You are here

プロパンガス料金 - 2018年 適正価格はいくら?

一括見積り
お気軽にお電話ください
受付:月-日10:00-19:00 enepi(エネピ)につながります。

プロパンガス(LPガス)料金は、毎年変動します。LPガスの輸入価格や、為替の影響も受けます。LPガスの小売価格の適正価格(2018年)はいくらと判断すればよいのでしょうか?プロパンガス料金のしくみを見ながら、適正価格でプロパンガス(LPガス)を契約する方法を考えます。

  • プロパンガス料金の仕組みを紐解きながらプロパンガス(LPガス)の価格・相場(2018年)について考えます。
  • プロパンガス料金は様々な要素によって変動します。なるべく安くプロパンガスを契約するには?
プロパンガス料金 - 2018年 適正価格はいくら?

戸建ての持家にお住まいの方 - LPガス料金払いすぎていませんか?
簡単フォーム記入でLPガス一括無料見積もり。電話でもOK:050-3196-9297(無料相談)までお気軽にお電話ください。(注意事項)

プロパンガスの小売価格を左右するものは?

プロパンガス料金 - 2018年 適正価格はいくら?

LPガス販売店は、一軒一軒ガス容器を配送しなければならいので、経費もかかる。(最近は軽く、見た目もかわいらしいガス容器が増えています。)

プロパンガス(LPガス)の料金は、毎年変化しています。どうして料金は変わるのでしょうか?どのような理由で我々の支払うプロパンガス(LPガス)の料金に変化が生じるかは、プロパンガス(LPガス)の小売価格の構成要素をみると理解することができます。LPガスが各家庭に届けれらるまでの流れとともに価格の変化について追ってみましょう。

日本にはガスの資源はわずかしからありません。ですから、日本のLPガスの輸入業者が産ガス国からLPガスをまず購入しなければなりませんね。日本国内で使われるLPガスは約75%が海外から輸入されたものです。この時点での料金が「輸入価格」(産ガス国での価格+タンカー輸送料や保険料)になります。続いて、輸入されたLPガスについては石油ガス税が義務付けられていますから、税金の分がプラスされます。さらにLPガスは各地の基地にて保管されますから、そこでかかる運賃や保安経費もかかりますね。

続いて、LPガスは卸売り業者に販売され、続いて、各LPガス小売店へ販売されます。この間には、人権費、配送費、管理費といった経費がかかります。そして最終的に消費者が支払う小売価格となるわけです。小売価格の経費にも同じく配送費や人件費、また保安経費やガスメーターの経費などが含まれます。

 

このように見ると小売価格でかかる経費が大きいことが分かります。一方、もちろんLPガスの輸入価格が上がったり、または円安など為替の影響により輸入元売価格が高くなることもあります。また逆もしかりです。これらの要素が影響しあい、最終的なプロパンガス(LPガス)の小売り価格が決定されます。そして場合によっては、LPガスの値上げが行われたりします。

プロパンガス小売価格の移り変わり

プロパンガスの小売り価格の変化を見てみましょう。為替の影響をここではいったん無視して円での小売り価格だけを見てみると、2014年をピークに料金にはあまり大きな変化が見えないことが分かります。

ちなみに、以下の価格は東京都のプロパンガスの10m3の場合の小売価格です。プロパンガスの料金は地域によっても差があります。

小売価格(家庭)- 東京
円/10m3 為替レート(円/$)
2013 6712 96.52
2014 7039 105.26
2015 6423 120.77
2016 6928 89.77
2017 6928 112.48

出典:石油情報センター

プロパンガス料金は販売店によって異なる。

プロパンガス料金 - 2018年 適正価格はいくら?

