電話で電気・ガス切替相談

なぞなぞ - 料金の安いものを選んでも決して品質が落ちないものは?

答えは電気です!電気はそのまま、料金は安く。エキスパートにご相談ください。料金単価の安いプランを探してみましょう。
(受付時間:午前10時 - 午後9時)

電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。今よりも安くなる電気・ガスをお探しの方は、オンライン比較エンジンをご利用くださいませ。

発電方法に関する情報開示を義務づけ提言

基本料金無料の電気料金プラン!今申し込むとプレゼント贈呈!

沖縄・離島を除く全国で利用できる基本料金無料の「Looopでんき」
2020年4月30日(木)までのお申込みで、2,020円分のQUOカードPayが申し込み者全員にプレゼント!!
- Looopガスも一緒に申し込めばさらに1,000円分プレゼント。(Looopガスは関東エリア限定です。)
- このまま申し込めばOK。あとはQUOカードPayが届くのを待つだけ。

対象プラン:おうちプラン・ビジネスプラン・動力プラン。また個人の申し込みのみ有効。(法人は対象外です。)

お申し込みには検針票をご準備ください。お客様番号が分かると申し込みがスムーズです。

発電方法に関する情報開示を義務づけ提言
発電方法に関する情報開示を義務づけ提言

全国19の政令指定都市や民間企業で作る指定都市自然エネルギー協議会が、19日に東京都内で開いた総会で 、家庭向けに電気を販売している事業者に対して、再生可能エネルギー(風力発電バイオマス発電地熱発電太陽光発電など)をどれだけ使用しているかなど、発電方法に関する情報開示の義務づける提言を取りまとめました。

今年の4月から電力自由化が開始されたのは皆さんご存知の通りですが、電源構成の開示の義務付けがされていないことから、どのような発電方法によって発電しているかなど、情報を提供している電力事業者4分の1にとどまっています。このため、消費者が発電方法をもとに電気を選べるように情報開示を義務づけるべきというのが今回の提言の内容となっています。

もしこの提言により電源構成の開示が実際に義務づけられた場合、消費者は電気料金だけでなく、発電方法も考慮して電気料金プランを選べるようになることが予想されます。

都市指定自然エネルギー協議会とは?

企業・団体が連携することで、自然エネルギーの普及・拡大を加速させることを目指して設立された協議会です。事務局長にはソフトバンクグループの孫正義氏が就任されています。ソフトバンクはソフトバンクでんきとしてすでに電気を販売しています。

 

更新日