WiMAXの評判 - おススメする人、おススメしない人・メリット・デメリットを調査

TVコマーシャルや広告でとにかくよく目にするWiMAX。かなり手軽にインターネットができそう。でも、本当にWiMAXはおすすめなのでしょうか?あらゆる角度からWiMAX(ワイマックス)を調べてみました。

そもそもWiMAX(ワイマックス)はどんなインターネットなのか?

WiMAXは、無線のインターネット回線です。光回線インターネットを利用するには、ケーブルを引いてもらわなければなりませんね。これ対して、WiMAXで必要なのはごく小型の専用のルーターのみです。無線ですから、光回線のようなケーブルは存在しません。そのため回線を引き込んでくるような工事は一切不要です。

WiMAXのルーターは持ち運びが容易なので、いったんWiMAXの回線契約さえすれば、家でも、外出先でもインターネットができるようになります。このため、WiMAXを利用すれば、自宅のインターネットに加え、スマホのデータ通信もWiMAXに頼る、ということも可能です。スマホの契約データ容量を下げるということもできるでしょう。

ちなみに、WiMAX(ワイマックス)という言葉は、もともと色々ある通信技術の規格名で、それが商品名になっています。また、WiMAX(ワイマックス)のサービス提供元は、UQコミニュケーションズですが、実際の契約は様々な代理店・プロバイダーから行うことができます。

WiMAX(ワイマックス)の良いところ・おすすめのポイント

工事がいらないからすぐネットができる

繰り返しになりますが、WiMAXのメリットはなんといっても、工事など一切不要である点です。

工事の種類は異なるといえ、戸建てでも集合住宅でも、光回線インターネットを利用する場合は工事が必要です。工事費もかかりますし、立ち合いのために、自宅にいる必要があります。一人暮らしの人や、共働きの人などは光回線の工事に時間をとられるのはやっかいに感じることがあるでしょう。

このような煩わしさがなく手軽に利用できるという点が他のインターネット回線にはない、WiMAXならではの強みです。

場所を選ばず利用できる

小型の専用ルーターを持ち運べば、どこでもインターネットができます。WiMAXがあれば、無料Wi-Fiの提供のないエリアでも、インターネットができますから、仕事や勉強、趣味でも、好きなところインターネットが利用できます。

WiMAXルーターのサイズは、128 x 66 x 11.9 cm (Speed Wi-Fi NEXT W06)で、重さは約125gです。厚みは少しありますが、i-Phoneよりもサイズは少し小さいぐらいのなので、気軽に持ち歩きが可能です。

通常利用であれば、約9時間充電なしで使用することができます。趣味からビジネスまで、幅広く安心して使うことができます。

移動が多い人には、とっても重宝するインターネット接続サービスというわけです。

通信速度が速い

WiMAXはモバイル回線にも関わらず、通信速度がADSLよりも優れています。最新WiMAXルーターの「Speed Wi-FI NEXT W06Wi 」ではWiMAX 2+という新しい通信システムが使用されています。この場合、の通信速度は下り通信速度は最大440MBbpsです。無線回線でありながら、ADSLよりも速い通信速度を誇ります。

別売りになりますが、専用のUSBケーブルを直接WiMAXルーターにつなげて使用すれば、さらにスピードはあがります。

WiMAXの(ワイマックス)の悪いところ・おすすめできないポイント

ファミリー世帯では持ち運べるメリットをいかしにくい

WiMAXのメリットは持ち運びができるという点にありますが、ルーターを持って外出した場合、当然宅内ではインターネットの使用ができません。ですから、家族の人数が多い場合はそのメリットがいかしにくいかもしれません。

もしずっと自宅で使用するだけならば、同じWiMAXでも据え置きタイプのものがありますから、それを利用する方が良いかもしれません。もちろん工事は不要です。

障害物に弱い

WiMAX(ワイマックス)は、無線にも関わらず通信速度が速いのが特徴ですが、これは周波数が高いためです。周波数が高いとデータの区切りの感覚が狭くなるためたくさんのデータが送れるのです。しかしながら、周波数が高いものは、低いものに比べて障害物を通しずらい傾向があります。例えば、同じラジオでも、AMの周波数はFMよりも低いので、障害物に強くつながりやすいわけです。

WiMAXは、障害物に弱いと言いましたが、ガラスや窓は関係ありませんし、鉄筋コンクリートの壁が何層にもなっている場合や防火コンクリートに囲まれている室内で使うならば注意が必要です。

このような場合は、WiMAXルーターを窓際に置くなど、いくつか対策があります。

電波の届きやすさは、基地局の数にもよります。その点に関しては、WiMAX2+の基地局は全国に3万局もあり、都市部であればその利用に問題はありません。

短時間にたくさんデータ通信を行うと速度制限がある

3日間で10GB以上データ通信を行うと、通信速度が制限されていしまいます。

より具体的には、3日間で10GBを超えた翌日のうち、ネットワークが混雑する時間帯(18時から午前2時まで)で1Mbpsまで通信速度が下がります。

10GBは、YouTubeで、高画質の画像(5分)を166回(13時間)見るのにだいたい匹敵します。これが、多いとなるか、少ないととるかは皆さんが普段インターネットを主にどのように利用しているかによって異なります。サイトでの調べ物程度にしかネットを使わない、動画は長時間観ることはないという方はまったく問題ありません。ストリーミングで映画をたくさん観る、高画質オンラインゲームをする、といった方には厳しいかもしれません。