2018年プロパンガス料金の適正価格は?ガスの新規契約や乗り換えに役立つ正しい知識を紹介します。

プロパンガス料金は、ガソリンや灯油のように自由料金制です。各プロパンガス販売店が自分たちの責任と裁量によって小売価格を決定してます。ですから、販売店によってプロパンガスの料金はもちろん異なります。一般的には、消費者までの運送経費がどれくらいかかるのか、またその契約者の使用量(使用が多いほどLPガス・1m3あたりの料金は下がります。)加えて、当然、各ガス販売店がどの程度価格に対して努力をしているかにもよります。

最終的なLPガスの小売価格は、その地域においてプロパンガス販売店どうしの十分な競争があるか否かも大きく関わっています。全く同業者間の競争がない地域ならば、独占的な価格設定をすることも可能ですから、プロパンガス料金は高くなることが想像できます。一方、競争がかなり活発な地域であれば、各社がなるべく安いプロパンガス料金を設定するでしょう。

戸建ての持家にお住まいの方 - LPガス料金払いすぎていませんか?
簡単フォーム記入でLPガス一括無料見積もり。電話でもOK:050-3196-9297(無料相談)までお気軽にお電話ください。(注意事項)

どうやってなるべく安いプロパンガスを探すべきか?

皆さんのプロパンガスの契約、本当はもっと安くなるにも関わらず、かなり高い価格で契約をしてしまっているという可能性もあります。理由としては、プロパンガスは料金の公開の義務がないため、誰でも簡単に料金のチェックができるわけではないことがあげられます。すでに現在LPガスを利用されている方の中でも、料金を複数社比べてから最終的な契約を決めた、という人は少数派ではないでしょうか。

他にも、プロパンガス料金に対する消費者側の理解・認識不足も指摘できます。続いて、プロパンガス料金に関する正しい知識を身に着けながら、誤解があれば誤解を解きながらなるべく安いプロパンガスを契約するにはどうすれば良いのかみて行きます。

残念ながら、アパート・マンションにお住まいの方は自分でプロパンガスの契約先を決めることができませんので、料金に関する相談は大家さんや管理会社にまずはあたってみる必要があります。

プロパンガス販売店は自由に選べることを再認識

持ち家、一軒家にお住まいの方は自由にプロパンガスの契約先を選ぶことが可能です。日本全国、どこの地域でも同様です。この点をよく理解し、プロパンガスの契約先を探す場合は、色々なところを探すようにしましょう。

人から勧められたところをすぐ契約してしまう、飛込み営業で来たプロパンガス屋さんとそのまま契約してしまうということは避けるべきです。

プロパンガス料金の内訳・検針票をよく理解

また今支払っているプロパンガスの料金がどのように計算されているかよく理解をしておく必要があります。

プロパンガスの料金は、「基本料金」と「従量料金」で構成されています。「基本料金」部分はLPガスを使っても使わなくても毎月必ずかかる料金です。「従量料金」部分は、プロパンガス1m3あたりにかかる料金で、5m3を使用した場合、10m3の場合、20m3の場合、50m3の場合などのように、使用量によって料金が分けられています。

プロパンガスの料金構成
基本料金
  1. ガスを供給するための設備費(容器・ガスメーターなど)
  2. 保安や検針・配送にかかる費用
従量料金
  1. ガスの使用量1m3あたりに対してかかる料金
  2. 「○○円/1m3」表示方法になっている
  3. 使用量によって1m3あたりの料金は変わる

実際に各項目の料金設定がどのようになっているかは、検針票(明細)に記載がありますから、そちらをチェックしましょう。また、まったく料金の内訳が分からないような場合はルール違反です。模範的なプロパンガス販売店とはいえません。よく問い合わせて説明をもとめましょう。

正しいプロパンガス料金の比べ方

明細で、プロパンガスの「基本料金」と「従量料金」を確認しましょう。(出典:エルピーガス振興センター)

なるべくいろいろなプロパンガス販売店を探して比べる

プロパンガス業者間の競争を促す目的としても、なるべく安いプロパンガス販売店を探すという目的のためにも、なるべく多くのプロパンガス販売店を探して見積もりをもらうということはとても重要です。

