You are here

オール電化のメリットとデメリットは?

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

安全でクリーンな住宅として2000年代から着実に広まっているオール電化住宅ですが、どんな良い点と悪い点があるのでしょうか。オール電化住宅のメリットどデメリットについて、見ていきましょう。

オール電化のメリットとデメリットは?
  • オール電化の電気料金は、家庭のすべてのエネルギー源を電力でまかなうので光熱費が電気代に一本化できます。
  • オール電化のメリットは、ガス代がいらず、火を使わないので安全で、新築の場合はガス工事費が節約できます。
  • オール電化のデメリットは、停電が起きたら一切機能しなくなったり、電気料金が上がるとダイレクトに家計に響く、初期工事費用はそれなりに高額な事です。

オール電化住宅とは?

オール電化住宅とは、文字通り家庭のすべてのエネルギー源を電気でまかなう住宅です。

主に、調理、給湯、空調(冷暖房)など家の中のシステムが全て電気によってまかなわれている住宅の事をさします。

住宅の高断熱・高気密化が進むなか、屋内で高温の燃焼ガスを発生させないことや、火を使わない事から安全でクリーンであると考えられ、オール電化設備やオール電化住宅の販売が促進されてきました。

オール電化にする事のメリット、デメリットを知るために、まずオール電化の製品の特徴を見ていきましょう。

オール電化で使用される電化製品とその特徴

住まいをオール電化にした場合、どんな家電製品に入れ替わるのでしょうか。
具体的には、以下の様なものがあります。

オール電化の歴史

安全性の高く、掃除も簡単で人気の高いIHクッキングヒーター

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

 IHクッキングヒーター

オール電化では、ガスコンロに代わって主にIHクッキングヒーター(電磁調理器)を使用します。

内部に配置されるコイルに流れる電流により、電気を使って金属製の調理器具を発熱させます。

火を使わないので安心・安全、お手入れが簡単、室内がクリーンという事で、小さなお子さんがいる家庭ではもちろん、高齢者世帯にも人気です。

 給湯器

ガスの 湯沸し器に代わって、エコキュートや電気温水器を使用します。

エコキュートの正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」と言われるように、ヒートポンプ技術により空気の熱でお湯を分かることが出来る給湯機の中でも、大気熱を自然冷媒である二酸化炭素(CO2)に集めて、その熱によってお湯を沸かす機種の総称です。

「エコキュート」という名称自体は、日本の電力会社・給湯機メーカーが使用している愛称(ニックネーム)で、関西電力の登録商標となっています。

環境に優しく、しかも省エネ効果もある給湯機といえます。

 エアコン・床暖房

石油やガスを使うストーブに代わって 電気ストーブ、床暖房、エアコン、蓄熱式電気暖房器を使用します。

オール電化にする時に多くの人が希望する床暖房では、電気ヒーター式のものと、ヒートポンプで温めた温水を使うヒートポンプ式のものがあります。

現在では、ランニングコストの安いヒートポンプ式温水床暖房のほうが一人気があります。

HEMS(ヘムス)で節電 住宅をオール電化にする場合、家庭内の電力を管理するのに役立つシステム「HEMS(ヘムス)」を同時に導入するケースが多くみられます。オール電化住宅は電力を大量に使用するので、HEMSで電気の見える化を行う事で、節電に繋がりますね。

オール電化住宅のエネルギー消費量と電気代

オール電化住宅の電気料金ですが、いったい、いくらくらいになるのでしょうか?

