格安SIM - LINEモバイルの料金とポイント解説
LINEモバイルの料金とポイント解説

今や知らない人はいないといっても過言ではないLINE。チャットもトークも無料で使い勝手も良し。そんなLINEも格安SIMを販売しています。目玉はやはりLINEで使った通信費がカウントされないというプラン!

  • LINEモバイルは、LINEで使った通信がカウントされないプランが魅力。
  • 「コミュニケーションフリープラン」を選べば、LINEに加えFacebookやTwitterなども”カウントフリー”なのが嬉しい!

LINEモバイル・SIM・料金

LINEフリープラン - LINEで使ったデータ分はカウントされない

LINEをいくら使用してもその分のデータはカウントされないLINE”カウントフリー”のプラン。LINEフリープランは、LINEを使った通話ややり取りで使用したデータ消費がゼロになるというしくみです。

LINEフリープランでは、LINEの使用以外に1GB分のデータが使えます。データのみか、データ通信とSMSができるものか、電話番号の付与された音声通話ができるものかの、3種類から選ぶことができます。

LINEフリープラン 月額料金(税抜)
種類 月額料金 カウントフリー対象
データ(1GB) 500円
  1. LINE(音声通話、トーク、画像動画の送受信、タイムライン)
データ(1GB) + SMS  620円
データ (1GB)+ SMS + 音声通話(通話料金 20円/30秒) 1,200円

電話をすることが多いから音声通話つきのプランを選んだにも関わらず、 20円/30秒じゃ電話代が高い、と思われる方もいるでしょう。

そんな場合は、オプションでLINEモバイル「10分電話かけ放題」をつけることも可能です。10分までであれば、月額880円で何回でも電話通話が可能です。

LINEモバイル・オプション 10分電話かけ放題(税抜)

10分電話かけ放題
音声通話のついているSIM(プラン)を選んだ方が申し込み可能。
880円/月

コミュニケーションフリープラン - 主要SNSが使い放題

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランは様々なSNSを使用している方向けのプラン。
表示と投稿がメインならば、LINEはもちろんTwitterやFacebook、Instagramで使用したデータ通信料もカウントされません。

データ通信だけか音声通話(電話番号付き)のプランかどちらかを選び、さらに希望するデータ容量を選びます。

LINEコミュニケーションプラン 月額料金(税抜)
月額料金 カウントフリー対象
容量 データSIM
(データ通信+SMS)
音声通話SIM
(データ通信+SMS+音声通話)
  1. LINE(音声通話、トーク、画像動画の送受信、タイムライン)
  2. Twitter (タイムライン、画像付きツィート、ツィート、ダイレクトメッセージ)
  3. Facebook(タイムライン、画像・動画投稿、コメント、お知らせ表示)
  4. Instagram(タイムライン、画像・動画投稿、アクティビティ、ダイレクトメッセージ)
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

通話料:通話料金 20円/30秒
SMS送信料:国内送信 3~30円/通

MUSIC + プラン

コミュニケーションフリープランでカウントフリーになっているSNSに加えて、LINE MUSICもカウントフリーの対象になるプランです。

音楽好きの人向けのプランと言えます。データ通信だけか音声通話(電話番号付き)のプランかどちらかを選び、さらに希望するデータ容量を選びます。

MUSIC + プラン 月額料金(税抜)
月額料金 カウントフリー対象
容量 データSIM
(データ通信+SMS)
音声通話SIM
(データ通信+SMS+音声通話)
  1. LINE(音声通話、トーク、画像動画の送受信、タイムライン)
  2. Twitter (タイムライン、画像付きツィート、ツィート、ダイレクトメッセージ)
  3. Facebook(タイムライン、画像・動画投稿、コメント、お知らせ表示)
  4. Instagram(タイムライン、画像・動画投稿、アクティビティ、ダイレクトメッセージ)
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

通話料:通話料金 20円/30秒
SMS送信料:国内送信 3~30円/通

LINEモバイルの契約・SIM購入の初期費用は?

LINEモバイルで格安SIMを契約・購入する場合は以下の手数料がかかります。

LINEモバイル・SIM初期費用(税抜)
登録事務手数料 3,000円
SIMカード発行手数料 400円

LINEモバイル - 解約金はかかる?

LINEモバイルでは、主なプランとして「LINEコミュニケーションプラン」、「コミュニケーションフリープラン」、「MUSIC+プラン」の3つがありますが、どれを選んだ場合でも、電話番号のついている音声通話SIMの場合は、12カ月が最低利用期間として定められています。

この最低契約期間に解約すると9,800円の解約手数料がかかります。

LINEモバイルでプランを変更したい場合は?

例えば、SIMのタイプはそのままプランを変更することは可能です。LINEフリープラン「音声通話SIM」からコミュニケーションフリープラン「音声通話SIM」と音声通話SIMはそのままならば無料で手続きが可能です。

一方、「音声通話SIM」から「データSIM」への変更、「データSIM」から「音声通話SIM」への変更などSIMの変更はできません。必要な場合は一度解約してまた契約する必要があります。

容量はいつでも無料で変更ができます。ちょっと今のままだとデータ容量が足りないなと思ったら、気軽に容量を増やすことができます。

LINEモバイルのここがポイント - メリット

LINEモバイルはSNS好きにもってこい!

LINEモバイルはなんといっても、LINEを代表とする多くのSNSで”カウントフリー”を提供。友人の投稿(タイムライン)をみたり、コメントしたり、自分の画像や動画をアップする場合に使ったデータ容量は、カウントされないのが嬉しいです!

スマホで主に行うのは、SNSのチェックがメイン!という人にはLINEモバイルは理想的な格安SIMと言えます。

ただし、TwitterでもFacebookでも投稿が外部の記事だったりした場合やYoutubeの画像だったら観るのには別途データ容量がかかりますから、その点だけはご注意くださいね。

データ通信SIMにもSMS機能が付いている

データ通信SIMを選んでもSMS機能が付いているのは便利です。ガラケーを使用している人に連絡がとりたい!となった場合、SMS機能を使ってメッセージを送ることができます。

ただし、送信料がかかりますから、あまり送りすぎるとお金がかさむかもしれません。

LINEモバイルのここが注意点 - デメリット

SIMのタイプの変更が自由にできないので、いったん「データ通信SIM」にしたものの「音声通話SIM」に変えたい、もしくはやっぱり、電話の役目は家の固定電話にまかせて「データ通信SIM」に変更したい、となった場合には一度解約が必要なため、始めに契約するときはじっくり「SIM選び」をする必要があると言えます!

更新日

ガイド - 格安SIM - LINEモバイルの料金とポイント解説