You are here

プロパンガス料金の見積りをとる

今より安いLPガス料金を探してみませんか?LPガスの一括見積り(無料)なら050-3196-9297までお気軽にお電話ください!受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

プロパンガス(LPガス)の見積りを取る際のポイントについてアドバイスします。プロパンガス契約時に注意したいポイントなどもご紹介します!

 プロパンガス料金の見積りをとる

プロパンガス(LPガス)の料金はガス販売業者によって違う!

 プロパンガス料金の見積りをとる

プロパンガス(LPガス)の料金は、販売業者によって異なるので、見積りをもらい比較ですよ。

プロパンガスの見積りについての解説の前に重要なポイントを念のためおさらいします。

ご存知の方も多いと思いますが、プロパンガス(LPガス)は販売会社によって異なります。

というのも、プロパンガスの料金は、水道料金のように「公共料金」ではなく「自由料金制」となっているためです。

つまり、それぞれのプロパン(LPガス)販売事業が、プロパンガスの卸売り業者からガスを仕入れ、そしてコストと利益を考えたうえで最終的な販売価格を決定してるわけです。

このような流れで商品が各お客様のところに届けられることは、どのような業界でも共通していることでLPガス業界に限ったことではなく、特殊なことではありません。

ただし、プロパンガス(LPガス)の場合は、「料金がLPガス販売会社によって異なる」、「複数の業者から見積りをもらえる」ということをはっきり理解していない消費者の方もまだいるようです。ガス料金を比較することなく契約をしてしまい、後で「相場より高かった!」と気づき、結果的に不満に感じる人の割合が多い点が目立っているようです。

プロパンガス(LPガス)の料金は、販売会社によって異なるので、複数の販売会社から見積りをとる(料金表をもらう)のが鉄則ということを再確認くださいね。

プロパンガス会社は切り替えることが可能

 プロパンガス料金の見積りをとる

プロパンガス料金の見積りをもらったら、しっかり確認して選びます。プロパンガスの販売会社は切り替えることができます!

すでにプロパンガス(LPガス)の契約をしているけれど、改めて見積りをとって、販売会社を切り替えるということは可能なのでしょうか。

もちろん、ガスの販売店をご自身で選び、変更することは可能です。

まずは、現在契約のガス販売店との契約書の中身、特に「契約解除・精算」のポイントをよく確認しましょう。

契約書に記載のない、手数料や解約金は支払う必要はありません。

ちなみに、契約解除を依頼されたプロパンガス販売店は液石法という法律により、原則1週間以内でガスの供給設備を撤去することになっています。

現在契約のプロパンガス販売店以外の人間によるガス供給施設の撤去はトラブルの元です。必ず、現在の販売店の担当者に設備を取り外してもらいましょう。

解約時に上記のポイントをチェックさえすれば切り替えはプロパンガス販売店の切り替えは問題なく行えます

もし、現在のプロパン(LPガス)のガス料金が高いかも?と感じたら、さっそく他社から見積りをとってみましょう。見積もりをとってから、今契約しているLPガス販売店と交渉をしてみるということもできるでしょう。

プロパンガス会社から見積りを取る方法とポイント

「プロパンガスの料金は販売店によって異なる」、「すでにLPガスの契約をしていても販売店を変えることが可能」の2点を確認しました。

続いてプロパンガス(LPガス)の販売店から見積りをとる方法とポイントについてご紹介します。

プロパンガス(LPガス)の見積りをとる方法は決して複雑ではありません。お住まいの地域でプロパンガスを販売している会社を探し、連絡をして、見積り(料金表)をもらうだけです。数は多くありませんが、ホームページでLPガス料金を公表している販売店もありますのでそちらを一度見てみるのも良いでしょう。

LPガス料金の一括見積りサービスも併せて利用すれば、より効率がいいのではないでしょうか。あとは内容を確認して、お好みのプロパンガス販売店と契約します。

プロパンガス(LPガス)の見積り内容のチェックポイント!

 プロパンガス料金の見積りをとる

LPガスの見積り内容(料金表)を正しく確認するにも是非チェックしてもらいたいポイントがあります。

プロパンガス料金のしくみを理解しつつ、プロパンガス料金の見積り内容をチェックするポイントをご紹介します。

プロパンガスの見積り・ポイント1:どんな料金プランなのか?料金の内訳は?

