You are here

電力会社を切り替えるメリット・デメリット

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

電力の小売自由化で、電力会社が自由に選べるようになりましたね。それってそんなにいいことばかりなの?そんな風に思っていませんか?電力会社の乗り換えにはどのようなメリットあるいはデメリットがあるか考えてみました。

電力会社を変えるメリット・デメリット
  • 電力会社を変える最大のメリットは、今より安い電気料金が選べること!
  • 電力会社を変えるメリットは、競争が生まれ、電気料金やサービスがよくなること!
  • 電力会社を変えるデメリットは、「電気料金を比較して、切り替える」という作業が必要という点!

自由化で電力会社が選べるように!

今までは大手電力会社10社東京電力関西電力中部電力中国電力四国電力北陸電力東北電力九州電力北陸電力沖縄電力)が地域ごとに電力市場を独占していたため、私達は自分の住んでいる地域の大手電力会社としか契約することが出来ませんでした。

しかし2016年4月の電力小売全面自由化によって、一般家庭でも、自由に、自分の意志によって電力会社を選べるようになりました。これが電力自由化です。

電力自由化は、いわゆる「規制緩和」です。かつては、電気通信も一社に独占されていましたし、すべての薬は薬局でしか販売できませんでしたが、今は一部の薬はコンビニでも販売できるようになりました。NTT(NTT東日本西日本)光回線の規制緩和については十分でないという意見もよく聞かれますね。

このように他のサービスも自由化されたことを思い出せば、電力自由化は決して、とても衝撃的なことではないことがお分かりいただけると思います。

大手電力会社も新電力といえる!? 新電力には公式な定義はありません。ただ、一般的には電力販売に新たに参入した企業のことを指します。そういう意味では、関東エリアに新たに電力販売を開始した中部電力、中部エリアや関西エリアに新たに電気の販売を開始した東京電力は、その新しいエリアでは「新電力」と呼べるかもしれません。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

2016年4月の電力小売り自由化に伴い、さらにたくさんの新電力が誕生しました。電話・ガスの会社等、身近の会社も多く電気の販売を開始しています。

家庭向けの電気料金メニューを提供している会社を中心に一覧にまとめました。

電力会社を変えるメリット

電力会社を変えたら、どのようなメリットがあるのでしょうか?新電力に電気契約を切り替えることで得られるメリットをまとめてみました。

 電力会社を変えるメリット1 - 電気料金が安くなる!

新電力のほとんどは、大手電力会社よりも電気代が安くなるようなプランを出しています。一律、数パーセント安くなる、という料金プランから、電気の使用量が多いとその分割引率の高くなるようなものまで様々です。

例えば、HISのでんき(HTBエナジー)の料金プランは、基本料金も電力量料金も大手電力より5%安くなるような料金設定しています。このようにどれだけ安くなるかが分りやすいものなら安心して切り替えができそうです。一人暮らしのような電気の使用量の少ない人も気軽に電力会社の切り替えができそうです。

もちろんHTBエナジーに限らず、月々の電気の使用量(kWh:キロワットアワー)が大きいほど、さらに安くなるような電気料金メニューもあります。安くなる額も増えます。このため、世帯人数が多い家庭、オフィス、商店などは電力会社を変えて、今より安い電気料金を契約することで、電気代を減らすことができます。

 電力会社を変えるメリット2 - セット割りやポイントサービスで電気料金がおトクに

東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガスといった大手ガス会社による電気とガスのセット販売や、電気と携帯電話、電気とガソリン、などといった様々な異業種からの新電力では、電気とのセット割りを販売しているところがほとんどです。

一緒に契約する事で出料金が安くなり、また、料金支払いも1度で済むといったメリットがあります。また、電気料金の支払いでTポイントなどのポイントがたまる商品などもたくさん出ています。

例えば、東京ガスなどは、電気の使用が毎月一定以上ある場合は、電気料金が東京電力よりも安く(東京電力より安い電気料金は?- 関東エリア・電気料金比較)なります。東京ガスの都市ガスも契約する場合は、さらに割引もあります。

 新電力の変えるメリット3 - 再生可能エネルギーに積極的な電力会社や環境に安い電気料金プランを選べる!

