You are here

今より安い電気料金を選ぶ方法

今より電気料金が安くなるプランを選ぶために必要なポイントをまとめました。電気料金のしくみを理解しながら、今より安くなる電気料金を選ぶ方法をご紹介します。

  • 今より安い電気料金を探すためには、今契約している電気料金プランを確認する必要があります。
  • 基本料金にはアンペア制と最低料金制があります。毎月の電力消費量(kWh)もチェックしましょう。
今より安い電気料金を選ぶ方法

今契約している電気料金プランを確認

今より安い電気料金を選ぶ方法

電気代の節約のために、今より安い電気料金があるか調べてみませんか?

今より電気料金が安くなるプランを探すならば、まず今どのような電気料金プランを契約しているかを確認する必要があります。

契約している電気料金プラン名は、電力会社から毎月届けられる「電気使用のお知らせ(検針票)」をみるか、オンライン上のアカウントから確認することが可能です。

しかしながら、大手電力会社で最も契約数の多い電気料金プランは、「従量電灯」というプランとなっており、ご自宅がオール電化でない限り、今契約されているプランは従量電灯という方がほとんどでしょう。

  • 今契約している電気料金プランは?検針票などをみてチェックしましょう。
  • 最もスタンダードな電気料金プランは「従量電灯」というプランです。

従量電灯プラン - 電気料金の中身をおさらい

続いて、電気料金の中身はどのようになっているかを簡単におさらいしましょう。前述の通り、一般的な電気料金プランは「従量電灯」ですので、このプランについて少し詳しく中身をみていきます。

従量電灯プランは、「基本料金(アンペア制)/最低料金」+「電力量料金(1kWhあたりの料金)」の2本の柱でできています。このため、今より安い電気料金を探すために、この2つの項目の料金を比べる必要があります。

(電気料金にはこれに加えて「燃料調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」を支払います。どちらも、大手電力会社、新電力関わらず支払うものです。詳細に関して「燃料調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」の記事をご確認ください。)

 アンペア制か最低料金制か?

電気の使用量に関係なくかかる料金として「基本料金(アンペア制)」もしくは「最低料金」があります。電力会社によってどちらを採用しているかが異なります。

アンペア制

基本料金がアンペア制になっているところは、アンペア容量を自分で選ぶ必要があります。そしてアンペア容量が高くなるほど基本料金が高くなります。

このようなしくみをとっているところは、東京電力北海道電力東北電力北陸電力中部電力九州電力です。

契約アンペアによって基本料金が変わる - 例:東京電力(税込)
契約アンペア 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
基本料金              

最低料金制

一方最低料金はどのようになっているのでしょうか。これは、一定の電気の使用量(kWh)までは最低料金として料金がかかるというしくみです。具体的には、「15kWhまでいくら(関西電力)」、「11kWhまでいくら(四国電力)」という形です。

大手電力会社では関西電力中国電力四国電力が採用しています。これらの電力会社の管轄しているエリアからそれ以外にお引越しをされる方は、慣れないアンペア契約というものに戸惑うかもしれません。

例えば、「毎月15kWh(キロワットアワー)以下しか電気を使わない」という方はほぼいないと思いますが、最低料金制はあくまで「最低料金」ですから仮にその月の電気の使用量が15kWhに満たなかった場合でも支払う必要があります。

基本料金(アンペア制))」でも「最低料金」であっても、その月の電気の使用量に関わらず必ず支払わなくてはいけません。

 電力量料金(1kWhあたりの料金)

電気料金(従量電灯プラン)のもう一つの重要な項目が「電力量料金」です。こちらは、毎月の電気の使用量と密接な関係があり、今よりも安い電気料金を探すためにはとても重要です。

「電力量料金」の部分は1kWhあたりいくらで設定されており、その月の電気の使用量にこの1kWh(キロワットアワー)あたりの料金をかけることで電力量料金が決定されます。

ですから、この1kWhあたりの料金が安い電気料金プランを選ぶことも大切なポイントになります。

今より安い電気料金を選ぶ方法

電気料金のしくみが理解出来たら、さっそく電気料金を比較してみましょう。ご家庭の様子に合わせて、実際に今より安くなる電気料金を探してみます。

アンペア制でアンペア容量の多い家庭ならば

一度に使用する電気の使用量が多い家庭では、アンペアも大きめの容量が必要になります。そしてアンペア制をとっている大手電力会社では例外なく、アンペア容量が上がると基本料金も高くなるしくみなっています。

このようなところでは、アンペア料金(基本料金)がゼロ円の電気料金プランを選ぶことで電気料金を安くすることができるといえます。

契約アンペアによって基本料金が変わる 
基本料金 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
東京電力
東京電力ホールディングス
             
