You are here

オール電化のメリットとデメリットは?

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

安全でクリーンな住宅として2000年代から広まったオール電化住宅。どのような良い点と悪い点があるのでしょうか。オール電化住宅のメリットどデメリットについて、見ていきましょう。

オール電化のメリットとデメリットは?
  • オール電化のメリットは、火を使わないので安全性が高い、新築の場合はガス工事費が節約できる点。
  • オール電化のデメリットは、停電が起きた場合家庭のエネルギーが完全に使えなくなることや、初期工事費用がに高額な事です。
  • オール電化はあまりエコではないという意見もあります。

オール電化住宅とは?

オール電化住宅とは、文字通り家庭のすべてのエネルギー源を電気でまかなう住宅です。

主に、調理、給湯、空調(冷暖房)など家の中のシステムが全て電気によってまかなわれている住宅の事をさします。このため、今までガス(都市ガスLPガス)を使用していた場合は、その使用がなくなります。

住宅の高断熱・高気密化が進むなか、屋内で高温の燃焼ガスを発生させないことや、火を使わない事から安全でと考えられ、オール電化設備やオール電化住宅の販売が促進されてきました。

実際にオール電化で使用される製品を一つずつ見ながら、そしてどのように電気が作られているのかもう一度おさらいしつつ、さらに詳しくオール電化のメリット、デメリットを探っていきましょう。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

オール電化で使用される電化製品とその特徴

住まいをオール電化にした場合、どんな家電製品に入れ替わるのでしょうか。具体的には、以下の様なものがあります。

 IHクッキングヒーター

オール電化のメリット・デメリット

オール電化の代表。火を使わないIHクッキングヒーター。

オール電化では、ガスコンロに代わって主にIHクッキングヒーター(電磁調理器)を使用することになります。

内部に配置されるコイルに流れる電流により、電気を使って金属製の調理器具を発熱させます。

火を使わないので安心・安全、お手入れが簡単、という理由で、小さなお子さんのいる家庭や高齢者世帯にも人気となりました。

IHクッキングヒーターには、多くの電気が必要なため、通常の100Vの電源から200Vへ電圧を上げる工事が必要になります。またアンペア契約の場合、アンペア値を高くする必要があります。

 給湯器

オール電化のメリット・デメリット

エコキュートは、ヒートポンプユニットとお湯をためておく貯湯ユニットの2体で1セットとなっている。

オール電化では、ガスの湯沸し器に代わって、エコキュートや電気温水器を使用することになります。当初は熱源にヒーターを使用する電気温水器(給湯器)が主流でしたが、以降は熱源にヒートポンプを使うエコキュートの方が熱効率がよいため、オール電化の給湯器といえばエコキュートとなってきています。もちろんどちらもガスを使わず電気でお湯を作るという点では変わりありません。

エコキュートの正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」です。(「エコキュートは愛称」で、関西電力の登録商標となっています。)名前の通り、ヒートポンプ技術を使用し、空気中の熱を利用してお湯を作ります。

ヒートポンプ技術によりお湯を作るため、エコキュートの場合は、ヒートポンプユニット(エアコンの室外機のようなもの)と作ったお湯をためておく貯湯ユニットの2つのユニットで成り立っています。

設置に広めのスペースが必要です。また、ある程度音がします。

 エアコン・床暖房

石油やガスを使うストーブに代わって 電気ストーブ、床暖房、エアコン、蓄熱式電気暖房器を使用します。オール電化では基本的にガス管を引きませんので、ガスファンヒーターなどは使用できなくなります。

オール電化にする時に多くの人が希望する床暖房では、電気ヒーター式のものと、ヒートポンプで温めた温水を使うヒートポンプ式のものがあります。

現在では、ランニングコストの安いヒートポンプ式温水床暖房のほうが一人気があります。

オール電化住宅のエネルギー消費量と電気代

オール電化住宅の電気料金ですが、いったい、いくらくらいになるのでしょうか?

オール電化住宅はガス(都市ガス・LPガス)を使用しないので、光熱費=電気料金となります。 確かに、ガス代の支払いはなくなりますが、ガスでまかなっていた分のエネルギーを電気でまかなうことになりますので、当然電気代は今よりも増えることになります。

にオール電化にすると家電製品が入れ替わりますが、ガスから電気に変わるのははどれくらいのエネルギー消費量なのでしょうか。 

オール電化住宅のIHクッキングヒーター給湯器エアコン・床暖房と、ガス併用一般住宅の都市ガスのファンヒータ、ガス給湯器、ガスコンロとを比較してみると、以下のようになります。

オール電化住宅の電気料金

オール電化のメリット・デメリットを検証!エネルギー消費量が意外と多い給湯器

一般住宅とオール電化住宅の最終エネルギー消費量
最終エネルギー消費(Mcal/世帯/年) 一般住宅 オール電化住宅
冷房 261 261
照明・動力他 3945 3945
暖房 2933 782
給湯 3014 804
厨房 675 473
合計 10828(うち電力4206、ガス6622) 6264