エネルギー消費量がわかると、オール電化住宅の電気料金がわかりますので、それで計算してみましょう。

オール電化住宅はガスを使用しないので、光熱費=電気料金となります。 しかし、ガスでまかなっていた分のエネルギー消費分を電気でまかなわなければならなくなります。

上に書いたようにオール電化にすると家電製品が入れ替わりますが、ガスから電気に変わるのははどれくらいのエネルギー消費量なのでしょうか。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

オール電化住宅のIHクッキングヒーター、給湯器エアコン・床暖房と、ガス併用一般住宅の都市ガスのファンヒータ、ガス給湯器、ガスコンロとを比較してみると、以下のようになります。

一般住宅とオール電化住宅の最終エネルギー消費量
最終エネルギー消費(Mcal/世帯/年) 一般住宅 オール電化住宅
冷房 261 261
照明・動力他 3945 3945
暖房 2933 782
給湯 3014 804
厨房 675 473
合計 10828(うち電力4206、ガス6622) 6264

(※ 日本エネルギー経済研究所発行「エネルギー・経済統計要覧」掲載の日本の平均的家庭のエネルギー消費量データによる)

このエネルギー消費量をkWh(キロワットアワー)に変換すると、オール電化住宅の年間電力消費量は約4888kWh、一般住宅で約7280kWhとなりますので、オール電化住宅と一般住宅の電力使用量の差は年間2400kWh程度となります。

電気料金に直すと、オール電化住宅の年間電気料金は4880kWh×21円+基本料金1年分で約152,880円程度(ひと月12,740円程度)になります。思ったより安いですね。

というのは、エネルギー消費量は統計値によってかなり異なります。例えば、東京電力では、オール電化家庭の平均電気使用量が年間7920kWh程度と言われます。この値では、電気代は190,2400円程度(ひと月15,850円程度)になります。

オール電化住宅の電気料金<

オール電化のメリット・デメリットを検証!エネルギー消費量が意外と多い給湯器

それでは、どうやったら、オール電化住宅の電気料金を安くできるのでしょうか。

上の表に戻って、いずれの世帯も照明、動力等によるエネルギー消費が最も大きいです。

意外だと思ったかもしれませんがどちらかというと分け方の問題で、その他の電化製品も入るため多くなるという側面もあります。

次に多いのは暖房です。暖房が多いのは納得ですね。その次に給湯器と続きます。

給湯器が多いのは意外に感じた方もいるかもしれませんね。厨房におけるIHクッキングヒーターの比重は実はそれほど大きくありません。

つまり、オール電化で電気代を抑えるには、照明や暖房費と給湯にかかる電気代をどう抑えるかがカギとなるようです。

​​もちろん電力量単価の安い夜間等の時間帯を利用したり、エネルギー効率の良い電化製品を使用したり、オール電化の場合夜の時間が安い事が多いのでタイマー機能などを設定したりるなど、工夫次第で電力消費量そのものは増えても電気料金を抑えることは可能です。

オール電化で電気料金を安くするのは、以下のポイントがあります。

  • どれだけ深夜などの割安な電機料金をフル活用できるか
  • どれだけエネルギー効率の良い電化製品を使用するか
  • 季節に応じて給湯器のセッティングを調整する
  • 安全性が向上する :火を使わないため、炎による火災の危険性が低くなります。
  • 時間帯ごとの電力量単価を踏まえて、タイマー機能などを設定したり

オール電化住宅で電気料金を安くしたい方はぜひ気を付けてみてください!

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

オール電化のメリット

それでは、オール電化のメリットを以下にまとめてみました。

オール電化とは?オール電化のメリット

オール電化は火を使わないので火事などの心配がないのがメリットの1つです!

  • ガスを使わないためガス料金が無くなる :料金を電力に一本化できます。
  • 割安な電気料金を利用できる :電力会社が提案している夜間の電気料金の安くなるプランやはオール電化プランを利用すると電気代が安くなる可能性がある。
  • 新築時にオール電化を導入すると初期コストが削減できる :新築時ににオール電化を導入すると、ガス配管工事が不要なため、建設コストが抑えられるメリットもあります。
  • 安全性が向上する :火を使わないため、炎による火災の危険性が低くなります。
  • 室内の空気をクリーンに保てる :電気暖房や電気調理器具は、ガスと違い加熱時に一酸化炭素を発生させないため、換気を必要とせず、室内の空気をクリーンに保てます。
  • 室温を上げない :夏場はガスコンロを使用している時のような熱気を感じずにすみます。
  • 自家発電した電力も使える:太陽光発電機などで自家発電した電力を消費することが出来ます。
  • 災害時の復旧が早い :発電所自体の被災などが無い場合においては、災害の際の復旧が、ガスと比べて早いというデータがあります。

