You are here

プロパンガス料金の値上げは拒否することはできないの?

一括見積り
お気軽にお電話ください
受付:月-日10:00-19:00 enepi(エネピ)につながります。

「プロパンガス(LPガス)料金の値上げの連絡があった・・・。」そもそもプロパンガスの値上げは拒否できないのでしょうか?LPガス(プロパンガス)の値上げと戦うあなたのために具体的な対策についてご紹介します。

  • プロパンガス(LPガス)料金の値上げはやむを得ない場合もある。
  • ただし、不当な値上げでないかどうかよく見極めましょう。 
  • 適正な価格でプロパンガス(LPガス)契約するためにも、LPガス(プロパンガス)販売店からきちんと見積りをとり、料金表を確認しましょう。
プロパンガスの料金の値上げ。拒否できるのか。

戸建てにお住まいの方LPガス料金払いすぎていませんか?簡単フォーム記入でLPガス一括無料見積もり。電話でもOK:050-3196-9297(無料相談)までお気軽にお電話ください。(注意事項)

プロパンガスの値上げは拒否できるのか?

プロパンガスの値上げに対して拒否することはできるのでしょうか?値上げに対して拒否することはできますが、拒否することで同じプロパンガス料金を引き続き提供してくれるかどうかは、別問題です。値上げに対して拒否をした結果、プロパンガスの供給を停止されるという最悪の結果になるということもゼロではありません。

事前の連絡なしのプロパンガスの値上げは大きな問題です。 プロパンガス料金の値上げは、一ヵ月前には契約者に連絡をすることが決められています。契約者に対して”プロパンガス料金の見直し”期間を設けるためです。また、値上げ理由も伝えることになっています。事前に料金の値上げについて連絡のないプロパンガス販売店は問題があると言えます。「いつのまにかプロパンガス料金の値上げをされていた・・・。」そんな場合は、今後契約を続けるべきがどうか検討してみた方が良いでしょう。

プロパンガスの値上げにはまず交渉しよう。

プロパンガスの料金の値上げ。拒否できるのか。

LPガス(プロパンガス)の値上げ。正しい知識を身につけ、交渉するようにしましょう。

来月から値上げをするとLPガス会社から連絡が来た・・・。」そんな場合は、拒否ではなく、まず交渉をしてみましょう。プロパンガス(LPガス)の料金は少なくとも交渉可能です。なぜなら、プロパンガス(LPガス)の料金は”公共料金”ではなく自由料金制であるためです。

自由料金制である、ということはつまり、各プロパンガス販売店がそれぞれの責任で料金を設定しているということです。”自由”と言っても、もちろん通常は「コスト」と「利益」のバランスを考えて小売価格を設定しています。

しかしながら、プロパンガス料金の場合は、最終的に値上げをするもしないも決定権は、各プロパンガス(LPガス)販売店にあります。ですから、交渉の余地があるわけです。一方、公共料金の場合は、最終的な値上げは政府が許可をしているものですから、これを交渉・拒否することはできません。

プロパンガス料金の値上げに対して交渉をするならば、プロパンガス料金についてしっかりと理解しておくことが大切です。プロパンガス料金の正しい知識があれば、LPガス会社との交渉に有利です。ここでは、そのために必要な知識を確認していきます。

交渉の前に、プロパンガスの料金の内訳を知ろう。

プロパンガス(LPガス)の料金の内訳は、「基本料金」と「従量料金」で構成されています。「基本料金」は1契約につき毎月いくら、という設定で、ガスの使用量とは関係なく必ず払わなければならない料金です。そして「従量料金」は1m3あたりいくら、と設定がされています。「従量料金」は、その月に使ったガスの使用量にこの1m3あたりで料金をかけて計算をします。

プロパンガス料金を確認するときは、必ずこの「基本料金」と「従量料金」の両方の単価をよく確認をしましょう。合計金額だけ見てはいけません。

正しいプロパンガス料金の比べ方

プロパンガス料金の値上げ交渉のためにも、明細でまずは現在のプロパンガスの「基本料金」と「従量料金」を確認しましょう。(出典:エルピーガス振興センター)

プロパンガス販売店からの契約書も確認

プロパンガス(LPガス)の値上げに関して、どのように契約書に記載されているかも、値上げの交渉の際に重要な役割を果たしてくれるでしょう。

液石法第14条という法律により、プロパンガス(LPガス)業者は契約内容をお客様に分かりやすく説明した書面(契約書)を提供する義務が定められています。契約書を探したけれど見つからない、という場合は再発行してもらいましょう。

お手元の契約書の中から、値上げに関する項目を探してください。契約書に記載のある内容と、実際の値上げの項目に関して祖語がある場合は、きちんと確認し、値上げに対して交渉をしましょう。

プロパンガスの値上げが妥当か判断する方法はないの?

