電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

 

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?

最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

 


営業時間・ご利用方法についてはこちら

再生可能エネルギー

Looopでんきの申し込み

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[Looopでんき]

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得

環境問題への意識が高まり、電力自由化で電気事業者間の競争が増す中で、頻繁に目にするようになった「再生可能エネルギー」という言葉。その定義とはなんでしょう?

自然エネルギー

自然エネルギー(再生可能エネルギー)とは?

自然エネルギーとは,風力や太陽光、バイオマス(生物資源)などの自然界に常に存在するもので作られたエネルギーですが、正式名称は再生可能エネルギーです。文字通り、一度利用しても比較的短期間に再生が可能であるエネルギーの事です。
石油や石炭などの化石燃料による発電は、発電するときに地球温暖化の原因となるCO2(二酸化炭素)が発生しますが、自然エネルギーによる発電は、発電するときに基本的にCO2を発生しません。地球温暖化防止のためにも、再生可能エネルギーによる発電は世界中で注目されています。

また、自然エネルギー再生可能であるため、環境への負荷も小さくすることができます。

環境省では「グリーン電力証書システム」というこれらグリーンな電気が持つ「環境価値」を「証書」化して取引することで、再生可能エネルギーの普及・拡大を応援する仕組みも作っています。
出典:環境省

グリーン電力証書システム「グリーン電力証書システム」とは、グリーン電力の環境付加価値を、証書発行事業者が第三者機関(グリーンエネルギー認証センター)の認証を得て、「グリーン電力証書」という形で取引する仕組みです。グリーン電力証書を購入する企業・自治体などが支払う費用は、証書発行事業者を通じて発電設備の維持・拡大などに利用されます。2000年11月から開始され、取引量はその後徐々に増加、2007年以降に急激な伸びを見せ、2009年には2億kWhを超えています。当初グリーン電力を支えていた主な電力は風力発電によるものでしたが、バイオマス発電が登場したのちはバイオマス発電が主力となっています。

「Fit電気」とは?

Fit電気とは、固定価格買い取り制度(FIT=Feed-in Tariff 制度)によって交付金を受けた再生可能エネルギー源による電気を指します。

固定価格買い取り制度は、エネルギーの買い取り価格を法律で定める方式の助成制度で、日本では2012年から施行されています。「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づき、電気事業者に、太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギー源によって発電された電気を、一定期間、国が定めた固定価格で買い取ることを義務付けている「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がそれです。この買い取りに要した費用は、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」として、各需要家の電気料金に組み込まれているので、ご存じの方も多いでしょう。

Fit電気とはしたがって、みなさんが電気料金の一部として支払っている再生可能エネルギー発電促進賦課金によって買い取られた電気なのです。
表示方法も、下記のように定められています。

電源構成の表示義務

小売電気事業者に義務づけられるFIT電気の表示例。出典:資源エネルギー庁

自然エネルギー(再生可能エネルギー)を提供している電力会社

電力小売り自由化によって、私たちは電力会社もしくはその料金プランを選べるようになりました。今のご時世、家庭の出費をなるべく抑えたいと思っている家庭はたくさんあるはずですよね。そのため、1円でも安い電気料金プランをみつけて乗り換えたいと思うのはごく一般的な消費者の考えでしょう。一方で、特に福島の原発事故の経験により、原発によって作られた電気は避けたい、と思っている人も多いのではないでしょうか。さらに一歩踏み込んで、脱原発はもちろん、地球温暖化を懸念し、二酸化炭素の排出のないクリーンな電気のみを選びたいと思う人も少数ではないかもしれません。

もしそのような環境に優しい自然エネルギーを選びたいと思った場合、注目にすべきは電源構成です。電源構成とは、その電力会社がどのようにして発電しているかを示したものです。電力会社による電源構成の開示は残念ながら義務づけられていません。義務ではないにも関わらず、電源構成を明らかにして、自然エネルギーか否かをはっきりと明示している電力会社もあります。自然エネルギー(再生可能エネルギー)を提供している電力会社には、電源構成を明記している場合が多いです。

2016年6月現在、電源構成の確認可能な自然エネルギーを提供している,もしくは提供予定の電力会社を一覧にまとめました。是非とも、環境に優しい電力会社を選びたい!と思っている方は以下の電力会社の料金プランをチェックしてみてください。

自然エネルギーを提供している電力会社一覧

また、電力会社ごとの具体的な自然エネルギー(再生可能エネルギー)の比率を知りたい方は、「自然エネルギー(Fit電気、再生可能エネルギー)の比率が高い電力会社はどこ?」の記事もぜひチェックしてみてくださいね!

更新日