プロパンガスの容器が空になったらどうすればいい?

プロパンガスの容器が空になったらどうすればいい?

プロパンガスの容器が空になったらどうすればいい?

LPガスの容器(ボンベ)が空になったらどうすればいいでしょうか?急にガスが使えなくなることはないの?ふと気になるプロパンガス(LPガス)にまつわるそんな疑問、クリアにします。

  • プロパンガス(LPガス)が容器にどれくらい残っているかは、容器を外から見ても分かりません。
  • プロパンガスを完全に使い切ってなくなってしまう可能性はとっても低いから大丈夫。 
  • それでも万が一、LPガス(プロパンガス)がなくなってしまったら場合は?

戸建てにお住まいの方、LPガス料金払いすぎていませんか? - 簡単フォーム記入でLPガスの一括無料見積もり。料金の比較が簡単にできます。お電話:050-3196-9297でも受け付けています。(注意事項)

どのくらいLPガスが容器に残っているか知る方法は?

プロパンガスの容器が空になってしまう前に、あとどのくらいガスが残っているか知ることができたら便利ですよね。

LPガス(プロパンガス)は液体にされ容器に入って運ばれてきますので、容器(ボンベ)を振ってみて音がすれば中にガスが入っていると判断できます。しかしながら、LPガス(プロパンガス)は安全対策のため、転倒防止のチェーンなどがかかってきますので、容易に動かすことはできません。また、そもそもプロパンガスの容器を契約者の人(家庭用でも業務用プロパンガスでも)がむやみにいじることもできません。

  • LPガス(プロパンガス)タンクが空になるかも?と気になっても残量を容器の外から知ることはできません。
  • LPガスの容器はむやみにいじってはいけません。

ですから、残念ながら家庭で使用されているLPガス(プロパンガス)がどのくらいボンベ(容器)に残っているかをご自身で確認することはできないのです。

LPガスの容器を触ってはいけない理由

LPガスの容器は、LPガス(プロパンガス)販売店の所有・管理責任となっています。

このため、勝手に容器をいじったことにより何らかの問題が起きた場合、賠償問題になり、ご自身が修理費を払う必要が生じてしまう可能性があります。

一方で、あなたが室内で使用しているLPガスの消費設備(ガスコンロ、給湯設備、ガスヒーターなど)は、ご自身の管理になります。(LPガスの契約の際には、この責任管理範囲を確認し、契約書にも記載のあることを確認しましょう。)

プロパンガス、タンクにどのくらいガスが残っているか調べる方法は?

LPガス容器などのガスの供給設備はLPガス販売店の管理です。LPガス残量が気になっても触ってはいけません。室内にあるガスの消費設備は契約者側の管理です。(出典:LPガス安全委員会HP)

戸建てにお住まいの方、お店のお持ちの方「我が家のLPガス料金が高いかも?」と思ったら…

無料でLPガスの一括見積もりが便利です。簡単フォームに記入するだけ。電話:050-3196-9297でもご相談を受け付けています。(注意事項)

LPガスの一括見積り

LPガス容器内が空にならないためのしくみ

LPガス容器内が空になったら?

LPガスの容器が急に空にならないための仕組みがあります。

LPガス(プロパン)容器内のガスの残りが分からないのであれば、急にガスが切れて使えてなくなることをどのように防ぐのでしょうか?店舗などでLPガスを使用している方には特に気になるポイントかもしれません。

心配しなくても大丈夫。LPガス容器が空になってしまいガスが使えない、ということが起きないように具体的に以下のような対策がとられています。

まず、LPガスの容器はサイズ別にいくつかの種類があり、そのご自宅のサイズや世帯人数を考慮して適当なサイズなLPガス容器が契約の際に導入されています。

加えて、ガスの容器は2本もしくは、4本ずつ、提供されます。これは、1本目が使いわ終わった場合、2本目を使うことができるためです。しかもその間に空になったLPガス容器を新しいものに交換できるためです。このように必ずバックアップのLPガス容器(ボンベ)が用意されていますので、ご安心ください。

しかも最近は、電話回線を使用して、ガスメーターの使用状況を販売店が管理できるような仕組みも増えています。また、LPガスの検針時には、検針員がLPガスの使用量が急に増えていないかなどを確認もしています。

ご自宅のLPガスの容器が空にならない理由

  • ガスの使用量にあったサイズの容器が使用されている。
  • プロパンガス(LP)ガスの容器は2本以上用意されている。
  • ガスメーターがLPガスの使用状況をコンピューター管理している。
  • LPガス(プロパンガス)の検針員がガスの使用状況をその都度確認してくれている。

それでもLPガスの容器が空になったら?

プロパンガスのタンクが空になったらどうすればいい?

LPガス(プロパンガス)の容器が空になった場合は、現在契約しているLPガス販売店に連絡!

それでも万が一、LPガス(プロパンガス)の容器(ボンベ内)が空になった場合は、現在契約しているLPガス販売店に連絡しましょう。

ガス器具を新たに設置し、ガスの使用が急に増えた場合など、まれではありますが、なんらかの理由でガスの使用量が大幅に増えるということもあるでしょう。ガスの容器が空になることもゼロではありません。

現在契約しているLPガス販売店の連絡先はすぐ分かりますか?LPガス販売店のお仕事は、LPガスを供給してくるだけでなく、緊急時の対応や、保安なども含まれます。

すぐに連絡のとれるガス屋さんを利用していればきちんと対応してくれるはずです。

LPガス容器が空になってしまった。」ということが万が一起きても、すぐに対応してくれる信頼できる・安心できるLPガス販売店と契約が肝心です。

ちなみに、LPガス(プロパンガス)販売店は、ご自身の意思で自由に変えることが可能(持ち家・一軒家の場合のみ)です。お住まいのLPガス販売店を探し見積もり(LPガス料金表)をまずはもらいましょう。比較のためにも2社以上からもらうのが理想的です。

  • LPガス販売店は自由に選ぶことができます。
  • 保安、契約、料金のこともきちんと説明してくれるLPガス(プロパンガス)販売店を選びましょ。

現在契約のLPガス販売店の対応が気になるようであれば、契約先を変えることもできます。家を建て替える、家を引っ越すといったイベントがある場合は、LPガス販売店の見直しをしてみるのも良いかもしれませんね。

更新日