プロパンガスの料金の値上げ。拒否できるのか。

家計へのダメージが気になるLPガス料金の値上げ。。そもそも、その値上げ理由は本当なの?

プロパンガス料金の値上げ。どうしてもやむを得ない理由の場合もありますが、逆にそうでない不当な妥当で値上げも存在するでしょう。

値上げが妥当なものなのか不当なものなのか、ある程度判断できるような知識があれば、プロパンガスの値上げへの交渉をする際にも非常に有利ですね。

LPガス料金の小売価格の構成を知ろう。 - 値上げの理由ってなんだろう?

LPガス料金小売価格の構成が分かっていれば、値上げ理由によっては、有利に交渉をすすめることができるはずです。

LPガスの小売価格の内訳は、輸入価格(産ガス国での価格+タンカー輸送料)が13.5%、輸入元売(国内で運賃、基地経費、石油石炭税、利益などを含む)が2.5%、卸売(人件費、配送費、その他経費、利益を含む)が20.7%、そして小売(配送費、人件費、保安経費、その他経費、利益を含む)が63.3%となっています。

プロパンガスの小売価格の構成をこのように見てみると、「小売」に一番経費がかかっていることが分かります。(一般財団法人 エルピーガス振興センターの資料より)輸入価格の高騰がプロパンガスの値上げ理由にとしてよく登場しますが、小売価格の構成の中で、輸入価格や輸入元売価格の占める割合は低めですね。ですから、仮に値上げがあったとしても、どこまで最終的な消費者への小売価格に影響が出るはずなのか見極める必要がありますね。

 

値上げ理由が「輸入価格の高騰」なら。サウジアラムコ社のCPも1つの目安。

プロパンガスの料金の値上げ。拒否できるのか。

世界のプロパンガス(LPガス)の価格はサウジアラムコ社のCPが大きく影響。LPガス料金の値上げにも関わることもありえます。

プロパンガス(LPガス)の輸入価格が上がれば、玉突き的にプロパンガスの小売り価格の値上げが必要になる場合もあるでしょう。特にLPガスの輸出国の政情によって、料金が大幅に変わることもあるでしょう。

サウジアラムコ社(サウジアラビアの石油会社)の決定した価格(CP)を検索してみることで、プロパンガス(LPガス)の輸入価格の変化を知ることが可能です。ご存知の通り、LPガスの原料の産出国はサウジアラビアだけではありません。しかしながら、LPガスの最大産出国の国有企業であるサウジアラムコ社の決定する価格が、他国のLPガス料金にも大きく影響を及ぼすため、このCPが基準として採用されています。このため、サウジアラムコ社のCPが多くの場合参考にされています。

LPガスの輸入価格が、今月上がっても、そのLPガスが日本に届くまでには時間がかかりますので、輸入価格に連動してすぐに販売価格が上がるようなことはあり得ません。もしも、プロパンガス料金の値上げの理由が「輸入価格の高騰」と謳っているならば、それが事実か否かは、サウジアラムコ社のCPを参考に判断し、対値上げ交渉をしてみてください。

プロパンガス料金の相場を調べてみよう。- 他社から見積もりをもらうのが確実

プロパンガス小売価格の構成を見ると、小売段階での経費が非常に大きいことが分かりましたね。これを考えると、LPガス小売会社(販売者)がどれだけ効率よく、合理的にビジネスをしているかも価格にも大きく影響を与えていることが容易に想像がつきます。

販売店がどれくらい効率化等の企業努力をしているのか、目に見える形で確認することができません。努力を重ねた上での止む得ないLPガス(プロパンガス)の値上げなのかどうかは判断するのは難しいでしょう。しかしながら、輸入価格だけ理由にプロパンガスの販売価格をしょっちゅう上げるようなところは、販売店内での「努力」を怠っているのでは?と疑いたくなりますね。

こんな場合は他のLPガス(プロパンガス)販売店から見積り(料金表)をもらい、LPガス料金を比べてみると良いでしょう。お住まいの地域のプロパンガスの相場に関して情報を得ることができます。また、プロパンガスの平均料金も、参考にする程度なら非常に便利な情報です。他のプロパンガス会社はこんなに安かった。」「この地域の平均価格はいくらくらいだからその金額まで値下げして欲しい。」と具体的に他の価格と比較する事でプロパンガス会社も交渉に応じてくれるようになります。

持ち家戸建てにお住まいの方、プロパンガスの値上げ ・・・他社の料金も調べてみませんか?

