You are here

都市ガスとプロパンガスの違い

今より安いLPガス料金を探してみませんか?LPガスの一括見積り(無料)なら050-3196-9297までお気軽にお電話ください!受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違いとは?私達が日常生活で使用しているガスには、都市ガスと、プロパンガス(LPガス)の2種類があります。具体的にどのような違いがあるのかみていきます。

都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違い
  • 都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違いは、主に「供給方法」、「原料」、そして「料金体形」です!
  • ただし、都市ガスもプロパンガス(LPガス)も使用目的は同じです。家庭のガスコンロや給湯で使用されるという点では変わりはありません。

都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違い

私達が日常生活で使用しているガスには、都市ガスとプロパンガスの2種類があります。

ちなみに日本でどれくらいの人がそれぞれのガスを使用しているかそのシェアを見てみると、65%をが都市ガス、そして34.3%がプロパンガス(LPガス)となっています。

LPガスも都市ガスも使用していない家庭はあるのでしょうか?それは、家庭のエネルギーをすべて電気で賄うオール電化です。上記シェアの残りはオール電化になります。

それでは、都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違いは何なのでしょうか? 原料とその特徴、供給ルート、料金制度など、都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違いをご紹介します。

都市ガスとプロパンガスの違い1 - ガス供給方法

都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違いで一番目に見えてわかりやすいのは、ガスが各契約者まで届けられる方法、つまりガス供給方法の違いです。

都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違い

プロパンガス(LPガス)は容器ごと各家庭に運ばれます。

都市ガスの場合は、道路下に通されたガス導管を通じて各契約者の家庭にガスが届られます。一方、プロパンガス(LPガス)の場合は、容器に液化されたガスが充てんされ、その容器ごと契約者に届けられます。

これが、都市ガスとLPガスの大きな違いの1つです。

ガスの使用量が、ガスメーターもしくはガススマートメーターを経て把握される点には変わりがありません。

それでは、なぜこのように供給方法が都市ガスとLPガス(プロパンガス)で違うのかと言えば、理由はその初期費用にあります。ガス導管を引くには大きなコストがかかります。そのため、住居が集中しているエリア、都心部でなければガス導管を通しても採算がとれません。

このため、民家が一定以上集中していないエリアでは、ガス導管を引くことができず、LPガス(プロパンガス)のように容器ごと販売する形がとられます。居住エリアのサイズが限られれている地方都市や、隣の家まで、距離が空いている郊外などでは、導管を引くよりも、プロパンガスを配送する方がコスト効率が高いためです。

災害に強いプロパンガス(LPガス) プロパンガス(LPガス)は、プロパンガス(LPガス)が入った容器を配送して供給する分散型エネルギーであるため、災害に強いエネルギーという側面があります。 災害が起こった時、被害を最小限に抑え、調査・点検が1戸単位で行なうことができるため、迅速な復旧が可能です。また、避難所などへの燃料供給にも臨機応変に対応できるメリットもあります。

都市ガスとプロパンガスの違い2 -ガスの原料

都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違い

都市ガスもLPガスも原料を輸入に頼っている。輸入された原料は、どちらもタンクに一旦貯蔵されます。

続いての都市ガスとLPガスの違いはその原料です。

都市ガスは、メタンを主な成分に持つ天然ガスを主な原料としています。一方、プロパンガス(LPガス)は、プロパン、ブタンを主成分に持つ液化石油ガスを原料としています。

欧米では産地から直接天然ガスをパイプラインで運ぶことが可能ですが、、日本の場合は、産出地から遠いことから、産地で天然ガスをマイナス162度まで冷やして液化天然ガス(LNG)として液化したものを特殊なタンカーで輸入しています。

そして、日本で再び気体に戻してからガス導管で家庭に送ります。

都市ガスプロパンガス(LPガス)とも、これらの原料のほとんどを輸入に頼っています。日本は世界の液化天然ガス(LNG)の約50%を輸入しており、都市ガスとして使われている天然ガスの9割はこの海外から輸入する液化天然ガス(LNG)に頼っています。