(※ 日本エネルギー経済研究所発行「エネルギー・経済統計要覧」掲載の日本の平均的家庭のエネルギー消費量データによる)

このエネルギー消費量をkWh(キロワットアワー)に変換すると、オール電化住宅の年間電力消費量は約4888kWh、一般住宅で約7280kWhとなりますので、オール電化住宅と一般住宅の電力使用量の差は年間2400kWh程度となります。

電気料金に直すと、オール電化住宅の年間電気料金は4880kWh×21円+基本料金1年分で約152,880円程度(ひと月12,740円程度)になります。思ったより安いですね。

しかしながら、エネルギー消費量は統計値によってかなり異なります。例えば、東京電力では、オール電化家庭の平均電気使用量が年間7920kWh程度と言われます。この値では、電気代は190,2400円程度(ひと月15,850円程度)になります。

オール電化住宅の電気代を減らす方法

上の表に戻って、いずれの世帯も照明、動力等によるエネルギー消費が最も大きいです。次に多いのは暖房です。エアコンは冷房よりも暖房に多くの電気が必要となるため、暖房が多いのは納得ですね。その次に給湯器と続きます。

給湯器が多いのは意外に感じた方もいるかもしれませんね。IHクッキングヒーターの比重は実はそれほど大きくありません。

つまり、オール電化で電気代を抑えるには、照明や暖房費と給湯にかかる電気代をコントロールするかがカギとなるようです。

​​オール電化向けの料金単価(1kWhあたりの電気料金)は、夜の時間帯は安くなっていますので、タイマー機能などを設定して電化製品を使う、また逆に昼間の時間帯は料金が割高になっていますので、照明などの使用を気を付ける、さらには、省エネで、エネルギー効率の良い電化製品を使用したり工夫することで電気料金を抑えることは可能です。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

オール電化を選ぶべき?

オール電化で光熱費は必ず安くなる?

オール電化にすれば例外なく必ず光熱費が安くなるとは言えません。

オール電化住宅には、オール電化向けの電気料金プランがあり、夜の電気料金が安くなっていることは有名です。ただし、その分、昼間の電気料金が割高になっています。通常の従量電灯料金プランよりも昼間は1kWhあたりの電気料金よりも高いのです。このため、日中、家にいつも人がいる場合は、割り高で電気を使うことになりますので、プラスマイナスであまり変わらない可能性があります。

またこれは光熱費とは異なりますが、オール電化の場合は初期費用が高額であることも覚えておきましょう。

一方、エコキュートの方がランニングコストが安いのは事実ですが、またエコキュートやIHクッキングヒーターはガス機器に比べて高額です。給湯器などは、エコジョーズ(ガス)が420,000円ぐらいならば、エコキュートは880,000円と2倍の価格差になります。トータルのコストは、機器を何年使用するかなどで変わりますので、どちらが際立ってお得ということは一概にはいえません。

オール電化はエコでないといいわれる理由は?

オール電化は、クリーンというイメージがあるものの、CO2の排出の多い火力発電の依存が高まっている現状を考えれば、必ずしも電気をたくさんつかうオール電化がエコとはいいづらいでしょう。

また、電気は、火力発電でも原子力でも、熱により、お湯を沸かして、タービンをまわし電気を作りますね。家庭で電気を使う場合は、その電気を使って、またお湯を沸かしたり、熱(料理やヒーター)に使用しています。

電気が高級なエネルギーと言われるのは、このような「熱→電気→熱」という”贅沢な工程”を通っているためです。パソコンなどは電気でなければ動かないないので仕方ありませんが、ガスは熱をそのまま熱として使用するのでより効率がいいことを考えると、電気を料理やヒーターに使うことは、エコ度は低いということもできます。

家庭のライフスタイルも重要

オール電化によくある長所・短所も人によってその比重は様々です。どのポイントが一番自分にとって重要かがポイントになります。

IHクッキングヒーターならば、火を使わないから子供がいる家庭では安心である、という一方、「子供の教育上、火を使わない生活ってどうだろう?」と疑問を持つ方もいるかもしれません。

また、火を使った「あぶり」料理が重要な方、絶対に土鍋でご飯を炊きたい方、このような方は少数でも、その人にとってはゆずれないとても重要なポイントです。

完全フラットのキッチンの見た目がどうしても譲れないという人ももちろんいるでしょう。じっくり家族と相談することも必要ですね。

オール電化のメリット・デメリット

それでは、本題のオール電化のメリット・デメリットをみていきましょう。オール電化のメリットを以下にまとめてみました。

オール電化とは?オール電化のメリット

オール電化は火を使わないので火事などの心配がないのがメリットの1つです!

