プロパンガス料金値上げは避けれないの?- プロパンガス料金はどうやって節約すべき?

プロパンガス料金値上げは避けれないの?- プロパンガス料金はどうやって節約すべき?

プロパンガス料金値上げは避けれないの?- プロパンガス料金はどうやって節約すべき?

LPガス(プロパンガス)の料金は定期的に値上げするのものなのでしょうか?LPガス(プロパンガス)の値上げと戦うあなたに読んでほしい情報を集めました。LPガス料金を節約する方法についても考えます。

  • プロパンガス(LPガス)料金の値上げはやむを得ない場合もある!
  • ただし、不当な値上げでないかどうかよく見極めましょう!   
  • 適正な価格でプロパンガス(LPガス)契約するためにも、LPガス(プロパンガス)販売店からきちんと見積りをとり、料金表を確認しましょう。

プロパンガス(LPガス)で不当な値上げがあるのも事実!

プロパンガス料金値上げ・料金は値上がりする?

LPガス(プロパンガス)の料金のしくみについても理解することが大切です。

残念ながら、プロパンガス(LPガス)事業者が突然契約者に急激な値上げを通告してくるというケースが国民生活センターに毎年報告されています。

この数は減少傾向にあるものの、未だゼロでありません。それでは、どうしてこのようなLPガス料金や契約のトラブルが報告されているのでしょうか。

LPガスは自由料金制。LPガス販売店によって料金が異なる。

LPガス(プロパンガス)の料金が自由料金制であることも1つの理由とも考えられます。販売店が自由にLPガス小売り価格を設定できますので、適正価格で販売するLPガス店もあれば、逆に、不当に高いLPガス価格を設定するところ、そして急に値上げをするところもあるというわけです。

LPガス契約時の知識不足も原因かも。

次に消費者のLPガス(プロパンガス)に関する認識不足と勉強不足もあるかもしれません!

というのも、LPガスの料金は確かに自由料金ではありますが、必ずしも契約をするLPガス販売店も自由に選ぶことができるのです。

たくさんあるLPガス(プロパンガス)会社の中から、自分でサービス・価格を比較・検討して選べるということを知っていれば、そのLPガス販売店の価格が適正価格か、値上げが妥当かどうか分かるためです。

知らなければ、1社だけみて決めてしまうこともあるでしょう。中には、LPガスの料金表をもらったことがないという人もいるようです。料金表や契約書はきちんと発行してもらい受け取るようにしましょう。

LPガス料金を比較することが大切!

プロパンガス料金値上げ・料金は値上がりする?

LPガス(プロパンガス)の料金も「競争」が大事!みんなが料金比較すれば、不当な値上げも減るでしょう。

価格が自由に設定できるのは、なにもLPガス(プロパンガス)に限ったことではありません。どんな商品でも価格は自由に設定することができます。ただし、同じ商品であれば、どこのお店で買ってもだいたい値段は一緒です。

というのも皆さんがその商品の料金を比較しているからです。この「価格を比較する」という行為が商品の値段の異常なつり上げを抑えるモニター的な役目を果たしています。

LPガスの料金に関しては、販売店によって料金が異なることを知らなかった、知っていたが実際に複数社の料金と比較せずLPガスの契約を決めてしまった、という方が多いため、競争が生まれず、高いLPガス料金を設定をし続けるLPガス販売店が存在し続けているともいえます。

安すぎるプロパンガス(LPガス)料金にも注意!

プロパンガス料金値上げ・料金は値上がりする?

LPガス料金の値上げ。LPガス(プロパンガス)の料金が安くても契約してすぐに値上げされてしまったら意味がありません。

料金が安いに越したことはありませんが、安すぎるプロパンガス(LPガス)料金にも注意が必要です。

なぜなら、最初にコストを度外視した異常に安いプロパンガス料金を表示して、契約を促し、その数か月後に、その損失を補うために、LPガス料金を急に値上げするという営業方法をとる販売店もあるためです。

最初のガス料金が販売店の利益が出ないほど安すぎた訳ですから、値上げしたことによって、結局は、適正なLPガス料金に調整されたことになるかもしれません。

しかし、急に大幅な値上げをされたら、驚きますし、そんな営業方法で契約をしたかと思うとあまりいい気持ちはしません。そのガス販売店に不信感を抱いてしまうかもしれません。

厳しい人は、「妙に安いプロパンガス(LPガス)料金に簡単に飛びついた消費者が悪い!」と考えるかもしれません。でも、でもそもそもそのLPガス料金が、異常に安いかどうかどうやって見極めればいいのか分からないという場合も考えられます。

このような場合も、全国のLPガスの平均料金を見る、複数のLPガス販売業者から見積り(料金表)をもらって比較する、など少し手間をかければ、すぐに判断することができます。

LPガスの簡単比較一括見積もりサービスなら、手軽に複数のLPガス販売店の見積もりを手に入れられます。持ち家戸建てにお住まいの方、賃貸住宅・店舗オーナーを対象とした無料サービス!ぜひご利用ください。
オンラインで無料見積もり 電話で無料見積もり
電話受付時間:年末年始を除く毎日10-21時 (注意事項

プロパンガス(LPガス)料金の値上げが妥当かどうか判断できるのか?

