電話で電気・ガス切替相談

在宅時間が増えた・・・毎月の電気料金が心配?

電気料金が今より安いプランを探してみましょう。エキスパートにご相談ください。
夏場の電気代を抑えるお手伝いをします。
(セレクトラ・ジャパンコールセンター / 受付時間:9時-13時、14時-18時  ※土日祝日・年末年始は休業)

在宅時間が増えた・・・毎月の電気料金が心配?

電気料金が今より安いプランを探してみましょう。エキスパートにご相談ください。
夏場の電気代を抑えるお手伝いをします。
(セレクトラ・ジャパンコールセンター / 受付時間:9時-13時、14時-18時  ※土日祝日・年末年始は休業)

カーボンオフセットとは - 間接的に二酸化炭素(CO2)の排出を減らすこと

カーボンオフセットとは
カーボンオフセットとは?

カーボンオフセットとは、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスを削減する1つの手段です。カーボンオフセットでは、他の国、地域で行われるCO2の排出を抑えるプログラムを通し、自分の排出する二酸化炭素の量を間接的に相殺し(オフセットする)削減することを目的としています。国レベルでは、排出削減の目標値が設定されており、カーボンオフセットを1つの手段として目標達成を目指すことが京都議定書で決定されています。一方、カーボンオフセットは、このような国際的に取り組みを必要とする義務としての側面もありますが、個人が自発的に行うという動きも出てきています。よって、カーボンオフセットは、国家的な主題であるとともに、個人でも実行可能なものなのです。

カーボンオフセットってなに?

世界中のどの国においても、個人から企業まで、あらゆる活動には二酸化炭素(CO2)の排出が伴います。暖房などを使って部屋を暖める、食事をする、何らかの機械を使用する、移動する・・・すべて二酸化炭素を空気中に排出することなく行われることはありません。

環境のために取り組むべきこと

Argent

カーボンオフセットとは、自分自身の排出したCO2の量を、温室効果ガスの削減につながるプロジェクトに投資することで、相殺する(埋め合わす)ことを指します。なるべくCO2の排出量が減るように努力をしても、どうしてもコントロールできない分の埋め合わせを他の人にお願いする、と理解してもよいでしょう。

量の差はあるものの、CO2の排出はどこかの一地域で起こっている特別な現象ではありません。いまや、世界中、CO2の排出と無関係の場所などありません。CO2に代表されるような温室効果ガスは、地球温暖化の1つの原因と考えられています。このため、地球上のどこで、二酸化炭素の排出を削減する、もしくはカーボンオフセットという形で間接的に貢献しようとも、それはこれ以上の地球温暖化の深刻化にブレーキをかけることに多いに貢献することができるのです。

消費スタイルを変えて、二酸化炭素の削減へ

カーボンオフセットを行う前に、自身の消費のスタイルを顧みて、まずは今よりも二酸化炭素の排出を減らす努力をするべきであるのは言うまでもありません。実際の生活で無駄使い、無駄な消費により環境に悪影響を与える一方で、カーボンオフセットを行う、というのはもちろん道理にあいません。

二酸化炭素の排出を減らす第一歩として、まずは身の回りの環境について意識し、行動や消費スタイルを変えるということが可能でしょう。自動車での移動はなるべく乗り合いで、数キロ程度の距離ならば自転車にのる、例えばこのようなことも有効です。もし、どうしても長距離の移動が必要な場合は、可能な限り電車にする、飛行機の場合はカーボンオフセットプログラムのある航空会社を選ぶといった選択肢もあります。

さらに肉食を控え、なるべく植物性のプロテインを取るようにするという方法もあります。もちろん、地産地消を心掛ける、季節の野菜や果物を選ぶといったことも有効です。

シンプルで健康的な生活を心掛けることで、家庭における出費も抑えることができるかもしれません。

どうしてカーボンオフセットしなければならないのか?