一般的に、LP(プロパン)ガス販売店に見積もりをもらって比べる方法は、以下のようです。

  1. お住まいの地域でプロパンガスを販売している会社を探します。LPガス屋さんのホームページ上の料金を比較出来たら簡単なのですが、多くのプロパンガス販売店はホームページがないもしくは料金を公開していません。
  2. プロパンガス販売店を複数ピックアップできたら、プロパンガス料金の見積りをそれぞれの会社からもらいます。
  3. 条件をしっかり見比べてから、希望のプロパンガス会社と契約を結んだり今の会社と交渉するようにしましょう。

プロパンガス料金 - 適正価格(2018年)はいくら?

冒頭のプロパンガス(LPガス)価格の変動を見てみても、今後料金があがるという傾向は特に見受けられません。2018年のプロパンガスの適正価格としては、大きな値上げもなくだいたい横ばいが続くことが想像できます。

しかしながら、プロパンガス(LPガス)の料金が販売店によって異なるという事実を考えると、さらに料金が安くならないか、もしくは実は今払いすぎていないか、一度料金の見直しをしてみるのも得策です。

正式なプロパンガス料金の適正価格は存在しない。

実は正式なプロパンガス料金の適正価格(2018)と言うものは実は存在しません。「プロパンガスの料金はこれぐらいが妥当である。」と独自の数値をウェブサイトに掲載している団体や会社もありますが、公的なものではありません。本当にその通りの料金が

プロパンガスの料金は、配送費などによって料金も左右されますから、お住まいの地域を含め様々な条件を加味した上での、現実的な「適正料金」というものを一律で設定するのは無理だということが想像できるでしょう。

それでは、私達はどのようにして自分の契約しているプロパンガスの料金が適正であるかどうかを判断すれば良いのでしょうか?

戸建ての持家にお住まいの方 - LPガス料金払いすぎていませんか?簡単フォーム記入でLPガス一括無料見積もり。電話でもOK:050-3196-9297(無料相談)までお気軽にお電話ください。(注意事項)

プロパンガスの平均価格は便利なデータ

プロパンガス料金 - 2017年 適正価格はいくら?

2018年のプロパンガスの適正価格の目安となるLPガスの平均料金をチェックしてみよう。

自分の契約しているプロパンガスの料金が適正であるかどうか、また払いすぎていなかいを判断するためには、現状は全国のプロパンガス(LPガス)の平均価格を知るのがベストです。

全国のプロパンガスの平均料金は、経産省の外郭団体である一般財団法人日本エネルギー経済研究所・石油情報センターが調査をして、ホームページで情報を提供しています。この全国のプロパンガスの平均価格プロパンガスの適正価格の目安と考えてご自分の料金と比較するのが、現実的でしょう。

平均より高い場合は?

平均よりも高いようであれば、一度プロパンガス料金の見直しをすることをおすすめします。LPガスの見積もりをもうらだけならば、完全に無料ですから、他社に価格の問い合わせをしてみると良いでしょう。

平均よりも低い場合?

平均よりもご自身の支払っているプロパンガス料金が低くても、もっと安くなる可能性は皆無ではありません。「プロパンガスの平均小売価格」なのですから、もっと安い料金で契約している人も存在しているということです。

このような方も、一度プロパンガス料金の見直しをしてみる価値は大いにありますよ。

LPガスのお見積もりをご希望のお客様

お引越しでLP(プロパン)ガスの契約が必要、我が家のLPガス料金もしかして高い?と思ったら

LPガス料金の一括見積りサービス(無料)を利用して料金を比較してみませんか?(持ち家・戸建ての方のみ)

信頼できる販売店から簡単に見積もりをとることができます。今より安いLPガス料金がみつかるかもしれません。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

「enepi(エネピ)」のページへ移動します。電話はenepi(エネピ)につながります。「プロパンガス料金見積もりサービスについての注意点」を確認の上、ご利用ください。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。