オール電化のデメリット

逆に、どんなデメリットがあるのでしょう?オール電化のデメリットを以下にまとめてみました。

オール電化とは?オール電化のデメリット

オール電化のメリット・デメリットを検証! オール電化は初期費用が高額です。

  • 初期費用が高額である :ガスコンロやガス給湯器と比べて、IHクッキングヒーター、エコキュートあるいは電気温水器の方が導入コストが高くつきます。
  • 電力の省エネにはなりにくい :電力を大量に消費することを前提としているため、電力需給が逼迫している時には停電を誘発する要因となります。
  • 現燃料費の影響を直接的に受ける :エネルギー源を電力のみに頼っているため、原燃料価格の高騰などにより電気料金が上がる場合、その影響をもろに受けることになります。
  • 停電時は全てが機能不能となる :停電が起きたら住宅内の電化製品は一切機能しなくなります。
  • 昼間の電気代が割高になる :夜間など電気料金が割安な時間帯に電気を使用しない、あるいは出来ない場合は、電気とガスの併用時よりも光熱費がかかる場合があります。
  • オール電化後はガス併用が困難になる :一度オール電化住宅を建ててしまうと、改築しない限りガスへの再乗り換えが難しくなるので、慎重に検討する事が必要です。

オール電化にするかどうかは、メリット・テメリットをしっかり理解して考えてくださいね。

オール電化のシェアとその歴史

さて、このようなメリット・デメリットを持つオール電化住宅ですが、どれぐらいのシェアを持っているのでしょうか。

2000年代に入ってから普及が始まったオール電化住宅ですが、東京電力の資料によりますと、2009年までは右肩上がりで普及が進んでいました。

オール電化のシェア

出典 東京電力 平成21年度報告書 より

株式会社富士経済の調べによると、2010年度末のオール電化導入戸数は436万戸で全体の約10%近くとなっています。

しかし2011年、東日本大震災が起こったことで日本における電力供給事情が変化してしまいました。関東にお住まいの方なら、オール電化住宅に住んでいる人が計画停電でお湯も沸かせず何もできなくなり、カセットコンロを買いに走った話を聞いた事があるでしょう。

また、化石燃料費の向上によって電気代が上昇したことや、人々の節電意識が向上したことにより、オール電化の普及の伸びが減少しました。各電力会社も、オール電化の新規営業を控えている状況でした。

オール電化の普及はペースダウンしているものの、安全性や様々なメリットを考え、新築一戸建てやリフォーム分野でユーザーから要望が出されるケースも多く、今後も一定の水準で採用されていくことが見込まれています。

オール電化住宅は、マンションよりも一戸建て分野での普及率が高く、また、都市よりも地方の方が普及率が高くなっています。これは、熱源として割安な都市ガスのインフラが行き渡っているからだと思われます。

ミニコラム:オール電化の歴史
オール電化の歴史

ところで、皆さんは、オール電化の歴史をご存じでしょうか。
オール電化住宅はここ最近のものと思われがちですが、実は日本のオール電化の歴史は大正時代に遡ります。帝国ホテル(旧建物)の設計などで知られる建築家・フランク・ロイド・ライトが設計した神戸の富豪,旧山邑邸が日本の電化住宅の先駆けと言われています。
室内には110個の白熱球が煌々ときらめき,欧米製の高価な電気オーブン,電気炊飯器,洗濯機などの電気製品がずらりと並び、ー年間の使用電力はなんと3万キロワットだったそうです!
とても普通の電力会社からの電気では足りず、沿線の私鉄と直接契約をして電気を引き込んでいたとの事です。
そうはいっても、一般の家庭の熱源としては、ずっと薪や戦後はガスが多く使われてきました。
火を直接扱わない安全性や、光熱費を電気代に一本化できること、さらに割安な夜間帯の電気を使用することで電気代を下げることができるなど、オール電化の持つ数々のメリットが認知され、一般の家庭にも普及が始まったのは、2000年頃からになります。