プロパンガスの値上げの理由ってなんだろう?

プロパンガス料金値上げ・料金は値上がりする?

LPガス料金の卸売価格の構成は?値上げ対策のためにも理解しておきたいポイントです。

仮に、LPガス料金の値上げ理由をそれが納得すべき正当な理由かどうかどうやって判断したらいいのだろうと思いませんか?こんな場合は、プロパンガス(LPガス)の小売価格の構成を理解していると役に立ちます。

LPガスの小売価格の内訳は、輸入価格(産ガス国での価格+輸送料)が18.7%、輸入元売(国内で運賃、基地経費、石油石炭税、利益などを含む)が4.5%、卸売(配送費、その他経費、利益を含む)が13.8%、そして小売(配送費、人件費、その他経費、利益を含む)が63.0%となっています。

小売りというのは、いつでも一番経費のかかる部分ではありますが、LPガスの場合は特に割合が非常に高いことが分かります。(情報元:一般財団法人 エルピーガス振興センター)

もしLPガスの輸入価格が上がれば、卸売り価格も値上げされますので、LPガスの販売会社にとってはコストが上がることになります。今まで同じ利益を確保したいならば、小売価格に反映せざるを得ません。

サウジアラムコ社のCPも1つの目安。

プロパンガス料金値上げ・料金は値上がりする?

世界のLPガスの価格はサウジアラムコ社のPCが大きく影響。LPガス料金の値上げにも関わることもあります。

ただしLPガスの輸入価格が、今月上がっても、そのLPガスが日本に届くまでには時間がかかりますので、輸入価格に連動してすぐに販売価格が上がるようなことはあり得ません。

ちなみにLPガスの輸入価格は、サウジアラビアの石油会社であるサウジアラムコ社が判断して決定した価格(CP)が基準とされています。

ご存知の通り、LPガスの産出国はサウジアラビアだけではありません。ただ、LPガスの最大産出国の国有企業であるサウジアラムコ社の決定する価格が、他国のLPガス料金にも大きく影響を及ぼすため、このCPが基準として採用されているという背景があります。

加えて、LPガス小売段階での経費が大きいことを考えると、LPガス小売会社(販売者)がどれだけ効率よく、合理的にビジネスをしているかも価格にも大きく影響を及ぼすことは言うまでもありません。

LPガス販売店がどれくらい企業努力をしているのか、目に見える形で確認することができないのが難しいですが、輸入価格だけ理由に販売価格をしょっちゅう上げるようなところは、販売店内での「努力」を怠っているのでは?と少し疑いたくなるかもしれません。

結局、値上げは正当かどうか分からないのでは?

我々、消費者が価格構成の情報をすべて手に入れることはできませんので、LPガス(プロパンガス)の値上げが適切がどうか判断するのは難しいでしょう。

ただし、そのプロパンガス(LPガス)が新たに提示してきた価格が他の販売店の価格と比べて高いのか、安いのかを比べることによって、契約を今後続けるべきか否かを判断することはできますね。

なんだか我が家のLPガス料金高い!と感じたら、なるべく多くのLPガス(プロパンガス)販売店から見積り(料金表)をもらい、LPガス料金を比べてみましょう。

わざわざ自分で探して、何社にも連絡をとるのが面倒だな、そんな暇はない、という方は、LPガス料金の一括見積サービスの使用も便利です。

プロパンガス(LPガス)料金の値上げに対する有効な対策方法

さて、LPガス料金の値上げを言い渡されたらどうするべきか、対策方法をずばり解説します。

プロパンガス料金の値上げ対策1.値上げの通知のタイミングは適切かチェック!

現在のLPガスの契約した時の契約書を確認してみましょう。例えば、「値上げの場合は、1か月前に連絡する。」と値上げのタイミングが明記されているでしょうか?

もし1か月前とあるのに、突然料金の値上げを連絡してきた場合は、契約とは異なりますので、そのように申し立てましょう。

LPガス料金の値上げの連絡をいつまでにすべきか契約書に書くことは義務化されていませんが、液石法という法律により、「契約内容や重要事項は分かりやすく明記する」ようにとされていますので、値上げの連絡のタイミングについても触れるのが良心的な販売店といえます。

プロパンガス料金の値上げ対策2.他のLPガス販売店から見積りをとってみよう!

繰り返しになりますが、あなたが今現在支払っているLPガスの料金がどのくらないのか(高いのか、安いのか)は他の販売店との比較をすることで初めてきちんと把握することができます。

見積りをもらうのは無料ですので、値上げを言われたタイミングはもちろんのこと、お引越しのタイミング、世帯人数が増えた場合や、新しくガス関連器具を買い替えた時などは改めていくつかのプロパンガス販売店から見積りをもらってみましょう。 

ガスを今より安く

LPガスが高いかも?と思ったら

他の販売店と比べて、ガス料金の見直しをしてみませんか?
複数の販売店から無料で見積もりを集めてくれる、便利な一括見積もりサービスをご活用ください。持ち家戸建てにお住まいの方、賃貸物件や店舗のオーナーが対象です。
電話受付:年末年始除く毎日10-21時(注意事項

更新日