Argent

工業的、かつ消費社会となった今世界においては、一人ひとりの行動が地球上のエコシステムに大きなダメージを与えてきました。もはやそのダメージが顕在化、深刻化してきた昨今、より環境を意識した行動に移行することが必要不可欠となっています。

環境のためには、ゴミの分別、リサイクル、節電、地産地消などなど、できることはたくさんあります。しかしながら、完全にCO2の排出を無くすということは、消費スタイルを変えるだけだけでは実現不可能です。

このため、カーボンオフセットは、現在進行形である地球温暖化をどうにか食い止めるために有効な手段の1つなのです。リソース不足により自分の力だけでは対応できない場合でも、第三者の提供するプロジェクトやプログラムを通して温室効果ガスと”戦う”ことができるのです。

カーボンニュートラル(排出ゼロ)のためにはどのようにカーボンオフセットすべき?

CO2のオフセット(カーボンオフセット)とは、気温上昇に対抗するため、またのそのために必要なカーボンニュートラル(排出ゼロ)を行うための非常に具体性の高い手段と考えれています。

「カーボンニュートラル」とは?

2015年のパリ協定(気候変動)における肝といえば、「カーボンニュートラル」、この点にあるといえるでしょう。カーボンニュートラルとは、排出した二酸化炭素と吸収する二酸化炭素をニュートラルにする、つまりプラスマイナスしてゼロにすることを意意味します。派生的に、カーボンネガティブ(カーボンマイナス)やカーボンポジティブという言葉も利用されます。前者は、排出するCO2が上回る場合をさし、後者は、吸収量が排出を上回ることを指します

我々の与える環境へのダメージを最小限にするためにも、二酸化炭素の排出自体を減らしていくことは重要でありますが、加えて、排出量と削減量を理解してきちんと排出量を相殺していくことも大切です。個人、企業関わらず、どのくらいCO2を排出しているのかを理解することはカーボンオフセットのためのはじめの一歩になります。

カーボンオフセットのために第三者機関・公共機関を利用しよう

Argent

CO2の排出量を減らすために、できることはたくさんありますが、それだけでカーボンニュートラルを実現のはほぼ不可能です。そんな場合は、他の機関・団体に力を借りるという方法があります。カーボンオフセットの専門機関から、非営利団体など、カーボンオフセットのために利用できる団体はたくさん存在します。ただし、こういった団体の提供するプロジェクトの中身は、大幅に異なります。

  • プロジェクト推進のために設けている基準
  • 温室効果ガス排出量の算出方法。
  • そのプロジェクトによってオフセットできる二酸化炭素量の算出方法。

もちろん、そのプロジェクトの質や信頼性を保証してくるるようなラベルやスタンダードは存在します。

カーボンオフセット・プロジェクト

Argent

一体どのようにして、あるカーボンオフセット・プロジェクトが本当に有効なものであると判断することができるのでしょうか?色々と認知度の高いプロジェクトの中でも、植林によるカーボンオフセットについて考えてみましょう。

フランス環境エネルギー管理庁(ADEME - Agence De l’Environnement et de la Maîtrise de l’Energie) によれば、カーボンオフセットは3つのタイプに分けることができるとしています。

  • 植林など森林に関するプロジェクト
  • 再生可能エネルギーの拡大
  • エネルギー(電気・ガスなど)の消費方法を変える

エネルギー(電気・ガスなど)の消費方法を変える

世界の各地で植林を行うことは、地球温暖化の対抗策として果たして本当に有効な手段方法なのでしょうか?実際のところ、これは少々疑問視がされています。もちろん、記念樹などでも植林を行えば、木々は二酸化炭素を吸収しますから、ある程度CO2をオフセットすることはもちろん可能です。しかしながら、その地域の生態系に与えるであろう影響やリスクを顧みずに、大量に、闇雲に、植林することには危うい一面があります。もちろん、特に発展途上国で、砂漠化や森林伐採が顕著なエリアで植林を行うことは非常に合理的な方法です。植林ようなプロジェクトはエコロジカル・フットプリント減らすために有効であり、自然環境の改善に貢献するとともに、温室効果ガスの削減にも役に立ちます。

エコロジカル・フットプリントとは?人類が地球環境に与えている「負荷」の大きさ(人間がどれだけ自然環境に依存しているか)を測る指標です。

植林以外の方法は、石炭に依存している発電を可能な限り太陽光発電や水力発電または風力発電などに移行することなどがあげられます。石炭は、すでに広く知られている通り、環境への影響が強く懸念される発電方法です。一方で、太陽光発電や風力発電は直接的には二酸化炭素を排出することはありません。