Looopでんき
0円(アンペア容量に関わらず)

東京電力で60Aで契約をしている人は、Looopでんきのような基本料金が0円のプランにすれば毎月の基本料金 円の部分がグッとお得になることが分かります。

アンペア容量を選ぶ必要のある電力会社は東京電力以外にも以下のようなところがあります。

従量電灯プランの中身 「基本料金(アンペア制)」+「電力量料金(円/kWh)」 東京電力北海道電力東北電力北陸電力中部電力九州電力
現在契約しているアンペア容量を検針票で確認することができます。

電気の使用量が少ない家庭ならば

毎月の電気の使用量が少ない人でも今より電気料金が安くなるプランはあるのでしょうか?例えば、日本全国でサービスを提供しているH.I.S.のでんきの場合は、大手電力会社よりも一律5%安くなるというプランを提供しています。このようなプランを選べば、電気の使用量(kWh)がさほど多い家庭でなくても電気料金が安くなる可能性がありますね。

 
電力会社 特徴
H.I.S.のでんき
HTBエナジー
  • 日本全国にサービスを展開。
  • 基本料金も最低料金も大手電力会社よりも一律5%安い料金設定になっている
  • ただしアンペア契約の場合20A以下の契約はない。
ENEOSでんき
  • 東京電力エリアのみ契約が可能です。
  • 基本料金は東京電力と同じ金額。
  • 120kWh以上電気を使用した場合の1kWhあたりの料金単価が安い。
  • 120kWh以下の場合でも料金は東京電力と同じなので、東京電力の料金よりも安くなっても高くなることはない。

関西電力・中国電力・四国電力エリアなど最低料金制ならば

最低料金制の従量電灯プランの場合は、一定の電気の使用量(kWh:キロワットアワー)までには、最低料金として毎月かかる料金が設定されており、それ以上の電気の使用の場合はならば1kWhにつきいくらという形で電気料金が決定されます。

このような電気料金プランを今契約されている方はどのようにして今より安い電気料金をみつければよいでしょうか。関西電力の電気料金を例に実際にみてみましょう。ちなみに、中国電力でも四国電力でも同じく、最低料金制がとられています。

例えば、H.I.S.のでんきの電気料金なら、電力量料金が関西電力の電気料金プランより、一律で安くなっているのが分かります。

今より安い電気料金をみつける方法としては、このように「最低料金」と「電力量料金」を比べる必要があります。実際にどれくらい安くなるかは、毎月の電力消費量にもよります。

電気の使用量の多い方は、料金の安くなる幅も増えます。実際に計算をしてみるか、面倒なら電気料金のシュミレーションが便利です。

 
今より安い電気料金は?- 関西エリア(最低料金制の場合)
  大阪ガス
関西電力
従量電灯プランA
HTBエナジー
H.I.S.のでんき
 
Loooop るーぷでんき
Looopでんき
おうちプラン
最低料金 (15kWhまで)  円/月 (15kWhまで)  円/月 0円/月
電力量料金 15-120kWh  円/kWh 15-120kWh  円/kWh 電気の使用1kWh
につき
 円/kWh
120-300kWh  円/kWh 120-300kWh  円/kWh
300kWh以上  円/kWh 300kWh以上  円/kWh

今より電気料金の安いプランを選んでも大丈夫か?

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

安い電気料金をみつける方法とポイントと実際どんな電気の小売り会社で電気料金が今より安くできるかご紹介しました。

基本料金が0円の電気料金(Looop(るーぷ)でんき)や電気料金が大手電力会社よりも一律5%安いプラン(H.I.S.のでんき)など魅力的ですが、大手電力会社からそのような電気の小売り会社に切り替えて問題ないのか気になる方もいるでしょう。

たとえ安い電気の小売り会社をみつけて契約を切り替えたとしても、発電・送電・配電等のインフラを担当するのは引き続き大手電力会社です。電力メーター(スマートメーター)などの取り付け・管理なども大手電力会社が担当をしますので、いわゆる品質や緊急時の対応などは、電気供給の契約先を変えても何も変わりがありません。

もし今より電気料金の安くなるプランが見つかったならば、切り替えをしても、電気代の支払先が変わるだけと考えれば大丈夫です。

さらに、大手電力会社は電力自由化以降、電気の小売りの顧客数は新電力に奪われているものの、発電をして電気を小売り会社に販売したり電気の卸売りをしていることに変わりはありませんので、倒産したりするようなこともあり得ません。

安心して電力会社の切り替えを行っても大丈夫です。また、どのような電気料金プランを選んでよいか分からないという方には電気料金のシュミレーションが便利です。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。