一人暮らしの人におすすめのインターネットは?

 一人暮らしの人におすすめのインターネットは?
一人暮らしの人におすすめのインターネットは?

一人暮らしにおすすめのインターネット回線について考えてみます。料金が安いのもいいけど、自分にあったインターネット回線を選ぶことで満足度もアップ。一人暮らしにあったインターネット回線とは?

インターネット回線にはどんな種類がある?-選べる回線を知ろう

一人暮らしにおすすめのインターネット回線を探すにあたって、まずどんなインターネット回線が存在し、選べるのか整理してみましょう!

有線のインターネットには光回線とADSLの2つが存在します。これらは、固定回線と呼ばれることもあります。続いて、ケーブルのような線が存在しないのが、無線タイプです。総称よりも、サービス名がよく使われます。例えば、ソフトバンクAirや、WiMAX(ワイマックス)などです。どちらも、無線であることは変わりありませんが、WiMAXは、外出先でもインターネットの使用が可能です。このため、WiMAXは無線タイプのインターネットの中でも「モバイル回線」などと呼ばれることもあります。

インターネット接続サービスを提供している会社はたくさんありますが、実際の「回線のタイプ」から考えてみると、「光回線(固定)」、「ADSL回線(固定)」、「WiMAX(モバイル回線)」の中から選ぶことになります。

一人暮らしのインターネット選び、回線の種類を確認することで、選びやすくなったのではないでしょうか?

インターネット回線の種類
回線の種類 特徴
有線 光回線
  • 光回線のケーブルを引いてもらう必要があります。
  • 一般的に最も通信速度の早いのが光回線です。
ADSL
  • 既存の電話回線の線を使用します。
  • あらたにケーブルを引く必要はありません。
無線 
SoftBank Airなど
:宅内のみで使用できる
  • 専用の機器を購入/レンタルし、コンセントに差し込めばすぐ使える。
  • 宅内でインターネット可能。

WiMAX(ワイマックス)
:宅内でも屋外でも使用できる
  • 専用の機器を購入/レンタルする。
  • 家で使える他、機器をもっていけば、外出先や旅行先でも使用できる。

どのインターネット回線が人気?

人気のインターネット回線つまり「契約数が多い」インターネット回線はどれでしょうか?

固定回線なら光回線のシェアが1番。

総務省がデータを公開していますので、参考にみてみましょう。固定インターネットでは、光回線の契約数が圧倒的です。(グラフの中のFTTHが光回線、DSLがADSLです。)

ただし、これは一人暮らしの人、マンションに住んでいる人、家族で一軒家に住んでいる人など、さまざまな生活スタイルがすべて混ざっている点にはご留意ください。

一人暮らしにおすすめのインターネット契約

固定のインターネットで一番契約件数が多いのが光回線インターネットです。(出典:総務省)

モバイル回線、WiMAX(ワイマックス)も契約数が増えている
初心者・インターネット契約・ガイド

WiMAX(ワイマックス)も人気。契約件数は増加し続けています。WiMAXは一人暮らしにもおすすめのインターネット回線。(出典:総務省)

専用の機器(WiMAXルーター)をレンタル、もしくは購入し、家に置くもしくは外出先に携帯することで、どこでもインターネットができるのがWiMAXですが、契約数は年々増えています。

生活スタイルから考える - 一人暮らしにおすすめのインターネット

インターネット回線の種類と、日本全体でのインターネットの契約件数の傾向を見てきました。インターネット回線に関して知っておきたい基礎知識は網羅しました。

続いて生活スタイル別に一人暮らしにあったインターネット回線をみていきましょう。

一人暮らし - マンション・アパート住まいなら光回線

光回線は一般的に料金が高め、と言われていますが、マンションやアパートにお住まいの場合、戸建てよりも月額料金が安く設定されています。

また、光回線といえば、どうしても工事が必要で、工事費もかかるのがネックになることもあります。ただし、光回線の工事費も、マンションの方が戸建てよりも、どのプロバイダーを選んでも例外なく安く設定されています。

新規の場合は、キャンペーンにより工事費が(実質)無料なこともしばしば。

マンションにお住まいならば、光回線のハードルが一人暮らしよりは低めということが分かります。

繰り返しになりますが、光回線の場合工事がかかることは変わりありません。

一人暮らし - 外出が多いならWiMAX(ワイマックス)

