インターネット

皆さんが普段毎日使っているインターネット。インターネット回線の種類、インターネットの歴史、インターネット料金のしくみまで幅広く解説。インターネットの基礎知識が学べます。

インターネット

今より安いインターネットは?お引越しで新しいインターネット契約が必要?
ご相談フォームに必要事項を記入していただければ、ベストなインターネットプランをご提案!
電話でも受け付けています!:050-3196-9639(相談無料)までお気軽にお電話ください。

インターネット回線の種類

インターネット回線には、いくつか種類があります。今契約できるインターネット回線の種類をその特徴別に一覧にしました。

まず、ケーブル接続が必要な固定回線タイプインターネットとして光回線とADSLがあげられます。光回線は光ファイバーケーブル、ADSLは電話線を使用するという違いがあるものの有線であるという点が共通しています。

続いて、有線タイプに対して、工事が不要で無線でできるインターネットがあります。以下の一覧では回線名ではなくサービス名を記載していますが、SoftBank Air(ソフトバンク提供)であればターミナルと呼ばれる機器をコンセントにさせば、WiMAX(ワイマックス)であれば、専用のルーターを置けばワイヤレスでインターネットができます。

このようにインターネットの形態によって種類が分かれます。インターネット契約が必要な場合は特徴を理解して選ぶと良いでしょう。

戸建てにおすすめのインターネット回線は? - インターネット回線の種類
回線の種類 特徴

有線
(固定)

光回線
  • 光回線のケーブルを引く工事が必要。
  • 一般的に最も通信速度の早いのが光回線。
  • 固定回線では、契約件数の最も多いのが光回線。
ADSL
  • 既存の電話回線の線を使用するため、新たにケーブルを引く必要はない。
  • 月額料金が光回線より安く設定されている。
  • 契約件数は減少傾向。マイナー感あり。
無線 固定 SoftBank Air
  • 専用の機器を購入/レンタルし、コンセントに差し込めばすぐ使える。
  • 宅内専用、ワイヤレスインターネット可能。
  • 持ち運びはできない。(外出先では使えない。)
モバイル WiMAX
(ワイマックス)
  • 専用のWiMAXルーターを購入/レンタルする。
  • 家でもネットができる上、ルーターをもっていけば外出先や旅行先でもネット可能。

インターネット契約とそのしくみ

インターネット契約のしくみを確認してみましょう。契約のしくみも契約するインターネット回線によって種類が異なります。

光回線の契約のしくみ

インターネット

光回線の登場により、インターネットのスピードがぐっと速くなりました。

光回線の場合は、「光回線の契約(フレッツ光)」と「プロバイダー契約」を別々に行うか、両方をセットで契約するかを選ぶことができます。

以前は、「フレッツ光(光回線)契約とプロバイダー契約を別々に契約するしか方法がありませんでしたが、2015年よりNTT(NTT東日本・NTT西日本)によるフレッツ光のプロバイダーへの卸売りがスタートされたため、プロバイダー事業者がフレッツ光と光回線をセットで販売できるようになったため、契約者は1社と契約すれば済むようになりました。

このように、「フレッツ光」と「プロバイダー契約」をセットで販売されている光回線契約を「光コラボレーション(光コラボ)」といいます。

光コラボで契約する場合

契約したいプロバイダー事業者を選び契約手続きを行います。

どこのプロバイダーと契約をしても、使用している光回線はNTTのフレッツ光になります。初めて光回線を導入する場合は光ファイバーケーブルを引いてもらう必要がありますので、光コラボで契約先がプロバイダーであっても、敷設工事に来る人はNTTの作業です。

今現在、すでにフレッツ光を契約している人が、光コラボを契約する場合は「転用」で光コラボを申し込むことができます。すでにフレッツ光はご自宅に導入されていますので、工事は必要ありません。

光コラボ以前の方法 - 「フレッツ光」と「プロバイダー契約」を別々に行う

昔ながらの方法、フレッツ光とプロバイダー契約を別々に行うこともできます。

「So-net光 with フレッツS」や「ONC光 フレッツ」という名称のついているプランは、文字通り回線サービスのフレッツ光とプロバイダーサービスの「So-net」や「OCN」を組み合わせたものです。

別々に契約をする場合でも、プロバイダー経由での契約が可能です。プロバイダーの月額使用料とフレッツ光利用料を合わせた額を毎月のインターネットの月額使用料として支払います。

このように契約をすると、回線料金とプロバイダー料金を別々に払い、契約条件なども2つ存在することになりますので、ややこしい側面があります。これから光回線する場合は「光コラボ」プランの方が契約した方が分りやすいでしょう。

ADSLの契約のしくみ

ADSLは電話回線を利用したインターネットです。ご自宅に電話回線がすでにある場合は、NTT局内の工事のみですぐにインターネットが開始できます。

電話回線のない場合は、新たに電話線を引くなどの手間がかかりますので、これから初めてインターネットを契約する場合、「光回線」もしくはWiMAX(ワイマックス)SoftBank Airのような工事が不要な「無線回線インターネット」を契約した方が実務的といえます。

