You are here

プロパンガスの料金は交渉できるの?

今より安いLPガス料金を探してみませんか?LPガスの一括見積り(無料)なら050-3196-9297までお気軽にお電話ください!受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

プロパンガス(LPガス)の料金は交渉可能なのでしょうか?交渉次第で今より安くしてもらえる可能性はあるのか、否か、解説します。

プロパンガスの料金は交渉できるの?
  • プロパンガス(LPガス)の料金は各業者が自由に設定をしています。
  • つまり、プロパンガス(LPガス)の料金はガス業者によって差があります。
  • プロパンガス(LPガス)の料金は交渉可能なのです!注意点もご紹介します。

プロパンガスの料金はガス業者によって異なる!

プロパンガスの料金は交渉できるの?

LPガスは自由料金制のため、ガス販売会社によってガス料金が異なります!

プロパンガス(LPガス)の料金はどこでも同じというわけではありません。契約するガス会社によってそれぞれ料金に差があります。

というのもプロパンガス(LPガス)は自由料金制だからです。

例えば、水道料金は公共料金です。総務省の許可のもと料金が定められているため、そこの地域を管轄している水道局によって水道料金は一定のため差がありません。

一方、プロパンガス(LPガス)はそれぞれの事業者が自由にガス料金を設定できるため、料金がLPガス販売業者によって異なるのです。

プロパンガスの料金について正しい認識を!

自由にプロパンガス(LPガス)料金を設定できるというのは、何もプロパンガスの料金に限ったことではありません。毎日使う日用品の値段から、インターネット代のようなサービスの料金も会社によって異なります。

ただし、プロパンガス料金が自由料金であり、消費者も自由に販売店を選べるということを契約者が知らなければ、販売店が、「どこのLPガス販売業者と契約してもガス料金は同じです。」といって一方的なLPガス料金を表示してきても気が付かないで契約してしまうかもしれません。

残念ながら実際にこのような悪質なプロパンガス(LPガス)の営業方法も報告されています。

消費者である私たちも、このような誤った情報に迷わされないように、LPガスに関する正しい知識を身に着ける必要があります。

プロパンガスの料金はガス業者は交渉可能です。

プロパンガスの料金は交渉できるの?

LPガス(プロパンガス)の料金交渉には、適正価格や相場を把握していることが必要になります。

プロパンガスの料金はそれぞれの販売会社が自由に設定をしていることが分かりました。

自由に料金を設定しているということは、皆さんの交渉次第ではガス料金は安くしてもらうことも可能というわけです。一般家庭でも業務用(料理店や店舗)でLPガスを使用している場合も同じです。

ただし、正しくガス料金の交渉をするためには、適切な価格を把握している必要があります。すでにかなりやすい価格が設定されているならば、交渉してもあまり意味がないでしょう。

プロパンガス販売会社は複数存在していますので、他社からも見積もりをもらう、お住まいの地域のLPガスの平均価格を調べるなどして相場を知ることが大切です。

また、ご近所の方と情報交換することも有効な手段であることは言うまでもありません。

プロパンガス(LPガス)料金の内訳もきちんと理解しておく必要があります。

プロパンガスの料金の交渉のためにすべきこと

  • 相場がいくらなのか、複数のLPガス販売業者から見積りをもらおう!
  • 正しくプロパンガスを比較するためにも、ガス料金の内訳を理解しておこう。
  • ご近所の方との情報交換も大切です。もしもご自分のLPガス料金より安ければ交渉のチャンスがあるといえます。

プロパンガスの料金の交渉に必要なポイントはコレ!

プロパンガスの料金は交渉できるの?

ポイントをさえ抑えれば、LPガス(プロパンガス)の料金交渉は難しくありません。

それでは実際にどのようにプロパンガス料金を交渉すべきでしょうか?押さえておくべきポイントを解説します。

ポイント1:プロパンガス(LPガス)の料金の内訳を知ろう!