一人暮らしのインターネット選び

スマホ程度の大きさのWiMAXのルーターを使用するだけで、家でも外でもインターネットができます。

単身世帯で、週末も趣味や遊びで外出の多い人に人気なのがWiMAX(ワイマックス)です。

WiMAX専用のルーターを購入(もしくはレンタル)して、それを持ち運べば、家でも外出先でもインターネットが使用できます。

工事費をかけて、光回線を自宅に導入しても、実際のところ家であまりインターネットしてないな・・・というのが一人暮らしのインターネットでありがちなパターンです。

特に学生の一人暮らしなら、夜通しで遊ぶことや外泊も多いかもしれません、ドライブなど小旅行など週末も家にいない人なら、WiMAXが最適です。

ただし、一人暮らしでも、家にいることが多い、自宅でがっつり、週末も勉強・仕事、という方は光回線の方がいいかもしれませんね。

一人暮らし - 光回線が通っていないなら

残念ながら、光回線が通っていないエリアも日本には存在します。

そんな場合は自動的にADSLかモバイル回線WiMAX(ワイマックス)のどちらかを選ぶことになります。

WiMAXの長所は、なんといってもその移動性にあります。急に引っ越しが必要になってもインターネットの使えない期間が生じないのが強みでもあります。

ADSLは、料金の安さが魅力ですが、使えるのは自宅だけに限られます。

インターネット申し込みはプロバイダから

使用したいインターネット回線が決まったら、プロバイダーを探して契約を行います。どこのプロバイダーを選んでも、大幅に月額料金や初期費用に差はありません。

解約時のことも考えて解約金の低いものを選ぶものもひとつの方法です。特に、高額なキャッシュバックキャンペーンを行っている場合は、条件もよく調べましょう。

光回線・プロバイダー一覧

光回線のプロバイダーは、何十社も存在します。ここでは、シェアも高く認知度も高いものから、NTTの光回線、フレッツ光以外の回線を使用したい場合には、NURO光、auひかりなどがあります。

ちなみに、かつては、回線業者とプロバイダーを別々に契約していましたが、現在はプロバイダーが窓口となった、回線とプロバイダーが込みになったプラン(光コラボ)が一般的です。

光回線の申し込み - プロバイダー(一例 )
サービス名 サービス名 特徴
ぷらら光
ぷらら光の解説ページ
公式サイト
  • NTT系列の老舗のプロバイダー。光回線はフレッツ光を使用
  • セット割でひかりTVを安く契約することができる。
So-net光プラス
So-net光プラスの解説ページ
公式サイト
  • セキュリティ「カスペルスキー」が永年無料
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料
en ひかり 公式サイト
  • 業界最安値。光回線にはフレッツ光を使用。
  • 契約期間の縛りがなく、解約手数料がない。
NURO光
NURO光の解説ページ
公式サイト
  • 自社の光回線で、下り速度、最大2Gpbs。
  • 月額料金の中に無線ルーターが含まれる。
DTI 光
DTI 光の解説ページ
公式サイト
  • 光回線はフレッツ光を使用。
  • 契約期間の縛りがなく、解約手数料がない。
WiMAX・プロバイダー一覧

WiMAXはUQコミニュケーションズがサービスの提供元です。UQコミニュケーションズに直接申し込んでも、他のプロバイダー経由で契約してもクオリティは変わりありません。

                             
WiMAXの申し込み先
UQ Communications
  • WiMAXの提供元
  • 特定機種(WiMAXルーター)と指定の料金プランを契約することでJCBのギフトカードがもらえる。
  • 契約月の翌々月までにギフトカードがもらえる。
 とくとくBB
  • キャッシュバック・キャンペーンの額が高額。
  • ただし、もらえる時期が端末発送月を含む11か月以降。
  • 11か月以降にメールが来るのでそのメールに返信する形で必ず申し込まなくてはいけない。
So-net
(ソネット)
  • キャッシュバックか月額金額の安くなるプランか選べる。
  • auユーザーはauスマホの料金が安くなる。
BIGLOBE
(ビッグローブ)

  • キャッシュバック・キャンペーンの額が高額。
  • ただし、12か月以上継続利用が条件。
更新日