You are here

プロパンガスよくある質問

LPガス料金プランについての見積もりなら050-3196-9297までお気軽にお電話ください!
受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 18:00 セレクトラ

LPガスよくある質問
LPガスよくある質問

LPガスと都市ガスの違いは?

都市ガスとLPガスとではその原料が異なります。LPガスはプロパンやブタンを主な成分とする石油ガスです。一方、都市ガスはメタンを主な成分とする天然ガスです。いずれのも場合も原料は輸入に頼っています。

LPガスは油田から原油を採取するや天然ガスを採取する際にに発生するガスからプロパンやブタンを分離させてつくります。原油を精製する家庭からも作ることができます。

さらにLPガスと都市ガスとでは供給方法も異なります。LPガスの場合、ガスボンベに入っているガスをガス業者によって配送してもらい使用します。都市ガスの場合は、地下にあるガス導管を通て各家庭に供給されます。供給方法の違いもLPガスと都市ガスの違いになります。


LPガスよくある質問

LPガスは日本でどれくらいの人が使っている?

LPガスはだいたい日本の全世帯の半分くらいがLPガスを使用しており、都市ガスと半々ぐらいです。最近ではオール電化の家庭も以前より増え、LPガスも都市ガスも使用しないという過程もあります。


LPガスよくある質問

LPガスはどのような用途で使われていますか?

LPガスは家庭において、ガスコンロや給湯で使用されている一方で、他にも様々な分野で使用されています。例えば携帯用のガスコンロ、タクシーの燃料、スプレー缶、屋台の燃料にも使用されています。


LPガスよくある質問

LPガスの特徴は?

LPガスは低温(マイナス42度)で液体になります。また、低圧をかけることでも液化します。体積は液化することにより、250分の1になります。またLPガスは空気より重いです。このため、万が一ガス漏れが起こった場合はLPガスは下にガスが貯まります。


LPガスよくある質問

LPガスは環境に良いというのは本当ですか?

LPガス二酸化炭素(CO2)の排出量が他の化石燃料に比べて低いため、クリーンなエネルギーと考えられています。


LPガスよくある質問

LPガスの熱量(カロリー)はどれくらい?

LPガスは24000kcal/m3です。都市ガスの11000kcal/m3に比べて熱量が高いため、同じ量の水を沸騰させる場合は、LPガスの方が早くお湯が沸くことになります。

しかしながら、家庭で使用するガスはガスのでる量が調整されているため、都市ガスはより多くのガスが出て、同じ所要時間で調理できるようになっています。


LPガスよくある質問

プロパンガス1m3は何キロですか?

LPガスのうち、家庭で多く使われるプロパンガスは、1m3あたり1.99kgです。


LPガスよくある質問

LPガス1kgは何りゅうべ(m3)ですか?

LPガスのうち、家庭で多く使われるプロパンガスは、1kgあたり0.52m3です。


LPガスよくある質問

LPガスのボンベに入っているガスは気体?液体?

ボンベの中に入っているLPガスは液体です。(正確にいうとガスボンベ内には気体のLPガスも少し入っています。)

LPガスは圧力を加えると液化されます。圧力のかけられて液化されたLPガスがガスボンベには入っています。


LPガスよくある質問

なぜLPガスのガスボンベは灰色なの?

実はガスボンベの色は、LPガスに関わらず、そのガスの種類によって決められています。(「高圧ガス取締法」による。)これによれば、色が指定されているガス(例えば、酸素ガスは黒、炭酸ガスは緑など)以外はすべて灰色にするように指定されています。そのため、LPガスのガスボンベは灰色というわけです。

ただし、現在その規定から「LPガス」は外されたため実際は灰色以外のガスボンベを使用してもよいことになっています。新しく製造されるボンベにいたっては、灰色以外のガスボンベになる可能性が高いでしょう。


LPガスよくある質問

LPガスの料金はどこでもいっしょですか?

LPガスの料金は自由料金制となっていて、各販売店が自由にガス料金を設定することができるしくみとなっています。

そのためLPガスの料金は、地域販売店によって様々です。LPガスの料金の地域ごとの料金の平均は石油情報センターホームページ上で確認できます。


LPガスよくある質問

LPガスの料金のしくみは?

基本的にLPガスの料金は、「基本料金」+「従量料金」となっています。

基本料金:ガスを使用してもしなくても支払わなくてはならない固定の料金です。

従量料金:ガスの使用量に応じて変わる料金です。1m3あたりの料金 × トータルのガスの使用量(m3)で決まります。よってガスの使用量が多ければこの従量料金も高くなります。

しかしながら、LPガスの料金の設定は各ガスの販売店によって異なりますので、LPガスを購入している販売店に確認をする必要があります。


LPガスよくある質問

LPガスの購入先は選べるの?変更できるの?

LPガスの販売店は自由に変えることが出来ます。契約を停止し、販売店を変更したい場合は現在のLPガス販売店にその旨を伝えましょう。


LPガスよくある質問

ガス機器を購入したい場合の注意点は?

ガス機器はLPガス用と都市ガス用に分かれています。都市ガスとLPガスとでは発熱量が違うため、それに対応した機器・器具を選ぶ必要があります。


LPガスよくある質問

都市ガスで使用していたガス器具はそのままLPガスで使うことはできますか?

ガス機器はLPガス用と都市ガス用に分かれています。発熱量が違うため、LPガスに対応していなガス機器を使用すると不完全燃焼が起きる可能性があります。
安全のためにも、ガス機器、ガス器具は必ずLPガス用のものを選んでください。

ちなみにLPガスに対応したガス機器であれば、全国どこでもLPガスを使用している限り同じ機器が使用できます。


LPガスよくある質問

LPガスにはどのような税金がかかっているの?

LPガスには、石油石炭税、石油ガス税、消費税がかかっています。

輸入されるLPガスに対しては石油石炭税が、LPガスは、国内で原油を精製する際にも製造されますが、この場合は原油にのみ同じく石油石炭税がかかっています。

またLPガスのうちでも自動車の燃料として使用されるLPガスには石油ガス税がかかっています。最後に、LPガスの消費の段階では消費税がかかります。

LPガスの見積もりをご希望のお客様

お引越しでLPガスを使う事になったり、うちのLPガス高い?と思ったら

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

「enepi(エネピ)」のページへ移動します。「プロパンガス料金見積もりサービスについての注意点」を確認の上、ご利用ください。

セレクトラ・ジャパンでは、エネルギー市場にまつわる有益な情報をウェブ上で提供しています。
ご不明な点があれば、ガス料金のプロ、セレクトラまでお問合せください!