簡単なフォーム記入するだけで無料でLPガスの一括見積もりができます。電話受付:050-3196-9297(無料相談)までお気軽にお電話ください。(注意事項)

1m3 あたりのプロパンガスの料金 

プロパンガス料金の交渉がうまくいかなかった場合は?

プロパンガス料金値上げ・拒否できる?

値上げばかりするプロパンガス販売店ばかりじゃない。もっと良いパートナーが見つかるかも。

ここまで、プロパンガス料金の値上げにまず交渉をとご説明し、また交渉のための材料についても紹介しました。しかしながら、LPガス会社が料金交渉に応じてくれるわけではありません。プロパンガス料金の値下げを交渉がうまくいかなかったという場合もあるでしょう。

そんな場合は、プロパンガス販売店の切り替えを検討してみましょう。持ち家で一軒家の方、もしくは自分の店舗をお持ちの方であれば、ご自身で自由にプロパンガス販売店を選ぶ、変更するということが可能です。そのような判断のための猶予を消費者側に持たせるためにもプロパンガス料金の値上げは1か月前に連絡することが決められているのです。

(マンション・アパートなどにお住まいの場合は、ご自身でプロパンガスの契約先を変えることはできません。プロパンガスの値上げがあった場合は、大家さんや管理会社の許可が必要ですので相談してみてください。)

他のプロパンガス販売店の料金を調べよう

交渉に頑として応じてもらえないのであれば、より安いプロパンガス料金を提示してくれるガス会社に乗り換えるのが最も手っ取り早くプロパンガス料金を下げる方法になります。もちろん、もっと安いプロパンガス料金を設定しているところをまずは探さないといけないですね。

そのためには、各ガス販売店に見積もりをもらって比較をするのが一番です。p>プロパンガス(LPガス)の見積もりをとる方法は簡単です。お住まいの地域でプロパンガスを販売している会社をインターネットなどで探し、そこに連絡をして見積りや料金表ををもらいます。まれにですがホームページでLPガス料金を公表している販売店もありますのでまずはお近くのプロパンガス販売会社を探してみましょう。

プロパンガス料金は比較をすることがとても大切です。

プロパンガスの料金の値上げ。拒否できるのか。

LPガス(プロパンガス)の料金も「競争」が大事!みんなが料金比較すれば、不当な値上げも減るでしょう。

プロパンガスの値上げがあっても、それをすぐに合意をせずに、他のガス販売店と料金を比べることは、プロパンガス業界全体の競争を促すという意味でも従量です。

値上げの連絡をしても、契約者が簡単に受け入れてしまうようであれば、プロパンガス(LP)ガス販売店にとってはその後の値上げもし易いというものです。しかしながら、消費者それぞれが、きちんと交渉する、または他社への切り替えを積極的に行うという行動に移すことが増えればガス販売店側も、そうそう簡単には値上げをすることもなくなるでしょう。

ガス料金が安すぎるところは注意が必要です。

プロパンガス料金の見積もりをとってみて、だいぶ今より料金が安いようであれば嬉しいですね。プロパンガス料金が安いに越したことはありませんが、安すぎるプロパンガス(LPガス)料金にも注意が必要です。

なぜなら、最初にコストを度外視した異常に安いプロパンガス料金を表示して、契約を促し、その数か月後に、その損失を補うために、LPガス料金を急に値上げするという営業方法をとる販売店もあるためです。

最初のガス料金が販売店の利益が出ないほど安すぎた訳ですから、値上げしたことによって、結局は、適正なLPガス料金に調整されたことになるかもしれません。しかし、急に大幅な値上げをされたら、驚きますし、そんな営業方法で契約をしたかと思うとあまりいい気持ちはしません。そのガス販売店に不信感を抱いてしまうかもしれません。

そもそもその提示されたLPガス料金が、異常に安いかどうかどうかは、全国のLPガスの平均料金を見る、複数のLPガス販売業者から見積り(料金表)をもらって比較する、など少し手間をかければ、すぐに判断することができます。

LPガスのお見積もりをご希望のお客様

お引越しでLP(プロパン)ガスの契約が必要、我が家のLPガス料金もしかして高い?と思ったら

LPガス料金の一括見積りサービス(無料)を利用して料金を比較してみませんか?(持ち家・戸建ての方のみ)

信頼できる販売店から簡単に見積もりをとることができます。今より安いLPガス料金がみつかるかもしれません。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

「enepi(エネピ)」のページへ移動します。電話はenepi(エネピ)につながります。「プロパンガス料金見積もりサービスについての注意点」を確認の上、ご利用ください。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。