You are here

店舗・業務用のプロパンガス料金 - 見積もりをとる

一括見積り
お気軽にお電話ください
受付:月-日10:00-19:00 enepi(エネピ)につながります。

LPガス(プロパンガス)は、一般家庭用と同様に、店舗(飲食店、美容院など)でも幅広く使用がされています。これからお店を開く方も老舗の方にも参考にしていただきたい、LPガス(プロパンガス)の見積もりの取り方に関するアドバイスをご紹介します。

法人向けプロパンガス・店舗(飲食店、美容院、エステ店)・見積もりの取り方
  • プロパンガス(LPガス)の料金は、契約するガス販売店によって異なります。
  • 業務用でプロパンガスを契約する場合もいくつか複数の販売店から見積もりをもらいましょう。
  • プロパンガス料金が高いと思ったら、法人向けプロパンガスの料金を下げるために、まず複数の会社から見積もりをもらってみましょう。

戸建てにお住まいの方LPガス料金払いすぎていませんか?簡単フォーム記入でLPガス一括無料見積もり!電話でもOK:050-3196-9297(無料相談)までお気軽にお電話ください!(注意事項)

プロパンガス料金は販売店によって差がある

法人向けプロパンガス・店舗(飲食店、美容院、エステ店)・見積もりの取り方

うちの店、どうやってLPガスの契約したっけ・・・?見積もりはもらったかな?

すでにご存じの方も多いと思いますが、プロパンガスの料金は自由料金制です。仕入れ値やその他コスト、さらに利益を計算して各ガス販売業者が最終的な小売り価格を決定しています。

しかしながら、「LPガスの料金は公共料金もしくは規制価格。どこと契約してもLPガス料金は同じ。」と思っている一般家庭の方や店舗オナーの方がまだいるようです。それを逆手にとって、適正価格より高いLPガス料金を設定しているような販売店もゼロではありません。

LPガス料金の高い販売店、安い販売店、いろいろ存在するわけです。ラーメン店、うどん・そば店、寿司屋、洋食店、居酒屋店、美容院、エステ店など業務用のLPガスの料金に関しても同様です。カフェでも居酒屋でも、床屋でも商売をされるかたにとっては、コスト削減はいつでも気になるポイントです。

もしこれからお店を開く場合も、ずっと商売をしてきているけど、LPガス(プロパンガス)料金を見直したいという方はぜひ、このプロパンガスの見積もりの取り方を参考にしてくださいね!

プロパンガス販売店は自由に選べる

プロパンガス(LPガス)料金は、自由料金制ですが、LPガスを使用する人も自由に販売店を選ぶことができます。これから、店舗を開く人は、いくつかある販売店を必ず比べて契約するLPガス販売店を選ぶようにしてください。

すでにプロパンガス(LPガス)の契約をしているオーナーの方もも、改めて見積りをとって、販売会社を切り替えるということも可能です。

実際に他のプロパンガス販売店に契約を切り替えるならば、現在契約のプロパンガスを解約しなければなりませんね。その際必ず、現在契約のガス販売店との契約書の中身、特に「契約解除・精算」のポイントをよく確認しましょう。

解約料金がかかる場合もありますが、契約書に記載のない、手数料や解約金は支払う必要はありません。

ちなみに、契約解除を依頼されたプロパンガス販売店は液石法という法律により、原則1週間以内でガスの供給設備を撤去することになっています。

現在契約のプロパンガス販売店以外の人間によるガス供給施設の撤去はトラブルの元です。必ず、現在の販売店の担当者に設備を取り外してもらいましょう。

解約時に上記のポイントをチェックさえすれば切り替えはプロパンガス販売店の切り替えは問題なく行えます。

プロパンガス会社から見積りを取る方法とポイント

「プロパンガスの料金は販売店によって異なる」、「LPガスを契約する販売店は選べる」の2点を確認しました。続いてプロパンガス(LPガス)の販売店から見積りをとる方法とポイントについてご紹介します。

プロパンガス(LPガス)の見積りをとる方法は決して複雑ではありません。お住まいの地域でプロパンガスを販売している会社を探し、見積り(料金表)依頼をするだけです。

あとは内容を確認して、お好みのプロパンガス販売店と契約します。ただし、見積り内容(料金表)を正しく確認するにもポイントがあります。以下に代表的なものをあげます。

プロパンガス(LPガス)の見積り内容のチェックポイント!

プロパンガスの見積り・ポイント1:どんな料金プランなの?内訳は?

