auひかりとソフトバンク光の比較 どちらの光回線がお得?料金・通信速度・セット割を徹底検証

auひかりとソフトバンク光の比較 どちらの光回線がお得?料金・通信速度・セット割を徹底検証

auひかりとソフトバンク光なら、どちらの光回線がお得?2つのプランを料金・通信速度・セット割など各ポイントから徹底比較。

auひかりとソフトバンク光を比較した結果は?

auひかりソフトバンク光を比較した結果、どちらが絶対お得ということはなく、今お使いのスマホから選ぶのがベストだという結果になりました。

auひかり、ソフトバンク光それぞれおすすめの人はこんな人です。

auひかりがおすすめな人
  • auのスマホを家族数人で使っている
  • UQモバイルのスマホを家族数人で使っている
  • 光電話を一緒に申し込む予定
auひかり サイトで詳細を見る
ソフトバンク光がおすすめな人
  • ソフトバンクスマホを家族数人で使っている
  • ワイモバイルのスマホを家族数人で使っている
  • 光コラボを契約中で乗り換え先を探している(→工事不要で乗り換えができます)
ソフトバンク光 サイトで詳細を見る
こんな方には他のプランがおすすめ
  • 格安SIMユーザー
  • auスマホを使っているがネットだけ契約したい(光電話は不要)
  • ソフトバンクのスマホを契約中だがオプション加入なしでもお得になるプランが良い
auひかり・ソフトバンク光以外のおすすめ光回線

次の章からは、auひかりとソフトバンク光を各ポイントごとに比較します。

auひかりとソフトバンク光の比較内容一覧表

auひかりとソフトバンク光の比較ポイントは以下の通りです。

auひかりとソフトバンク光の比較内容
  auひかり(1Gプラン3年契約) ソフトバンク光(2年契約)
戸建て料金 5,610円 5,720円
マンション料金 4,180円 4,180円
工事費 実質無料 実質無料
スマホセット割 au SoftBank/Y!mobile
特典 ネット+電話の契約でキャッシュバック77,000円
※ネットのみ67,000円
キャッシュバック25,000円
最大通信速度 上り・下り1Gbps 上り・下り1Gbps
提供エリア 一部の地域のみ 全国
契約更新期間 2年または3年 2年
解約違約金 ~4,730円 ~5,720
初期設定サポート 有料オプション 有料オプション
公式サイト GMO×auひかり公式サイト ソフトバンク光のサイト

料金はどちらも大体同じ

コインのイラスト

auひかりとソフトバンク光の料金を比較するとどちらに軍配があがるのでしょうか?

月額料金

実際の月額料金を比較すると、どちらもほぼ同じです。また、光回線の料金の中では大体平均くらいの料金設定ですので、特別他と比べて安い訳ではありません。あくまでも普通レベルの料金です。スマホ割の適用を前提にした料金設定と考えても良いかもしれません。

また、スマホとのセット割の額もauひかり、ソフトバンク光ともに同じくらいの金額ですので、割引適用後に両者の料金に差がつくということも無さそうです。

auひかりホーム(戸建てプラン)月額料金

ずっとギガ得プラン(3年単位の自動更新)

1年目 5,610円
2年目 5,500円
3年目以降 5,390円
ギガ得プラン(2年単位の自動更新) 5,720円
標準プラン(自動更新なし) 6,930円
auひかりマンション(集合住宅)月額料金
お得プランA
(2年自動更新)
(おうちトラブルサポート無料付帯)
4,180円

標準プラン
(自動更新なし)
(おうちトラブルサポートがつかない)

4,180円

ネット+電話の契約で最大77,000円キャッシュバック!(ネットだけでも最大67,000円)高性能WiFルーターも無料でレンタル(本ページ限定)。工事費も実質無料。auひかりならとくとくBB!

ネット+電話の契約で最大77,000円キャッシュバック!(ネットだけでも最大67,000円)高性能WiFルーターも無料でレンタル(本ページ限定)。工事費も実質無料。auひかりならとくとくBB!

ソフトバンク光 – 月額費用
内容 料金
回線種別 ホーム(戸建て)タイプ マンションタイプ
月額基本料 自動更新(5年)※ 5,170円 -
自動更新(2年) 5,720円 4,180円
自動更新なし 6,930円 4,390円

※5年自動更新プランは「ソフトバンク光テレビ」(月額825円)の申し込みが必須です。

新規申し込みで25,000円キャッシュバック。開通前Wi-Fiレンタルが無料。他社からの乗り換えでかかる違約金も還元。SoftBank・Y!mobileのスマホ代が割引に!