都市ガスの原料となる液化天然ガスの主な輸入国

マレーシア(34%)、オーストラリア(21%)、インドネシア(17%)で、輸入先は比較的分散しています。これらの国からの輸入が7割以上を占めます。(日本ガス協会2011年度データを参照)。

一方、液化石油ガスは、天然ガス田や油田から産出されるとともに、原油を精製する過程でも出てきます。日本のプロパンガス(LPガス)は約4分の3を海外から輸入し、残りは国内に輸入された原油を精製する際に生産されています。

プロパンガス(LPガス)の主な輸入国

都市ガスとは異なり、カタール(27%)やアラブ首長国連邦(21,4%)、クウェート(12,1%)、サウジアラビア(11,4%)など中東諸国が7割以上を占めています。近年は米国産のシェール随伴プロパンガス(LPガス)の輸入が増加しており、今後は調達先の多様化が進んでいくと考えられます(日本プロパンガス(LPガス)協会2014年度データを参照)。

シェールガスとは? シェールガスとは、天然ガスの一種で、これまで困難とされてきた頁岩(シェール)層に封じ込められている天然ガスの一種です。従来のガス田ではない場所から生産されることから、非在来型天然ガス資源と呼ばれています。シェールガスは、これまでの天然ガスに匹敵するほど埋蔵量が多く注目されましたが、技術革新で以前よりも安く発掘されるようになったものの、発掘コストは以前高いことや、環境問題なども懸念されている点より、シェールガスが採掘可能な場所は世界中にあると言われており、現在実際にシェールガスが発掘されているのは一部に限られています。

都市ガスとプロパンガスの違い3 - 発熱量と重さ

都市ガスとプロパンガスの違いはその発熱量と重さにも違いがあります。

LPガスは発熱量が高い。

都市ガスとプロパンガス(LPガス)とは、その原料が違うことは上記で説明した通りで、プロパンガス(LPガス)は、プロパン、ブタンを主成分に持っています。このため熱量がとても高いのが特徴的です。

プロパンガス(LPガス)の熱量(カロリー)は24,000Kcal/㎥と、大手都市ガスの熱量(カロリー)11,000Kcal/㎥に比べて約2倍以上あります。

ちなみに、LPガスは、主成分がプロパンの場合は、プロパンガス、ブタンの場合はブタンガスと呼ばれますが、どちらもLPガスであることに変わりはありません。

都市ガスは空気よりも軽く、LPガスは発熱量は空気より重い。

都市ガスプロパンガス(LPガス)は原料が異なるため、重さも異なります。都市ガス空気より軽くプロパンガス(LPガス)空気より重いのです。

このため、都市ガスの場合、万が一ガスが漏れた際に換気経路から排気されますが、プロパンガス(LPガス)は低い位置にたまりやすいため、いったんガス漏れになると事故になる危険が高いと言われます。

そしたがって、プロパンガス(LPガス)のガス探知器は都市ガスのように高い位置ではなく、低い位置に設置されています。

つまり、万が一、プロパンガス(LPガス)のガス漏れが起きた場合は、部屋の底部の換気を行う必要があります。

プロパンガス(LPガス)ですが、マイコンメーターや警報機、ヒューズコックといった安全機器の取り付けが徹底された結果、今では事故件数は都市ガス並みです。

過去10年間のデータによると、LPガスの漏洩、爆発、火災等の事故は都市ガスより少なくさえなっており、プロパンガスが危険というイメージは過去のものといえます。

都市ガスとプロパンガスの違い4 -ガス器具の違い

都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違い-

引越しで都市ガスからLPガスになる時は同じガス器具は使えません。ガス器具、都市ガスとLPガスとでは互換性がありません。

前述のように、プロパンガス(LPガス)はプロパン、ブタンを主成分に持っていて、熱量がとても高いのが特徴です。一方、都市ガスの主原料は、メタンガスです。

このように、都市ガスとLPガスは原料の違いから、熱量なども異なるため、同じガス器具は使用できません。お引越しなどで、都市ガスからプロパンガス(LPガス)、もしくは逆になる時は、ガス器具も変更しないといけないので注意が必要です。