オール電化のメリット

  • ガスを使わないためガス料金が無くなる :料金を電力に一本化できます。
  • 深夜の電気料金の安いオール電化向け料金プランを契約することができる。(ただし、昼間の電気料金が割高になる。)
  • 新築時にオール電化をガス配管工事が不要なため、その分建設コストが安くなります。
  • 安全性:火を使わないため、炎による火災の危険性が低くなります。
  • 室温を上げない :夏場はガスコンロを使用している時のような熱気を感じずにすみます。
  • 自家発電した電力も使える:太陽光発電機などで自家発電した電力を消費することが出来ます。

オール電化のデメリット

逆に、どんなデメリットがあるのでしょう?オール電化のデメリットを以下にまとめてみました。

オール電化とは?オール電化のデメリット

オール電化のメリット・デメリットを検証! オール電化は初期費用が高額です。

  • 初期費用が高額である :ガスコンロやガス給湯器と比べて、IHクッキングヒーター、エコキュートあるいは電気温水器の方が導入コストが高くつきます。
  • 現燃料費の影響を直接的に受ける :エネルギー源を電力のみに頼っているため、原燃料価格の高騰などにより電気料金が上がる場合、その影響をもろに受けることになります。
  • 停電時は全てが機能不能となる :停電が起きたら住宅内の電化製品は一切機能しなくなります。
  • 昼間の電気代が割高になる :夜間など電気料金が割安な時間帯に電気を使用しない、あるいは出来ない場合は、電気とガスの併用時よりも光熱費がかかる場合があります。
  • オール電化後はガス併用が困難になる :一度オール電化住宅を建ててしまうと、改築しない限りガスへの再乗り換えが難しくなるので、慎重に検討する事が必要です。
  • 200V電力配線などの工事が必要になる。
  • エコキュートは設置スペースが多くとられる。
  • エコキュートの騒音が問題となっているケースもある。

オール電化のシェアとその歴史

さて、このようなメリット・デメリットを持つオール電化住宅ですが、どのくらいの人が使っているのでしょうか。

2000年代に入ってから普及が始まったオール電化住宅ですが、東京電力の資料によりますと、2009年までは右肩上がりで普及が進んでいました。

株式会社富士経済の調べによると、2010年度末のオール電化導入戸数は436万戸で全体の約10%近くとなっています。

しかし2011年、東日本大震災が起こったことで日本における電力供給事情が変化してしまいました。関東にお住まいの方なら、オール電化住宅に住んでいる人が計画停電でお湯も沸かせず何もできなくなり、カセットコンロを買いに走った話を聞いた事があるでしょう。

オール電化の普及はペースダウンしているものの、安全性や様々なメリットを考え、新築一戸建てやリフォーム分野でユーザーから要望が出されるケースも多く、今後も一定の水準で採用されていくことが見込まれています。

ミニコラム:オール電化の歴史

オール電化住宅はここ最近のものと思われがちですが、実はその歴史は大正時代に遡ります。帝国ホテル(旧建物)の設計などで知られる建築家・フランク・ロイド・ライトが設計した神戸の富豪、旧山邑邸が日本の電化住宅の先駆けと言われています。
室内には110個の白熱球が煌々ときらめき、欧米製の高価な電気オーブン、電気炊飯器、洗濯機などの電気製品がずらりと並び、ー年間の使用電力はなんと3万キロワットだったそうです!
とても普通の電力会社からの電気では足りず、沿線の私鉄と直接契約をして電気を引き込んでいたとの事です。
 

電気料金に関するアドバイス

オール電化を検討中の方

魅力的なオール電化ですが、メリットもデメリットもあることをご紹介しました。参考になりましたでしょうか?

電力自由化以降、オール電化に限らず、大手電力よりも電気料金の安いプランがたくさん登場しました。一般的に新電力といわれるものです。

例えば、基本料金がゼロ円で使った分だけ電気料金を払うプラン(Looopでんき)や、大手電力よりも一律5%安い電気料金を設定している(HTBエナジー)など様々です。

他にもたくさん今より安くなる電気料金はあります。検針票をお手元に、電気料金比較のシュミレーションで確認してみてくださいね。

また、LPガス(プロパンガス)をご使用の方は、LPガス料金の見積もり一括サービス(無料)もありますので、今よりLPガス代が安くなるか調べてみるのもよいでしょう。

オール電化をすでに利用中の方

それでは、オール電化向けの料金プランは、お湯を作る深夜の時間帯の電気料金が安いという特徴があります。タイマーを利用して深夜の時間帯に集中的に電化製品を使うことでオール電化向けのプランをフル活用することがオール電化生活のポイントです

また、数は多くありませんが、新電力の中でもオール電化向けの電気料金プランを提供しているところもあります。多くの場合、大手電力よりも安くなっていますので、切り替えを検討してみてもいいでしょう。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。