は基本料金が745.20円で、1m3あたりのガス代が142.66円のため、20(m3)をかけて、合計で3,598円になります。埼玉県のプロパンガス代は都市ガスよりも3.3倍も高いことが分かりました。

ここでは埼玉県だけを紹介しましたが、全国的にもプロパンガスの方が都市ガスよりも高く、料金差もかなりあると考えられます。

プロパンガス代が都市ガスよりも高い理由

プロパンガス(LPガス)代が都市ガスより高い理由は、人件費や配送費などのコストに依るところが大きいされています。どちらも、料理や給湯で使用されるという点ではまった同じガスですが、プロパンガス(LPガス)と都市ガスの大きな違いとして、その供給方法があり、この点が大きく料金差に影響しています。

都市ガスはガス導管を通ってガスが各契約者の家に直接配られます。プロパンガス(LPガス)の場合は、ガスの充てんされたボンベ(シリンダー)をガス屋さんが各契約者の家を訪問し、交換する形で供給されます。このようにプロパンガスの場合配送の度に、配送費、人件費などの経費がかかります。こういった毎回のコストがプロパンガスの小売価格にも反映されているのです。

もちろん、都市ガスにまったくコストがかかっていないわけではありません。特に都市ガスはそのガス導管を敷くために膨大な初期費用が掛かっています。

プロパンガス料金を安くする方法

プロパンガス(LPガス)料金が高い場合

一般家庭以外にもお店を持っている方も、LPガス代が高い・・・と思ったらガス屋さんの切り替えを考えてみると良いでしょう。

事実、高めのプロパンガス(LPガス)料金ですが、今よりもガス料金を安くする方法はあります。プロパンガス代を安くする具体的で有効な方法を住居タイプ別に見てみましょう。

持ち家に住んでいる場合

持ち家にお住まいの方は、ご自身でガス屋さんを選ぶ、変える、ということが可能です。ですから、各プロパンガス(LPガス)販売店から見積もりをもらい、より安いプロパンガス料金を提供しているところに切り替えるという手段が効果的です。

もちろん、今契約のプロパンガス屋さんに料金の交渉をしてみるというのも一つの方法ですが、他のガス販売店の料金を調べておいても決して損はないでしょう。

以下に該当する方は、安いプロパンガス屋さんを探し、切り替えるのが効果的。

  • 持ち家・一戸建てに住んでいる方
  • 店舗(飲食店、美容院など)を所有している方
  • アパート・マンションのオーナー

戸建てにお住まいの方、LPガス料金払いすぎていませんか? - 簡単フォーム記入でLPガスの一括無料見積もり。料金の比較が簡単にできます。お電話:050-3196-9297でも受け付けています。(注意事項)

アパート・マンションに住んでいる場合

プロパンガス・LPガス代が高いと思ったら?

LPガス代が高い・・・賃貸住宅にお住まいの方は、大家さんや管理会社にガス屋さんに交渉してもらうか、ガス屋さんを変えるように依頼を。

アパート・マンションなど賃貸住宅にお住まいの方は、ガスの契約者は大家さんもしくは管理会社になります。そのため、残念ながらご自身の意思でガス屋さんを変えることができません。

あまりにプロパンガスの料金が高いと感じた場合は、お住まいの地域のプロパンガス(LPガス)の平均小売価格を参考にしてみましょう。平均よりもあまり高い場合は、交渉し、もっと安いガス屋さんへの変更を依頼します。また、交渉前にそもそもプロパンガスの料金表はきちんとお手元にあるか確認しておくことをおすすめします。

直接プロパンガス料金を払っているわけではない管理会社・大家さんにとっては、プロパンガス屋さんを変えることは余計な仕事となるわけですから、まったく取り合ってくれない可能性もあります。同じ建物の入居者がまとまって依頼をすると動いてくれるかもしれません。協力を求めてみると良いでしょう。しかしながら、持ち家に住んでいる人に比べると、賃貸住宅に住んでいる人の方がプロパンガス代を安くするためのハードルが高いことは事実です。

交渉の材料として、自分の地域のプロパンガス(LPガス)の平均小売価格を準備しておく他、可能であれば他のアパート・マンションではどれくらいのプロパンガス料金(基本料金、従量料金)設定なのか可能であれば調査しておくと良いでしょう。

プロパンガスよりオール電気にした方がいい?

プロパンガス(LPガス)がお高めとなると、気になるのがオール電化という選択肢ですね。オール電化は、家庭内のエネルギーをすべて電気で補うというものです。オール電化はプロパンガス(LPガス)よりも必ずお得で、優れているのでしょうか?

