You are here

グリーンエネルギーとは?

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

最近よくグリーンエネルギー、グリーンパワー、グリーン電力といった言葉をよく耳にするようになりました。これらは具体的には何を意味しているのでしょうか? グリーンエネルギーとは何か、その定義や認証システムについて調べてみました。

グリーンエネルギーとは?
  • グリーンエネルギーとは、二酸化炭素や窒素酸化物といった有害物質を出さないあるいはその排出量が極めて少ないエネルギーのことです。
  • 具体的には、太陽光や風力、バイオマス(生物資源)、地熱、天然ガスといった自然エネルギー源です。

グリーンエネルギーに該当するエネルギーとは?

グリーンエネルギーとは?

グリーンエネルギーとは、太陽光や風力、バイオマス(生物資源)、地熱、天然ガスといった自然エネルギー源から生み出された、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物といった有害物質を出さないエネルギー、あるいは出したとしてもその排出量が極めて少ないエネルギーのことを指しています。具体的には再生可能エネルギーと同義語と考えて差し支えないようです。

環境問題が深刻化するなか、石油や石炭といった化石燃料をエネルギー源とするエネルギーは、CO2などの温暖効果ガスを多く排出するため、その使用を可能な限り減らしていくことが急務となっています。その一方、グリーンエネルギーによる電力は、電力というエネルギーそのものの価値に加えて、CO2排出抑制による環境への付加価値を生むため、環境付加価値を持ったエネルギーとして注目されています。

グリーンエネルギーとクリーンエネルギーグリーンエネルギーとは別に、クリーンエネルギーという言葉も良く聞かれますが、両者は同義語ではありません。クリーンエネルギーとは一般に、環境への負担が少ないエネルギーのことを指していますが、明確な定義はありません。必ずしも自然エネルギー源から生み出されるエネルギーである必要はなく、CO2を排出しないという意味において、原子力エネルギーをクリーンエネルギーに含めるかどう、議論されているほどです。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

グリーン電力証書システムとは?

グリーン電力証書システムとは、再生可能エネルギーによって発電された電力に付帯する「環境付加価値(EAV―Enviromental Added Value)」を、「グリーン電力証書」として「証券化」して、市場で取引可能なものとする制度です。グリーン電力制度、グリーン証書取引制度などとも呼ばれています。

「環境付加価値」とは? グリーンエネルギーによって発電された電気には「電気そのものの価値」のほかに、化石燃料の節減やCO2排出抑制を促進する環境への付加価値(環境付加価値)を持った電力と考え、この付加価値を電気そのものと切り離して証券としての価値を与えたものです。

このグリーン電力証書システムは、発電事業者と利用者の両方にメリットがある、利用価値大のシステムとして注目されます。実際、以下の様なメリットがあります。

グリーンエネルギーとは?

発電事業者にとってのメリット

  • 電気自体の売電収入のほかに、環境付加価値の提供による収入が得られ、これにより設備や運営面などへの投資ができる。
  • 「グリーン電力証書システム」を通じて、多数の企業のCO2削減や環境改善に貢献できる。

利用者にとってのメリット

  • グリーンエネルギーの普及や地球温暖化の抑制、化石燃料の消費削減などに貢献できる。
  • グリーン電力証書を保有することによって、記載されている電力量(kWh)に相当する分をグリーンエネルギーによる電力を使用しているとみなすことができるため、CO2削減を行っていることになる。
  • 契約時に提供されるグリーン電力の利用を示すためのマークを使用することで企業広告や、グリーン電力を利用している工場や建物、製品・サービスのPR、イベントのPRなどができる。
  • 東京都環境確保条例の再エネクレジットとして「グリーン電力証書」を活用することができる。

環境付加価値の取り引きは、以下の様な構図によって成り立っています。

環境付加価値の取り引き構図発電事業者者 グリーンエネルギーによる発電=電力そのもの+環境付加価値
(→ グリーン電力証書として証券化)
利用者 使用する電気料金+グリーン電力証書購入代=みなし自然エネルギー
(うち、グリーン電力証書購入代金は再生可能エネルギー発電事業者向け助成金としてグリーンエネルギー発電事業者に還元される)

日本では2000年11月から導入されたグリーン電力証書システムですが、取引量は着実に増加しています。とりわけ2007年以降は急激に伸びており、2009年にはついに取引量が2億kWhを超えました。環境への関心の高まりを背景に、グリーン電力証書システムの利用価値がより認知されるようになった結果といえるでしょう。

グリーン電力証書システムの問題点発電事業者と利用者双方にメリットがあるグリーン電力証書システムですが、相場が変動するため、発電事業者にとってのリスクが高くなる、証券購入によって「環境に優しい」とアピールしている企業そのものは自前の発電設備でグリーンエネルギーを生み出していない場合がほとんどであるため、証券化された権利のみのやりとりに終始している、といった問題点も指摘されています。今後、システム改善に向けて議論が活発化することが期待されます。

 

グリーン電力証書システムの発行手続き

グリーン電力証書の発行は、第三者機関のグリーンエネルギー認証センターによる認証を経て行われています。一般的ながれは以下のようなものです。

  1. グリーン電力証書利用者は、証書発行事業者と証書発行に関する契約を結びます。
  2. 証書発行事業者は、対象となる発電設備につき、認証センターの設備認定を受け、認定が得られたら発電事業者と発電委託契約を結びます。
  3. 証書発行事業者は、発電事業者から発電実績の報告を受け、認証センターに電力量の認証申請を行います。
  4. 証書発行事業者は電力量認証を受けた「環境価値」について、証書購入者に関してグリーン電力を発行します。

 

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。