工事費

工事費を比較すると、auひかりの方がソフトバンク光より25,000円ほど高くなっています。しかし、どちらも工事費は実質無料になるので工事費の負担は心配する必要はありません

auひかりの場合は35回分割、ソフトバンク光の場合は24回分割で支払うと毎月の分割支払い額と同額が月額料金から割り引かれ、実質負担は0円となります。

工事費の比較
auひかり ソフトバンク光
35回分割払いで実質無料(41,250円) 24回分割払いで実質無料(26,400円)

工事費を払い終わる前に解約すると、払い残した残債を解約時に一括で支払う必要がありますので注意しましょう。

auひかりは撤去工事費があるって本当? 以前はありました。ただし、2022年7月1日以降に申し込んだ方には撤去工事費がかかりません。撤去工事は任意ですので、工事を行わないと選択した場合は撤去工事費用が請求されません。

スマホセット割適用は両方オプション加入が条件

auひかりもソフトバンク光も、両方スマホとのセット割があります。ただし、両方ともスマホ割を適用するためにはオプション加入が条件となっています。

スマホのセット割
auひかり ソフトバンク光
auスマホ対象
auスマートバリュー

auスマホ1台あたり最大1,100円
ネット+電話(月500円)両方申込で適用
ソフトバンクスマホ対象
おうち割 光セット

スマホ1台あたり最大1,100円
有料オプション(月550円)申込で適用
UQモバイル対象
【自宅セット割】

UQモバイルスマホ1台あたり最大858円割引
ネット+電話(月500円)両方申込で適用
Y!mobileスマホ対象
【おうち割】

Y!mobileスマホ1台あたり最大1,188円割引
有料オプション(月550円)申込で適用

auひかりのスマホセット割

auスマートバリュー

auひかりのスマホセット割は、「auスマートバリュー」と言います

このauスマートバリューは、ネットと一緒に光電話を申し込むことで適用されます。元から光電話を契約していた人にとっては問題ないかもしれませんが、ネットだけ申し込みたいと考えていた方には少し面倒かもしれません。

光電話を使わない場合でも、毎月光電話の料金がかかりますので、割引があっても結局そこまでお得さを感じられない可能性もあります。

auひかりとUQモバイルのセット割もある

auひかりとauスマホだけではなく、auひかりとUQモバイルのセット割も存在します。割引額はauスマホの場合に比べて少し下がりますが、現在UQモバイルを契約中の方、もしくはUQモバイルの契約を検討中の方であればお得になります。

ネット+電話の契約で最大77,000円キャッシュバック!(ネットだけでも最大67,000円)高性能WiFルーターも無料でレンタル(本ページ限定)。工事費も実質無料。auひかりならとくとくBB!

ネット+電話の契約で最大77,000円キャッシュバック!(ネットだけでも最大67,000円)高性能WiFルーターも無料でレンタル(本ページ限定)。工事費も実質無料。auひかりならとくとくBB!

ソフトバンク光のスマホセット割

おうち割光セット

ソフトバンク光も同様に、スマホのセット割があります。ソフトバンク光のセット割は「おうち割」と呼ばれています

このおうち割適用のためには、有料のオプション加入が必要です。そのオプションとは、ソフトバンク光をWi-Fiに変換するための機器のセットです。月額料金が500円程度かかりますので、割引額が1000円の場合は半分がオプション料金に消えますので実際お得になる額は500円ということになります。

ワイモバイルとソフトバンク光のセット割もある

オプション加入が無くてもスマホのセット割が適用になる光回線は無いの?と思う方もいるかもしれませんが、残念ながらauもソフトバンクもセットで割引になる光回線で、かつオプション加入が必要ない光回線は今のところありません

ただし、割引が無くても基本料金がかなり安い光回線があります。もし有料オプションなしで安くなる光回線お探しの方は、基本料金が安い光回線を選ぶのがおすすめです。

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。【10月31日まで!】乗り換え時にかかる他社違約金を最大21,000円還元

通信速度はauひかりの方が速い

通信速度は、auひかりに軍配があります。平均通信速度を比較すると、このような結果になります。

auひかり・ソフトバンク光どちらも最大通信速度は同じですが、実際に家庭で使用する時に出る速度はauひかりの方が速いことが分かります。

平均通信速度
auひかり(最大1Gbps) ソフトバンク光(最大1Gbps)
上り478Mbps
下り431Mbps
上り311Mbps
下り227Mbps

「上り」・「下り」とは 上りはアップロード速度のこと、下りはダウンロードの速度のことを指します。

その理由は、auひかりが使用する光ファイバーケーブル網にあります。

auひかりは、KDDIが所有する専用の光ファイバーケーブル網を使用しており、ソフトバンク光はNTTが所有するフレッツ光の光ファイバーケーブル網を使用しています。

光ファイバーによる通信網は、利用者が増えると通信が混雑し通信速度が遅くなると言われています。KDDIが所有する光ファイバーケーブル網はNTTフレッツのものと比べると利用者が少ないため、通信速度も比較的快適になるという訳です。

