インターネット申し込み無料相談

インターネットプラン選びのご相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話ください。

インターネットプラン選びのご相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話ください。

WiMAX(ワイマックス)のエリアについて調べる方法。圏外だった場合はどんなプランがおすすめ?

気軽に持ち運んでいつでも高速インターネットが使えるWiMAX。ただ、電波のエリアが気になる人もいることでしょう。ここではWiMAXのエリアを確認する方法、電波が届きにくい場合の対策、WiMAXのエリアが圏外でも使えるモバイルWiFiなど紹介します。

WiMAX - エリアを確認する方法

WiMAXに申し込む前に、WiMAXがカバーしているエリアを確認するのは大事です。自分の活動範囲でWiMAXの電波が入らなければ意味がありませんよね。

WiMAXのエリアを確認する方法は細かく分けると何通りかありますが、すべてUQ WiMAX公式ページにアクセスが必要です。では、エリア確認方法を見ていきましょう。

  1. 地図上で広範囲のエリアを調べる
  2. 住所を入力してエリアを調べる
  3. 特定の住所で電波が入るか調べる

WiMAX回線事業者はUQコミュニケーションズWiMAXサービスを提供しているプロバイダは複数ありますが、回線を運用しているのはUQ WiMAXの会社UQコミュニケーションズです。そのため、プロバイダに関わらずエリア検索はUQ WiMAXホームページ上で行うことになります。

1. 地図上で広範囲のエリアを調べる

  1. UQ WiMAX公式ページの「WiMAX(ルーター)のサービスエリア」にアクセスする
  2. 自分が居住している都道府県をクリックする
  3. 地図を拡大縮小しながらエリアを確認する

2. 住所を入力してエリアを調べる

  1. UQ WiMAX公式ページの「WiMAX(ルーター)のサービスエリア」にアクセスする
  2. 「住所、フリーワードから検索」をクリックする
  3. 住所を入力してクリックすると地図上で住所がピンで表示される

3. 特定の住所で電波が入るか調べる

  1. UQ WiMAX公式ページの「WiMAX(ルーター)のサービスエリア」にアクセスする
  2. 「ピンポイントエリア判定」をクリックする
  3. 建物種別(戸建住宅 or 集合住宅/ビル)を選択する
  4. 住所を入力またはリストから選択する
  5. 判定で〇/△/×いずれかが表示される

WiMAXのピンポイントエリア判定が△、×の場合ピンポイントエリア判定で△なら、建物の高さやルーターの設置場所によって電波の入りが変わることがあります。UQ WiMAXの15日間無料お試しサービス「TryWiMAX」に申し込んで確かめるのもいいでしょう。エリア判定が×の場合は、記事後半で紹介するLTE回線モバイルWiFiにするのがおすすめです。

WiMAX - サービス提供エリアは狭い?

WiMAX回線の人口カバー率は90%超、全国主要都市(東京23区、政令指定都市、47都道府県の県庁所在地)における人口カバー率は99%以上。実人口でいうと、1億人がWiMAXを使えることになります。

このことから、WiMAXエリアは人口比で非常に広いといえるでしょう。ただ、地図上で確認するとWiMAX電波が入らないエリアが多いように見えます。これは、山間部や人口比率が少ない地域ではWiMAX基地局が設置されていないからです。

WiMAXが使えるかどうか気になる人には、次に紹介するTryWiMAXで試してみるのがおすすめです。

UQ WiMAXなら15日間無料で試せる

UQ WiMAXのお試しサービス「TryWiMAX」なら、15日間無料でWiMAXを試用することができます。自宅や職場、近所のカフェなど活動範囲内でWiMAXが快適に使えるかチェックするといいでしょう。

TryWiMAXの申込みは、UQ WiMAX公式ページ上からオンラインで行います。WiMAX機器を受け取ってから15日後までに返却する必要がありますが、送料はUQ WiMAXが負担してくれます。

WiMAXの電波が入りにくい場合の対策

WiMAXを使っていると電波がなかなか入らないことも。そんな時の対策をいくつか紹介します。

 ルーターの電源を入れ直す
WiMAXルーター自体に問題があるかもしれないので、電源を一度切って10秒ほど待ち再度入れ直します。

 ルーターの設置場所を変更する
WiMAXの電波が入りやすいのは窓際や高所、周りに遮蔽物がない場所です。WiMAXの電波は通信速度が速い反面、障害物に弱いという特徴があります。なるべく電波が入りやすい所にルーターを設置しましょう。

 最新のルーターに機種変更する
最新のWiMAXルーターは、以前の機種に比べて電波の入りが改善されています。もし古い機種を使っているのであれば最新のルーターに機種変更するのも一つの手です。

