電話で電気・ガス切替相談

在宅時間が増えた・・・毎月の電気料金が心配?

電気料金が今より安いプランを探してみましょう。エキスパートにご相談ください。
夏場の電気代を抑えるお手伝いをします。
(セレクトラ・ジャパンコールセンター / 受付時間:9時-13時、14時-18時  ※土日祝日・年末年始は休業)

在宅時間が増えた・・・毎月の電気料金が心配?

電気料金が今より安いプランを探してみましょう。エキスパートにご相談ください。
夏場の電気代を抑えるお手伝いをします。
(セレクトラ・ジャパンコールセンター / 受付時間:9時-13時、14時-18時  ※土日祝日・年末年始は休業)

単相と三相の違いは?三相200Vの電気料金プランは?

単相と三相の違いは?三相200Vの電気料金プランは?
単相と三相の違いは?三相200Vの電気料金プランは?

単相と三相の違い、単相100Vと単相200Vについて、そして三相200Vのことを分かりやすく解説します。業務用エアコンを選ぶ際の基準や、三相200Vの電気料金も紹介しています。

電気における「単相」と「三相」の違い

単相と三相の違いを一言でいうと、一般家庭向けの家電製品に電気を送る方法が単相、業務用の大型電気機器に電気を送る方法が三相となります。

交流電流の時間経過に伴う流れの変化を表す線のことをサインカーブといいますが、このサインカーブが1本なので単相、3本あると三相と呼ばれています。

ここから、単相と三相についてそれぞれ詳しく説明します。

単相の電気について

単相の電圧は100Vと200Vがある

一般家庭で使われている電気は、単相100Vか200Vのどちらかとなります。一般的なコンセントの差込口が2つ穴になっているのは単相100Vで、3つ穴になっていると単相200Vです。

単相200Vは単相3線式といって、芯線が3本(上下の電圧線と真ん中の中性線)通っており、中性線といずれかの電圧線間の電圧が100V、上下の電圧線間の電圧が200Vになります。つまり、単相200Vに対応している建物は電圧が100Vと200Vのどちらも使えるわけです。

それに対して単相100Vは中性線と電圧線が1本ずつしかなく、使える電圧は100Vだけです。200Vの電気機器を使いたいなら、配線工事が必要になります。

最近は、最初から単相200Vに対応している建物が増えています。また、もし建物が単相200Vに対応していなくても、電柱からは単相200Vの電気が来ていることも多いので、簡単な配線工事で使える可能性が高いといえます。

ちなみに、100Vも200Vも電気料金単価は変わりません。使用する電気製品の電気使用効率を考えながら選ぶといいでしょう。

電力の計算式は、電力(ワット)=電圧(ボルト)×電流(アンペア)です。たとえば、500Wの電力を得たい場合は次のようになります。

単相200V・・・200V×2.5A=500W
単相100V・・・100V×5A=500W

このように、同じ電力を得るためには単相200Vが単相100Vの1/2の電流で済みます。

単相100Vと単相200Vの違い
  単相100V 単相200V
方式 単相2線式 単相3線式
電圧 100ボルト 100ボルト/200ボルト
芯線の数 2本 3本
同時に電気が流れる電線の数 2本 2本
コンセントの差込口 2つ穴 3つ穴
主な使用用途 小型の電化製品全般 大型エアコン・衣類乾燥機・オーブン・IHクッキングヒーター

単相 - コンセントに流れる電気は交流

電気には交流と直流がありますが、コンセントに流れるのは交流電気です。

交流電気はプラスとマイナスが交互に入れ替わるため、電流の向きを気にする必要がありません。家電のプラグを2つ穴のコンセントに差し込む際に、向きが関係ないのはこのためです。

プラスとマイナスが1秒間に入れ替わる回数のことを周波数といい、ヘルツ(Hz)という単位で表します。

日本では、東日本(北海道電力東北電力東京電力の管轄エリア)は50ヘルツ、西日本(中部電力北陸電力関西電力四国電力中国電力九州電力沖縄電力の管轄エリア)は60ヘルツの電気が使われています。

いっぽう、プラスとマイナスが固定されていて、電流の向きが一定の電気のことを直流電気といいます。たとえば乾電池は直流なので、機器に乾電池を差し込む向きは決まっています。