そのため、通信速度にこだわるならauひかりの方がおすすめだと言えます。

キャンペーン特典はauひかりの方が豊富

キャンペーン特典で言うと、auひかりの方が豊富です。

キャンペーン特典
auひかり(GMOとくとくBB) ソフトバンク光
  • キャッシュバック最大77,000円
  • Wi-Fiルータープレゼント
  • auひかり電話(550円)が35ヶ月無料
  • 他社からの乗換なら最大30,000円キャッシュバック
  • キャッシュバック25,000円
  • 他社違約金・撤去費用満額還元

キャッシュバック

auひかりでは、ネットと光電話両方を申し込むと77,000円のキャッシュバックを貰えます。ネットだけの申し込みでも67,000円のキャッシュバックがもらえます。

一方、ソフトバンク光の場合キャッシュバックは25,000円です。十分高額ですが、とにかくキャッシュバックにこだわる人はやはりauひかりのキャッシュバックの方が魅力的かもしれませんね。

キャンペーン特典
auひかり
(GMOとくとくBB)

ネットと光電話両方を申し込むと77,000円のキャッシュバックを貰えます。ネットだけの申し込みなら67,000円のキャッシュバック。

auひかり

auひかり サイトで詳細を見る

ソフトバンク光

25,000円キャッシュバック

ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーン25000円

ソフトバンク光 サイトで詳細を見る

提供エリアはソフトバンク光の方が広い

申し込めるエリアの広さでは、ソフトバンク光に軍配があがります。ソフトバンクはフレッツ光の提供エリアと同じなので、日本全国どこでも申し込めます。

一方のauひかりは、中部地方の一部と東海地方の一部では提供されていません。もしエリア外にお住まいの方であれば、他の光回線プランを契約しましょう。

▼auひかりホームの提供エリア

auひかりの提供エリアマップ

 

ネット+電話の契約で最大77,000円キャッシュバック!(ネットだけでも最大67,000円)高性能WiFルーターも無料でレンタル(本ページ限定)。工事費も実質無料。auひかりならとくとくBB!

ネット+電話の契約で最大77,000円キャッシュバック!(ネットだけでも最大67,000円)高性能WiFルーターも無料でレンタル(本ページ限定)。工事費も実質無料。auひかりならとくとくBB!

auひかりの提供エリア外にお住まいの方におすすめの光回線

提供エリア外だった場合は、こちらの光回線がおすすめです。

  • 関西エリア(兵庫・京都・滋賀・大阪・奈良・和歌山)→ eo光
  • 東海エリア(岐阜・三重・愛知・静岡)→ コミュファ光

どちらもフレッツ光を使用せず自社設備の光回線網を使用している光回線です。また、auひかりと同様、両方ともauスマートバリューの対象となっているため、auひかりとほぼ同じ条件で使うことができます

▼ソフトバンク光の提供エリア

ソフトバンク光の提供エリア

新規申し込みで25,000円キャッシュバック。開通前Wi-Fiレンタルが無料。他社からの乗り換えでかかる違約金も還元。SoftBank・Y!mobileのスマホ代が割引に!

契約期間はどちらも2年の自動更新

パソコンを見る女性のイラスト

契約更新期間は、どちらもほとんど同じです。

そもそも契約更新期間(自動更新)は何かというと、契約したプランを解約できる期間が数年ごとに来る仕組みのことです。2年の自動更新であれば、2年ごとに無料で解約できる更新期間が来ます。ただ、1年目の途中など更新期間前に契約した場合は違約金がかかります。

契約更新期間
auひかり ソフトバンク光
2年または3年 2年

auひかりの場合、メインとなるプランは、2年自動更新と3年自動更新の2つです。料金は、3年自動更新プランの方が安くなっています。

ソフトバンク光の方は、2年自動更新プランがメインです。

auひかりもソフトバンク光も、自動更新期間が無い(縛りなし)のプランはありません。

もし自動更新が無いプランの方が良い場合は、GMOとくとくBB光など自動更新なし(縛りなし)で低料金のプランがおすすめです。

【期間限定】10月31日申し込み分まで!

