【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
オクトパスエナジー

実質再エネ100%!オクトパスエナジー

オクトパスエナジーは、非化石証書の利用により、実質再エネ100%の電気を供給しています。料金プランに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

オクトパスエナジーの申込

実質再エネ100%!オクトパスエナジー

オクトパスエナジーは、非化石証書の利用により、実質再エネ100%の電気を供給しています。料金プランに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

オクトパスエナジー

実質再エネ100%!オクトパスエナジー

オクトパスエナジーは、非化石証書の利用により、実質再エネ100%の電気を供給しています。公式サイトで詳細をご覧ください。申し込みも24時間受付中です。

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

オクトパスエナジー

実質再エネ100%!オクトパスエナジー

オクトパスエナジーは、非化石証書の利用により、実質再エネ100%の電気を供給しています。公式サイトで詳細をご覧ください。申し込みも24時間受付中です。今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

再生可能エネルギーとは?定義・種類・メリットデメリットを解説

再生可能エネルギーとは「利用しても自然に補充される」「枯渇することのない」「自然に常に存在するエネルギー」のことです。太陽光や風力などがその代表例です。再生エネルギ―の普及は人類レベルで重要な課題とされていますが、一方で日本特有の地理的条件によって普及があまり進んでいない現状もあります。

再生可能エネルギーとは何?

再生可能エネルギ―の定義

再生可能エネルギーとは、火力発電で使われる石油・石炭・天然ガスといった有限な自然資源とは異なり、

  • 利用しても自然に補充され、
  • 枯渇することのない、
  • 自然に常に存在するエネルギー

のことです。

再生可能エネルギ―の種類

どのような自然資源を再生可能エネルギーとして扱うかは、国や地域、法令等によって異なります。主に以下のようなエネルギーが再生可能エネルギーとして扱われることが多くあります。

主な再生可能エネルギー

 太陽光(クリックして詳細)

太陽電池を用いて、太陽光を電気に変える発電方法。シリコン半導体等に光が当たると電気が発生する現象を利用しています。

 風力(クリックして詳細)

風力エネルギ―を利用して風車(風力タービン)を回すことで電気を作ります。

 バイオマス(クリックして詳細)

バイオマスとは、動物などの生物から作り出される物質のうち、化石資源を取り除いたものです(トウモロコシから作られた自動車燃料「バイオエタノール」や、間伐材や生ごみなど)。

バイオマス発電では、

  • バイオマス燃料を直接燃焼してタービンを回し、電気エネルギーを取り出す
    あるいは
  • バイオマス燃料を発酵し、そこから発生したメタンガスでタービン等を回して電気を取り出す

という方法が取られています。

 水力(クリックして詳細)

高いところにためた水を低いところに落とすときに生じる位置エネルギーを利用して電気エネルギーに変える発電方法のことです。

 地熱(クリックして詳細)

地下のマグマなどによって熱せられた高温の水や水蒸気の力を利用してタービンを回し、電力を取り出す発電方法です。太陽光や風力発電とは違い、天候や時期に左右されず安定して発電できることが大きなメリットです。

再生可能エネルギーのメリット・デメリットは?

再生可能エネルギーを広めていくことは、人類全体の課題として大変な重要性を持つものだとされています。
一方で、主に日本特有の地理的な条件など、日本における再生可能エネルギーの普及を難しくする要因もあります。

再生可能エネルギーのメリット・重要性は?

エネルギー資源を巡る国家間の紛争を減らせる可能性がある

再生可能エネルギーは、化石燃料などの産出国が限られた資源に比べて広範に存在していると考えられています。そのため、再生可能エネルギーの利用を促進することで、世界のエネルギー供給システムがさらに分散化され、エネルギー問題をめぐる大規模な国際紛争を減らすことができると期待されています。

環境汚染の改善

火力発電では化石燃料を燃やして発電する際に大気汚染等を促進してしまう可能性があります。再生可能エネルギーの普及を進めることで、環境汚染を改善し、世界の公衆衛生を向上させ、医療コストを削減できるのではないかと期待されています。

これらのようなメリット・期待から、世界的には再生可能エネルギー普及の流れが強まっています。地球規模での平和や人々の健康レベルの向上が期待されており、いわば人類レベルの課題だとも言えます。

そうした世界的な潮流の一方で、日本ではそれほど再エネ普及が進んでいるとは言い難い現状があります。発電電力量に占める再エネ比率は主要国と比べて低い傾向があるのです。
それは以下のような日本独特のデメリット・困難等も関係しています。

再生可能エネルギーのデメリット・困難は?