三相の電気について

三相 - 単相より少ない電流で大きな電力が得られる

三相も交流の電気で、3本の電線すべてを同時に電気が流れます。そのため、2本の電線を使う単相に比べて、より大きな電力を得ることが可能になります。

三相の電気は電圧が200ボルトなので、三相200Vと呼ばれます。そして、三相200Vの電気を提供するプランのことを動力プラン、または低圧電力プランといいます。

三相は大きな電力を使えるので電気料金も高いのでは?と思われるかもしれません。じつはその逆で、三相の1kWhあたり単価は単相の半額近くも安いんです。

たとえば、東京電力の単相1kWhあたり単価は30.57円(301kWh超過分)ですが、三相は1kWhあたり15.8円(夏季以外)と、まさしく半額になります。

ただし基本料金は単相よりも高くなるので、使用する電気機器の効率を考えながら検討するといいでしょう。

三相 – どのような電気機器に向いている?

三相200Vを使う電気機器は、以下のようなものが挙げられます。

  • 業務用大型エアコン
  • 業務用大型冷蔵庫
  • エレベーター
  • 工作機械
  • 大型モーター
  • ポンプ

これを見ても分かるように、三相200Vは飲食店などの店舗や事務所、工場などで用いられる電気といえます。

ここで気になるのは、そこまで大きくない店舗やオフィスの場合、単相と三相のどちらがお得なのかということでしょう。それは使用する電気機器にもよりけりです。エアコンを例にとって考えてみましょう。

単相エアコンと三相エアコンはどちらを選ぶべきか

店舗でエアコンを使用する場合、以下の点を考慮に入れて単相エアコン・三相エアコンのどちらにするかを検討するといいでしょう。

  • 使用する部屋の面積
  • 業務の内容
  • エアコン設備の初期費用
  • 電気プランの基本料金と電力量料金の違い

基本的に使用する部屋の面積が広ければ広いほど、エアコンも高い能力が求められます。しかし、それだけで単純に判断することはできません。

業務の内容も大事で、たとえばカウンタータイプの飲食店では調理時に発生する熱が客席にも影響するので、より高い冷房能力が必要になります。

またOA機器を多く使用するオフィスも、機器の発熱のことを考えると三相エアコンのほうが効率はいいかもしれません。それに対して、一般商店などは単相エアコンでも十分足りる場合があります。

単相エアコンと三相エアコンの特徴は以下のように異なります。特に注目したいポイントは馬力で、単相エアコンは最大でも3馬力のところ、三相エアコンは最大10馬力に上ります。

単相エアコンと三相エアコンの違い
単相エアコン 比較項目 三相エアコン
少ない 製品の種類数 多い
15~30万円程度 初期費用 15~50万円程度
1.5~3馬力 能力 1.5~10馬力
壁掛け型・天井吊型・天井埋込型・床置型 形状 壁掛け型・天井吊型・天井埋込型・床置型

エアコンの馬力はどれくらい必要?

エアコンの必要馬力は、業種と部屋面積から算出することができます。ここでは、ダイキンエアコンが公表している目安を紹介します。

※下記はあくまで目安です。実際に業務エアコンを導入する際は、メーカーに相談することをおすすめします。

一般商店で使用するエアコンに必要な馬力

一般商店とは、熱発生源が特にない店舗のことをいいます。日用品や洋服、雑貨等を販売するお店がこれにあたります。

店舗の広さとエアコン能力
広さの目安(冷房時) 適したエアコン
能力 単相と三相
17~38㎡ 1.5馬力 単相200V
または
三相200V
20~43㎡ 1.8馬力
22~48㎡ 2馬力
24~53㎡ 2.3馬力
27~60㎡ 2.5馬力
35~76㎡ 3馬力
49~107㎡ 4馬力 三相200V
61~133㎡ 5馬力
70~152㎡ 6馬力

理美容院で使用するエアコンに必要な馬力

理美容院は、業務で使用する機器が熱を持つことが多いため、エアコンの馬力も相対的に高めを選ぶ必要があります。

店舗の広さとエアコン能力
広さの目安(冷房時) 適したエアコン
能力 単相と三相
14~17㎡ 1.5馬力 単相200V
または
三相200V
16~20㎡ 1.8馬力
17~22㎡ 2馬力
19~24㎡ 2.3馬力
22~27㎡ 2.5馬力
28~35㎡ 3馬力
39~49㎡ 4馬力 三相200V
48~61㎡ 5馬力
55~70㎡ 6馬力