消費者側も石炭発電を電源にしている電気をなるべく避けるべきでしょう。ただ、残念ながら、現在の日本では、多くの原子力発電施設が運転を停止しているため、石炭を始めとする火力発電に深く依存をしています。論点は、原子力発電を再稼働せよ、というほど単純ではあると言えます。合理的なエネルギーのベストミックスを考察しつつ、再生可能エネルギーの存在感を高めていく必要があるでしょう。いずれにしても、再生可能エネルギーが今後さらに重要になっていくことはほぼ間違いないのではないでしょうか。

カーボンクレジットの購入

風力発電施設

カーボンクレジットの購入は、厳格に購入先を選ぶことがまず非常に重要です。特に、個人向けのカーボンオフセットプロジェクトは国際機関の規制や管理を受ける必要がないため、慎重に選ぶ必要があります。

クレジットカーボンの購入に際しては以下のような点に注意をすべきです。

  • プロジェクト提供団体(NGO、アソシエーションなど)がきちんとレポートを提出し、どれだけオフセットできたかを確認できること
  • 同じカーボンクレジットが再販されていないか
  • カーボンクレジットが販売される段階で、それに対応するCO2削減はすでに完了している。(カーボンクレジットはCO2が削減される前に販売されるべきものではない。)

その機関の透明性や信頼性についてきちんと確認することが推奨されます。

品質を保証するラベルや証明書

多様に存在するカーボンオフセット・プログラムの中から、個人でも企業であっても、信頼できるものをきちんと選ぶためには、品質証明のラベルなどを利用するといいでしょう。義務的なカーボンクレジットの取引の現場では厳格な規制や基準がもうけられていますが、自発的な取引では保証書や品質レベルがプロジェクトの信頼性を確かなものにする有効な手段となります。

プロジェクト実績が大きく認知度の高いものとしては、Gold Standard(GS) - https://www.goldstandard.org/やVoluntary Carbon Standard (VCS)が- https://verra.org/などがあげられます。いずれもGSは京都メカニズムクレジットを目的としない自主的なカーボンオフセットの認証として利用されています。

京都議定書(京都プロトコル)とは?

地球温暖化の原因となる温室効果ガスの影響と地球の未来について、初めて共通認識を持つことができた国際的な条約(1997)です。172か国が温室効果ガスの削減を目指し合意を行った大変意義深いものです。ここでは、先進国および大企業が、CO2において具体的な値 - 年間に最大どれだけのCO2を排出することができるかを決定しました。

カーボンクレジットの値段

自主的なカーボンオフセットの場合、料金は格団体が設定しています。なんらかの規制・基準を有した国際的なカーボンクレジットの取引市場がまだ存在していないためです。ですから、価格等に関してはよく確認をする必要があります。

一方、欧州連合域内排出量取引制度によって取引されている、カーボンクレジットの価格(義務的マーケット)は、右上がりです。2017年には、 4,38€/トンだったものが、2018年には13,82€/トンとなりました。なんと315%増です。今後もこの価格は上がっていくことが予想されちます。

カーボンオフセットに対する批判・懸念点

Argent

当然ながら、このカーボンオフセットに対しては批判的な声も多くあります。確かに、自分自身はなんの制限もなく、二酸化炭素を出し続ける一方で、お金によって他者からカーボンクレジットを購入して、それを帳消しにする、そのような態度を肯定してしまう、という側面もあります。他にも指摘や批判はあります。しかしながら、兎にも角にも、CO2の排出量を減らすということは、現在の切迫した状況においては重要であることは間違いありません。このため、このような批判が必ずしも正しいとも言い切れません。

カーボンオフセットは、意味がないのか?すでに工業的に発展した先進国がその責任逃れをするための夢物語なのではないか?熟考すべき問題であることは確かです。こういった意味においても、今後も自主的カーボンオフセットの動きは注視するに値すると言えるでしょう。

カーボンオフセット・プロジェクトは、世界的にも大きく広がってきています。このカーボンオフセットは社会的な面と人道的な面と2つの特徴を持つ興味的なものであると言えます。地球温暖化そのものが起こす被害と、主に発展途上国にありがちな貧困といった課題と両方への取り組みが可能であるからです。

更新日