オール電化でお得になる電気料金プラン

それでは、オール電化でお得になる電気料金プランは具体的にどんなプランがあるのでしょうか。

オール電化でお得になる電気料金プラン 各電力会社はオール電化住宅に合わせ、夜の時間帯の電気料金が安くなるプランや一般的に電気の使用が多くなる時間帯や時期(ピークタイム)をずらしてオフピーク時間帯に電気を使用することで電気代の安くなるプランを用意しています。逆にピーク時の電気代が割高になっているものがほとんどですので、契約変更前にはまずシュミレーションしてみることをおすすめします。

オール電化でお得になる電気料金プラン
関東エリア 東京電力:
スマートライフプラン
  1. オール電化向けの電気料金プランです。
  2. 基本料金となる契約電力が、過去11カ月の使用電力量によって決定されるプランです。(スマート契約)
  3. スマートメーターの設置がされていない場合は、スマートメーターの設置が必要になります。
  4. 昼間時間(午前6時から翌午前1時まで)と夜間時間(午前1時から午前6時まで)によって1kWhあたりの電気料金が異なります。
  5. エコキュートとIHクッキングヒーターなどの故障修理サービスが付いています。
関西エリア 関西電力:
はぴeタイム
eスマート10
  1. はぴeタイムは夜23時から翌朝7時まで、eスマート10は夜22時から翌朝8時までおトクな夜間料金が適用されるピークシフトプランです。
  2. 土日祝日の日中は、割高なデイタイム料金がなく通常料金で過ごせます。
  3. 夏季(7-9月)とそれ以外で料金が分かれます。
  4. 夜型の生活のご家庭や、平日は家を空けることが多く、土日にまとめて家事をする、という家庭に向いています。
  5. デイタイムの料金はかなり割高です。
  6. 各月の契約電力は、その1月の最大使用電力と前11月の最大使用電力のうち、いずれか大きい値を採用する、いわゆるスマート契約になります。
中部エリア 中部電力:
スマートライフプラン
スマートライフプラン(夜とく)
スマートライフプラン(朝とく)
  1. スマートライフプランは22時から翌朝8時まで、スマートライフプラン(夜とく)は21時から翌朝7時まで、スマートライフプラン(朝とく)は23時から翌朝9時までおトクな夜間料金が適用されるピークシフトプランです。
  2. 土日祝日の日中は、割高なデイタイム料金がなく通常料金で過ごせます。
  3. 夜型の生活のご家庭や、平日は家を空けることが多く、土日にまとめて家事をする、という家庭に向いています。
  4. デイタイムの料金はかなり割高です。
東北エリア 東北電力:
よりそう+シーズン&タイム
  1. 夜間(午後10時から翌午前8時)が割安な料金になるプランです。
  2. 昼間、オフピーク、夜間、と時間帯毎に電力量料金が異なります。
  3. 冬季ピーク、夏季ピーク、その他季節、とシーズン毎に料金が異なります。
  4. ヒートポンプ機器を使用するオール電化住宅の利用者の方にぴったりなプランです。
  5. 基本料金を決める元になる契約電力は、30分ごとの使用電力量のうち最も大きい値により決定する、実量契約(スマート契約)と今までの主開閉器契約から選べます。
九州エリア 九州電力:
電化でナイト・セレクト21
電化でナイト・セレクト22
電化でナイト・セレクト23
  1. 電化でナイト・セレクト21は21時から翌朝7時まで、電化でナイト・セレクト22は22時から翌朝8時まで、電化でナイト・セレクト23は23時から翌朝9時までおトクな夜間料金が適用されるピークシフトプランです。
  2. オール電化等の利用者におすすめのプランで、夜間の電力量料金が昼間に比べて割安となっています。