飲食店で使用するエアコンに必要な馬力

飲食店の中でも特にカウンタータイプのお店は、調理で発生する熱が部屋にこもることがあります。また、焼肉店やお好み焼き、もんじゃ焼きなど客席で調理するタイプの店舗も、馬力が大きいエアコンを選ぶほうが安心です。

店舗の広さとエアコン能力
広さの目安(冷房時) 適したエアコン
能力 単相と三相
11~21㎡ 1.5馬力 単相200V
または
三相200V
12~24㎡ 1.8馬力
14~26㎡ 2馬力
15~29㎡ 2.3馬力
17~33㎡ 2.5馬力
22~42㎡ 3馬力
39~59㎡ 4馬力 三相200V
38~74㎡ 5馬力
43~84㎡ 6馬力

一般事務所で使用するエアコンに必要な馬力

デスクワーク中心の事務所でOA機器が多い場合は、機器による発熱が室内にこもりやすくなります。それに応じて適切なエアコンを選ぶといいでしょう。

店舗の広さとエアコン能力
広さの目安(冷房時) 適したエアコン
能力 単相と三相
17~38㎡ 1.5馬力 単相200V
または
三相200V
20~43㎡ 1.8馬力
22~48㎡ 2馬力
24~53㎡ 2.3馬力
27~60㎡ 2.5馬力
35~76㎡ 3馬力
49~107㎡ 4馬力 三相200V
61~133㎡ 5馬力
70~152㎡ 6馬力

三相200V対応の電気料金プラン

三相200Vの業務用機器を使用する場合、各電力会社の動力プランまたは低圧電力プランを契約することになります。ここから、三相200V対応の電気料金を紹介していきます。

大手電力会社の三相200Vプラン料金

北海道から沖縄まで、全国の大手電力会社が提供している三相200Vプランの料金は以下の通りです。

大手電力会社 - 動力プラン料金(税込)
電力会社 基本料金
(1kWあたり)
電力量料金(1kWhあたり)
夏季 その他季
北海道電力 1287.00円 17.68円
東北電力 1242.00円 15.66円 14.23円
東京電力 1065.90円 17.37円 15.80円
中部電力 1144.00円 17.04円 15.49円
北陸電力 1166.00円 12.16円 11.10円
関西電力 1078.00円 14.62円 13.13円
中国電力 1111.00円 15.04円 13.75円
四国電力 1096.20円 15.51円 14.09円
九州電力 1012.00円 17.12円 15.43円
沖縄電力 1331.00円 16.01円 14.62円

※「夏季」とは毎年7/1~9/30まで、「その他季」とは毎年10/1~翌6/30までの期間を指します。

Looopでんき – 三相200Vプラン料金

新電力のLooopでんきは、沖縄と離島を除く全国で動力プランを提供しています。Looopでんきの動力プランは基本料金が大手電力会社より安く、電力量料金が高めに設定されています。

Looopでんき - 低圧電力プラン料金(税込)
エリア 基本料金
(1kWあたり)
電力量料金(1kWhあたり)
夏季 その他季
北海道電力 710.00円 23.4円
東北電力 710円 24.40円 22.40円
東京電力 910円 19.8円 17.8円
中部電力 710.00円 22.40円 20.3円
北陸電力 710円 17.3円 15.2円
関西電力 710.00円 17.30円 15.20円
中国電力 710.00円 19.30円 17.3円
四国電力 710円 19.30円 17.30円
九州電力 710円 19.30円 17.30円

※「夏季」とは毎年7/1~9/30まで、「その他季」とは毎年10/1~翌6/30までの期間を指します。

リミックスでんき – 三相200Vプラン料金

新電力のリミックスでんきが提供する三相200Vプランは基本料金・電力量料金が大手電力会社より2%安くなります。大手電力会社より確実に安くなるのが特徴です。

リミックスでんき - 電気代割引プラン(低圧電力)料金(税込)
エリア 基本料金
(1kWあたり)
電力量料金(1kWhあたり)
夏季 その他季
北海道電力 1261.26円 17.32円
東北電力 1239.70円 15.63円 14.21円
東京電力 1099.56 円 17.02円 15.48円
中部電力 1121.12円 16.69円 15.18円
北陸電力 1142.68円 11.91円 10.87円
関西電力 1056.44円 14.32円 12.86円
中国電力 1088.78円 14.73円 13.47円
四国電力 1094.17円 15.48円 14.07円
九州電力 991.76円 16.77円 15.12円

※「夏季」とは毎年7/1~9/30まで、「その他季」とは毎年10/1~翌6/30までの期間を指します。

更新日