現在、NTTによるADSL(フレッツ・ADSL)の新規契約の受付を終了しており、ADSLの契約ができるのは、ソフトバンク(Yahoo! ADSL)だけになっています。他のプロバイダーもADSLの契約を受け付けていますが、同じYahoo! ADSLを代理店として契約を受け付けているのが現状です。

今はADSLから光回線への契約変更がすすんでおり、ADSLの市場シェアもピークと比べると随分落ちてしまいましたが、新規契約は上記の通りソフトバンクで可能です。以前からADSLを使っており特に問題を感じていない人や、あまりネットをしない人で少しでも安いプランを探しているという方は、ADSLを利用しています。

無線回線の契約のしくみ

無線回線としては、ソフトバンク提供のSoftBank AirとUQコミニュケーションズ(KDDI)の提供するWiMAX(ワイマックス)があげられます。

SoftBank Airはコンセントタイプの固定のインターネットです。工事がいらないものの、自宅でのみインターネットができるという点において光回線やADSLとは似ています。一方、WiMAX(ワイマックス)は、専用のWiMAXルーターを持ち運べば、自宅でも外出先でもインターネットができるため、モバイル回線とも呼ばれます。

SoftBank AirもWiMAXもそれぞれサービス提供元のソフトバンク、UQコミニュケーションズに直接契約できる他、代理店契約でも契約が可能です。

auでも、auスマートポートと呼ばれる無線回線を提供していますが、これはUQコミニュケーションズの提供するWiMAX(ワイマックス)と全く同じものです。

インターネットの歴史

インターネットは、グローバルには1960年代にスタートしました。世界共通の仕組みとして整備されたのは、1980年代後半です。

日本で普及したのは、1990年代です。Windowsの登場にも重なりますね。

パソコン通信インターネットの前は、日本ではパソコン通信というサービスがインターネット代わりに使われていました。パソコン通信はダイヤルアップ接続で通信しますが、専用ソフトを用いる必要があり、また、会社ごとの特定のサーバーとそこの会員の間のみでのネットワークだった事もあり、インターネットの登場と共に衰退していきました。

インターネットの初期時は、パソコン通信と同じく、一般電話回線を利用した、ダイヤルアップ接続でした。ダイヤルアップはADSLと同じく電話回線を使いますが、ADSLのように常時接続ではなく、インターネットにつなぐたびに電話番号にダイヤルするような仕組みです。この時代は、ネットのスピードも遅く、通信できる量にも限界がありました。

ブロードバンドと呼ばれる、大容量の情報を高速で送信できるようになるのは、ADSLの登場からです。日本で商用のADSLが登場したのは、1999年です。ADSLの登場によりインターネットがさらに身近に快適に使いやすいものになりました。誰もがインターネットに常時アクセスできる時代の幕開けです。

ちなみに初めて商用のADSLが販売された場所は、意外にも東京ではなく、長野県です。その後ADSLは全国に広がりました。

そして2003年に、光回線のサービスがスタートしました。光回線の契約件数はあっという間に増え、2008年にはついてにADSLの契約件数を上回りました。

光回線サービスといえば、光ファイバーケーブルを敷設したNTT東日本/NTT西日本の提供する「フレッツ光」が現在も大きなシェアを持っていますが、他にも独自の光回線を使用したインターネット契約を提供する企業(auひかりeo光ネットNURO光)など複数存在しています。

日本政府とインターネット

インターネット

今やプライベートでも仕事でもインターネットは必要不可欠な存在です。

政府の中では、総務省がインターネットにまつわる事業を担当しています。

2008年には、「インターネット政策懇談会」が立ち上げられ、ユーザー、ISP、コンテンツプロバイダーなど、様々な視点でインターネットの健全な発展のための政策を検討がなされています。

インターネット業界・事業者

インターネット業界では、どのような事業者・会社がサービス・業務を行っているのでしょうか?

基本的には、インターネットの契約では、「回線事業者」、実際のインターネットへのアクセスサービスを提供してくれる「プロバイダー(インターネット接続事業者)」、そして携帯電話・スマートフォン向けに通信事業を行う、「携帯電話の事業者」とタイプの違う事業者がインターネット業界に携わっていました。

しかしながら、携帯電話で無線でインターネットを利用するのが日常となった現在、それらの垣根がなくなりつつあり、我々が実際にインターネットの契約をする限りにあっては、表立った違いは分からなくなってきています。

ちなみに、回線事業出身の企業としては、元公営企業で光回線(フレッツ光)の大部分を持っているのNTT(日本電信電話株式会社)、国際電話をかつて独占していたKDDI株式会社(auひかり)があります。

インターネットプロバイダーは多数存在しており、パソコン通信の時代からインターネット業界でサービスを提供していたニフティ(@nifty)BIGLOBE(ビッグローブ)So-net(ソネット)やなどがあります。NTT系のプロバイダーとしては、OCNやぷららも有名です。

これら以外には、もともと通信系の企業ではではなかったにも関わらず今や通信事業の三大勢力の一つになったSoftBank(ソフトバンク)や、関西電力系で電気販売も手がけるケイ・オプティコム(eo光ネット)など様々存在します。