You are here

一人暮らしでも電力会社の切り替えで電気料金は安くなりますか?

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

新電力の登場で電気料金が安くなったらしいけれど、一人暮らしでの私でも今より本当に電気料金は安くなりますか?そんな疑問へのお答えいたします。

一人暮らしでも電力会社の切り替えで電気料金は安くなりますか?
  • 一人暮らしの場合でも今より電気料金が安くなる可能性はあります。
  • 一人暮らしの人が今より安い電気料金を探すポイント! - 毎月どのくらい電気を消費(kWh)しているかを確認!
  • アンペア制の場合は、現在契約しているアンペア数もチェック!

一人暮らしでも電気料金は安くなる可能性はある!

一人暮らしの人でも、電力会社を変えることでで電気料金を安くできる可能性はあります。
事実、多くの新電力が大手電力会社よりも安い電気料金を発表しており、電気の使用量があまり多くなくても安くなるものもあります。

ただし、電気の使用量が極端に少ない、超省エネタイプの人は、もともと払っている電気料金も少ないこともあり、わざわざ電力会社を変えてもほとど意味がない場合もあります。

一人暮らし、どんな人なら電気料金がお得になるのか、はたまた損してしまうのか!チェックしていきましょう。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

今より安い電気料金を探すポイント1 - 毎月どのくらい電気を使用していますか?

 一人暮らし・電気料金

月々の電気の使用量は、検針票や請求書、各電力会社のオンラインページで確認が可能です。

実際のところ、電気の使用量が多いほど、安くなる幅も増えるため、お得度は高くなります。

というのは、日本の電気料金の多くは使用量に応じて段階性になっており、使用量が少ない段階の方が安くなっています。

最初の段階は、ナショナルミニマム(国民の生活最低水準保証)に基づく低廉な料金とされており、そのため単価が安くなっています。
電気料金は、使用量が多くなればなるほど単価が高くなるシステムになっています。
詳しくは、電気料金の段階制とは?従量電灯プランの3段階制を解説してあるページもありますので読んでみてください。

そして、使用量の多くて単価の高い3段階目ほど、大手電力会社より料金が安く設定されている新電力料金プランが多くあります。

このため、毎月どのくらい電気を使用しているかで、実際にどれだけ電気料金が安くなるのか、ならないのかが変わります。

一人暮らしといえども、電気を毎月どのくらい使用するかは、その人によってまちまちです。ライフスタイルや趣味にもよりますね。

ご自身がどれだけ電気を使っているか(kWh:キロワットアワーという単位でカウントされます。)は、電力会社からの検針票や請求書に記載があるので、まずはこの情報を準備して、実際にシュミレーターで色々な電気料金を比較してみましょう。

今より安い電気料金を探すポイント2 - 現在のアンペア容量は分かりますか?

電力会社には基本料金にアンペア制を採用しているところが多くあります。

基本料金がアンペアになっている場合、契約するアンペア(A)容量が大きいほど、その料金が高く設定されています。例えば、東京電力の従量電灯プランBの料金表を見れば一目瞭然です。(東京電力より安い電気料金は?- 関東エリア・電気料金比較

30A(アンペア)と60Aとでは、その基本料金に800円以上の差があることが分かります。

東京電力:従量電灯B - 基本料金
契約アンペア数 基本料金(円)(税込)
10A  
15A  
20A  
30A  
40A  
50A  
60A  

つまり、アンペアを変更する事で電気料金を安くする事もできます。
ただし、契約アンペアを減らし過ぎるとブレーカーが頻繁に落ちる事態にもなりかねないので、契約アンペア数の変更は慎重に行ってください。

この契約アンペアですが、20A以下の容量少な目で契約をしている方の場合、電力会社を変えたい!と思っても新電力の中には20A以下の契約が用意されていない場合もあり、電力会社のスイッチング自体ができない可能性もあり得ます。

このように、現在契約している電気料金プランが「アンペア制」の場合は、注意が必要です。逆に30A(アンペア)以上で契約をしている人は、一人暮らしででも電力会社の切り替えで、今より電気代を安くすることができる可能性が大です。

一人暮らし、こんな人は電気料金は安くならない!

ずばり、こんな電気のライフスタイルの一人暮らしの方は、電力会社を変えても電気料金が安くならない可能性はあります。

電気の使用量が極端に少ない場合!

世の中には、冷蔵庫や電子レンジなどの電化製品の使用をやめて、限りなく電気を使用しないで生活をしているという人がいます。契約容量に関しても特別に5A(アンペア)で契約をして(電気料金契約・5アンペアでの生活とは?)、電気を極限まで使わないライフスタイルを実行している人もいるようです。

さすがにこれはかなり極端な例ですが、電気の使用量が平均より少ない場合は、それ以上安くなるスキがありませんので、電力会社を切り替えても電気料金が安くなる可能性が低いか、安くなったとしても僅かでしょう。

そんな省エネ型の一人暮らしの方は、将来、二人暮らしをする、結婚するなどの生活の変化により電気の使用が増える場合に、電気料金の見直しをしてみましょう。

契約容量が20A(アンペア)以下の場合!

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

電気料金には、アンペア制のところと、最低料金制のところがあります。例えば、東京電力などはアンペア制、関西電力は最低料金制になっています。

例えば、現在契約しているアンペアが20A(アンペア)以下の場合は、20A以下の契約自体がない場合もあります。そうなると電力会社の切り替えそのものができません。(アンペアを30Aまで上げればもちろん可能ですが、基本料金があがるので、アンペア数をあげて契約する意味ありません。)

一人暮らしでも電気料金の安くなる可能性大なプランは?

それでは、一人暮らしでも電気料金の安くなる電気料金プランはあるのでしょうか?

電力自由化以降、様々な電気料金プランが出ました。電気の消費量が少なくても電気料金が安くなるプランや電気の使用量が多ければ多いほどお得度の高い電気料金プランなど様々です。

基本的には電気の使用量が多いほど安くなるプランが多いのですが、一人暮らしの方でも安くなる可能性がある電気料金プランをいくつか紹介します。実際にどれだけ安くなるかは、シュミレーターを使用して確認してみましょう。

HISのでんきは、大手電力会社より誰でも5%安い。

契約アンペアが30A(アンペア)以上の人が対象ですが、基本料金も電力量料金(kWhあたりの電気料金)も大手電力会社よりも確実に5%安くなります!

また、関西電力エリア、中国電力エリアにお住まいで、最低料金でカーバされている電力消費量以上の電気(約15kWh)を毎月使用しているならば一人暮らしの人でも今より電気料金が安くなります。

Looopでんきは基本料金がゼロ円

基本料金がゼロ円で電力量料金も一律という、ユニークな電気料金プランもあります。それが、Looop(ループ)でんき。

基本的には電気の使用量が多い人ほど安くなるようなプランですが、一人暮らしで電気の使用量が少なめ方でも基本料金がゼロの恩恵を受けて安くなる可能性があります。シンプルなプランで分かりやすいのもいい感じです。

このように、一人暮らしの人でも、電力会社を変えることでで電気料金を安くできる可能性はあります。すべてのアンペア(A)容量に対応している電気料金プランもあり、電力量料金(kWhあたりの電気料金)も使用量がある程度あれ今より電気料金が安くなる可能性はありです!電気料金比較シュミレーターで一度チェックしてみましょう!

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。