プロパンガス(LPガス)の料金プランにはいくつかあります。どんなプランなのかよく理解しましょう。

プロパン(LPガス)の料金は、基本的に「基本料金」と「従量料金」で成り立っています。「基本料金」は、ガスの使用量に関わらずかかる毎月払う料金で、「従量料金」はLPガスの使用量(m3)によって料金が加算される料金です。どちらもきちんと見積もり(LPガスの料金表)に記載されているべき項目なので必ずチェックしましょう。

特に、新築戸建てでLPガスを契約する場合は、工事費はどこに含まれているのか明確にしておきましょう。また、工事費は別途で払うことをおすすめします。

プロパンガスの見積り・ポイント2:LPガスの値上げに関する情報は?

LPガス料金の値上げの連絡をいつまでにすべきか契約書に書くことは義務化されていません。しかしながら、液石法という法律により、「契約内容や重要事項は分かりやすく明記する」ようにと推奨されています。

このため、値上げの連絡のタイミングについても触れている、具体的には、「LPガス料金を値上げしなければならい場合は、1か月前に連絡する。」等の注意書きをしてくれていれば、良心的な販売店と判断することができるでしょう

プロパンガスの見積り・ポイント3:解約条件は?

解約の条件もお忘れなく。契約期間を満了せず、解約をする場合、解約料金がかかる場合があります。

プロパンガスの契約を解約する場合、解約料金がかかるのか?また、その条件はどのようなものなのか忘れずにチェックしましょう。

プロパンガスの見積り・ポイント4:ガス設備の所有関係

これは、使用しているLPガス設備にトラブルや故障があったときに誰の責任になるかという問題にかかわりますので、念のために確認しておきましょう。

大抵の場合、室外にあるもの、つまり、LPガスの容器(ボンベ)ガスメーター、そしてガス容器とガスメーターをつなぐ供給管はLPガス(プロパンガス)販売店側の所有になっています。

LPガス販売会社の所有であるこれらの設備を契約者が勝手にいじって破損が生じた場合は、契約者に修理代が課されることになることがお分かりいただけると思います。

プロパンガスの見積り・ポイント5:支払方法や担当者や連絡先は明確?

支払い方法は、ご自分の好みの方法で支払いができるかどうかの確認もお忘れなく。

さらに、そのLPガス販売店の担当者が誰で、すぐに連絡のつく電話番号が明記されているかどうかももちろん超重要ポイントです。

プロパンガス(LPガス)の一括見積サービスを利用もおすすめ!

 プロパンガス料金の見積りをとる

悩んだら、ご相談を。プロパンガス(LPガス)の一括見積サービスは無料で便利。

プロパンガス(LPガス)の見積りは、お住まいの地域のガスの販売店に連絡をして見積りをとり、比較するだけで良いので決して複雑ではありません。

ただし、自分の住んでいるエリアを担当している販売店を探す、電話などで連絡して、見積り依頼をする、見積り(LPガス料金表)を受け取るという一連の作業は結構手間で、時間がかかります。

加えて、見積り内容に疑問があれば、またそれぞれのLPガス販売店に連絡をとって確認をしなければなりませんね。こうなると結構めんどうくさいですね。面倒な作業のため、重要なLPガス料金の確認ポイントのチェックを怠ってしまったら意味がありませんね。

そんな時間と手間を省くためにも、LPガス(プロパンガス)の見積り一括サービスを使用してみてはいかがでしょうか?最大のメリットは、一度の作業で複数のLPガス(プロパンガス)の見積りを「無料で」手に入れることが出来る点にあります。

もちろん、切り替えの義務はありません。LPガス(プロパンガス)の見積り一括サービスを利用して受け取った見積りから契約したい会社がもしあれば契約の手続きにすすめばOKです。

現在のLPガス代を少し節約したいな、もうちょっと安くならないかな?と思っている方は、見積もり(料金表)をもらうことが第一歩です!

セレクトラでも、LPガスの見積もりの相談を受け付けています。ぜひご利用ください!

LPガスのお見積もりをご希望のお客様

お引越しでLP(プロパン)ガスの契約が必要、我が家のLPガス料金もしかして高い?と思ったら

LPガス料金の一括見積りサービス(無料)を利用して料金を比較してみませんか?

信頼できる販売店から簡単に見積もりをとることができます。今より安いLPガス料金がみつかるかもしれません。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

「enepi(エネピ)」のページへ移動します。「プロパンガス料金見積もりサービスについての注意点」を確認の上、ご利用ください。

セレクトラ・ジャパンでは、エネルギー市場にまつわる有益な情報をウェブ上で提供しています。
ご不明な点があれば、ガス料金のプロ、セレクトラまでお問合せください!