You are here

電力会社を変えるメリット・デメリット

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

電力の小売自由化によって、電力会社を自由に選べるようになりました。電力会社を変える、新電力に乗り換えることでどのようなメリットあるいはデメリットがあるのでしょうか。

電力会社を変えるメリット・デメリット
  • 電力会社を変えるメリットは、今より安い電気料金が選べること!
  • 電力会社を変えるメリットは、競争が生まれ、電気料金やサービスがよくなること!
  • 電力会社を変えるデメリットは、「電気料金を比較して、切り替える」という作業が必要という点!

自由化で電力会社が選べるように!

今までは大手電力会社10社東京電力関西電力中部電力中国電力四国電力北陸電力東北電力九州電力北陸電力沖縄電力)が地域ごとに電力市場を独占していたため、私達は自分の住んでいる地域の大手電力会社としか契約することが出来ませんでした。

しかし2016年4月からの電力小売全面自由化によって、一般家庭でも、自由に、自分の意志によって電力会社を選べるようになりました。
電力自由化は、いわゆる、「電力市場の規制緩和」の一環です。

大手電力会社も新電力といえる!? 新電力には公式な定義はありません。ただ、一般的には電力販売に新たに参入した企業のことを指します。そういう意味では、関東エリアに新たに電力販売を開始した中部電力、中部エリアや関西エリアに新たに電気の販売を開始した東京電力は、その新しいエリアでは「新電力」と呼べるかもしれません。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

2016年4月の電力小売り自由化に伴い、さらにたくさんの新電力が誕生しました。電話・ガスの会社等、身近の会社も多く電気の販売を開始しています。

家庭向けの電気料金メニューを提供している会社を中心に一覧にまとめましたので、選ぶ時には参考にしてくださいね。

自由化以降に小売りを始めた新電力(特定規模電気事業者・PPS)

<ガス会社系>

<商社系>

<ガソリンスタンド・石油系>

<スーパー・コンビニ系>

<地元密着系>

<再生可能エネルギー系>

<電気小売り・発電専門>

<通信系>  

<その他>

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

電力会社を変えるメリット

電力会社を変えたら、どのようなメリットがあるのでしょうか?新電力に電気契約を切り替えるとなにかメリットがあるの?

電力会社を変えるメリット・デメリット

環境に優しい電源開発に積極的な電力会社を選べるのも電力会社を変えるメリットの1つ!

 電気料金が安くなります。
新電力のほとんどは、大手電力会社よりも電気代が安くなるようなプランを出しています。
数パーセント安くなる、というところから、十パーセント以上も安くなるところまであります。実際の割引額は月々の電気料金の多く支払っている家庭ほど、大きくなります。

世帯人数が多い家庭、オフィス、商店などは電力会社を変えて、今より安い電気料金を契約することで、電気代を減らすことができます。

 セット割りやポイントサービスで電気料金がおトクに
東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガスといった大手ガス会社による電気とガスのセット販売や、電気と携帯電話、電気とガソリン、などといった様々な異業種からの新電力では、電気とのセット割りを販売しているところがほとんどです。

一緒に契約する事で出料金が安くなり、また、料金支払いも1度で済むといったメリットがあります。また、電気料金の支払いでTポイントなどのポイントがたまる商品などもたくさん出ています。

電力会社を変えるメリット・デメリット

引っ越し先で同じ電力会社の電気を引き続き契約できるというメリットも!

 再生可能エネルギーに積極的な電力会社を選べます。
環境問題に関心があり、太陽光発電バイオマス発電風力発電といった自然エネルギー源によって発電された電気を積極的に使いたい場合、自然エネルギー(Fit電気、再生可能エネルギー)の比率が高い電力会社と契約を結ぶことも可能です。

 とにかく選択の自由がある!

自分の出身地の電力会社選んだり、家族の働いている電力会社に契約したり、ウェブサイトが見やすい会社を選んだり、分かりやすい電気料金プランを提供している新電力を選ぶなど、とにかく「選べること」そのものがメリットとも考えられます。

電力会社を変えるデメリット

電力会社を変える時のデメリットはどうでしょうか?続いてデメリットも考えてみましょう。

 電気料金の比較や契約手続きが面倒
もし電力会社を変えるとなれば、今より安い電気料金を探して、契約という手続きをする必要があります。
それが面倒と思う場合は、電力会社を変えることはデメリットともいえるでしょう。

いずれにしても電気の契約をしなくてはいけない引っ越し時は電力会社切り替えの良いタイミングといえます。

 解約が難しかったり、違約金を請求される料金プランもある
これらは、携帯電話やインターネットプロバイダーなどの契約時に発生する違約金と同じイメージです。
“長期契約を結ぶと安くなる”ことをうたっている場合、年数縛りや、解約時違約金がセットでついてくる可能性は高いです。
特に携帯電話やインターネットの会社とのセット割引の場合、解約条件を確認しましょう。

電力会社の変更を成功させるコツ

電力会社を変えることによるメリットもデメリットを考えてみました。よりお得な価格でより満足なサービスを受けることは十分可能です!

まず、今現在の契約メニュー、電気代、時間帯別電力使用量をよく把握しましょう。
そしてどのようなサービスが必要あるいは不要なのかを検討してみることが大切です。

  • 電力会社の変更のコツ
  • 変更によってどれくらい電気代が安くなるのか → 今より安い電気料金を探すなら1kWhあたりの料金単価に注目!
  • どんな電力会社なのか → 会社情報をチェック。
  • 現在契約している電力会社の新メニューにはどんなものがあるか → 電気小売完全自由化によって大手電力会社も新電力に顧客を奪われまいと新メニューを次々に提案していますのでチェックの価値あり。

電力会社の変更をしっかりと考える事は、これからどのように電気と付き合っていきたいかを見直す良い機会となります。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

電力会社を変えるメリット・デメリット - まとめ

電力会社を変えるメリット・デメリット

デメリットよりもメリットの方が大きい電力会社の切り替え!

電力会社を変える、もしくは新電力に乗り換える際のメリット・デメリットを見てきました。

疑問点はクリアになったでしょうか?安心して電気料金プランの切り替えができそうですか?

  • 電力会社を変える最大のメリットは、電気料金の安いプランを選んで契約することができることです!
  • 電力会社を変えるデメリットは、解約が難しかったり、違約金を請求される電気料金プランも中にはあることです。

電気料金選びでなやんだらセレクトラまでご相談くださいね。今より安い電気料金プランをご提案します。

 


「電気料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での電気料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力会社のサイトでご確認ください。

電気事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。