You are here

ガス料金の原料費調整制度とは?

ガス料金プランを見直したいと思ったら050-3085-0032セレクトラまでお気軽にお電話ください!受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

ガス料金原料費調整制度とはどのようなものか、説明します。

ガス料金の原料費調整制度とは?

ガスの原料費調整制度とは?

ガス料金はガスを使用する各需要家の使用量以外にも、原料価格や為替の変化によって大きく変化します。都市ガスの原料である液化天然ガス(LNG)や液化石油ガス(LPG)の価格は、常に為替や原油価格の動きに応じて変動しており、これをガス事業者の努力のみで制御することは不可能です。

このため、原料調達費の変化を速やかにガス料金に反映させるとともに、価格の大幅な上下によってガス料金の過大な変動を起こさないような仕組みとして導入されたのが原料費調整制度です。1996年1月に導入され、2009年の一部見直しを経て、今日に至っています。

ガスの原料費調整制度の狙い

一般家庭など当局の料金規制の対象となっている需要家に適用されるガス料金は、総括原価方式によって算定された料金(基本料金+従量料金)と、輸入原燃料価格の変動に応じて自動的に調整される原燃料費調整額との合算で算出されています。

ガス料金の仕組みガス料金 = 基本料金 + 従量料金
従量料金 = 使用量 × 単位料金(基準単位料金 ± 原料費調整制度による調整額)

原料費調整制度は、ガス事業者の効率化努力を透明化するとともに、経済情勢を迅速に料金に反映させるため、以下のような目標を達成することを目的としています。

  • ガス事業者の効率化努力のおよばない原燃料価格や為替レートの影響を外部化すること。
  • 各ガス事業者の経営効率化の成果を明確化すること。
  • 経済情勢の変化を出来る限り迅速に料金に反映させること。
  • 事業者の経営環境の安定を図ること。

調整方法

現行の原料費調整制度では、以下のルールに基いて、現燃料費の動きをガス料金に反映させています。

  • 2四半期前の貿易統計における各原燃料の輸入価格の平均値を翌々月の原燃料費調整に適用する。
  • 自動的に調整される料金の幅に一定の上限(基準時点の+60%)を設定する。

導入当初の原料費調整制度では、2四半期前の貿易統計における各原燃料の輸入価格の平均値に基づいて、四半期ごとに料金を自動的に調整する仕組みが採用されていましたが、2009年より同制度の見直しによってタイムラグは3カ月から2カ月に短縮されています。昨今の原燃料価格の大幅かつ急激な変動によって、原燃料価格の変動をこれまでよりも迅速に料金に反映させて、料金の変動を平準化させる必要性が高まったことによります。

新制度では以下の図のように、11~1月の平均が翌4月、12~2月の平均が翌5月の原料費調整に適用されるようになりました。

ガス料金の原料費調整制度とは?

(資源エネルギー庁の資料より転載)

自動調整幅への上限(基準時点の+60%)設定は、原燃料の価格が大幅に上昇した際に需要家に過大な影響が及ばないようにするための措置で、同制度の導入時以来、現在に至るまで維持されています。

なお、導入当初設けられていた費調整バンド(基準時点の原燃料価格と比べて、変動が一定の範囲内(±5%以内)に止まる場合は、調整そのもが行われない仕組み)は、2009年の制度見直しによって廃止されました。

調整額の算定方法

原料費調整制度を用いた調整額の算定方法は、以下のように行います。

  1. 貿易統計をもとに、液化天然ガス(LNG)と液化石油ガス(LPG)の3カ月間の平均価格を確認します(※平均価格は貿易統計の数量及び価額から算定したトン当たりの価格です)。
  2. この平均価格を、(LNGの平均価格 × LNG構成比率*)+(LPGの平均価格 × LPG構成比率にLNG換算係数を加味したもの)の算式に当てはめ、平均原料価格を出します。
  3. 算出した平均原料価格と、基準となる「基準平均原料価格」の差額、すなわち「原料価格変動額」を出します。
  4. 「従量料金単価調整額」を、[(原料価格変動額 × 換算係数)÷ 100]×(1+消費税率)の算式によって求めます。
  5. 基準となる「基準単位料金」±「従量料金単価調整額」で実際に適用される単位料金(調整単位料金)を算定します。

都市ガスの構成比率*都市ガスの主原料は液化天然ガスですが、わずかながら液化石油ガスも混合されています。混合のパーセンテージは各ガス会社のみならず、同じガス会社でも供給地域によって異なります。

調整額の算定は、ガス会社ごとに、基準平均原料価格、ガスの構成比率、換算係数など多くが異なりますので、反映のされ方にもバリエーションがあります。正確な単位料金を知るには、契約しているガス会社のホームページなどを参照するか、検針票に示されている金額を参照するのが一番の正確であり、近道でもあります。

 

 

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。