test

インターネットプラン、どれを選ぶ?

納得、満足のインターネットプランを見つけましょう。

毎月の携帯代・スマホ代が高い。理由は?- 通信費を安くする方法

携帯料金が高い・スマホ代が高い理由は? -  通信費を安くする方法

なんだか毎月のスマホ代が高い気がする。どうにかもう少し安くする方法はないの?

毎月支払う携帯代、スマホ代が高いような気がする・・・スマホ代が高い理由を考えてみましょう。理由が分かれば、スマホ代を安くする効果的な対策がみつかるはず。

  • 毎月のスマホ代が高い理由を探ります。
  • 理由を特定し、今よりスマホ代を安くする有効な手段を考えましょう。

携帯代・スマホ代が高い - 考えれらる理由

「毎月のスマホの請求が高いような気がする」という方のために、携帯代・スマホ代を高くしている主な理由を探ってみましょう。

どの理由に該当するかは現在契約しているスマホのプランによって異なります。契約内容が分かる明細が手元にあると便利です。

購入した端末(スマホ・タブレット)の分割支払い分ではないか?

スマホ代の節約のために月額料金が高い理由を探ります。

端末の分割料金が毎月のスマホ代を高くしているのかもしれません。

プランの契約の際に、キャリア(ドコモauソフトバンク)から端末(スマホ・タブレット)も購入していませんか?

このような端末の購入代金は、一括ではなく、分割で支払っている場合がほとんどです。毎月の請求額が多いのは、端末購入分割の料金の分で増えているからもしれません。

分割払いの額はつい忘れがちですし、支払いの期間が長いといつまでも払っているような気がしてしまうものですね。今一度毎月どのくらい支払っているかチェックしてみてください。

該当する場合 - スマホ代を安くする対策

端末の代金ですので当然支払い終わるまで払う必要があります。また自動更新プランで契約している場合は、途中で解約することで解約金がかかることがありますし、解約した場合は残りの端末代を一度に払う必要がでてきます。よく確認しましょう。

プラン変更し、契約のデータ容量(GB)を下げることで、いまより月額料金を下げれる可能性があります。仮にSIMカードを2枚入れることができるスマホ(ダブルSIMスマホ)ならば、2枚目のSIM契約として格安SIM会社とデータ専用SIMだけを契約するという方法もあります。

不要なオプション契約をつけていないか?

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)では様々な有料オプションを提供しています。契約者にとって必要不可欠なオプションならば問題ありませんが、もしかしたら内容をよく理解せずになんとなくで契約してしまったオプションが請求に含まれているかもしれません。

有料オプションには、「留守番電話」や「キャッチホン」機能などいろいろあります。他にもメロディーコール(ドコモ)や待ちうた(au)なども。有料オプションについてはスマホの請求書に記載がありますから確認してみましょう。

それぞれ月額料金は僅かですが、オプションを複数契約していると金額がかさんで毎月のスマホ代を高くしてしまっているのかもしれません。

該当する場合 - スマホ代を安くする対策

必要がない有料オプションを契約しているならば解約をします。

無料通話分を超えて通話していませんか?または不要なかけ放題プランではありませんか?

スマホ代を安く使いたい。一つずつ確認していきましょう。

スマホの通話プランには、「時間無制限で電話がかけ放題」の場合と「一定時間までかけ放題」の場合があります。

一定の通話時間まで無料のプランを契約している場合、その通話時間を超えて通話をすると、当然追加で料金がかかります。20円/30秒で通話料(ドコモ、au、ソフトバンクとも共通)がかかります。長く通話してしまうと結構料金がかさみます。この通話料分が原因で毎月のスマホ代が高くなっている可能性も考えられます。

逆に「時間無制限の通話プラン(携帯発信の通話がし放題、かけ放題)」を契約している人は、普段の通話スタイルを振り返り、本当に継続すべきか検討してみると良いでしょう。最近は音声通話はほとんどしない、あってもLINE通話がほとんど、また携帯通話はするけれども、毎回数分程度という人も増えています。完全かけ放題のプランは不要かもしれません。

この点を見直すと、毎月支払っているスマホ代を安くすることができる可能性があります。

該当する場合 - スマホ代を安くする対策

大手キャリアのかけ放題のプランと料金一覧を参考に、自分の通話スタイルを考えて、プラン変更を検討しましょう。

以下の通話プランの一覧を見ると、例えばドコモの「かけ放題オプション」から「5分通話オプション」にすると月額料金が1,000円も下がることが分かります。

3大キャリアの通話プラン - 料金と内容(税抜)
プラン名
料金 内容
ドコモ かけ放題オプション 1,700円
  • 国内通話が24時間かけ放題
5分通話オプション 700円
  • 1回5以内の国内通話がかけ放題
  • 5分以降は20円/30秒
au 通話定額 1,700円
  • 国内通話が24時間かけ放題
通話定額ライト 700円
  • 1回5以内の国内通話がかけ放題
  • 5分以降は20円/30秒
ソフト
バンク
定額オプション 通話基本プラン:1,500円(2年自動更新)
+300円
  • 国内通話が24時間かけ放題
準定額オプション 通話基本プラン:1,500円(2年自動更新)
+500円
  • 1回5以内の国内通話がかけ放題
  • 5分以降は20円/30秒

契約しているデータ容量が大きすぎませんか?

