You are here

スマートメーターとは? - メリット・デメリットや見方について

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

ご自宅の電力メーターがスマートメーターに切り替わっているかもしれません。ところでスマートメーターとはなんでしょうか?スマートメーターのメリット・デメリット、またスマートメーターの見方についてご紹介します。

スマートメーター
  • スマートメーターは、新しいタイプの電力メーターです。アナログ式の電力メーターからの切り替えがすすめられています。
  • スマートメーターは、検針員に電気使用量の確認が不要、細かく電気の使用量が把握できるなどのメリットがあります。
  • 電力会社を変更する際は、スマートメーターである事が必要になります。(無料でスマートメーターに切り替えられます。)

スマートメーターとは?

スマートメーターの見方を知ろう!電力メーターの種類と仕組み

新しい電力メーター、スマートメーターの見た目はメーカーによって異なります。

現在、スマートメーターと呼ばれる新しいメーターが急速に普及しています。電力自由化以前より大手電力会社が無料で順次、従来のメーターからこのスマートメーターに取り換えを行っています。

すでに今家にある電力メーターがスマートメーターになっているかもしれません。2024年度にはスマートメーターの普及率100%を目指してこのプロジェクトはすすめられています。

スマートメーター(Smart Meter)とは電力使用量をデジタルで計測する電力量計電力メーター)のことです。スマートメーターとは従来のアナログ式のメーターとは異なり、デジタルで電力の消費量(kWh)を測定しデータを遠隔地に送ることができるという特徴があります。

データーを遠隔地に送れるため、電力メーターが新しいスマートメーターになった場合は、検針員による一戸一戸の電力メーターチェックの作業が必要なくなるという大きな利点があります。

さらに今までのアナログ型の電力メーターは1か月に1度だけ電力使用量(kWh)が把握できるだけでしたが、スマートメーターの場合は、電気の使用量(kWh)が30分単位と細かく把握することが可能です。このため、電気の使用量のコントロールがしやすいというメリットもあります。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

スマートメーターとは?特徴

  • デジタル式の電力メーターです。電力消費量(kWh)の表示部分もデジタルになっています。
  • データを遠隔地に送ることができるため、検針員が不要です。
  • 電気の使用量(kWh)が、細かい時間単位で把握することができます。
  • 電力会社にとっても電気の使用量が把握しやすく、コストや業務の負担軽減に役立ちます。
  • オール電化住宅の場合はスマート家電と連動させて、より簡単に電気を「見える化」することができます。

従来型の電力メーター

予定では2024年までには日本の電力メーターはすべてスマートメーターに切り替えられる予定ですが、今まで長くお世話になってきた従来型の電力メーターとはどのようなものなのでしょうか。

アナログ式誘導型電力量計

スマートメーターの見方を知ろう!

アナログ式誘導型電力量計。円盤が回り、電力消費量を測定します。ダイヤル式で数値が表示されます。

まずはこちらのアナログ型の電力メーター。正式名称はアナログ式誘導型電力量計です。

このタイプの電力メーターは表面がガラスで出来ており透明で中をみることができます。電気の使用量を測定するためににアラゴの円盤というものが使用されています。この電力メーターに設置された円盤が、電気を使用するごとに回るしくみとなっており、この回転数をもとに電気の使用量を測定します。ちなみに電気をたくさん使用すると円盤が速く回ります。

さらによく見ると「○○rev/kWh」と書いてあるのが見えるはずです。これは円盤が○○回転するごとに1kWh(キロワットアワー)使用したとして測定しますという意味になります。
電力メーター内にあるダイヤル式の数字を読み取り、電気の使用量(kWh:キロワットアワー)の把握します。ちなみに小数点以下は切り捨てでカウントされません。

電力自由化・電量計

従来型の電力メーターは円盤の回転数で電力の使用量を測定。スマートメーターではデジタルに。

ご存知のとおり、検針員と呼ばれる電力会社の係員が毎月この電力メーターの数字を読み取り、「検針票」もしくは「電気ご使用のお知らせ」を発行し電気料金を各家庭に知らせしています。

アナログなゆえ、機器が故障してデータが突如なくなったり電源がないと表示できない等のトラブルが少ないのが、このタイプの電力メーターの特徴です。

スマートメーターの見方

スマートメーターの見方

スマートメーターなら発電している電力も見える!

次にスマートメーターの電力消費量の読み取り方・見方を説明します。

電力メーターがkWh(キロワットアワー)という単位を使用して、月々の電気に使用量をカウントしているのはスマートメーターでも変わりありません。いつでも電気の使用量はキロワットアワーという単位がし

スマートメータに表示される数字は、今まで使用をした電気の積算数(kWh)が表示されます。表示数値が大きい可能性がありますが、驚かないでください。

その月に表示された数字(kWh)から前回検針した時に表示された数字(kWh)を引いたものが、その月の電気の使用量になります。

具体的なスマートメーターの見方ですが、表示画面が10秒間隔で矢印表示のない画面と矢印表示ありの画面に切り替わります。矢印のついていない画面は使用した電気の積算量を表示しており、矢印のついている表示画面は太陽光などの発電設備を導入して売電している場合の売電量を表示しています。

切り替わらない(矢印マークのついていない)スマートメーターもあります。単純に消費した電力量(kWh:キロワットアワー)を確認したい場合は、「矢印なし」の画面を確認してください。

スマートメーターの見方

  • スマートメーターに表示されるのは電力使用量(キロワットアワー)の積算値です。
  • 今月の表示値から先月の表示値を引いたものが今月の電気の使用量です。
  • 自宅で発電もしている場合はその発電力(kWh)も「矢印」つきの画面に表示されます。
スマートメーターの見方

出典:東京電力

スマートメーターはいつ導入される?