ちなみに、都市ガス用のコンロのガス穴はプロパンガス(LPガス)用のコンロ穴よりもガスが多く出るように大きい仕様となっています。

そのため、実際の使用ではLPガスと都市ガスの使用で差異を感じらることはありません。

都市ガスとプロパンガスの違い5 - 料金システムの違い

LPガス(プロパンガス)と都市ガスの違い

LPガスは自由料金制です。販売店により価格が異なるので、販売店から見積もりをとらないと価格を比較することができない。

上記までは、都市ガスとLPガスの違いについて供給方法や原料など、技術的な点に焦点を当ててみてきましたが、料金システムも都市ガスとプロパンガス(LPガス)とでは異なります。

都市ガスの料金は公共料金であり、事業者が勝手に料金を設定することはできません。都市ガス料金の決定には、総括原価方式が採用されています。(2017年より、都市ガスの価格も自由化されましたが、規制価格は現在も残っています。)

一方、プロパンガス(LPガス)の場合、自由料金制となっています。料金設定に関しては、規制はありませんので、販売店の裁量にまかされている格好です。

そのため、同じ販売店から買っている場合でも、契約の仕方や時期で値段が違い、請求された料金が高いのか安いのか比較しにくいという難点があります。また、LPガス料金をHP等で公表している販売店は少数です。

プロパンガス(LPガス)は、利用者の居住地域にあるプロパンガス(LPガス)会社の中から自由に会社を選んで契約を交わすことができます。ご自身が支払っているLPガス(プロパンガス)料金がどの程度が知る場合は、複数のLPガス販売店から見積もりをとって比較することで把握することができます。

また、全国には2万社以上のプロパンガス(LPガス)会社があると言われていますが、石油情報センターが毎月全国のLPガスの平均料金を調査していますので、それらの情報を参考にしてみるのも良いでしょう。

このように都市ガスとLPガスとで料金体系が違うのはなぜかといえば、統括している法律がそれぞれ違うためです。同じガスでも違う法律が存在するのです。

都市ガスの場合は、その販売事業は1954年に定められた「ガス事業法」によって統制されています。一方、プロパンガス(LPガス)は、1967年に成立した「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律」、通商「液石法」が適用されています。

都市ガスとLPガスの違い - まとめ

都市ガスとLPガスの違いを細かく説明してきました。こちらでは違いを分かりやすくまとめます。

都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違い-

都市ガスとLPガスの違いの1つは原料。しかしどちらもほとんどを輸入に頼っています。

  • 都市ガスとLPガスはガスの供給方法が異なります。

都市ガスは道路下のガス導管を通って各契約者へ届けられます。LPガスは、容器ごと、各家庭に配送されます。

  • 都市ガスとLPガスはガスは原料が異なります。

都市ガスはメタンを主な成分に持つ天然ガスです。LPガスはプロパンやブタンを成分に持つ液化石油ガスです。

LPガスは空気より重いのが特徴的です。

熱量も異なるため、それぞれのガス器具には互換性がありません。同じガス器具は使えませんので注意が必要です。

  • 都市ガスとLPガスはガスは料金制度が異なります。

都市ガスは、公共料金のため、料金設定には規制がかかっています。(2017年4月より自由化されます。)一方、LPガスは、長らく自由料金制となっており、各LPガスの販売店が自由に料金を設定できるようなしくみとなっています。

LPガスのお見積もりをご希望のお客様

お引越しでLPガスの契約が必要になったり、うちのLPガス(プロパン)高い?と思ったら

一括見積りサービスで、今より安いプロパンガス料金を探してみませんか?信頼できる販売店をご紹介します。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

「enepi(エネピ)」のページへ移動します。「プロパンガス料金見積もりサービスについての注意点」を確認の上、ご利用ください。

セレクトラ・ジャパンでは、エネルギー市場にまつわる有益な情報をウェブ上で提供しています。
ご不明な点があれば、ガス料金のプロ、セレクトラまでお問合せください!