データ容量が増えると、料金もあがるしくみになっています。

スマホの方は、データ通信も契約しているはずです。データ通信料は、容量が増えるほど高くなる設定となっています。家で契約している光回線などのインターネットではデータ容量(GB)の上限がなく使い放題で毎月の料金が一定ですが、スマホやタブレットはそれと違って、選ぶ通信量によって料金が異なります。

今契約しているデータ容量を確認してみましょう。大きすぎるデータ容量を契約していることが毎月のスマホ代を高くしている原因かもしれません。

該当する場合 - スマホ代を安くする対策

大手キャリアのデータ容量別の料金を一覧にしました。ご覧のように、データ容量が上がると月額料金も高くなることが分かります。

以下の料金は自動更新契約/定期契約を選んだ場合の料金です。

大手キャリア - データ通信料一覧
ドコモ
ギガライト
au
新auピタットプラン
ソフトバンク
ミニモンスター
- 1GB 2,980円 - 1GB 2,980円 - 1GB 2,780円
- - - 2GB   - 2GB 4,780円
- 3GB 3,980円 - 3GB - 3GB 6,280円
- - - 4GB 4,480円 - 4GB 6,280円
- 5GB 5,980円 - - - 5GB 7,280円
- - - 7GB 5,980円 - -

ソフトバンクの料金にはウェブ使用料(300円)を含んでいます。特別な割引は反映されていません。

どの理由にも該当しない場合 - 毎月のスマホ代を下げる方法はなにかある?

契約先(キャリア)を変えるとスマホ代は安くなるのか

上記にご紹介したどの理由にも当てはまらない場合は、基本的にご自身の必要にあった無駄のないプランを契約していると考えられます。

それでもさらにスマホ代(もしくはタブレット代)を安くしたいという方は、大手キャリアよりも全体的に料金を下げてサービスを提供している格安SIMへの切り替えを検討する必要があります。

3大キャリア間で契約を変更しても、ドコモ、au、ソフトバンクの料金は横並びですので、毎月のスマホ代を下げることはできません。3大キャリアの家族割りなどを適用するよりも、格安SIMに切り替えた方がコストダウンとしては確実です。

格安SIMにするとスマホ代は本当に安くなるの?

格安SIMでは、データ通信料がキャリアよりもかなり安く設定されています。どのくらい料金が異なるのか実際に比べてみましょう。

ここでは、3つのキャリア回線に対応しているnuroモバイルを例にあげます。3回線に対応していますから、お使いのスマホがSIMフリーでなくても、SIM解除し、同じ回線のプランを選ぶことでnuroモバイルを利用することが可能です。

ドコモ・ギガライトと格安SIM(nuroモバイル)の比較

どの容量を選んでも、nuroモバイルの方が安いことが分かります。ここでは、nuroモバイルの音声通話つきプランと比較していますが、データ通信専用プランの場合、さらに料金が安く設定されています。

ドコモとnuroモバイルの料金比較
ドコモ
ギガライト
nuroモバイル(ドコモ回線)
音声通話つきプラン
1GB 2,980円 Sプラン(2GB) 1,400円
2GB なし
3GB 3,980円 Mプラン(7GB) 2,200円
4GB なし
5GB 5,980円
6GB なし
7GB なし
13GB なし Lプラン(13GB) 3,400円

auの新auピタットプランと格安SIM(nuroモバイル)の比較

どの容量で選んでも、nuroモバイルの方がauより安いことが分かります。nuroモバイルでは13GBも選べて、さらにauの7GBの料金よりも低価格設定です。

auとnuroモバイルの料金比較
au
新auピッタトプラン
nuroモバイル(au回線)
音声通話つきプラン
- 1GB 2,980円 Sプラン(2GB) 1,480円
- 2GB なし
- 3GB なし Mプラン(7GB) 2,800円
- 4GB 4,480円
- 5GB なし
- 6GB なし
- 7GB 5,980円
- 13GB なし Lプラン(13GB) 3,680円

ソフトバンクモバイルのミニモンスターと格安SIM(nuroモバイル)の比較

ソフトバンクモバイルも、どの容量で比べてみても、nuroモバイルの方が安いことが表から確認することができますね。

ソフトバンクとnuroモバイルの料金比較

ソフトバンク
ミニモンスター
nuroモバイル(ソフトバンク回線)
音声通話つきプラン
- 1GB 2,980円 Sプラン(2GB) 1,680円
- 2GB 4,780円
- 3GB 6,280円 Mプラン(7GB) 2,800円
- 4GB 6,280円
- 5GB 7,280円
- 6GB なし
- 7GB なし
- 13GB なし Lプラン(13GB) 3,680円

いずれの場合も、nuroモバイルの方が料金が安いことが分かりました。ここでは、格安SIMの代表として3つのすべてのキャリアに対応しているnuroモバイルを選びましたが、他のどの格安SIM会社でもデータ通信の料金が安く設定されています。

格安SIMには時間無制限のかけ放題プランはないので注意格安SIMでは、「10分まで何回でも通話し放題」のようなオプションがありますが、携帯通話が完全にかけ放題のプランを提供しているところがほとんどありません。携帯通話が重要な方はキャリアでの契約を続けた方が良いでしょう。

色々選べる格安SIM
サービス提供元 内容 代理店名
DMMモバイル
  • 1GBのブランが業界最安値。
ワイモバイル
  • 通話プランが充実しているワイモバイル
IIJmio(アイアイジェイミオ)
  • シェアの高い格安SIM
DTIモバイル
  • 3GBバイトのプランが業界最安値。
LINEモバイル
  • LINEでのデータ使用がカウントされない。
nuroモバイル  
  • 3つのキャリアの回線に対応している。
更新日