  3. 昼間時間の料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安な料金となっています。
  4. 基本料金となる契約電力が、当月と過去11カ月における最大値を契約電力とする実量制(スマート契約)プランです。
ナンワエナジー:
スタンダードオール電化
  1. 九州電力の季節別電灯に相当するメニューです。
  2. 基本料金は1kVAあたりの料金で設定されています。
  3. 請求書の郵送なしにすると、108円/月割引きになります。
  4. 200円で1ポイント、Tポイントが貯まります。
  5. 契約期間は1年です。解約月以外に解約すると「残りの契約期間(月)×1000円」の違約金が発生します。他にはない高額な違約金ですのでご注意ください。
北陸エリア 北陸電力:
くつろぎナイト12
  1.  夜8時から翌朝8時までおトクな夜間料金が適用されるピークシフトプランです。2016年8月1日から開始です。
  2. エコキュートなどヒートポンプ式給湯器を使用していることが、加入条件です。
  3. 夜型の生活のご家庭や、平日は家を空けることが多く、土日にまとめて家事をする、という家庭に向いています。
  4. 休日の昼間も従量電灯Bに比べて割安です。他の電力会社のピークシフトプランに比べて割安です。
中国エリア 中国電力:
ぐっとずっと。プラン ​電化Styleコース
  1. オール電化住宅を検討されている方におすすめの新コースです。また、電気給湯機等をご使用で、電気のご使用量が比較的多い方(月平均ご使用電力量400kWh超過)にもおすすめです。
  2. ナイトホリデーコースと同様に、電気を使用する時間帯を工夫して、夜間・休日に利用いただくほど電気料金がおトクになります。
  3. 中国電力の会員制WEBサイト「ぐっと ずっと。クラブ」の会員になる必要があります。
  4. 現在、時間帯別電灯、ファミリータイムなどを契約の方は、既に割安な夜間料金単価や電化住宅割引)が適用されているため、これまでよりも割高になる可能性があります。
四国エリア 四国電力:
スマートeプラン[タイプL+]
スマートeプラン[タイプH+]
  1. オール電化住宅にお住まいの方におススメです。 電気の使用を昼間時間から夜間時間や夕方時間にシフトすることなどにより、電気料金を節約できます。
  2. [タイプH+]は、休日料金があります。割安な料金単価の時間帯や休日にシフトすることなどにより、電気料金を節約出来ます。
  3. 1日を3つの時間帯(夜間・夕方・昼間)に分けて料金単価を設定したメニューです。 昼間時間と比べて、夜間時間と夕方時間の料金単価がお得です。
坊ちゃん電力:
マドンナプラン​
  1. 1kWhあたりの電力量料金が、夕方、夜間は安くなります。
  2. オール電化の住宅向けのプランです。
  3. さらに、漱石パック 、ガスパックなどの割引プランをオプションでつける事が出来ます。
北海道エリア 北海道電力:
eタイム3[Sプラン]
  1. 契約容量が6kVA以下の方が加入できます。
  2. 1日を3つの時間帯に分けて料金設定したメニューです。夜間時間・朝晩時間・午後時間があります。
  3. 22時から翌朝8時までおトクな夜間料金になります。
  4. 省エネ性の高い暖冷房エアコンやIHクッキングヒーターをご使用中またはご購入されるお客さまに最適なメニューです。
沖縄エリア 沖縄電力:
Eeライフ
  1. 従量電灯の範囲内の使用で、1キロワット以上の夜間蓄熱型温水器などを使用し、電気使用時間帯を昼間時間以外へ移行可能またはご希望する方が対象です。
  2. 料金単価が安い夜間に電気を使用するとお得になります。
 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。