月額料金は光回線と変わらない

WiMAXの月額料金は、光回線の月額料金と比べて格別安いというわけではありません。とにかく値段重視、通信費を安くしたいということであれば、安い光回線と格安SIMという組み合わせを検討した方が効果的かもしれません。

WiMAX(ワイマックス)の月額料金・実際にかかる費用

WiMAXの利用には、WiMAXルーターの購入費用と、月額使用料、それに登録料3,000円がかかります。代理店経由で申し込みをすると、通常ルーターは無料です。

UQ Flat ツープラス ギガ放題(3年)プランが基本的なプランです。2年のプランもありますが、その場合はLTEのオプションがつきません。

LTEオプションLTEとは、WiMAXとは異なる電波の種類です。WiMAX2+の電波が弱い地域、エリア外の場合、auの提供するLTEで接続することができます。

この他、UQモバイルとセットになっているプラン(ウルトラギガMAX)も存在します。

一般的なプラン、UQ Flat ツープラス ギガ放題(3年)プランの料金は以下の通りです

UQ Flat ツープラス ギガ放題(3年)税抜
対応ネットワーク
月額料金 4,380円
通信量 WiMAX 2+ 月間データ量の上限なし
LTE 7GB / 月
(3年プランならオプション料1005円 / 月が無料。2年プランは有料です。)
契約年数 3年

WiMAXの契約は、サービス元のUQコミニュケーションズよりも、代理店経由で申し込んだ場合の方が特典が充実しています。以下に主なWiMAX契約の代理店をご紹介します。

どこのWiMAX代理店と契約しても同じWiMAXが利用できることには変わりありません。月額料金や、キャンペーン内容が異なりますのでチェックが必要です。また、契約条件は、すべて自動更新になっていますので、年数および解約金を確認しておきましょう。

WiMAX(ワイマックス)の申し込み
内容 代理店名 申し込みのポイント
ソニーコミュニケーションズ
  • 月額料金が使用月によって変わります。(割引の額が段階的に減っていくため)
  • 自動更新プランです。更新月や解約金を確認してください。
  • キャッシュバックキャンペーンは貰いそびれないように手続きを確認してください。
DTI
カシモ
GMOインターネット
UQコミニュケーションズ

WiMAX(ワイマックス)の注意点・解約金の有無や解約金

WiMAXでは、その契約に自動更新を採用しています。自動更新タイプのプランでは、解約をしたい場合、「契約の更新月」に解約をしなければ、解約金がかかります。

自動更新プランは、「最低契約期間」とは異なるので、「UQ Flat ツープラス ギガ放題(3年)」を契約しており3年以上契約を続けていた上で解約をしたい場合でも、「更新月」を把握して手続きを行わないと、残念ながら解約金を支払いわないといけないのです。

ただし、WiMAXは、場所を選ばず利用ができるので、引っ越しのためやむを得ず解約をするというケースは避けることができます。

更新日がいつかは、WiMAXの自分のアカウントで確認をすることができるので、念のため事前に把握しておきましょう。

以下はUQコミュニケーションズで申し込みを行った場合の解約金の額です。

UQ WiMAX – 契約解除料
  2年契約 3年契約
1(課金開始月)~13ヵ月目 19,000円 19,000円
14~25ヵ月目 14,000円 14,000円
26ヵ月目(2年契約の更新月) 0円 9,500円
27ヵ月目~ 9,500円 9,500円
38ヵ月目(3年契約の更新月) 9,500円 0円

WiMAX(ワイマックス)の評判や口コミ

WiMAXは、まったく通信速度を気にせず問題なく使うことができて、超満足という人がいる一方で、まれに通信速度が遅いという声もあります。

WiMAXでは、WiMAX 2+が届いているエリアとそうでないところがあります。まれに、十分に電波が届いていないところだと十分な通信速度が出ないのは当然です。WiMAX 2+のエリアは、UQコミニュケーションズで簡単にチェックが可能です。例えば、家電量販店の販売スタッフからの説明だけで、WiMAXを契約してしまった人にこのようなケースが多いようです。

WiMAXがおすすめの人、おすすめでない人

WiMAXは導入のしやすさとモビリティが魅力です。室内で利用しても、サイズが小さく場所をとりません。光回線のように無線LANケーブルを準備する必要ないので、お部屋もスッキリした印象になるでしょう。

この点を加味すると、一人暮らしや二人暮らしの人、それから、家にいないことが多いひとにはWiMAXはおすすめと言えます。

一方、世帯人数が多い人、大量のデータを利用する人、高画質の動画をかなり長く見るような人は、どれくらいデータを利用しても速度制限のかからない固定回線の光回線を選ぶのがベストです。

光回線・主なプロバイダー
光回線プラン名 特徴 代理店名

NURO光

DTI光
So-net光プラス
更新日