まず料金、電気しか使わないわけだから、ガス代がかからなくなってお得と早合点する人がいます。しかし、その分の光熱費が電気に移るわけですから、電気代は増えます。また、必要な設備、環境を整えるために初期費用がかなりかかります。加えて、ご存知の通り、プロパンガスは災害いに強いという特徴があります。オール電化の場合は、電気の供給が止まった時にダメージが大きいと点も指摘できます。

現在のプロパンガス(LPガス)屋さんあまりに高い料金設定で、うんざりしている。他のプロパンガス(LPガス)屋さんから見積もりをもらったりするのももう面倒、そんな方にはオール電化という選択肢もあるでしょう。魅力も多いオール電化ですが、必ずしもパーフェクトというわけではありません。以下にオール電化のメリットとデメリットをご紹介しますので、プロパンガスからオール電化にするか悩んでいる人は参考にしてみてください。

オール電化のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • ガスを使わないためプロパンガス料金の支払いがなくなる :
    料金を電力に一本化できます。(ただし電気代はあがります。)
  • 安全性:
    火を使わないため、炎による火災の危険性が低くなります。(プロパンガスは危険なのか?
  • 室温を上げない:
    夏場はガスコンロを使用している時のような熱気を感じずにすみます。
  • 初期費用が高額である :
    ガスコンロやガス給湯器と比べて、IHクッキングヒーター、エコキュートあるいは電気温水器の方が導入コストが高くつきます。200Vに配電を変える工事も必要です。
  • 現燃料費の影響を直接的に受ける :
    エネルギー源を電力のみに頼っているため、原燃料価格の高騰などにより電気料金が上がる場合、その影響をもろに受けることになります。
  • 停電時は全てが機能不能となる :
    停電が起きたら住宅内の電化製品は一切機能しなくなります。
  • 一度オール電化にするとガス併用に戻すのが難しい

戸建てにお住まいの方、LPガス料金払いすぎていませんか? - 簡単フォーム記入でLPガスの一括無料見積もり。料金の比較が簡単にできます。お電話:050-3196-9297でも受け付けています。(注意事項)

プロパンガスの魅力

プロパンガスには、都市ガスにはない魅力もあります。プロパンガス(LPガス)代は高いことが分かりましたが、悪いことばかりでもありません。まず、導入のための初期費用が安いという点です。都市ガスの場合は、ガス管を分岐、延長させ自宅まで引き込むための工事に結構お金がかかります。プロパンガスは、大がかりな工事がいらない分、初期投資はかなり安めです。

また、プロパンガス(LPガス)には災害時の復旧が速いという大きなメリットがあります。例えば、都市ガスですと、震災の影響でガス管にダメージがあった場合、自宅に異常がなくとも、ガス管が修復されない限りガスが届くことはありません。一方、プロパンガスはそもそも各ご自宅に一定のガスが備わっていますし、仮にガス容器が空になったとしてもガス屋さんがご自宅にプロパンガスを運ぶ環境さえ整っていればガスを供給できるためです。

プロパンガス料金が高いと思ったら? (まとめ)- 消費者が料金比較することが大事

プロパンガス(LPガス)料金が高い場合

選べるLPガス屋さんは一社だけではありません。安くて信頼できる販売店をきちんと選びましょう。

プロパンガス(LPガス)料金が高めに設定されている理由と背景を、紹介しました。自由料金制であるため、異常に高い料金設定をすることも可能であるということも分かりました。ただし、そんな法外な料金設定も、消費者一人一人が、チェックをすることで、「このプロパンガス屋さんは高すぎておかしい。」と発見するが可能です

ですから、我が家のプロパンガス代が高い気がする、と感じている方はすぐに他にガス屋さんへの見積もり依頼という”アクション”をとってみましょう。また、これから新たに家を建てる、戸建てを購入する方で、新規でプロパンガスの申し込みが必要な場合も、1社しか見ないで決めてしまうのは、あまりにガス屋さん側にとって有利です。きちんと比較して選びましょう。

戸建てにお住まいの方、LPガス料金払いすぎていませんか? - 簡単フォーム記入でLPガスの一括無料見積もり。料金の比較が簡単にできます。お電話:050-3196-9297でも受け付けています。(注意事項)

プロパンガス料金の見積もりをとり、比較をしてみるというのは、今のガス屋さんがあまりに高い料金設定をしているのかを見極める一方、努力しプロパンガス料金を下げて提供している頑張るガス屋さんを見つけてあげることにも他なりません。良い出会いを求めて新しいプロパンガス(LPガス)屋さんを探してみてください。

なんだか、条件の厳しいプロパンガス(LPガス)にも感じれますが、プロパンガスの利用者は全国の約4割、プロパンガスの利用者は全国にたくさんいるわけです(都市ガスはだいたい6割)。消費者の方がそれぞれ、厳しく、チェックをしていくことでプロパンガスの料金はより透明化がすすみ、料金も安くなる可能性も増すことが期待できます。

LPガスのお見積もりをご希望のお客様

お引越しでLP(プロパン)ガスの契約が必要、我が家のLPガス料金もしかして高い?と思ったら

LPガス料金の一括見積りサービス(無料)を利用して料金を比較してみませんか?(持ち家・戸建ての方のみ)

信頼できる販売店から簡単に見積もりをとることができます。今より安いLPガス料金がみつかるかもしれません。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

「enepi(エネピ)」のページへ移動します。電話はenepi(エネピ)につながります。「プロパンガス料金見積もりサービスについての注意点」を確認の上、ご利用ください。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。