LTE回線モバイルWiFi - WiMAXが圏外ならおすすめ

WiMAXの電波が入りづらい、またはWiMAXエリア圏外なら、LTE回線を使用するモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)がおすすめです。

LTE回線は、大手キャリア(ドコモ・au・Softbank)のスマホでも利用されている回線です。LTEなら、WiMAXが苦手とする人口比率が少ないエリアでも電波が強力に入ります。

LTE回線モバイルWiFiは実質の通信速度もWiMAXとあまり変わらず、動画再生や大容量ファイルのダウンロードなども快適にこなせます。また、WiMAXにはある通信制限がなく、完全に無制限で使えるモバイルWiFiも存在します。

LTE回線モバイルWiFiの種類

LTE回線を使用するモバイルWiFiには、大きく分けて3種類あります。

  • 大手キャリアが提供するWiFiサービス
  • SoftBank LTE回線を使用するモバイルWiFi
  • クラウドSIMを利用したモバイルWiFi

大手キャリアが提供するWiFiサービス
ソフトバンクのSoftBank AirとドコモのWi-Fiステーションがこれに該当します。SoftBank Airはモバイルルーターではなく、室内専用のホームルーターとなります。月額料金は高めですが、安定した高速通信が可能です。

SoftBank LTE回線を使用するモバイルWiFi
NEXTmobileやSAKURA WiFiなどがこれに該当します。山間部や過疎エリアでも電波が入りやすいSoftBank LTE回線を、キャリアよりずっと安い月額料金で利用できます。

クラウドSIMを利用したモバイルWiFi
クラウドSIM技術を利用し、状況に応じて複数のキャリア回線を使い分けられるモバイルWiFiのことです。エリアはもはや日本に留まらず、世界100ヵ国以上でも手続き不要で利用できます。データ通信も無制限なので、WiMAXよりも人気が高まっています。

クラウドSIMって何?回線情報は通常、ルーター内のSIMカードに収められています。それに対して、クラウド上で回線情報を保存し必要に応じてルーターにダウンロードする技術がクラウドSIMです。現在地において電波が一番強いキャリアのLTE回線に自動で接続されるので、いつでも安定して速いデータ通信が可能になります。

おすすめのLTE回線モバイルWiFi

沢山あるLTE回線のWiFiサービスの中で、特におすすめできる3つのサービスを紹介します。

・SoftBank Air(ソフトバンクエアー)
・NEXTmobile(ネクストモバイル)
・どんなときもWiFi

LTE回線WiFiサービス比較
  SoftBank Air NEXTmobile どんなときもWiFi
種類 無線インターネット(固定利用型) モバイルWiFi クラウドSIMモバイルWiFi
回線 Softbank 4G/4G LTE Softbank 4G LTE マルチキャリア※
通信速度 下り最大962Mbps 下り最大150Mbps 下り最大150Mbps
通信制限 利用が集中する時間帯は通信制限あり なし なし
契約期間 2年自動更新 2年自動更新 2年自動更新
ルーター種類 ホーム型 モバイル型/ホーム型 モバイル型

※マルチキャリアとは、国内ではドコモ/au/SoftbankのLTE回線、海外では現地のLTE回線に自動接続されることを指します。

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)

SoftBank Airは、ホーム型ルーター1つで高速通信できる無線インターネットサービスです。

家庭やオフィスで固定回線の代わりに導入すれば、コンセントに挿してスイッチを入れるだけで使い始められる手軽さです。

SoftBank Airは最大通信速度も光回線並みで、家族みんなが同時にネットにつないでも快適です。もしADSLからの乗り換えや引越し先で固定回線を検討しているなら、SoftBank Airはおすすめです。

なお、SoftBank Airは「おうち割 光セット」対象なので、ソフトバンクのスマホを使っている家庭はスマホ1台あたり毎月1,000円割引されます。

NEXTmobile(ネクストモバイル)

NEXTmobileは、通信制限なしでインターネット使い放題なのに月額料金は3,100円(税抜)と、安くてお得なモバイルWiFiです。

プランは20GB/30GB/使い放題の3つから選ぶことができます。ルーター端末は、利用目的に応じてホーム型とモバイル型から選択します。

最大通信速度はWiMAXやSoftBank Airに劣りますが、実際に出るスピード(実効速度)は平均20Mbpsを超えます。快適な通信速度の基準が20Mbpsなので、NEXTmobileは十分速いことが分かりますね。

月額料金が3年目以降は3,600円と高くなるので、2年契約満了後の更新月に解約するのが賢いやり方といえるでしょう。

更新日