お店のオーナー・プロパンガス料金の見積りをとる

プロパンガス料金の見積りをもらったら、内容を確認して選びます。数社比較することがポイントです。

プロパンガス(LPガス)の料金プランにはいくつかあります。どんなプランなのかよく理解しましょう。

プロパン(LPガス)の料金は、基本的に「基本料金」と「従量料金」で成り立っています。「基本料金」は、ガスの使用量に関わらずかかる毎月払う料金で、「従量料金」はLPガスの使用量(m3)によって料金が加算される料金です。

どちらもきちんと見積もり(LPガスの料金表)に記載されているべき項目なので必ずチェックしましょう。

プロパンガスの見積り・ポイント2:LPガスの値上げに関する情報は?

LPガス料金の値上げの連絡をいつまでにすべきか契約書に書くことは義務化されていません。しかしながら、液石法という法律により、「契約内容や重要事項は分かりやすく明記する」ようにと推奨されています。

このため、値上げの連絡のタイミングについても触れている、具体的には、「LPガス料金を値上げしなければならい場合は、1か月前に連絡する。」等の注意書きをしてくれていれば、良心的な販売店と判断することができるでしょう。

プロパンガスの見積り・ポイント3:解約条件は?

解約の条件もお忘れなく。契約期間を満了せず、解約をする場合、解約料金がかかる場合があります。

プロパンガスの契約を解約する場合、解約料金がかかるのか?また、その条件はどのようなものなのか忘れずにチェックしましょう。

プロパンガスの見積り・ポイント4:ガス設備の所有関係

これは、使用しているLPガス設備にトラブルや故障があったときに誰の責任になるかという問題にかかわりますので、念のために確認しておきましょう。

大抵の場合、室外にあるもの、つまり、LPガス(プロパンガス)の容器とガスメーター、そしてガス容器とガスメーターをつなぐ供給管はLPガス(プロパンガス)販売店側の所有になっています。

LPガス販売会社の所有であるこれらの設備を契約者が勝手にいじって破損が生じた場合は、契約者に修理代が課されることになることがお分かりいただけると思います。

プロパンガスの見積り・ポイント5:支払方法や担当者や連絡先は明確?

支払い方法は、ご自分の好みの方法で支払いができるかどうかの確認もお忘れなく。

さらに、そのLPガス販売店の担当者が誰で、すぐに連絡のつく電話番号が明記されているかどうかももちろん超重要ポイントです。

プロパンガス料金は「比べる」がポイント

ラーメン屋さんでも、洋食屋さんでも、美容院でも、皆さんの店舗に来てくださるお客さんが”厳しく”、他のお店とも比較することにより、励みとなり、時にはプレッシャーともなり、結果的にサービス、品質、そして料金が”みがかれる”という側面もあると思います。

LPガスの料金も同様です。LPガス業界は他業界に比べると、閉鎖的な傾向が高く、不当な料金設定をするようなところも存在し、今現在もゼロとはいえません。 やはり、一般家庭の方も業務用でLPガスを使用する方も、1社だけではなく、複数の販売店を比較するというひと手間を怠らないことが、LPガス(プロパンガス)においても重要だといえるでしょう。 ロパンガス(LPガス)の見積りは、各ガスの販売店に連絡をして見積り依頼をし、比較するだけで良いので決して複雑ではありません。

ただし、自分の住んでいるエリアを担当しているプロパンガス販売店を探す、電話などで連絡して、見積り依頼をする、見積り(LPガス料金表)を受け取るという一連の作業は結構手間で、時間がかかるかもしれません。

こうなるとやはり結構めんどうくさい!そんな場合は、無料のLPガス(プロパンガス)の見積り一括サービスを併用してみるのも一つの方法です。

最大のメリットは、一度の作業で複数のLPガス(プロパンガス)の見積りを「無料で」手に入れることが出来る点にあります。もちろん、切り替えの義務はありません。LPガス(プロパンガス)の見積り一括サービスを利用して受け取った見積りから契約したい会社がもしあれば契約の手続きにすすめばOKです。

現在のLPガス代を少し節約したいな、もうちょっと安くならないかな?と思っている方は、まずは見積りをもらいましょう。セレクトラでも、LPガスの見積もりの相談を受け付けています。ぜひご利用ください!

LPガスのお見積もりをご希望のお客様

お引越しでLP(プロパン)ガスの契約が必要、我が家のLPガス料金もしかして高い?と思ったら

LPガス料金の一括見積りサービス(無料)を利用して料金を比較してみませんか?(持ち家・戸建ての方のみ)

信頼できる販売店から簡単に見積もりをとることができます。今より安いLPガス料金がみつかるかもしれません。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

「enepi(エネピ)」のページへ移動します。電話はenepi(エネピ)につながります。「プロパンガス料金見積もりサービスについての注意点」を確認の上、ご利用ください。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。