家でワイヤレスでインターネットするにはどうすればいい?

家でワイヤレスでインターネットするにはどうすればいい?

家でワイヤレスでインターネットするにはどうすればいい?

家でワイヤレスでインターネットするには、どうしたらいい? 自宅のどの部屋からもインターネットに接続できる、ワイヤレスに必要な手続きを紹介します!

  • 家でワイヤレスでインターネットするには、無線LAN・Wi-Fiルーターの設置が必要です!
  • ただし、無線回線の場合は、そのまますぐに家でワイヤレスでインターネットが可能です!

家でワイヤレスでインターネットするには?

「無事にインターネットを契約できたし、さあ、いよいよ家でもインターネットが使えるぞ!」

でも、ちょっと待ってください。じつは、インターネットを契約しただけでは、まだ家でワイヤレスでインターネットすることができるとはかぎりません。

ワイヤレスなら、家のどの部屋からもインターネットに接続できる、パソコンだけでなくスマホやタブレットなどから複数の端末からインターネットに接続できる、など便利なことだらけですよね。 

家でワイヤレスでインターネットするためには、一体どんな手続きが必要なのでしょうか? 調べてみました!

そもそもワイヤレスでインターネットとは?

家でワイヤレスでインターネットするにはどうすればいい?

家で無線(ワイヤレス)でインターネットするには、"無線LANルーター"の設置が必要です。

ところで、ワイヤレスでインターネットとは、具体的にはどんなことでしょうか?

ワイヤレス(wireless)というからには、やはりケーブルを使用せずに「無線」でインターネットに接続できる状態になっていること、ですよね。

まず、家でインターネットするためには、光コラボなどでインターネット回線+プロバイダーと契約、インターネットができる環境を整えることが必要です。

しかし、そこから実際に家の中のパソコンなどの端末でインターネットを利用できるようになるためには、じつは、もうひと手間かかります。

なぜなら、文章や画像、音楽などデジタル化されたデータをインターネットでやりとりするためには、ADSLなどのアナログ回線であればモデム、光回線であればONC(Optical Network Unit=光ネットワークユニット)と呼ばれる回線端末装置を家に設置し、アナログ信号または光信号とデジタル信号を相互変換できるようにしなければならないからです。

では、モデム/ONCとパソコンやタブレットなどの端末をつなぐには、どうすればいいのでしょう?

家でワイヤレスでインターネットするにはどうすればいい?

光回線もADSLも、固定有線回線。ONCもしくはモデムとパソコンをLANケーブルでつないでインターネットをします。

もちろん、アナログにLAN(Local Area Network ローカル・エリア・ネットワーク)ケーブルと呼ばれる有線でつなぐこともできますが、ワイヤレスつまり無線でつなぐには?

ここで登場するのが、ワイヤレスでインターネットに欠かせない、無線LANルーター。

ルーター(router)は、そもそも一つの回線から複数の端末でインターネットを利用するために設置するものですが、有線LANルーターではなく無線LANルーターにすることで、モデム/ONCとそれぞれの端末が無線でつながり、家でワイヤレスでインターネットすることができるようになるのです!

無線LANとWi-Fiのしくみ

家でワイヤレスでインターネットするにはどうすればいい?

Wi-Fiは無線LANの規格の1つなのですが、実際は無線でインターネット=Wi-Fiインターネット

「でも、家でワイヤレスでインターネットするにはWi-Fiルーターが必要って聞いたけど? 無線LANとは違うの?」

その答えは、技術面で厳密に言うとノーですが、現状と照らし合わせるとイエスでもあります。

ワイヤレスでインターネットするのに欠かせない無線LANは、ケーブルの代わりに電波を送受信させて「親機」と「子機」の間を接続しています。

Wi-Fiは、この無線LANの電波の規格の一つで、国際標準規格である「IEEE(アイ・トリプル・イー)802.11」での接続をクリアした製品に付けられる認定マークのこと。

つまり、Wi-Fiだけが無線LANというわけではないのですが、現在、ワイヤレスでインターネットができるパソコンやタブレットなどの端末はほとんどWi-Fi認証がされているので、Wi-Fiイコール無線LANと説明されることも多くなっています。

さらなる詳細については、無線LANとWi-Fiもチェックしてみてください。

家でワイヤレスでインターネット・光回線

「それで、実際に家でワイヤレスでインターネットするためには、どうしたらいいの?」

光コラボ・光回線を契約している家の場合であれば、前述の通り、無線LANルーターを追加して設置することによって家でワイヤレスでインターネットができるようになります。

無線LANルーター、またはONCに挿入して一体化させる無線LANカードは、契約している光コラボ・光回線業者からレンタルできることがほとんどです。その場合、毎月のインターネット料金にレンタル料が加算されます。

もしくは、自分で無線LANルーターを別途購入して、家でワイヤレスでインターネットすることもできます。

無線LANルーターを購入する際のポイントは、契約している光回線の通信速度を確認して、同じ通信速度に対応しているものを選ぶこと。

例えば、通信速度が最大1Gbpsの光回線を契約していたとしても、無線LANルーターの通信速度上限が100Mbpsだった場合、パソコンなどの端末で家でワイヤレスでインターネットするときの通信速度は100Mbpsとなってしまい、せっかくの光回線の快適さを味わうことはできないので、要注意!

NURO光ならルーター不要・追加料金なし!

ただし、関東圏で展開している光回線のNURO光なら、例外的にルーター不要・追加料金なしで家でワイヤレスでインターネットすることが可能です。

NURO光を契約すると無料で提供されるホームゲートウェイには無線LANルーターが標準装備されているため、ホームゲートウェイを設置するだけで家でワイヤレスでインターネットがスタートできるようになります。

家でワイヤレスでインターネット・無線回線

「でも、光回線は料金も高いし初期工事に時間もかかる…。もっと簡単に家でワイヤレスでインターネットしたい!」

そんな風に考えているなら、工事不要ですぐにインターネットができる、無線回線のインターネットWiMAX(ワイマックス)SoftBank Airはいかがでしょうか?

無線なので光回線のようなケーブルを引く工事や長い待ち時間もなく、専用ルーターを設置して電源を入れれば、すぐに家でワイヤレスでインターネットすることができるようになります。

なんともお手軽に家でワイヤレスでインターネットを実現することができる無線回線ですが、契約する前にはもちろん他のインターネット回線と同じく、専用ルーターの購入もしくはレンタルに必要な料金、契約期間や解約金の設定など、しっかりと契約条件を確認して比較検討することをおすすめします!

更新日