You are here

発電方法を学んで賢く電気料金選ぼう!<バイオマス発電>

バイオマス発電という言葉を聞いたことがありますか?バイオマス発電は再生可能エネルギーによる発電として知られていて、近年注目を集めています。今日はバイオマス発電の発電方法を学んで、電気料金を選ぶ際に役立ててみてください。

バイオマス発電について学ぼう

バイオマス発電は、既存の自然資源を利用して発電をする上に、地球温暖化対策もできるという自然にやさしい再生可能な発電方法です。まだまだ知名度は低いですが、電気料金を選ぶ際に、候補に入れてみてください。

バイオマス・バイオマス発電とは

バイオマスとは、動植物などから生まれた生物資源の総称です。バイオマスは以下の表のように分類することが可能です。

バイオマス発電について学ぼう

資源エネルギー庁HPより転載

バイオマスには、建設廃材、家畜の排泄物から糖やでんぷんまで自然界に存在する様々な生物の資源が含まれうることが分かりますね。
バイオマス発電では、このバイオマスを「直接燃焼」したり「ガス化」することにより発電しています。

バイオマス発電の発電方法

バイオマス発電は燃料とその燃焼方法によって、直接燃焼方式、熱分解ガス化方式、生物化学的ガス化方式の3つの種類に分けることが可能です。

 直接燃焼方式
直接燃焼方式では、木くずや間伐材(森林の育成のために間引いた木材)、可燃性ごみ、精製した廃油などを燃料として直接燃焼してタービンを回すことにより発電する発電方法です。

 熱分解ガス化方式
熱分解ガス化方式でもも木くずや間伐材、可燃性ゴミなどを燃料として使いますが、直接燃焼させるのではなく、加熱することによって発生させたガスによってタービンを回すことにより発電する発電方法です。

 生物化学的ガス化方式
生物化学的ガス化方式では、家畜の糞尿や生ごみ、下水汚泥などを発酵させることで、メタンなどのバイオガスを発生させて、タービンを回すことにより発電する発電方法です。

バイオマス発電のメリット・デメリット

バイオマス発電のメリット
 資源の有効活用
バイオマス発電では、家畜の排泄物や可燃性ごみのようにこれまでは利用価値がないあるいは低いとされていたものを資源として再利用することを可能にし、既存の資源を有効に活用することが可能になります。
 地球温暖化対策
バイオマス発電は、燃やしてもCO2の増減に影響を与えない「カーボンニュートラル」な発電です。

カーボンニュートラルとは
バイオマス燃料を燃焼させる場合にはCO2が発生します。一方でバイオマス燃料のもとになる植物は生長過程でCO2を吸収しています。 したがって、全体で見ると二酸化炭素の量は増加しないという考え方がカーボンニュートラルです。

 安定した発電量
太陽光や風力といった自然環境に左右される不安定な再生可能エネルギー源とちがい、安定した発電量を見込むことができます。

 農山漁村の活性化
家畜排泄物、稲ワラ、林地残材など、国内の農産漁村に存在するバイオマス資源を利活用することにより、農産漁村における持続的な電力発電を行うことができるようになる可能性があります。

バイオマス発電のデメリット
 高いコスト
資源が広い地域に分散しているため、収集・運搬・管理に高いコストがかかります。
 小さい発電量
小規模な発電所が多く、発電所当たりの発電量は大きくありません。また、バイオマス燃料の供給が不安定な場合は、石炭等の化石燃料と一緒に燃焼することで、発電を安定化させることもあります。

発電方法を学んで賢く電気料金選ぼう!<バイオマス発電> - まとめ

発電方法を学んで賢く電気料金選ぼう!<バイオマス発電>編はいかがだったでしょうか?皆さんの電気料金プラン選びのお役に立ちそうですか?

バイオマス発電は、今まで利用価値に気づかれていなかった既存の資源を利用して発電をする上に、地球温暖化対策もできるというすぐれた発電方法です。

もちろん短所も存在しますが、バイオマス発電は持続的な再生可能エネルギーの一つとして注目されており、これからは私たち電力消費者の一人一人が環境問題に関心を持つことも大切です。
例えば、新電力のミツウロコグリーンエネルギーでは、バイオマス発電に取り組んでいますし、丸紅新電力でもバイオマスの発電所を建設中です。もしよかったら、電気料金選びの際に環境に優しい選択をすることも一つの判断軸にしてくださいね。