とくとくBB光

とくとくBB光が選ばれる理由:

  • 月額料金が安い(3,773円~)
  • 解約違約金等の縛り一切なし
  • 新規工事費が実質無料

解約違約金はどちらもほぼ同じ

解約違約金は、auひかりとソフトバンク両方に設定されています

金額は、どちらも契約中プランの月額料金1ヶ月分です。auひかりとソフトバンク光は月額料金がほぼ同じですので、違約金の金額もほとんど変わらないということになります。

auひかりの契約解除金(2022年6月30日までに申し込んだ場合)
【戸建て】 解除料
ずっとギガ得プラン(3年自動更新) 16,500円
ギガ得プラン(2年自動更新) 10,450円
標準プラン(契約期間なし) なし
【マンション】 解除料
お得プランA(2年自動更新) 7,700円
標準プラン(契約期間なし) なし

auひかりの契約解除金(2022年7月1日以降に申し込んだ場合)
【戸建て】 解除料
ずっとギガ得プラン(3年自動更新) 4,730円
ギガ得プラン(2年自動更新) 4,460円
標準プラン(契約期間なし) なし
【マンション】 解除料
お得プランA(2年自動更新) 2,730円
標準プラン(契約期間なし) なし

ソフトバンク光 – 契約解除料
プラン名 契約解除料(違約金)
ホームタイプ 2年自動更新プラン 【2022年6月30日以前の契約】
10,450円
【2022年7月1日以降の契約】
基本料金1ヶ月分
5年自動更新プラン 【2022年6月30日以前の契約】
16,500円
【2022年7月1日以降の契約】
基本料金1ヶ月分
自動更新なしプラン -
マンションタイプ 2年自動更新プラン 【2022年6月30日以前の契約
10,450円
【2022年7月1日以降の契約】
基本料金1ヶ月分
自動更新なしプラン -

※5年自動更新プランは、ソフトバンク光テレビとセットでのみ申し込める戸建て向けのプランです。

※2022年6月30日までに申し込んだ方は違約金が異なります。

サポート内容はほぼ同じ

いいねマークと男のイラスト

サポート内容を比較すると、auひかりとソフトバンクどちらもほぼ同じです。パソコンの初期設定など技術的なサポートについてはすべて有料のサポートとなります。無料の訪問サポートはありません。

auひかりのサポート

  • おまかせアドバイザー(無料)
    光回線導入前までの相談を無料で行えます。
  • かけつけ設定サポート(1回7,480円~)
    パソコンの初期設定を代行してもらえます。

ソフトバンク光のサポート

  • 24時間出張修理オプション(~月額3,300円)
    インターネット利用中のトラブルがあれば24時間相談して駆けつけサポートを受けられます。
  • リモートサポートサービス(月額550円)
    インターネット利用中のトラブルがあれば電話でリモートサポートを受けられます。

まとめ auひかりとソフトバンク光の比較 どちらがお得?

auひかりとソフトバンク光どちらを契約するか検討中の方は、今お使いのスマホから選ぶのがベストです。

auひかりがおすすめな人
  • auスマホを家族数人で使っている
  • UQモバイルのスマホを家族数人で使っている
  • 光電話を一緒に申し込む予定
ソフトバンク光がおすすめな人
  • ソフトバンクスマホを家族数人で使っている
  • Y!mobileのスマホを家族数人で使っている
  • 今光コラボを契約中で乗り換え先を探している(→工事不要で乗り換えができます)
こんな方には他のプランがおすすめ
  • 格安SIMユーザー
  • auスマホを使っているがネットだけ契約したい(光電話は不要)
  • ソフトバンクのスマホを契約中だがオプション加入なしでもお得になるプランが良い

auひかりもソフトバンク光も向いていない人におすすめの光回線

auひかりもソフトバンク光も向いていない方には、スマホとのセット割なしでも基本料金が安いGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBB光
料金体系がシンプルで、低価格・縛りなしがずっと続きます
。工事費が実質無料・他社の違約金も還元されるので乗り換えでも安心です。

GMOとくとくBB光
セット割
工事費還元
違約金還元
IPv6/IPoE対応
フレッツ回線
縛りなし
【期間限定】他社違約金21,000円還元
戸建て
4,818円
縛りなし
マンション
3,773円
縛りなし
通信速度
下り最大1Gbps
更新日

解約違約金・工事費の記載について2022年7月1日の電気通信事業法改正で、消費者保護の視点に立ったルールが法律に加わりました。これにより、契約者は以前より解約などがしやすくなります。
法改正に伴い、各種インターネットプランの解約金や工事費の料金設定、および請求方法が変更になる場合があります。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、掲載している情報が最新ではない可能性があります。十分ご注意ください。