主に日本の地理的条件の問題と関係したデメリットが多くあります。

日本の地形が独特なため、再生可能エネルギー発電の導入が難しい

日本の土地はおよそ70%が山地で占められており、諸外国と比べて特殊な地理条件を有しています。

日本と外国の山地割合の違い
国ごとの山地割合の違い。日本はフランス等と比べて高地面積(オレンジ部分)が圧倒的に多いことが分かります。

国土技術研究センターのHPより引用

このような平野部がとりわけ少ない地理条件だと、再生可能エネルギー発電を行う際、欧米の技術をそのまま導入できず、日本の地形等に合わせた特殊な技術開発が必要となることもあります。

エネルギー密度が低い

再生可能エネルギーはエネルギー密度(※)が低いため、発電に際して多くの面積を必要とします。

例えば、堺太陽光発電所と堺港発電所(火力発電所)を比較すると、堺太陽光発電所は堺港発電所より2倍の面積を有するのに対し、発電電力量は1300分の1しかありません。つまり、単位面積あたりの発電電力量は2600分の1しかないことになります。

※単位面積当たりでどのくらい発電できるかを表します。

(少なくとも日本では)再生可能エネルギーのコストがまだまだ高い

日本では、再生可能エネルギーの発電コストが国際基準と比べてまだ高い状況にあります。
例えば、太陽光発電システムの費用を見てみると、日本の場合欧米諸国と比べて約2倍ものコストがかかるのです。

非住宅向け太陽光発電システムの費用は日本が欧米よりも2倍近く高い
太陽光発電システムは欧米よりも2倍近く高い

資源エネルギー庁公式サイトより引用

 なぜ日本ではコストの低減が難しい?

様々な原因が絡み合っているため一概には言えません。

ただ、日本でのコスト低下が難しい主な理由のひとつとして、自然条件が大きく違うことがあります(太陽光発電に必要な「日照量」風力発電の発電量を左右する「風況」など)。
例えば、風力発電を例にとると、ヨーロッパの場合は偏西風が安定的に吹くため安定して発電することができます。一方、日本の場合は安定的に風が吹くのは海沿いの一部のみだとされており、風力発電に適した土地は少ないといえます。

天候に左右されるため、安定供給が困難

太陽光や風力などの再エネ発電は天候に大きく左右されるという弱点があります。

こうしたデメリットに対して、陸続きになっているヨーロッパであれば、となりの国と送電線を使って電気を融通し合うことができます。電気が余ったときは隣国に譲り、足りないときには余剰分の電気をもらうことが可能なのです。
一方、土地が南北に長い島国である日本では、そうした方法で再エネ供給量をコントロールすることができません。

再生可能エネルギーを利用した電力プランはある?

オクトパスエナジーなど、非化石証書を利用した実質再生可能エネルギー100%のプランを提供している電力会社もあります。

オクトパスエナジー

実質再エネ100%!イギリス生まれのオクトパスエナジー

オクトパスエナジー
  • 全世界で約720万件もの供給実績
  • 東京ガスとの共同経営
  • 実質再エネ100%の電気を安価で供給

実質再エネ100%!イギリス生まれのオクトパスエナジー

オクトパスエナジー
  • 全世界で約720万件もの供給実績
  • 東京ガスとの共同経営
  • 実質再エネ100%の電気を安価で供給

 

参考文献

FIT(フィット)電気ってなに?FIT制度(固定価格買取制度)ってなに?詳しく解説!
FIT(フィット)電気ってなに?FIT制度(固定価格買取制度)ってなに?詳しく解説!
再生可能エネルギー -

FIT(フィット)電気ってなに?FIT制度(固定価格買取制度)ってなに?詳しく解説!

「FIT(フィット)制度とかFIT電気っていうけど、再生可能エネルギーと何が違うの?」という疑問をお持ちの方もいるでしょう。この記事では、FIT電気について分かりやすく1から解説します。FIT制度の仕組みや再生可能エネルギーについても理解できますよ。