スマートメーターは、100パーセント普及率を目指して、順に切り替えが進められていますが、特に以下のような場合は優先してスマートメーターが導入されています。

特に電力会社の切り替えを行った場合は、スマートメーターへの切り替えが必須になります。

スマートメーターはいつ導入される?

  • 家を新築したとき
  • 古い電力メーターの有効期間が過ぎたとき   
  • HEMS(ヘムス)など電力メーター情報サービスを申し込んだ時  
  • 電力会社の切り替えを行った時

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

スマートメーターのメリット・デメリットは?

スマートメーターとはどんなものなのか?スマートメーターの見方を説明してきました。
続いてスマートメーターについて、メリット・デメリットをみていきましょう。

スマートメーターのメリットは?

 検針員による電力メーターの読み取りが作業が不要になる。

スマートメーターの最大のメリットは、電気の使用状況を電子通信で送れる点です。具体的には電気の使用量データが各電力会社のサーバーにデータがおくられます。

このため電力会社の作業員によるメーターの読み取り作業は不要になります。 電力会社にとっても電気の使用量が把握しやすく、人件費等のコストや業務の負担軽減に役立ちます。

 電気の使用量が見える化でき、家庭での節電・省エネ意識が高まる。

例えば、HEMS(ヘムス)と連動させて、電気の使用量や家庭内の電化製品の電力消費量などを「見える化」することが可能です。

電気使用量の見える化でより積極的に節電・省エネを取り組めるようになります。

 電力消費量データを利用した各種サービスにも役に立つ

スマートメーターは、電力消費量データのパターンを詳しく把握することができます。その消費電力のデータを蓄積し詳しく分析すれば、最適な消費パターンを知ることができます。また、高齢者への見守りサービスのような電気の使用量を見ることで、何か異常がないかどうか把握することが出来ます。

スマートメーターのデメリットは?

このように、良いことずくめのようなスマートメーターですが、デメリットはないのでしょうか?

スマートメーターにも懸念点はいくつかあります。それは、電気の使用量がデーター管理されていますので、万が一データーが盗まれるようなことがあれば、他人に家庭での電気の使用状況が分かってしまうという点です。どんな電化製品をどのくらい使っているかが分かっていしまうというプライバシーの問題があります。

ただし、このように電気の使用状況が「見える」ことができるため、お年寄りが一人暮らしをしているような場合は、電気の使用状況を見ることで異常がないかどうかを知ることができるというメリットもあります。(高齢者への見守りサービス)

どんなものでもメリット・デメリットがあるように、スマートメーターにもメリット・デメリットがあるのが分かりました。

スマートメーターでできる「電気の見える化」とは?

スマートメーターの見方

電気の見える化で、今現在使っている電気の使用量が見えるようになります。

スマートメーターを使うと30分ごとの電気の使用量が把握できると説明しました。ただしこのデーターはスマートメーターが取得をするものの、データーを実際に家庭内で見ることができるようにするには、「電力メーター情報サービス(HEMS:ヘムス)」に別途、導入する必要があります。

サービススマートメーターの登場と、HEMS(ヘムス)(電力メーター情報サービス)と連動させる事により、「電気の見える化」が出来るようになります。

電気の見える化」とは簡単に言うと、電気の消費量をリアルタイムで確認できるようにすることです。これまで消費電力といえば毎月、電気料金の請求書を受け取った時に確認する程度で、日々の正確な電力消費量などは、知るすべがありませんでした。

電気の見える化を実現するHEMS(ヘムス)システムを導入することで、どの電化製品がどれだけの電力を消費しているか、電気使用量が多い部屋はどの部屋かといった、より詳しい情報をモニター表示することが可能になります。(スマートメーターとは別のシステム設置が必要。)

スマートメーターの見方

スマートーメーターが電気の使用状況を可視化!節電・省エネに役立つ!

今現在使っている電気の使用量が、機器ごと、部屋ごと、コンセントごと、といった具合に具体的に見えるようになると、何処でどのような電気の無駄遣いをしているか目に見えて分かるようになります。このため、自然に省エネ行動をおこすようになるというというのが、電気の見える化が狙いとしている省エネ効果です。

実際、一般財団法人省エネルギーセンターの調査によると、「電気の見える化」を導入することによって、約10%の省エネが可能になるという結果がでています。もちろん電力の見える化を実現するシステムは、導入するだけで節電効果が得られるものではありません。

実際に省エネを行動に移さなければ効果は得られません。しかし、消費電力量を測定した後、どういう対策をとれば効果的に節電できるのかを検討してから実行に移すと、より効果的に省エネの成果が得られることは間違いないでしょう。
スマートメーターで電気を見える化すると、自分の電気使用の傾向も分かります。スマートメーターのメリットの1つですね。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。