環境問題に関心があり、太陽光発電バイオマス発電風力発電といった自然エネルギー源によって発電された電気を積極的に使いたい場合、自然エネルギー(FIT電気、再生可能エネルギー)の比率が高い電力会社と契約を結ぶことも可能です。

例えば、ソフトバンクでんきの「自然でんき」は、電源構成のFit(フィット)電気の割合を50パーセントにすることを目標としており、また毎月の電気料金が森林の保護活動への募金に充てられます。

電気の使用を通じて、環境に貢献したいという人には持ってこいのプランと言えるのではないでしょうか?

新電力の変えるメリット3 - ​とにかく選択の自由がある!

自分の出身地の電力会社選んだり、家族の働いている電力会社に契約したり、ウェブサイトが見やすい会社を選んだり、分かりやすい電気料金プランを提供している新電力を選ぶなど、とにかく「選べること」そのものがメリットとも考えられます。

電力会社を選べる「自由」を皆さんも是非エンジョイしてみてはいかがでしょうか?

電力会社を変えるデメリット

ここまで、電力会社を変えるメリットを紹介してきましたが、やっぱり気になるのそのデメリット。漏れなく、電力会社を変える時のデメリットもチェックして行きましょう!

 電力会社を変えるデメリット1 - 電力会社を探したり、切り替えが面倒と感じるかも!
電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

もし電力会社を変えるとなれば、今より安い電気料金を探して、契約という手続きをする必要があります。それが面倒と思う場合は、電力会社を変えることはデメリットともいえるでしょう。

でも、電力会社の切り替えは強制ではありません!お得なチャンスは逃してしまっているかもしれませんが、無理に電力会社を切り替える必要はありません。

切り替えが面倒という方は、いずれにしても電気の契約をしなくてはいけない引っ越し時に電力会社の切り替え(引っ越しと同時に申し込める電力会社を探してみた!)を考えてみてもいいかもしれません。

 電力会社をかえるデメリット2 - 新電力の中には違約金のある電気料金プランもある。

これらは、携帯電話やインターネットプロバイダーなどの契約時に発生する違約金と同じイメージです。

“長期契約を結ぶと安くなる”をうたっている場合、年数縛りや、解約時違約金がセットでついてくる可能性は高いです。特に携帯電話やインターネットの会社とのセット割引の場合、解約条件を確認しましょう。

実際のところ、解約金を設定している電力会社は少数派ですが、念のためチェックしましょう。

電力会社の切り替えを成功させるコツ

電力会社を変えることによるメリットもデメリットをご紹介してみました。両方をチェックして、やっぱり「電力会社を切り替えてみたい!」と思った方のために、電力会社を切り替えを成功させるポイントをチェックをご紹介します。

電気料金の比較には今契約している電気契約メニュー、電力使用量(kWh:キロワットアワー)を理解している必要があります。電気料金の詳細は毎月電力会社から届けられる「検針票」に記載があります。

  • 電力会社の変更のコツ
  • 変更によってどれくらい電気代が安くなるのか → 自分の電気料金プランを確認して、電気料金比較シュミレーションをしてみましょう!
  • どんな電力会社なのか → 会社情報をチェック。
  • 解約違約金はあるか? → あるならいくらか?

電力会社を変えるメリット・デメリット - まとめ

電力会社を変えるメリット・デメリット

デメリットよりもメリットの方が大きい電力会社の切り替え!

電力会社を変える、もしくは新電力に乗り換える際のメリット・デメリットを見てきました。

疑問点はクリアになったでしょうか?安心して電気料金プランの切り替えができそうですか?

  • 電力会社を変える最大のメリットは、電気料金の安いプランを選んで契約することができることです!
  • 電力会社を変えるデメリットは、電気料金の比較や切り替えが面倒と思うかもしれないという点!

電気料金選びで悩んだらセレクトラまでご相談くださいね。今より安い電気料金プランをご提案します。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。