プロパンガス(LPガス)の料金は、ガスの使用量とは関係なくかかる「基本料金」と、ガスの使用量に応じてかかる「従量料金」で構成されています。

料金を確認するときは、必ずこの「基本料金」と「従量料金」の両方を確認しましょう。

「基本料金」は、1契約あたり、1か月いくらかで、そして「従量料金」はm3あたりで料金が設定されています。

ポイント2:どんな料金プランか、料金プランの種類を確認しよう!

料金プランは、主に、「二部料金制」、「三部料金制」と「最低責任使用料金制(固定料金制)」に分かれています。

  • 二部料金制:「基本料金」と「従量料金」で成り立っている。
  • 三部料金制:「基本料金」と「従量料金」、加えて「設備利用料金」で成り立っている。
  • 最低責任使用料金制:固定料金制です。一定の使用まで、料金が固定で、その一定量を超えると使用量に応じて料金がかかります。

二部料金制で契約しているケースがほとんどですが、念のため確認することをおすすめします。

複数のプロパンガス(LPガス)業者の料金を比べる場合は、もちろん、おなじ料金プランを比べなくてはなりませんね。

ポイント3:プロパンガスの料金表と契約書を必ずもらおう!

複数のプロパンガス(LPガス)業者は、契約内容をお客様に分かりやすく説明した書面(契約書)を提供する義務がありますこれは、液石法第14条という法律で決まっています。

契約をする場合にはきちんと契約書をもらい保管しましょう。また、料金表も忘れずにもらいましょう。

料金表がなければ、毎月の請求料金が正しいのか照会もできませんし、万が一LPガス料金の値上げの連絡があった場合もどれだけ値上げされるのか比べることができません。

また、契約書には以下の項目が含まれていることも確認しましょう。不明点がある場合は、きちんと納得がいくまで質問することが肝心です。

  1. LPガスの種類
  2. LPガスの引き渡し方法
  3. 料金制度
  4. その料金制度に含まれるもの
  5. 設備の所有者はだれか?
  6. 設備の修繕や撤去に必要となる費用の負担方法、負担者
  7. ガス配管、給湯器などの設備の所有者がLPガスの販売者の場合は、それらの「利用料」、「支払方法」、「契約解除時に契約者が設備を買い取る場合の金額」
  8. 保安上の責任が誰にあるか

プロパンガスの料金は交渉できるの? -まとめ-

プロパンガスの料金は交渉できるの?

情報は力です!LPガスの交渉の前には料金などきちんと情報を収集しましょう。

プロパンガスの料金は交渉のために必要な情報をご紹介しました。

「なんとなくLPガスが高い気がする、もっと安くならないのかな・・・。」では、交渉力にちょっと欠けます。

やはり、ある程度準備が必要です。実際にLPガスの価格を現在契約している販売店と交渉する場合は、複数のプロパンガス(LPガス)販売業者から見積りをもらい、準備をしておくことが成功の秘訣です。お住まいの地域のLPガスの平均料金のチェックも重要です。

自分の住んでいる地域のガス販売店を探して、連絡をとるのが面倒という方は、LPガスの見積り一括サービス(無料)を併用するのも便利です。

セレクトラでも、LPガス(プロパンガス)の見積もりの相談を受けつけています。ぜひご利用ください!

LPガスのお見積もりをご希望のお客様

お引越しでLP(プロパン)ガスの契約が必要、我が家のLPガス料金もしかして高い?と思ったら

LPガス料金の一括見積りサービス(無料)を利用して料金を比較してみませんか?

信頼できる販売店から簡単に見積もりをとることができます。今より安いLPガス料金がみつかるかもしれません。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

「enepi(エネピ)」のページへ移動します。「プロパンガス料金見積もりサービスについての注意点」を確認の上、ご利用ください。

セレクトラ・ジャパンでは、エネルギー市場にまつわる有益な情報をウェブ上で提供しています。
ご不明な点があれば、ガス料金のプロ、セレクトラまでお問合せください!